ホンダSUV歴代人気車種ランキング

ホンダ歴代SUV人気ランキング!一覧から人気車種を紹介

ホンダの歴代SUV車種を人気順にランキングしました。モータースポーツで活躍し世界一のエンジンを作るホンダのSUVは走りにも妥協しません。パワフルな運動性能を持ち、スタイリッシュなエクステリアを持つ歴代SUVは個性的でクールな車が揃っています。CR-Vやヴェゼルなど大人気車種のランキングをチェック!

ホンダ歴代SUV人気ランキング!一覧から人気車種を紹介

ホンダの歴代SUV車種から人気の車をランキング

ホンダは1946年に静岡県で本田宗一郎により創業されました。
日本における2016年自動車新車販売台数はトヨタ、日産に次ぐ3位となり、世界の新車販売台数では7位となっています。
またホンダは2輪の製造も行っており、販売台数や売り上げでは世界一となっています。

ホンダはモータースポーツへの参加も積極的に行っており、1988年にはマクラーレンへエンジンを提供し16戦15勝の伝説を残しました。
エンジン開発では世界一の技術を誇るホンダはスポーツカー以外にSUV車種もラインナップされています。歴代のSUV車種一覧をランキングで紹介します。

8位 ホライゾン

ホンダ ホライゾンのエクステリア

1994年にいすゞからOEM提供されたビッグホーンのエクステリアとインテリアを変更し、ボディカラーやアルミホイールを新たに装備し販売されたのがホライゾンです。北米でもアキュラ・SLXとして販売され人気を博しました
7人乗りのラージサイズSUVで、見た目にも迫力があります。

1999年にビッグホーンのOEM提供が終了すると同時に販売も終了しました。

ホライゾン ハンドリングバイロータス
全長 4,720mm
全幅 1,745mm
全高 1,840mm
室内長 2,525mm
室内幅 1,495mm
室内高 1,245mm
総排気量 3,494cc
車両重量 1,990kg
ホイールベース 2,760mm
最小回転半径 5.8m
乗車定員 7名
燃費 7.6km/L
使用燃料 無鉛レギュラーガソリン
価格 3,431,000円~

7位 MDX

ホンダ MDXのエクステリア

元々はホンダが海外で展開する高級ブランドのアキュラで製造販売されていたMDXですが、逆輸入車として2003年に日本へ上陸しました。
2003年は最上級グレードのみの展開で、2004年からベースグレードも展開しました。

北米を中心に販売されたMDXは7人乗りの大型ボディで当初販売された最上級グレードのエクスクルーシブには、本革インテリアや木目調パネルやサンルーフなどを標準装備したラグジュアリーSUVとなっています。

ホンダ 新型MDXのエクステリア

※海外で販売されているMDX

2006年6月には日本での販売が終了しましたが、海外では2006年と2013年にフルモデルチェンジを果たし、ホンダの最上級SUVとして販売が継続されています。

MDX エクスクルーシブ
全長 4,790mm
全幅 1,955mm
全高 1,820mm
室内長 2,560mm
室内幅 1,420mm
室内高 1,205mm
総排気量 3,471cc
車両重量 2,050kg
ホイールベース 2,700mm
最小回転半径 5.7m
乗車定員 7名
燃費 7.8km/L
使用燃料 無鉛プレミアムガソリン
価格 5,250,000円~

6位 ジャズ

ホンダ ジャズのエクステリア

1993年に販売されたホンダのジャズは、いすゞのミューをOEM提供されて誕生しました。ミューからは大きな変更はなくエクステリア面はホイールやボディカラー、内装面はシートや内側のドアトリムのみです。

3ドアのSUVは珍しく、コンパクトなボディから女性からの人気もありました
個性的なルックスで1980年代から1990年代にかけてのRVブームの中で誕生したジャズですが、1996年に販売終了となり、わずか3年の短い販売期間となっています。

ジャズ MXターボディーゼル
全長 4,135mm
全幅 1,780mm
全高 1,670mm
室内長 1,885mm
室内幅 1,355mm
室内高 1,140mm
総排気量 3,059cc
車両重量 1,750kg
ホイールベース 2,330mm
最小回転半径 5.0m
乗車定員 4名
燃費 -km/L
使用燃料 軽油(ディーゼル)
価格 2,267,000円~

5位 HR-V

ホンダHR-Vのエクステリア

1998年に販売されたコンパクトクロスオーバーSUVがホンダのHR-Vです。
SUVとしては燃費性能が高くJC08モード燃費は14.8km/Lとなっています。HR-Vが登場するまでのSUVはボディサイズが大きく取り回し難いイメージが先行していましたが、低燃費で日常使いにも便利で維持費もお得な5ナンバーサイズが功を奏し人気車種となりました

ボディカラーもポップなカラーラインナップが並び今までSUVに馴染みのなかったユーザーを新規で獲得していきました。
HR-Vは2006年に販売を終了し、その後に販売されたヴェセルの海外販売名へHR-Vの名前が引き継がれました。

HR-V J
全長 4,095mm
全幅 1,695mm
全高 1,580mm
室内長 1,805mm
室内幅 1,320mm
室内高 1,200mm
総排気量 1,590cc
車両重量 1,190kg
ホイールベース 2,460mm
最小回転半径 5.2m
乗車定員 5名
燃費 14.8km/L
使用燃料 無鉛レギュラーガソリン
価格 1,431,150円~

4位 エレメント

ホンダ エレメントのエクステリア

2002年北米で販売されたエレメントは2003年に日本に上陸し販売開始されました。逆輸入車として販売されていたため販売された数は少ないですが、色分けされた独特のエクステリアで今でも駐車市場では人気の車種となっています。

