シャトルの内装

新型シャトルの内装は質感アップし最上級グレードには本革シートを新設定する

新型シャトルの内装をコックピットや安全性能、収納スペースを中心に紹介!ホンダ・シャトルはシートアレンジで車中泊にも使えるゆとりの室内空間が広がるステーションワゴンです。先代のフィットシャトルを思わせる、流れるようなボディにマッチするエレガントな内装デザインとなっています。

新型シャトルの内装は質感アップし最上級グレードには本革シートを新設定する

新型シャトルの内装はどう変わった?コックピットやシートの詳細をチェック!

2019年5月10日のマイナーチェンジを経てパワーアップした新型シャトルの内装を紹介します。
ホンダの5ナンバーサイズのステーションワゴン「シャトル(SHUTTLE)」は内外装ともにデザインを一新し、さらにスタイリッシュに生まれ変わりました。特に内装については、最上級グレードにあたるHYBRID Z Honda SENSINGモデルに本革シートを新設定するなど、より高級感のある内装デザインとなっています。
新型シャトルの内装をコックピットやシート、安全装備、ラゲッジルームなどをメインに詳しく掘り下げていきます。

新型シャトルのコックピットは上質感のあるプレミアムな空間が広がる

マイナーチェンジしたシャトルのコックピットホンダ新型シャトルのハイブリッドZホンダセンシング(FF)のメーカーオプション装着車のコックピット

新型シャトルのコックピットはすっきりとしたデザインで、スイッチやレバーの操作がしやすい端正な印象を受けます。足回りにはゆとりがあり、アクセル・ブレーキ操作もスムーズに行えます。

マイナーチェンジしたシャトルのインパネガーニッシュ木目調やピアノブラックのインパネガーニッシュを散りばめた新型シャトルの内装

新型シャトルの内装は上質感のある木目調のガーニッシュや艶やかなピアノブラックのインパネを採用し、質感アップに努めています。
スピードメーターはくっきりとした表示で視認性の高いデザインとなっており、日中や夜間を問わず、ドライバーの運転をサポートします。

マイナーチェンジしたシャトルの自動防眩ミラー夜間の走行時に便利な自動防眩ミラーはタイプ別で新型シャトルに装備される

自動防眩ミラーは、夜間のドライブ中に車のライトの反射を抑制して目がくらむのを防ぐ安全装備です。新型シャトルにはタイプ別に装備されます。

マイナーチェンジ後のホンダ新型シャトルにはラグジュアリーな高品質の本革シートをオプションで新設定!

マイナーチェンジしたシャトルのシートホンダ新型シャトルのシートはディテールにこだわりが感じられるしっかりとした作り

快適な乗り心地をとことん追求した新型シャトルのシートは、ゆったりとしていて足元と頭上空間に余裕があります。フロントシートもリアシートもロングドライブの疲労を減らすしっかりとしたホールド構造です。

新型シャトルのシートの種類シャトルのシートはブラック/本革シート・ネイビーブラック/コンビシート・ブラック/コンビシート・ブラック/ファブリックシートの4タイプ

新型シャトルの内装シートの素材は全部で4種類がラインナップ。ブラックの本革シートはメーカーオプションでHYBRID Z・Honda SENSINGにのみ適用可能です。
ネイビーブラックのコンビシートはHYBRID Z Honda SENSINGに、ブラックのコンビシートはHYBRID X Honda SENSINGに、ブラックのファブリックシートはHYBRID Honda SENSINGとG Honda SENSINGの2グレードにそれぞれ標準装備されています。

新型シャトルの本革シートホンダ新型シャトルは従来モデルにはなかった本革シートを採用している点にも注目!本物志向のドライバーの心を満たしてくれる

先述の通り、今回の新型シャトルには最上級グレードHYBRID Z Honda SENSINGにメーカーオプションのレザーシートが新設定されています。本革シートは従来型シャトルにはなかった装備で、シャトルの内装の高級感をぐっと高めます。

