ルームランプの交換方法

ルームランプをLEDに交換する方法!SX4で実践した夜の車内が明るく便利になるカスタマイズ

ルームランプを交換方法をまとめました!ルームランプはLEDに取り換えることで明るく足元まで照らしてくれます。自分の車に合う形状の探し方や色の選び方、交換する方法を紹介します。純正と比べると明るくなるので利便性も高まるカスタマイズです。

ルームランプをLEDに交換する方法!SX4で実践した夜の車内が明るく便利になるカスタマイズ

ルームランプをLEDに交換して明るい車内で過ごす

ルームランプをLEDに交換することで明るい室内を手に入れることができます。標準装備されている純正球のルームランプは温かみのある色です。足元まではっきりと見えず暗いものですが、LEDのルームランプに交換することで、足元まで明るい車内を手に入れることができます。

また、LEDは消費電力がとても少ないので、純正球からLEDに変えるだけで車の省電力化につながります。そこで、ルームランプの選び方や交換方法、青色などは車検に通るのかをまとめました。

ポジションランプやナンバー灯をLEDに変えたなら、ルームランプも白く変えることで統一感も出るようになります。ルームランプをLEDに交換したいときは、ぜひチェックしておいてください。

ルームランプをLEDに交換する方法

ルームランプをLEDに交換する時には、レンズやユニットを外すために細い内張り剥がしやマイナスドライバーを用意します。その他には、純正球の形状規格と合うLEDランプを用意、車種によっては専用設計のルームランプセットが販売していることもあります。

また、手をケガしないように軍手の着用をおすすめします。すべての工具とランプを用意したらさっそく試してみましょう。

ルームランプの交換に必要なもの

  • 軍手
  • 細い内張り剥がし
  • 形状規格が合うLEDルームランプ

車のルームランプ交換に用意するもの規格に合致するルームランプと内張り剥がしを用意

主にルームランプに使われている形状は「G14」「T10×31」「T10」の3種類で、運転席側に設置されているマップランプは「T10」か「G14」、車体真ん中のルームランプと、ラゲッジルームランプは「T10」か「T10×31」が装備されていることが多いです。

T10規格のマップランプマップランプにはT10とG14があり近年はT10規格が主流 室内灯の左右に使う

このLED電球はT10の形状で、最近のモデルの車両のマップランプに使われていることが多いタイプです。少し古いタイプの車両のマップランプにはこの形状とは違うG14というタイプが使われていることが多いので注意が必要です。

T10×30規格のLEDランプT10×30規格のLEDランプは室内灯の真ん中部分に使う

このLEDランプはT10×30と呼ばれる形状のもので、室内の真ん中についているルームランプに使われていることが多い形状です。小さいタイプのほかにもLEDチップがたくさん装着されていて明るいプレートタイプなどもあります。

車種によって装着されている形状が違いますので、カー用品店などに置いてあるランプ適合の冊子などをチェックすると確実です。

レンズカバーを外す

レンズカバーを外す作業風景作業前はルームランプのスイッチを必ずオフにすること

まずはレンズカバーを外すところから始めていきます。作業をする前に必ずルームランプのスイッチをOFFにすることを忘れないでください。また、レンズカバーを外したあとに戻す作業があるので、外す前の状態を覚えておくか、写真を撮っておくことをおすすめします。

レンズカバーはツメではめ込まれていることが多いので、切り込みが入っているところに内張り剥がしを差し込み少しずつこじって外していきます。無理して力を入れると破損する恐れがあるので慎重に行ってください。

細いマイナスドライバーでもいいですが、レンズカバーや内装を傷つける恐れがあるので、ビニールテープなどを巻いたりして保護するといいでしょう。

純正球をLEDに取り換える

ランプを交換する作業レンズカバーを外して純正球と購入したLEDランプを交換

レンズカバーを外したら純正球が見えるので、つまんで外しLED電球を取りつけます。LEDが面になっているタイプは、両面テープなどで貼り付ける前に点灯するかどうか確認してから貼るようにしてください。

また、LEDの発光を直視すると目がくらんだりするので、手でLEDを隠しながら点灯確認するといいでしょう。点灯しないときはプラスマイナスの極性が逆の場合があり、180度ひっくり返して逆に取りつけてみてください。乾電池のプラスとマイナスを逆につけているので点灯しないイメージです。

点灯確認をしてレンズカバーを戻す

レンズカバーを戻す作業点灯確認したらレンズカバーを元に戻して完成!

点灯することを確認したらレンズカバーを元通りに戻します。カバーにはツメがついているので形通りにはめ込めばOKです。外す時にこじって開けたところからはめ込まず、逆側から順にはめこんでいくとスッキリ装着できます。
レンズカバーを戻してもう1度点灯確認しておくと確実です。これで純正球からLEDランプに交換することができました。

ランプユニットごと外してルームランプを交換するパターンもある

ルームランプは車種によって作りが違うためレンズを外しただけで交換できないものもあります。SX4 Sクロスの場合はマップランプや真ん中のルームランプはユニットごと外して交換するタイプでした。どのように純正球からLEDへ交換していったのかチェックしてみましょう。

