プリウスPHVの特別仕様車

プリウスPHVの特別仕様車は2017年12月25日に3タイプ発売

プリウスPHVの特別仕様車は、2017年12月25日に発売されます。SとS・ナビパッケージ、Aグレードの3つをベースとした仕様で、インテリジェントクリアランスソナーやアクセサリーコンセントなどを特別装備し、より安全に使い勝手がよくなります。

プリウスPHVの特別仕様車は2017年12月25日に3タイプ発売

プリウスPHVの特別仕様車が12月25日に3タイプ発表

プリウスのプラグインハイブリッド車である「プリウスPHV」に、12月25日特別仕様車が3タイプ追加されます。「S」、「S ナビパッケージ」、「A」の3つのグレードをベースとした特別仕様車で、クリアランスソナーやパーキングアシストなどが標準装備となる内容です。

さっそく、2017年12月25日に発表されるプリウスPHVに追加される特別仕様車の内容をチェックしていきましょう。

プリウスPHV Sグレードの特別仕様車「S Safety Plus」

新型プリウスPHVの特別仕様車

プリウスPHV Sグレードに設定される特別仕様車は「S Safety Plus」で、「インテリジェントクリアランスソナー」、「シンプルインテリジェントパーキングアシスト」、「急速充電インレット」、「ナビレディセット」の4つが標準装備になります。

S Safety Plusに追加される標準装備

・インテリジェントクリアランスソナー
・シンプルインテリジェントパーキングアシスト
・急速充電インレット
・ナビレディセット

新型プリウスPHVのセンサー

インテリジェントクリアランスソナーは、フロント・フロントコーナー・サイド・リヤサイド・リヤに搭載されている12個のソナーで障害物を検知し、障害物があるのにアクセルを踏んで突っ込みそうになっている時、駐車場から発進の際に左右の車両を巻き込もうとしている時に、警告とサポートブレーキで事故・接触を防いでくれる機能です。

新型プリウスPHVのパーキングアシスト

シンプルインテリジェントパーキングアシストは、超音波センサーを使って駐車スペースを判断してくれてスイッチを押すだけで、どのようにステアリング・前進・後退・駐車の位置取りをすればいいのかアシストしてくれる機能です。自動的に駐車してくれるわけではなく、操作はアシストに従ってドライバーが行います。

新型プリウスPHVの充電コンセント

急速充電インレットは、コンビニや道の駅に設置されている急速充電機を使えるようにするための装備で、Sグレードに標準装備されているインレットは普通充電のものしかないので、満充電にするためには約2時間20分かかりますが、急速充電を使用することで80%まで20分で完了するようになります。

ナビレディセットは、オプションのナビを装着した場合に使えるバックカメラのことで、Sグレードではメーカーオプションで設定されていますが、特別仕様車では標準装備になります。

プリウスPHV S ナビパッケージの特別仕様車「S ナビパッケージ・Safety Plus」

新型プリウスPHVのリヤビュー

プリウスPHV S ナビパッケージの特別仕様車は「S ナビパッケージ・Safety Plus」で、「インテリジェントクリアランスソナー」、「シンプルインテリジェントパーキングアシスト」、「ETC2.0」、「アクセサリーコンセント」の4つの装備が標準装備になります。

Sナビパッケージ・Safety Plusに追加される標準装備

・インテリジェントクリアランスソナー
・シンプルインテリジェントパーキングアシスト
・ETC2.0
・アクセサリーコンセント

「インテリジェントクリアランスソナー」、「シンプルインテリジェントパーキングアシスト」の2つは、S Safety Plusと同じ内容ですが、S ナビパッケージ・Safety Plusには高速道路で使うETCユニットと、最大1500Wまで使えるAC100Vのコンセントを装備するアクセサリーコンセントを標準装備します。

新型プリウスPHVのアクセサリー

アクセサリーコンセントは、最上級グレードのAプレミアムに標準装備されている車内アクセサリーコンセント2ヶ所と、普通充電インレットに差し込んで使うヴィークルパワーコネクターが装備されます。車内でドライヤーを使って髪を乾かしたり、キャンプ場などで外側の電源を使い炊飯器などの家電を使うことが出来るようになります。

プリウスPHV Aグレードの特別仕様車「A Utility Plus」

新型プリウスPHVの正面画像

プリウスPHV Aグレードの特別仕様車は「A Utility Plus」で、「ETC2.0ユニット」と「アクセサリーコンセント」が標準装備になります。このままでは、S ナビパッケージ・Safety Plusの内容と同じですので、ファブリックと本革のコンビシートの採用や、内装の質感向上などの特別装備が充実すると予想します。

A Utility Plusに追加される標準装備

・ETC2.0
・アクセサリーコンセント

プリウスPHVの特別仕様車の発売日・価格帯

トランクを開ける新型プリウスPHV

プリウスPHV特別仕様車の発売日は、2017年12月25日と予想します。価格帯はベースグレードより10万円ほどアップした価格帯になると予想します。

プリウスPHV特別仕様車の価格帯予想
S Safety Plus 340万円
S ナビパッケージ・Safety Plus 380万円
A Utility Plus 398万円

ボディカラーは全9色で、プリウスPHVのために開発された「スピリテッドアクアメタリック」も含んでいます。

スピリテッドアクアメタリックの新型プリウスPHV

※スピリテッドアクアメタリック

サーモテクトライムグリーンの新型プリウスPHV

※サーモテクトライムグリーン(43,200円高)

スティールブロンドメタリックの新型プリウスPHV

※スティールブロンドメタリック

エモーショナルレッドの新型プリウスPHV

※エモーショナルレッド(54,000円高)

アティチュードブラックマイカの新型プリウスPHV

※アティチュードブラックマイカ

グレーメタリックの新型プリウスPHV

※グレーメタリック

シルバーメタリックの新型プリウスPHV

※シルバーメタリック

ホワイトパールクリスタルシャインの新型プリウスPHV

※ホワイトパールクリスタルシャイン(32,400円)

スーパーホワイト2の新型プリウスPHV

※スーパーホワイト2

プリウスPHVは特別仕様車の追加で求めやすい車へ

プリウスPHVの標準グレードの「S」には、「インテリジェントクリアランスソナー」や「シンプルインテリジェントパーキングアシスト」がメーカーオプションでも設定されていませんが、2017年12月25日に発売する特別仕様車にて設定されます。

これで標準グレードにも安全装備が加わることになるので、全車トヨタセーフティセンスPも標準装備されていて、より安全な車へと進化します。価格帯は、ベースグレードより10万~15万円ほどアップすると予想します。

EVモードでの走行距離は68.2kmと、従来モデルより2倍に伸びているので週末の買い物や平日の通勤に使っても、ほぼガソリンを使うことなく走ることができます。プリウスよりも経済的なプリウスPHVはお財布に優しい1台です。