プリウスのマイナーチェンジ

新型プリウスのマイナーチェンジは大幅なデザイン変更で2018年12月17日に実施予定

プリウスのマイナーチェンジが2018年12月17日に実施される予定で、3眼LEDヘッドライトの搭載やシーケンシャルウィンカーの装備、次世代トヨタセーフティセンスを搭載してより豪華な車へと進化します。

新型プリウスのマイナーチェンジは大幅なデザイン変更で2018年12月17日に実施予定

新型プリウスは2018年12月17日にビッグマイナーチェンジが行われる

トヨタが販売するハイブリッドカーのプリウスが、2017年11月に一部改良があり、2018年には初のマイナーチェンジを行うと噂されています。2015年12月にフルモデルチェンジされ4代目と進化したプリウスは、一部改良とマイナーチェンジにより、どのように変化するのか?

2017年11月に行われた一部改良の内容と、2018年12月17日に行われる予定のマイナーチェンジのエクステリアやインテリア、搭載装備や発売日・価格帯を紹介します。

2018年12月17日プリウスのマイナーチェンジで行われる内容は内外装変更や安全装備の進化

新型プリウスのマイナーチェンジ後のエクステリアは「フロント・リアバンパーの形状変更」や、「ヘッドライト形状の変更」「テールランプデザインの変更」「ボディカラーに新色を追加」が行われると予想します。

新型プリウスのマイナーチェンジ内容

・フロントバンパーの形状変更
・リアバンパーの形状変更
・ヘッドライトの形状変更
・テールランプデザインの変更
・ボディカラーに新色を追加
・電動パーキングブレーキを採用
・予防安全技術に次世代トヨタセーフティセンスを採用
・ハイブリッドシステムの改良による燃費性能の強化(高効率リチウムイオンバッテリーを採用)
・シーケンシャルターンランプ(流れるウインカー)を採用?

新型ハリアーのシーケンシャルウインカー

ヘッドライトの形状変更では、新型ハリアーに搭載された「3眼LEDヘッドライト」、ハリアーやアルファードやC-HRなど近年の新型車やマイナーチェンジで搭載されることが増えた「シーケンシャルウィンカー(流れるウインカー)」を装備すると考えられます。 プラグインハイブリッドモデルのプリウスPHVでは4眼LEDヘッドライトになっているので、エクステリアがPHVに寄る形になります。

新型プリウスPHVのフロントビュー2代目プリウスPHVのエクステリア

フロントバンパー・リアバンパー・テールランプデザインが変更される噂があるので、4代目プリウスのマイナーチェンジ前よりもかなり印象が変わると考えられます。

プリウスは2015年にフルモデルチェンジして、始めこそ販売台数は順調に推移していたものの近年ではアクアに先をこされるなど苦戦していました。2018年のマイナーチェンジで大幅改良が行われればプリウス人気が再燃して納期が長くなる恐れがあります。

慣例から考えると販売予約はマイナーチェンジの約1か月前に行われるため2018年の12月17日に販売開始だと考えた場合2018年11月から12月1日には予約が開始されるでしょう。マイナーチェンジする新型プリウスの購入を検討している方は早めに予約するのが賢明かもしれません

マイナーチェンジ後の新型プリウスは第二世代トヨタセーフティセンスを全グレードで標準装備

マイナーチェンジ後のプリウスには安全装備の「セーフティセンスP」が全車標準搭載されます。マイナーチェンジ前では、「Aプレミアム」「Aプレミアム ツーリングセレクション」「A」「Aツーリングセレクション」の4グレードに標準装備されていましたが、マイナーチェンジ後では「S」「S ツーリングセレクション」「E」のグレードにもメーカーオプションではなく標準装備されるようになります。

従来モデルのプリウスに装備されているトヨタセーフティセンスPの内容

・プリクラッシュセーフティシステム
・レーンディパーチャーアラート(ステアリング制御付き)
・オートマチックハイビーム
・レーダークルーズコントロール(全車速追従機能付き)

新型プリウスに搭載されている「トヨタセーフティセンスP」とは、ミリ波レーダーと単眼カメラを使った衝突回避支援パッケージで、「衝突回避支援自動ブレーキ」や「車線逸脱警報」「自動的にハイビームとロービームを切り替える機能」「速度・車間距離調整機能付きのクルーズコントロール」などがパッケージングされています。

また、2017年12月にマイナーチェンジを行った高級ミニバンのアルファードとヴェルファイアには、夜間の歩行者だけではなく、昼間の自転車にも対応する進化した第二世代のトヨタセーフティセンスが搭載されていて、この次世代安全装備がマイナーチェンジ後のプリウスにも搭載される可能性が高いと考えます。

次世代トヨタセーフティセンスの内容

・レーントレーシングアシスト
・プリクラッシュセーフティ(昼夜の歩行者、昼間の自転車対応)
・レーダークルーズコントロール(全車速追従機能付き)
・アダプティブハイビームシステム
・オートマチックハイビーム
・ロードサインアシスト

マイナーチェンジ前のプリウスでは、廉価グレードと標準グレードにはメーカーオプションで設定ができますが、マイナーチェンジ後では全グレード標準装備され、より安全な車へと進化します。

新型プリウスのマイナーチェンジ後の発売日は2018年12月17日・販売価格は2,518,560円から

サーキットを走る新型プリウス

トヨタ新型プリウスのマイナーチェンジは、2018年12月17日に行われます。2017年11月には一部改良を行い20周年特別仕様車の追加が行われたあと、ヘッドライトやフロント・リアバンパーの形状変更、トヨタセーフティセンスPの標準搭載などを行うマイナーチェンジを実施しています。

マイナーチェンジ後の価格帯は、FFモデルで2,518,560円~3,284,280円、4WDモデル2,759,400円~3,478,680円になります。

マイナーチェンジ後プリウス価格帯
グレード FF(2WD) E-Four(4WD)
E 2,518,560円~
S 2,565,000円~ 2,759,400円~
S ツーリングセレクション 2,732,400円~ 2,926,800円~
A 2,842,560円~ 3,036,960円~
A ツーリングセレクション 3,006,720円~ 3,201,120円~
Aプレミアム 3,175,200円~ 3,369,600円~
Aプレミアム ツーリングセレクション 3,284,280円~ 3,478,680円~

マイナーチェンジを予定している現行型プリウスの画像5枚

新型プリウスのフロントビュープリウス

左斜め前から見た新型プリウスプリウス

新型プリウスのサイドビュープリウス

左斜め後ろから見た新型プリウスプリウス

新型プリウスのリヤビュープリウス