SX4 Sクロスのマップランプを交換する方法

ランプユニットのネジを外す作業ランプユニットを固定しているネジを外す

まずは、サングラスなどを入れるホルダーを開けて覗き込むと運転席側に大き目のプラスネジが見えるため、1本外します。これで固定しているユニットをフリーにすることができるため、内張りはがしなどを使うことで外すことができます。

固定しているプラスネジを外したら内張りはがしでユニット周辺をこじって外す

ランプユニットの内張りを剥がす作業内張り剥がしを使いランプユニットの周りから外す

次に、ユニットの端から内張りはがしを差し込みユニットを外していきます。ツメではまっているため爪周辺をこじっていくことで少しずつ外れていきます。

ランプユニットが外れたら落とさないように支えてランプを交換する

ランプユニットを支える断線しないようにランプユニットを支える

ランプユニットが天井から外れたら落とさないよう支えます。車体側とユニットはカプラー配線が繋がっているため落とすと断線する可能性があるため細心の注意を払ってください。

純正球のソケットを外す様子指でつまんでいるのが純正球のあるソケット 反時計回りに回すと純正球が見えてくる

ユニットの裏側を見ると基盤に純正球がささっている黒いソケットが見えます。それを反時計回りに回すと外れるため、純正球とLEDを交換して元に戻し点灯を確認してください。

ランプユニットのネジ止めの様子ランプユニットを戻した後はネジ止めをするのを忘れずに

無事に純正球から白色LEDに交換することができました。反対側も同様に黒いソケットを外してLEDに交換することで2か所のマップランプをLEDに交換することができます。ユニットを天井に戻すときは、手前か奥側から差し込むように天井の穴へ添えて、爪を1か所ずつ確実にはめ込み最初に外したプラスネジを締めて完成です。

SX4 SクロスのルームランプはT10×31のLEDランプを使って交換する

ルームランプの交換作業ルームランプはユニットごと交換 この時もスイッチがオフになっているか確認してから行うこと

SX4 Sクロスの室内真ん中にあるルームランプも、マップランプと同様にユニットごと外して交換します。誤って交換作業中に点灯しないようにランプスイッチをOFFの位置にすることが最も大切です。

ランプユニットの手前側に内張りはがしを差し込むと比較的カンタンにバコッとユニットが外れてきますので、マップランプ同様に配線がくっついているため落とさないよう注意が必要です。

純正球とLEDランプの交換ねじって交換するのではなく挟みこんで交換

ユニットが外れたら純正球をLEDに交換します。T10×30のものは両端に端子があるタイプの電球ですのでユニットの端子に挟み込むよう装着します。

ルームランプの照射部分3つの黄色い部分から照射するのでレンズに向けて位置を調整

LED電球によって場所は違いますが、LEDはチップから光が発するため向きを調整します。写真のLED菅の中にある3つの黄色い部分がチップですので、レンズ側に向けて装着します。360°照射のものはどの向きでも大丈夫です。

ルームランプの点灯確認点灯確認してからはめ込みましょう

ユニットを天井にはめ込む前にランプスイッチをONにして点灯を確認してから戻してください。これで、無事にマップランプとルームランプを白色LEDにすることができました。

ルームランプは電球色や白色・蒼白色がおすすめ

ルームランプのLEDはほとんどが白色の明るいものが販売されていて、ポジションランプやナンバー灯を白いLEDに変えたら同じ色に合わせておくことで統一感が出ます。

色ごとのLEDルームランプの特徴

  • 白色:ハッキリと明るく見える、車内の雰囲気がカッコよくなるが冷たい
  • 電球色:純正球に比べて明るく見える、雰囲気は純正と変化が少ないが温かい

6,000Kや8,000Kなどの白色や蒼白色は、最も明るく感じハッキリと車内を照らしてくれてスタイリッシュな雰囲気になりますが、どこか冷たい印象を受けます。

ウォームホワイトなどと呼ばれる3,200K付近の純正球と同じ色のLEDランプもあり、交換することで色は同じですが車内は明るくなります。温かい雰囲気があり、白いLEDランプだと家族に不評などの場合におすすめです。

ルームランプの赤色や青色、紫色は車検に通るのか?

車検の規定にルームランプはありませんが、光が前方や後方に向けて漏れている場合は、電球色や白色以外のカラーはNGになる場合があります。
ルームランプをカスタムする時は、6,000K付近の白色か純正球と同じ色味のウォームホワイトなどに取り換えることが無難です。

LEDルームランプへの交換は高級感も出るカスタマイズ

ルームランプはドアを開けたとき、マップランプをつけたとき、バックドアを開けたときなどに光る車内を照らすランプで、特に頻繁に点灯するルームランプだけでもLEDに取り換えておくことで夜間に乗り込む時などに明るく車内を照らしてくれるので便利です。

ルームランプをLEDに交換する手順

  1. 必要なものを用意しておく
  2. 内張り剥がしを使ってレンズカバーをはずす
  3. ジャッキで車を持ち上げる
  4. 純正の電球とLED電球を交換する
  5. 正常に点灯することを確認してレンズカバーを元に戻す

最も明るく見えるホワイトLEDや、純正球と雰囲気が変わらないウォームホワイトLEDがおすすめで、交換方法はレンズカバーを外して交換する方法と、ユニットごと外して交換する方法などがあります。車幅灯やライセンスランプをLEDに交換したのなら、一緒にやっておくことで統一感が出ます。