ヘッドライトが丸目の車種

ヘッドライトが丸目の車を紹介!軽自動車から普通車まで海外車種にも採用例がある

ヘッドライトが丸目の車種は、可愛らしい車だけではなくオシャレな車、オフローダーでゴツい車にも採用されています。ラパンやハスラーなどの軽自動車から、ジムニーシエラ・ジープのラングラーなど大きい車にも採用されているのです。

ヘッドライトが丸目の車を紹介!軽自動車から普通車まで海外車種にも採用例がある

丸目のヘッドライト車種を紹介!可愛い車だけではないレトロ感たっぷりの丸いヘッドライトを採用し新車購入できるモデルはこの車!

丸い目のヘッドライトを採用している車はファニーフェイスで、とても愛嬌のある顔をしていますよね。オーナーにとっても愛着がわきやすく、最近発売される車のほとんどはキリッとつり上がった目が採用されていて、丸いヘッドライトをもつ車を選ぶことは「他の人と違う個性」を演出することもできます。

その昔、自動車といえば丸いヘッドライトがほとんどでしたが、1980年代ころから角型や形状にそってデザインされた異形ライトが登場します。そこで採用されることが少なくなった丸いヘッドライトですが、ホンダのN-ONEやダイハツのミラトコットなど、丸目ヘッドライトを採用している車種も増えてきました。

そこで、新車で購入できる丸目ヘッドライトの車種を紹介します!レトロ感がありオーナーの所有欲を満たしてくれる丸いヘッドライトを装備している車はなにがあるのでしょうか?軽自動車だけではなく、普通車にもラインナップされていて、ゴツゴツとしたオフロードを力強く走るクロスカントリー車にも採用例があります。

丸いヘッドライトを採用している車は普通車から軽自動車まで意外とたくさんある

丸目のヘッドライトのジープ丸目のヘッドライトを採用している車種はオフロードを走るゴツいモデルでも愛嬌のある顔になる

丸いヘッドライトを採用している車種は可愛い系の軽自動車だけではなく、普通車にも採用されています。レトロ感のある雰囲気を纏う丸目ライト採用の車種は国内メーカーの軽自動車・普通車のほかにも、外車(輸入車)もラインナップしています。

ホンダ・N-ONEはNシリーズで唯一の丸目を搭載した軽自動車である

ホンダ N-ONEホンダの軽自動車であるN-ONEはNシリーズで唯一の丸目ヘッドライトを採用している車種

ホンダのN-ONEは2012年11月に発売された軽自動車で、大きな丸目のヘッドライトを採用しています。可愛いボディカラーだけではなく、レーシーな黄色やアーミーなアッシュグリーンなど、男性にも似合うカラーも用意されています。

ラインナップしているのはガソリン車のみで、駆動方式はFFと4WDが用意され、価格帯は120万円からです。NA車のほかにターボ車も設定されているため、リッターカーにも迫るパワフルな走りを見せてくれます。

N-ONEのスペック
全長 3,395mm
全幅 1,475mm
全高 1,610mm
ホイールベース 2,520mm
最低地上高 150mm
エンジン型式 S07A
排気量 658cc
最高出力 43kW/7,300rpm
最大トルク 65Nm/4,700rpm
燃費 28.4km/L
価格帯 1,200,960円~

スズキ・ジムニー、ジムニーシエラはモデルチェンジにて昔ながらの丸目に戻りクラシカルな雰囲気をまとう

スズキジムニー2018年モデルジムニーは日本だけではなく世界中で愛されている自動車で2018年のモデルチェンジで丸目に戻った

スズキのジムニーには軽自動車の「ジムニー」と普通車の「ジムニーシエラ」の2モデルがラインナップしていて、どちらも2018年のモデルチェンジで丸目のヘッドライトへと戻りました。グリル内へ一直線に配置されたヘッドライトやウインカー類はレトロ感もあり昔から車に乗っている人には懐かしく、免許取りたての人には新しいデザインでしょう。

ジムニーには660ccのターボエンジンが、ジムニーシエラには1,500ccのエンジンが搭載されていて、どちらも余裕のある走りが実感できるでしょう。価格帯はジムニーが145万円から、シエラは176万円からになっています。