新型シャトルはホンダセンシングを全グレードに標準装備!9つの先進安全機能を搭載する

新型シャトルのホンダセンシングの機能従来モデルと同様にHonda SENSINGを全モデル標準装備している新型シャトル

HONDA新型SHUTTLEは安全運転支援システムHonda SENSINGを全タイプに標準搭載しています。主な安全装備は以下の9つの機能です。

新型シャトルのホンダセンシングの安全機能

  • 衝突軽減ブレーキ
  • 誤発進抑制機能
  • 歩行者事故低減ステアリング
  • 路外逸脱抑制機能
  • ACC(アダプティブ・クルーズ・コントロール)
  • LKAS(車線維持支援システム)
  • 先行車発進お知らせ機能
  • 標識認識機能
  • オートハイビーム

ホンダ新型シャトルのラゲッジルームの荷室は570Lから1,141Lまで拡大可能

マイナーチェンジしたシャトルのラゲッジスペース新型シャトルのラゲッジスペースはリアシートを倒した状態(2名乗車時)では最大1,141Lまで荷室を拡大できる

大きなテールゲートを有し、低床フロアで荷物が積みやすい仕様の新型シャトルの荷室スペース。5ナンバーサイズのコンパクトなボディですが、乗車人数や荷物サイズに合わせて多彩なシートアレンジが可能となっています。フラットなフロアのため、車中泊を楽しみたいドライバーにもおすすめです。

ホンダ・シャトルはシートアレンジ4パターン積載性の高いホンダ・シャトルはシートアレンジが多彩でとても便利!

シートアレンジを加えれば、荷物の形状・サイズを問わずあらゆる荷物が載せられます。画像のように大きなサーフボードやソファ、自転車、植木鉢などを乗せることも可能です。

ラゲッジスペースのマルチユースバスケットの使用例3パターンちょっとした小物を乗せるのに活躍してくれるマルチユースバスケットはグレード別装備となる

シャトルのHYBRID X Honda SENSINGとHYBRID Z Honda SENSINGの2グレードには、リアシートの後部にマルチユースバスケットが標準装備されています。使用しない場合にはコンパクトに折りたためるので場所を取りません。

新型シャトルラゲッジフロア下部の防水・防汚仕様収納スペース

新型シャトルのラゲッジフロア下には、防水・防汚仕様の収納スペースが設置されます。雨の日などの悪天候時にも、汚れや水気を気にせず荷物の積み下ろしができるのが嬉しいポイントです。

新型シャトルの内装におすすめの純正アクセサリーを厳選!

スピーカー、インナードアハンドル、ドアポケットのイルミネーションイルミネーションを設置することで新型シャトルでの夜間のドライブがもっと楽しくなる

ホンダ新型シャトルの内装をよりプレミアムにしてくれる純正アクセサリーのひとつがイルミネーション。スピーカーやインナードアハンドル、ドアポケットに装備できます。

シャトルのサイドステップガーニッシュシャトルを乗り降りするたび特別な気分にしてくれるサイドステップガーニッシュ

イルミネーションに合わせてサイドステップガーニッシュの取り付けもおすすめです。「SHUTTLE」のロゴがホワイトカラーのイルミネーションで幻想的に浮かび上がります。

コックピットのフットライト(上:ホワイト 下:ブルー)ホワイトまたはブルーのフットライトもおすすめ

フロントの足元を照らすフットライトはホワイトとブルーの2タイプがラインナップしています。乗車時に足元が見えるので安心感があります。

新型シャトルオプションのUSBチャージャーUSBチャージャーがあれば外出先での充電もOK

純正オプションとして装着できる小型USBチャージャーは、急速充電対応の充電専用ジャック、車両装備のオーディオ再生用ジャックの2種類がついています。こちらはシャトル全車のフロントコンソールポケットに装備できます。

ホンダのステーションワゴン新型シャトルの内装は上質なエクステリアにマッチした質感高いインテリアにグレードアップ!

ホンダのシャトルの洗練されたイメージは従来型からも十分に感じ取れましたが、今回のマイナーチェンジでは外装・内装ともにデザインを刷新し、本革シートを新設定するなどの試みから、さらにプレミアムな魅力がプラスされています。

ホンダは今後も5月の発売日までに新型シャトルの新情報を順次発表していくとのこと。続報が入り次第、COBBYでも詳しく紹介していきます!