新型カローラクロス

新型カローラクロスを2021年9月に発表 C-HRとRAV4の間の丁度いいSUV

カローラクロスが日本で発売。新しいカローラシリーズはハッチバック・セダン・ワゴンと3種類ありますが、そこにクロスオーバーも加わりました。限定的なモデルになると思いますが、SUVが流行となっているいまなら絶好の機会だと思います。

新型カローラクロスを2021年9月に発表 C-HRとRAV4の間の丁度いいSUV

新生カローラにクロスオーバーのSUVコンパクトカーがラインナップ 日本市場は2021年9月発表

カローラシリーズにはハッチバック・セダン・ツーリングと3種類のカローラが発表されていますが、2020年にカローラクロスと呼ばれるクロスオーバーSUVが発表され、タイから販売開始しました。カローラをベースに足を上げて樹脂のフェンダーやバンパーを装着したアグレッシブなエクステリアが特徴です。

2010年代半ばから始まったSUVタイプの流行は、そのボディタイプが増えただけではなくコンパクトカーや軽自動車をSUVルックに仕上げた特別仕様車も販売されるなど、かなり盛り上がっています。2021年9月に日本市場でも発売するカローラクロスはどのようなスペックとなるのか、クロスオーバー化された他のモデルと比較しながらチェックします。

新型カローラクロスの納期が2022年以降に 購入者の9割がハイブリッドを選択

カローラクロスは2021年9月14日に発表・発売されましたが、事前予約で13,500台を突破したことを発表。ガソリンエンジンとハイブリッドエンジンの比率は、9割がハイブリッドを選んでいるということです。
トヨタ公式ではありませんが20221年10月5日時点では受注が30,000台を突破した、という報道もあります。

ガソリンエンジンのモデルが1,999,000円から、ハイブリッドエンジンのモデルが2,590,000円からという戦略的な販売価格もあり、今後も販売台数を伸ばすことが予想され、2021年中の納車は難しく、2022年2月まで納期が延びているという噂もあります。

カローラクロスを2021年9月14日に日本市場で正式発表予定

新型カローラクロスのエクステリアとインテリアオフロード感の強いエクステリアが特徴の新型カローラクロス

海外専売車としてデビューした新型カローラクロスを、日本市場で発売。2021年8月21日には先行予約が始まり、2021年9月14日に正式発表しました。パワートレインは1.8Lの直列4気筒のNA(自然吸気)ガソリンエンジンと、モーターを組み合わせたハイブリッドエンジンを設定、駆動方式も2WDのFFモデルと4WDモデルを設定します。

通常であれば海外専売車のプレスリリースを日本で発信するケースは珍しいです。しかしカローラクロスの場合は、東南アジアのタイで発売することも、日本のトヨタが公式で発表していました。
この頃から、将来的に日本市場で販売することを視野に入れていたのかもしれません。

カローラクロスの発売により、トヨタはライズ・ヤリスクロス・C-HR・RAV4・ハリアーと、全てのセグメントでSUVを発売することになり、日本のSUV市場を網羅することになります
C-HRと同じセグメントで発売することからトヨタ同士による販売台数の奪い合いが懸念されてますが、C-HRはクーペスタイルSUVで、カローラクロスは少しサイズの大きい丁度いいオフロードSUVに、カテゴリーを分けるようです。

新型カローラクロス ハイブリッドZのスペック
全長 4,490mm
全幅 1,825mm
全高 1,620mm
ホイールベース 2,640mm
室内長 1,805mm
室内幅 1,505mm
室内高 1,262mm
最低地上高 160mm
最小回転半径 5.2m
エンジン最高出力 72kW(98PS)5,200rpm
エンジン最大トルク 142Nm(14.5kgm)3,600rpm
フロントモーター最高出力 53kW(72PS)
フロントモーター最大トルク 163Nm(16.6kgm)
リヤモーター最高出力 5.3kW(7.2PS)
リヤモーター最大トルク 55Nm(5.6kgm)
乗車定員 5名
WLTCモード燃費 26.2km/L

新型カローラクロスの販売価格は、C-HRの2,382,000円から3,145,000円に近い価格帯でRAV4より購入しやすい価格設定になっています。
グレード構成はガソリンモデルは2WD(FF)のみで4グレード、ハイブリッドは2WD(FF)と4WDを設定して3グレードを設定しています。
最上級グレードには18インチホイールと流れるタイプのウインカー、シーケンシャルターンランプを標準装備しています。