日本車におけるヘッドライトの移り変わり
1960年代 丸型ヘッドライトのみ
1967年 リトラクタブルヘッドライトの登場(トヨタ2000GTが初搭載)
1970年代 角型ヘッドライトの登場
1980年代 異形ヘッドライトの登場
1996年 HIDヘッドライトの登場(日産テラノが初搭載)
2002年 リトラクタブルヘッドライトが終焉(RX-7が最後)
2007年 LEDヘッドライトの登場(レクサスLS600が初搭載)

スズキ・ハスラー、クロスビーは愛嬌のある顔で丸いライトの横に設置されたウインカーもポイント

スズキハスラー・クロスビースズキのハスラーとクロスビーはヘッドライトに同じデザインを施しており、完全な丸目ではないがウインカー部分のアクセントを加えた造形である

スズキのクロスオーバーSUVであるハスラーは2014年に発売し大ヒットを記録した軽自動車で、ハスラーを普通車サイズにして、エンジンもアップサイジングしたのがクロスビーです。ジムニーのように完全な丸目ではないですが、ウインカー部分がアクセントになっているデザインです。

ハイブリッド仕様もあり、ハスラーの標準グレードにはマニュアル4WDも設定されているため、色々な人のニーズに応えてくれる頼もしさを持ちつつも、可愛げのある顔が憎めない車です。

価格帯はハスラーが110万円から、クロスビーは176万円からで、どちらも4WDモデルがラインナップしています。ハスラーにはマニュアルグレードが設定されていますが、クロスビーにはハイブリッドの6ATしかない点に注意が必要です。

ハスラー・クロスビーのスペック
ハスラー クロスビー
全長 3,395mm 3,760mm
全幅 1,475mm 1,670mm
全高 1,665mm 1,705mm
ホイールベース 2,425mm 2,435mm
最低地上高 175~180mm 180mm
エンジン型式 R06A型 K10C型
排気量 658cc 996cc
最高出力 47kW/6,000rpm 73kW/5,500rpm
最大トルク 95Nm/3,000rpm 150Nm/1,700~4,000rpm
モーター型式 WA04A型 WA05A型
モーター最高出力 1.6kW/1,000rpm 2.3kW/1,000rpm
モーター最大トルク 40Nm/100rpm 50Nm/100rpm
燃費 26.2~32.0km/L 20.6~22.0km/L
価格帯 1,100,520円~ 2,003,400円~

スズキ・アルトラパンは丸目で可愛らしいフォルムがキュンとする軽自動車

スズキアルトラパンスズキのアルトラパンは女性に人気の軽自動車で、初代から一貫して丸目のヘッドライトを搭載している

スズキのアルトラパンはウサギをモチーフとした可愛らしい女性向けの軽自動車で、2015年に発売した3代目においても、初代から一貫して採用されている丸型ヘッドライトを装備しています。フェンダーアーチモールやスプラッシュガードを装備しボディ全体も丸くありつつ四角いスタイリングを持っています。

エネチャージやアイドリングストップを搭載して燃費もよく、2WDのオートマ(CVT車)では35.6km/Lの燃費を記録しています。価格帯もお手頃で、ベースグレードは107万円から最上級グレードでも138万円から購入することができます。

アルトラパンのスペック
全長 3,395mm
全幅 1,475mm
全高 1,525mm
ホイールベース 2,460mm
最低地上高 155mm
エンジン型式 R06A型
排気量 658cc
最高出力 38kW/6,500rpm
最大トルク 63Nm/4,000rpm
燃費 33.2~35.6km/L
価格帯 1,077,840円~

スズキ・スペーシアギアはSUVルックになりジムニーのような丸いヘッドライトを搭載

スズキスペーシアギアスズキのスペーシアギアは、2018年12月に追加されたSUVルックの特別仕様車で丸目ヘッドライトとなった

スズキの軽自動車であるスペーシアに、2018年12月スペーシアギアと呼ばれるSUVルックの特別仕様車が発表されました。凹凸デザインのフロントバンパーやグリルガーニッシュは力強い印象を与え、ヘッドライトは丸いデザインになりウインカーはバンパーへ独立しています。

搭載エンジンは自然吸気のNA車とターボ仕様車の2種類で、燃費は2WDのNA車が1番良く28.2km/Lを記録しています。安全装備もスズキセーフティサポートを搭載しているため安心で、価格帯は161万円から設定されています。

