カローラクロス

カローラクロスが2019年8月に発表か?カローラスポーツのクロスオーバーSUVモデルとなる

カローラクロスが登場するとの噂があります。新しいカローラシリーズはハッチバック・セダン・ワゴンと3種類ありますが、そこにクロスオーバーも加わると考えます。限定的なモデルになると思いますが、SUVが流行となっているいまなら絶好の機会だと思います。

カローラクロスが2019年8月に発表か?カローラスポーツのクロスオーバーSUVモデルとなる

カローラクロスが8月に登場?新生カローラにクロスオーバーの足上げコンパクトカーがラインナップ

カローラシリーズにはハッチバック・セダン・ツーリングと3種類のカローラが発表されていますが、2019年8月にカローラクロスと呼ばれるクロスオーバーが発表されるという噂があります。カローラスポーツをベースに足を上げて樹脂のフェンダーやバンパーを装着したエクステリアになると予想します。

2010年代半ばから始まったSUVタイプの流行は、そのボディタイプが増えただけではなくコンパクトカーや軽自動車をSUVルックに仕上げた特別仕様車も販売されるなど、かなり盛り上がっています。カローラクロスはどのようなスペックとなるのか、クロスオーバー化された他のモデルと比較しながらチェックしてみましょう。

カローラスポーツを始めとする新生カローラシリーズにクロスオーバーモデルが登場する可能性がある

カローラクロスのベースになると思われるカローラスポーツカローラスポーツは日本仕様も発売したハッチバックで、このモデルをベースにカローラクロスが作られるだろう

カローラスポーツ(カローラハッチバック)のほかにも、セダン・ツーリングスポーツ(ワゴン)の3種類がラインナップしている新生カローラシリーズですが、足回りを上げて最低地上高を稼ぎ、フェンダー周りやバンパーに樹脂パーツを取りつけたクロスオーバールックのカローラクロスを追加する可能性があります。

カローラクロスのボディサイズ
全長 4,385mm
全幅 1,810mm
全高 1,500mm
ホイールベース 2,640mm
最低地上高 165mm

カローラクロスのボディサイズはカローラスポーツよりもほんの少しだけ大きくなり、全高だけではなく最低地上高もあがる足回りを装備するでしょう。搭載エンジンは同様にハイブリッド仕様とガソリンターボ仕様があり、ガソリン仕様には2WDだけではなくクロスオーバーらしく4WDも装備すると考えます。

カローラクロスの搭載エンジン
型式 2ZR-FXE 8NR-FTS
種類 直列4気筒 直列4気筒ターボ
排気量 1,797cc 1,196cc
最高出力 72kW/5,200rpm 85kW/5,200~5,600rpm
最大トルク 142Nm/3,600rpm 185Nm/1,500~4,000rpm
モーター型式 1NM
モーター最高出力 53kW
モーター最大トルク 163Nm
燃費 25.6km/L 16.4km/L

カローラクロスにはスポーツと同様に2WDのハイブリッドモデルと、ガソリンターボの2WDと4WDモデル、トランスミッションにはガソリン仕様車にCVTとマニュアルが搭載されるでしょう。

カローラクロスコンセプトは東京モーターショー2015で発表されたモデルだがカローラクロスフィールダーとなった

カローラクロスフィールダーとして販売された2015東京モーターショー発表のカローラクロスコンセプト東京モーターショー2015で発表されたカローラクロスコンセプトは、カローラクロスフィールダーとして販売された

東京モーターショー2015で発表されたカローラクロスコンセプトは、2015年内にカローラクロスフィールダーとして販売されています。カローラクロスでは、デザインはそのままにクロスフィールダーのように樹脂バンパーなどを装備すると考えます。

カローラクロスフィールダーは、ワゴン車であるカローラフィールダーをベースとしたコンプリートカーで、ボディサイズは少しだけ大型化し、全長4,430mm・全幅1,700mm・全高1,465mm~1,500mmのギリギリ5ナンバーサイズです。

カローラクロスフィールダーのボディサイズ
全長 4,430mm
全幅 1,700mm
全高 1,465~1,500mm
ホイールベース 2,600mm
最低地上高 135~155mm

カローラクロスフィールダーは架装車のため、ベースのカローラフィールダーから全長や全幅は変わっていますが、ホイールベースや最低地上高は変わっていません。カローラクロスも最低地上高は変わらずにエクステリアのみSUVルックにしたものとなることも否定できませんが、グローバル展開しているモデルのため見た目だけとなる可能性は低いでしょう。

カローラクロスのヒントはアクアクロスオーバーにある?車高を上げて樹脂パーツを装着し専用バンパーを装着する

アクアクロスオーバーアクアクロスオーバーはXアーバンの後継モデルで、最低地上高がベースモデルより30mmアップしている

アクアクロスオーバーは、2014年に登場したXアーバンの後継モデルで、Xアーバンよりも更に最低地上高を上げてベースのアクアよりも30mm高い170mmとなっています。エクステリアにはクロスオーバー専用のフロントバンパーやフェンダーアーチモール、リヤバンパーにルーフモールなどが装着されます。

また、ベースのアクアでは15インチホイールと185/60R15タイヤを装着していますが、クロスオーバーでは16インチのホイールと185/60R16タイヤを装着していて、タイヤの外径も大きくなり全高も稼いでいるのが分かります。

アクアクロスオーバーのボディサイズ
全長 4,060mm
全幅 1,715mm
全高 1,500mm
ホイールベース 2,550mm
最低地上高 170mm

アクアクロスオーバーのパターンと同様にカローラクロスもフェンダーアーチモールやフロントバンパー・リヤバンパーなどに専用加飾を施し、最低地上高が上がる専用サスを装備したエクステリアとなるでしょう。アクアクロスオーバーは、ベースのアクアにハイブリッドの2WDモデルしかないため必然的にアクアクロスオーバーもハイブリッドエンジンの2WDとなります。クロスオーバーですが、4WDモデルがラインナップしていない点が残念なポイントです。

カローラクロスは2019年8月にラインナップするという噂がありクロスオーバールックのカローラスポーツになる可能性が高い

カローラクロスの発表や発売は2019年8月になると噂されていて、クロスオーバーとなったカローラスポーツとして登場すると考えます。全長は4,385mm・全幅1,810mm・全高1,500mmになると予想し、ベースとなるカローラスポーツよりもひと回り大きいサイズ感です。

アクアクロスオーバーのようにハイブリッドの2WDモデルだけではなく、カローラクロスにはガソリン車や4WDモデルもラインナップすると考え、マニュアルミッション仕様車も発売されるでしょう。燃費を追求するだけではなく生活四駆としての利便性もあり、雪国の人にはカローラスポーツのクロスオーバー仕様は大変助かるでしょう。

最低地上高も上がるため大雪の日でも進むことができ、林道などのある程度のオフロードも楽に進むことができるためキャンプにも活躍します。スノーボードやキャンプに大活躍するカローラクロスは、アクティビティに付き合ってくれる最高の相棒となります。