海外のタイ市場で販売するカローラクロスは手動のパーキングブレーキですが、日本市場で販売するカローラクロスは電動パーキングブレーキと、ブレーキを保持してくれるオートブレーキホールドを採用していて、フロントとリヤのエクステリアは新型アクアのようなキーンルックとシルバーのグリルパーツで、日本市場独自のデザインになっています。

新型カローラクロスの価格一覧
グレード 駆動方式 販売価格
G X 2WD(FF) 1,999,000円~
G 2WD(FF) 2,240,000円~
S 2WD(FF) 2,400,000円~
Z 2WD(FF) 2,640,000円~
ハイブリッド G 2WD(FF) 2,590,000円~
4WD(E-Four) 2,799,000円~
ハイブリッド S 2WD(FF) 2,750,000円~
4WD(E-Four) 2,959,000円~
ハイブリッド Z 2WD(FF) 2,990,000円~
4WD(E-Four) 3,199,000円~

カローラクロスのボディカラーは2トーンカラー無しで8色を設定

新型カローラクロスはモノトーンカラーのみで8色を設定。
近年販売する新型モデルでは珍しく、2トーンカラーの設定はありません。海外で販売するカローラクロスもモノトーンカラーのみなので、今後も2トーンカラーの設定はないのかもしれません。

新型カローラクロスのボディカラー

  • プラチナホワイトパールマイカ(オプション33,000円)
  • アティチュードブラックマイカ
  • シルバーメタリック
  • セメントグレーメタリック
  • スパークリングブラックパールクリスタルシャイン(オプション33,000円)
  • センシュアルレッドマイカ(オプション33,000円)
  • ダークブルーマイカメタリック
  • アバンギャルドブロンズメタリック

プラチナホワイトパールマイカのカローラクロスプラチナホワイトパールマイカ(オプション33,000円)

アティチュードブラックマイカのカローラクロスアティチュードブラックマイカ

シルバーメタリックのカローラクロスシルバーメタリック

セメントグレーメタリックのカローラクロスセメントグレーメタリック

スパークリングブラックパールクリスタルシャインのカローラクロススパークリングブラックパールクリスタルシャイン(オプション33,000円)

センシュアルレッドマイカのカローラクロスセンシュアルレッドマイカ(オプション33,000円)

ダークブルーマイカメタリックのカローラクロスダークブルーマイカメタリック

アバンギャルドブロンズメタリックのカローラクロスアバンギャルドブロンズメタリック

コンパクトカーなどに設定するセメントグレーは、SUVで初めて採用するボディカラーです。注目度も高いようで、プラチナホワイトパールマイカやアティチュードブラックマイカに次ぐ人気のボディカラーになるかもしれません。

カローラシリーズ5000万台達成記念CMで新型カローラクロスの発表を予告

新型カローラクロスのティザーイメージカローラ記念CMに登場した新型カローラクロスのシルエット

新型カローラクロス登場を示唆した、カローラ5000万台達成記念CMをYouTubeで公開。これまでのカローラの軌跡と進化を25秒の動画で紹介していますが、動画の最後にクロスオーバーSUVのシルエットが登場。
このSUVがカローラクロスのティザーイメージと言われています。

新型カローラクロスはタイ市場から発売していますが、2021年9月14日に日本市場へ上陸することが決定しています。日本市場で販売するカローラクロスはフロントグリルやホイールなどが変更され、電動パーキングブレーキとブレーキホールドを装備します。
2021年で最も注目のSUVなので期待しましょう。

海外で先行発売したカローラクロスの情報

新型カローラクロスは、日本で発売する前まで海外専売車として、アジアのタイから先行発売しています。日本では新型アクアに似たシルバーのグリルパーツなど、独自のエクステリアになっています。
日本市場で販売する新型カローラクロスの装備面は電動パーキングブレーキやオートブレーキホールドを装備するなど、海外版のカローラクロスより充実した装備内容になっているのが特徴です。

カローラクロスの北米導入を公式発表 パワートレインは2.0Lダイナミックフォース

北米に導入することを発表した新型カローラクロス北米版のカローラクロスは電動パーキングブレーキとオートブレーキホールドを採用

カローラクロスを北米で導入することを発表。発売時期は明言していませんが、パワートレインは最高出力169PSの2.0Lのダイナミックフォースエンジンを採用することが決定しています。
ハイブリッドエンジンの採用は見送られています。

新型カローラクロスのプラットフォームは、トヨタが発売するコンパクトSUVのC-HRやプリウスと同じTNGA-Cを採用。グレード構成はベースグレードのL、中間グレードのLE、上級グレードのXLEの3種類に、2WD(FF駆動)と4WDの2種類を組み合わせています。