スペーシアギアのスペック
全長 3,395mm
全幅 1,475mm
全高 1,800mm
ホイールベース 2,460mm
最低地上高 150mm
エンジン型式 R06A型
排気量 658cc
最高出力 38kW/6,500rpm
最大トルク 60Nm/4,000rpm
モーター型式 WA05A型
モーター最高出力 2.3kW/1,000rpm
モーター最大トルク 50Nm/100rpm
燃費 24.0~28.2km/L
価格帯 1,695,600円~

ダイハツ・コペンCeroは3グレードの中でもクラシカルな雰囲気をまとうフラッグシップモデル

ダイハツコペンコペンのバリエーションの1つであるセロはクラシックなルックスとなり、縦長の丸目ヘッドライトを装備している

ダイハツのフラッグシップモデルであるコペンは、2シーターオープンの軽自動車です。スイッチ1つでルーフを自動で開閉する機構を備えた使いやすいモデルでもあります。コペンのバリエーションは3種類あり、最初にローブが発売し、半年後にはエクスプレイを販売開始していますが、これらのモデルはキリッとした吊り目タイプのヘッドライトを搭載しています。

エクスプレイから半年後、ローブから1年後の2015年6月には大きな丸型のヘッドライトを装備したCero(セロ)が発売し、新しくも懐かしいクラシカルな出で立ちをしています。トランスミッションにはCVTと5速MTが搭載されていて、エンジンには直列3気筒ターボを積んでいるため走行性能も高いです。

コペン セロのスペック
全長 3,395mm
全幅 1,475mm
全高 1,280mm
ホイールベース 2,230mm
最低地上高 110mm
エンジン型式 KF型
排気量 658cc
最高出力 47kW/6,400rpm
最大トルク 92Nm/3,200rpm
燃費 22.2~25.2km/L
価格帯 1,852,200円~

ダイハツ・キャストはクロスオーバーな見た目でコロンとした瞳が可愛いルックスの軽自動車

ダイハツキャストダイハツのクロスオーバーであるキャストはアクティブ・シティ・スポーツ系の3グレードを展開する車で全て丸いヘッドライトを装備している

ダイハツのクロスオーバーであるキャストは、アクティバ・スタイル・スポーツと3種類のテイストを販売していますが、コペンとは違い全て同じ丸目のヘッドライトを装備しています。丸いヘッドライトがレトロな雰囲気を出していて、可愛くもありクロスオーバーな見た目が頼もしさもあるモデルです。

搭載エンジンにはNAとターボがあり、駆動方式もFFの2WDと4WDが用意されているため、軽いオフロードなら難なく越えていくことができます。燃費も24.8~30.0km/Lを記録していて、ガソリン代もかかりにくいのが嬉しいポイントです。

キャストのスペック
全長 3,395mm
全幅 1,475mm
全高 1,600mm
ホイールベース 2,455mm
最低地上高 150~180mm
エンジン型式 KF型
排気量 658cc
最高出力 38kW/6,800rpm
最大トルク 60Nm/5200rpm
燃費 24.6~30.0km/L
価格帯 1,225,800円~

フィアット500・500C・500Xは1936年より続く長寿モデルで最新型が2007年に販売されている

フィアット500(チンクエチェント)フィアット500(チンクエチェント)は、2007年に新型へとモデルチェンジし可愛らしい丸目のヘッドライトを受け継いだ

2007年に新型へとモデルチェンジしたフィアット500は、ルーフがオープンする500C、クロスオーバーの500Xと、3種類のバリエーションがあります。500と500Cはクリンとした丸いヘッドライトですが、500Xは少し伸びて卵型に近い丸目になっています。

搭載エンジンは1.2Lの8Vエンジンで、59kWの出力を発揮します。トルクは102Nmで燃費は19.4km/Lですので、街中を走るには十分なスペックです。ほかにもターボを搭載した2気筒エンジンのツインエアもラインナップしていて、排気量は少ないですが1.2Lエンジンよりもパワフルな走りを実感できます。しかし、どちらもハイオクガソリンを使用するという点に注意が必要です。

フィアット・チンクエチェントのスペック
500 500C 500X
全長 3,570mm 3,570mm 4,250mm
全幅 1,625mm 1,625mm 1,795mm
全高 1,515mm 1,505mm 1,610mm
ホイールベース 2,300mm 2,300mm 2,570mm
エンジン型式 312A2 312A2 55263624
排気量 875cc 875cc 1,368cc
最高出力 63kW/5,500rpm 63kW/5,500rpm 103kW/5,000rpm
最大トルク 145Nm/1,900rpm 145Nm/1,900rpm 230Nm/1,750rpm
燃費 24.0km/L 24.0km/L 15.0km/L
価格帯 1,998,000円~ 2,600,000円~ 2,927,000円~