SUVでは他に類を見ない観音開きのドアやなど、所有欲を満たすギミックが仕掛けられたホンダのこだわりを感じられる車種となっています。2005年7月には輸入販売が終了しました。
日本での販売期間は2年3ヶ月でしたが、ホンダ車の歴史に残る個性的な車としてファンに愛されています。

エレメント ベースグレード
全長 4,300mm
全幅 1,815mm
全高 1,790mm
室内長 2,035mm
室内幅 1,485mm
室内高 1,210mm
総排気量 2,354cc
車両重量 1,560kg
ホイールベース 2,575mm
最小回転半径 5.2m
乗車定員 5名
燃費 10.6km/L
使用燃料 無鉛レギュラーガソリン
価格 2,719,500円~

3位 クロスロード

ホンダ クロスロードのエクステリア

1993年に誕生したコンパクトSUVがクロスロードです。初代は提携関係にあったランドローバーからディスカバリーをOEM供給され販売しましたが、2代目ではホンダで開発されたストリームをベースとして販売されました。

コンパクトSUVでは希少な3列7人乗り仕様で登場したクロスロードはスクエア状のエクステリアが人気となりファンを増やし続けました

2010年8月末には生産終了となりましたが、人気車種ということもあり中古市場での需要が増えています。カスタムベースとしても人気があるため、100万円を超える価格帯の車も見受けられる状況となっています。

クロスロード 20Xi
全長 4,285mm
全幅 1,755mm
全高 1,670mm
室内長 2,500mm
室内幅 1,430mm
室内高 1,255mm
総排気量 1,997cc
車両重量 1,520kg
ホイールベース 2,700mm
最小回転半径 5.3m
乗車定員 7名
燃費 12.4km/L
使用燃料 無鉛レギュラーガソリン
価格 2,919,000円~

2位 CR-V

ホンダCR-Vのエクステリア

1995年に誕生したミドルサイズクロスオーバーSUVがCR-Vです。それまでのSUVとは違う居住性を意識した車作りが人気を呼び、販売当初は納車まで3ヶ月待ちの状態が続くこともあるほどの人気を獲得しました。

ホンダCR-Vの内装

グレードにはFFモデルの20Gと4WDモデルの24Gが用意され、それぞれのグレードには本革シートやHondaインターナビがセットになったラグジュアリーなレザーパッケージが用意されました。
3回のフルモデルチェンジを経て2016年3月にはヴェゼルに統合する形で生産終了となっています。

ホンダ新型CR-Vのエクステリア

※海外で販売されている新型CR-V

海外では引き続き販売が継続されることとなり2017年には7月9日にフルモデルチェンジが発表され、5代目へと進化しました。
日本での販売も検討され始めたので今後CR-Vが新登場する可能性も高くなっています。

CR-V 24G
全長 4,535mm
全幅 1,820mm
全高 1,685mm
室内長 2,125mm
室内幅 1,540mm
室内高 1,215mm
総排気量 2,354cc
車両重量 1,540kg
ホイールベース 2,620mm
最小回転半径 5.5m
乗車定員 5名
燃費 11.6km/L
使用燃料 無鉛レギュラーガソリン
価格 2,849,143円~

1位 ヴェゼル

ホンダ ヴェゼルのエクステリア

ホンダのSUVラインナップで一番売れた人気車種と言えばヴェゼルでしょう。世界的なSUVブームに乗り販売されたヴェゼルは、2013年の発売から2014~2016年まで年間新車販売台数SUV部門で3年連続首位に立つなど、日本のSUV市場の王者に君臨していました。

ホンダ ヴェゼルのフロントビュー

フィットベースの広い室内とJC08モードの最高燃費27km/Lは他のSUVでは達成できない数字となっています。ガソリンモデルのベースグレードでは200万円をきる購入しやすい価格帯も人気の秘密です。

ホンダ ヴェゼルの内装

使いやすく見やすいドライバーに向いたインパネとブラック、アイボリー、ジャズブラウンの上質な空間に相応しい3つのシートカラーが用意されています。

2016年まではコンパクトSUVの頂点に君臨していたヴェゼルでしたが、2017年はトヨタのC-HRといいう強力なライバルが出現したため販売台数が落ち込んでいます。
ヴェゼルは2017年秋にマイナーチェンジする可能性もあり、テコ入れされたヴェゼルとC-HRの対決がより鮮明になるかもしれません

ヴェゼル ハイブリッドX・ホンダセンシング
全長 4,295mm
全幅 1,770mm
全高 1,605mm
室内長 1,930mm
室内幅 1,485mm
室内高 1,265mm
総排気量 1,496cc
車両重量 1,280kg
ホイールベース 2,610mm
最小回転半径 5.3m
乗車定員 5名
燃費 26.0km/L
使用燃料 無鉛レギュラーガソリン
価格 2,500,000円~

ホンダのSUVはCR-Vの復活に注目

コンパクトSUVのヴェゼルは日本で大人気の車種ですが、世界ではCR-Vが人気モデルとなっています。CR-Vはヴェゼルよりも販売価格やサイズが上の車で、価格帯はトヨタのC-HRやハリアーのベースグレードと同様となっています。

日本のSUV市場はこれからも拡大すると考えられるため、現在1つしか販売されていないホンダのSUVラインナップへ、CR-Vが加わる可能性はとても高いとみられます。
世界的にも人気のグローバルSUVであるホンダCR-Vの今度の動向に注目しましょう。