タイ市場で発売するカローラクロスとは違い、電動パーキングブレーキとオートブレーキホールドを追加していることから、日本で発売するカローラクロスにも、この装備を採用することが期待できます。

カローラのSUV版になるカローラクロスがタイ市場から販売開始

タイ市場で販売する新型カローラクロスRAV4をコンパクトにしたようなエクステリアの新型カローラクロス

新型クロスオーバーSUVのカローラクロスが2020年7月9日からタイ市場で販売開始、ボリュームのあるエクステリア、広くとられた荷室など実用性の高いモデルになっています。

カローラクロスはカローラという名前がついていますが、デザインやボディ形状は全てオリジナルで開発されているため、全くの別モデルと言っても良いでしょう。1つ上のクラスにラインナップされているRAV4にも似たマッシブなデザインで、日本でも人気のでそうなエクステリアになっています。

プリウスやC-HRやレクサスUXなどに採用する、トヨタの次世代TNGAプラットフォーム(GA-Cプラットフォーム)を採用しているため、強く粘りのあるカッチリした乗り心地になっています。
トヨタのSUVラインナップでは上からハリアー、RAV4、そしてカローラクロス、C-HR、ヤリスクロス、ライズという順番になります。

新型カローラクロスのインテリアカローラクロスは荷室も広いため実用的なSUVを求めているユーザーにおすすめ

カローラクロスはスクエアなボディ形状のため車内からの見晴らしも良く、運転しやすいモデルです。インパネ周りやドアトリムまでソフトパッドを採用した上質なインテリアが魅力で、487Lあるクラストップレベルの荷室容量を確保した実用性が特徴です。

安全装備はカローラと同等の最新版トヨタセーフティセンスを搭載、パワートレインには1.8Lガソリンエンジンと、1.8Lガソリンエンジン+モーターのハイブリッドシステムTHS2の2種類をラインナップしています。

日本市場の販売について、カローラクロスが発表された2020年7月9日のプレスリリースではタイ市場から販売すること、その後順次販売網を広げることがアナウンスされています。
日本市場では2020年に新型ハリアーや新型ヤリスクロスが販売開始しています。カローラクロスは2021年10月頃に日本にも導入するという噂もあるため、今後の動向に注目が集まります。

新型カローラクロス タイ仕様のスペック
  ガソリン仕様 ハイブリッド仕様
全長 4,460mm
全幅 1,825mm
全高 1,620mm
ホイールベース 2,640mm
車両重量 1,325kg 1,385kg
最小回転半径 5.2m
乗車定員 5名
駆動方式 2WD(FF)
エンジン型式 2ZR-FXE 2ZR-FXE THS2
総排気量 1,798cc
エンジン最高出力 103kW(140ps)/6,000rpm 72kW(98ps)/5,200rpm
エンジン最大トルク 177Nm(18.05kgm)/4,000rpm 142Nm(14.5kgm)/3,600rpm
モーター最高出力 53kW(72ps)
モーター最大トルク 163Nm(16.6kgm)
システム最高出力 90kW(122ps)
タイヤサイズ 215/60 R17
225/50 R18

新型カローラクロス発表前の噂やリーク情報のまとめ

カローラにクロスオーバーSUVが設定されるという情報は、ジュネーブモーターショー2019で展示された「カローラトレック」の発表から始まりました。世界的なSUVブームもあり、カローラにもSUVが追加されるということで大きな話題になった、カローラクロスの様々な噂やリーク情報をまとめました。

カローラスポーツを始めとする新生カローラシリーズにクロスオーバーモデルが登場する可能性がある

カローラクロスのベースになると思われるカローラスポーツカローラスポーツは日本仕様も発売したハッチバックで、このモデルをベースにカローラクロスが作られるだろう

カローラスポーツ(カローラハッチバック)のほかにも、セダン・ツーリングスポーツ(ワゴン)の3種類がラインナップしている新生カローラシリーズですが、足回りを上げて最低地上高を稼ぎ、フェンダー周りやバンパーに樹脂パーツを取りつけたクロスオーバールックのカローラクロスを追加する可能性があります。

カローラクロスのボディサイズ
全長 4,385mm
全幅 1,810mm
全高 1,500mm
ホイールベース 2,640mm
最低地上高 165mm

カローラクロスのボディサイズはカローラスポーツよりもほんの少しだけ大きくなり、全高だけではなく最低地上高もあがる足回りを装備するでしょう。搭載エンジンは同様にハイブリッド仕様とガソリンターボ仕様があり、ガソリン仕様には2WDだけではなくクロスオーバーらしく4WDも装備すると考えます。