MINIはおしゃれな車としての代名詞!丸目がとってもキュートでファニーな顔は男女ともに人気のある車

MINIMINIは2001年にBMWブランドから発売され、2013年には3代目へとモデルチェンジしている

MINIはBMWが展開するブランドの1つで、おしゃれな車は?と聞いてイメージする中の1台でしょう。ミニはクーパーとも呼ばれますが実はグレード名で、MINI(ミニ)が車名となります。ボディタイプは3ドア・5ドア・コンバーチブル・クラブマン(ワゴン)・クロスオーバーと様々な種類があり、スポーツ仕様のジョンクーパーワークスも設定されています。

グレード展開はベースのONE(ワン)、中間グレードのCOOPER(クーパー)、上級グレードのCOOPER S(クーパーS)があり、ボディタイプごとにマニュアルやオートマ、ガソリンエンジンやディーゼルエンジンなどが設定されています。

価格帯は3ドアのONEで238万円からで、ガソリンモデルだと燃料がハイオクになるため注意が必要です。しかし、国内メーカーの車よりも維持費や乗り出し価格が多少高くてもミニに乗っている満足感は代えがたいものがあります。

MINI・3ドアのスペック
全長 3,835mm
全幅 1,725mm
全高 1,430mm
ホイールベース 2,495mm
エンジン型式 B38A15A
排気量 1,498cc
最高出力 75kW/3,900rpm
最大トルク 190Nm/1,380~3,600rpm
燃費 17.8km/L
価格帯 2,380,000円~

フォルクスワーゲン ビートルが新車で購入できるチャンスは2019年まで!ミニと双璧をなすファッショナブルな車

フォルクスワーゲンビートルフォルクスワーゲンのビートルは、2011年に「ザ・ビートル」へとモデルチェンジしていて2019年に生産終了する

フォルクスワーゲンのビートルは、世界で1番多い生産台数の記録を持っているフォルクスワーゲンタイプ1(ビートル・かぶとむし)の後継モデルで、1998年には「ニュー・ビートル」、2011年には「ザ・ビートル」とモデルチェンジし、2019年には生産終了になります。

大きな丸目が特徴的で、BMWのMINIと比較されることが多いオシャレな車です。ボディタイプは3ドアのハッチバッククーペで、1.2Lターボエンジンを搭載したFFの2WDです。価格帯は239万円からで、ベースグレードのほかにスポーティなRラインがあります。

ボディサイズは3ナンバーサイズで余裕があり、燃費もベースグレードで17.6km/Lを記録しています。使用するガソリンはハイオクのため、注意が必要です。

フォルクスワーゲン・ザ・ビートルのスペック
全長 4,285mm
全幅 1,815mm
全高 1,495mm
ホイールベース 2,535mm
エンジン型式 CBZ
排気量 1,197cc
最高出力 77kW/5,000rpm
最大トルク 175Nm/1,500~4,100rpm
燃費 17.8km/L
価格帯 2,399,000円~

レネゲードはジープのエントリーモデルとして2015年から発売!丸目でコンパクトな車体が頼りがいのあるモデル

ジープレネゲードジープのレネゲードはコンパクトサイズのSUVで台形ホイールアーチや7スロットグリルなどアイデンティティをしっかり受け継いでいる

ジープのレネゲードは2015年より販売されたモデルで、フィアット500Xの兄弟車でもあります。ジープの中では1番コンパクトなモデルで、価格帯は299万円からです。ジープの特徴である7スロットグリルや台形のホイールアーチを採用し、丸目のヘッドライトを装備しています。

日本仕様のレネゲードはロンジチュードとリミテッド、トレイルホークの3グレード展開で、4WDモデルはトレイルホークのみの設定になっています。ですが、ロンジチュードとリミテッドはハイオク仕様なのに対し、トレイルホークのエンジンはレギュラー仕様のためお財布にも優しいです。