カローラクロスの搭載エンジン
型式 2ZR-FXE 8NR-FTS
種類 直列4気筒 直列4気筒ターボ
排気量 1,797cc 1,196cc
最高出力 72kW/5,200rpm 85kW/5,200~5,600rpm
最大トルク 142Nm/3,600rpm 185Nm/1,500~4,000rpm
モーター型式 1NM
モーター最高出力 53kW
モーター最大トルク 163Nm
燃費 25.6km/L 16.4km/L

カローラクロスにはスポーツと同様に2WDのハイブリッドモデルと、ガソリンターボの2WDと4WDモデル、トランスミッションにはガソリン仕様車にCVTとマニュアルが搭載されるでしょう。

カローラクロスコンセプトは東京モーターショー2015で発表されたモデルだがカローラクロスフィールダーとなった

カローラクロスフィールダーとして販売された2015東京モーターショー発表のカローラクロスコンセプト東京モーターショー2015で発表されたカローラクロスコンセプトは、カローラクロスフィールダーとして販売された

東京モーターショー2015で発表されたカローラクロスコンセプトは、2015年内にカローラクロスフィールダーとして販売されています。カローラクロスでは、デザインはそのままにクロスフィールダーのように樹脂バンパーなどを装備すると考えます。

カローラクロスフィールダーは、ワゴン車であるカローラフィールダーをベースとしたコンプリートカーで、ボディサイズは少しだけ大型化し、全長4,430mm・全幅1,700mm・全高1,465mm~1,500mmのギリギリ5ナンバーサイズです。

カローラクロスフィールダーのボディサイズ
全長 4,430mm
全幅 1,700mm
全高 1,465~1,500mm
ホイールベース 2,600mm
最低地上高 135~155mm

カローラクロスフィールダーは架装車のため、ベースのカローラフィールダーから全長や全幅は変わっていますが、ホイールベースや最低地上高は変わっていません。カローラクロスも最低地上高は変わらずにエクステリアのみSUVルックにしたものとなることも否定できませんが、グローバル展開しているモデルのため見た目だけとなる可能性は低いでしょう。

カローラクロスのヒントはアクアクロスオーバーにある?車高を上げて樹脂パーツを装着し専用バンパーを装着

アクアクロスオーバーアクアクロスオーバーはXアーバンの後継モデルで、最低地上高がベースモデルより30mmアップしている

アクアクロスオーバーは、2014年に登場したXアーバンの後継モデルで、Xアーバンよりも更に最低地上高を上げてベースのアクアよりも30mm高い170mmとなっています。エクステリアにはクロスオーバー専用のフロントバンパーやフェンダーアーチモール、リヤバンパーにルーフモールなどが装着されます。

また、ベースのアクアでは15インチホイールと185/60R15タイヤを装着していますが、クロスオーバーでは16インチのホイールと185/60R16タイヤを装着していて、タイヤの外径も大きくなり全高も稼いでいるのが分かります。

アクアクロスオーバーのボディサイズ
全長 4,060mm
全幅 1,715mm
全高 1,500mm
ホイールベース 2,550mm
最低地上高 170mm

アクアクロスオーバーのパターンと同様にカローラクロスもフェンダーアーチモールやフロントバンパー・リヤバンパーなどに専用加飾を施し、最低地上高が上がる専用サスを装備したエクステリアとなるでしょう。アクアクロスオーバーは、ベースのアクアにハイブリッドの2WDモデルしかないため必然的にアクアクロスオーバーもハイブリッドエンジンの2WDとなります。クロスオーバーですが、4WDモデルがラインナップしていない点が残念なポイントです。

カローラクロスはタイから発売開始して日本市場ではオリジナルデザインの新型としてデビュー

カローラクロスは2020年7月9日にタイ市場から販売しましたが、北米などその他の地域でも順次販売しました。日本のトヨタでもプレスリリースを発表していて、2021年9月に海外モデルと違う、オリジナルのエクステリアで販売開始しました。

駆動方式は2WDのFFと4WDを設定、最低地上高も上がるため大雪の日でも進むことができ、林道などのある程度のオフロードも楽に進むことができるため、キャンプなどのアウトドアでも活躍するでしょう。
日本市場で販売するカローラクロスはガソリンモデルとハイブリッドモデルを用意。4WD性能も高いため、スノーボードやキャンプで大活躍し、アクティビティに付き合ってくれる最高の相棒になるでしょう。