ボディサイズは全長4.2メーターの幅が1.8メーターで3ナンバーサイズですが、全長が長すぎることもないため運転はしやすいでしょう。

ジープ・レネゲードのスペック
全長 4,255mm
全幅 1,805mm
全高 1,695mm
ホイールベース 2,570mm
最低地上高 170mm
エンジン型式 55263624
排気量 1,368cc
最高出力 103kW/5,000rpm
最大トルク 230Nm/1,750rpm
燃費 15.5km/L
価格帯 2,990,000円~

ジープのラングラーは伝統的に丸目ヘッドライトを装備していて新型でも歴史は受け継いでいる

ジープラングラージープのラングラーは初代から丸目ヘッドライトを装備していて、ウィリスジープの頃からのグリルデザインを継承しているモデル

ジープが販売するラングラーは伝統的に丸目ヘッドライトを装備したモデルで、2ドアのほかにもロングホイールベースとなり4ドアになったラングラーアンリミテッドもラインナップしています。2018年11月からは4代目ラングラーが日本でも販売されていて、価格帯は459万円からです。アンリミテッドスポーツには2.0Lターボエンジンを搭載し維持費もかかりにくくなっています。

2ドアの全長は4,320mm、アンリミテッドは4,870mmで、全幅はどちらとも1,895mmあるため迫力のあるボディサイズです。使う燃料はどちらもレギュラーで、2ドアのスポーツには3.6LのV6エンジンが搭載され、アンリミテッドには直4ターボの2.0Lエンジンが搭載されます。

ジープ・ラングラーのスペック
全長 4,320mm
全幅 1,895mm
全高 1,825mm
ホイールベース 2,460mm
最低地上高 200mm
エンジン型式 G
排気量 3,604cc
最高出力 209kW/6,400rpm
最大トルク 347Nm/4,100rpm
燃費 9.6km/L
価格帯 4,590,000円~

昔は丸いヘッドライトが主流だったが異形ライトの登場によりデザインの幅が広がった

日産ブルーバード160022(DATSUN410)1963年に発売した日産のブルーバード(410)この年代の車はトヨタのカローラもホンダのN360もみんな丸いヘッドライトだった

日産のブルーバードやトヨタのカローラ、ホンダのN360など、1960年代に発売された車の初代モデルは全て丸型ヘッドライトを搭載しています。しかし、ブルーバードは1979年の910ブルーバードから、カローラも4代目モデルから角型ヘッドライトに変更され、次第に丸型ヘッドライトは特定の車種を除き減少していきます。

真四角の角型ヘッドライトが流行り出すと、次はウインカーが車体サイドに回り込んだデザインなど「車のデザインに合わせた形状」の異形ライトが登場し、流行の兆しを見せます。すると次は今までと同じサイズのバルブで大光量を発するHIDヘッドライト(バイキセノン・ディスチャージ)が登場し、灯体の小型化が流行りました。

そして、2007年に登場したのがLEDヘッドライトで、HIDより小さい灯体で眩しいくらいの光量を放つヘッドライトの登場により、今度はデザインの幅が広がっています。

日本車におけるヘッドライトの移り変わり
1960年代 丸型ヘッドライトのみ
1967年 リトラクタブルヘッドライトの登場(トヨタ2000GTが初搭載)
1970年代 角型ヘッドライトの登場
1980年代 異形ヘッドライトの登場
1996年 HIDヘッドライトの登場(日産テラノが初搭載)
2002年 リトラクタブルヘッドライトが終焉(RX-7が最後)
2007年 LEDヘッドライトの登場(レクサスLS600が初搭載)

丸目のヘッドライトはレトロな雰囲気がおしゃれでミニやビートルなど1度は乗ってみたい車にも採用されている

丸いヘッドライトは、車が普及し始めたころの車にほとんどが採用していたヘッドライトの形で、時代が進むにつれて角型や異形、リトラクタブルなど様々に変化していきました。ハロゲンランプだけではなく、光源もキセノンランプやLEDなどに変化していき灯体が小さくなったことでデザインも自由になっています。

2019年ではキリッとした吊り上がったデザインのヘッドライトが流行していて、丸目のヘッドライトを採用している車種は再び少なくなっています。ですが、クラシカルな雰囲気をまとい可愛らしさもアピールできる丸いヘッドライトは国内メーカーのほか外車でも採用例がある形です。

国内メーカーではスズキを中心にラインナップしていて、海外メーカーではジープやフィアット、フォルクスワーゲンにミニなどオシャレな車種に採用されています。ほかの車と違う個性を発揮できる丸目の車で、楽しい毎日を過ごしましょう。