ブルーミラーのメリットや効果

ブルーミラーは必要?効果・メリット・車検・取り付けのまとめ

ブルーミラーの効果やメリット、デメリットを紹介します。ディーラーオプションで設定されていることの多いブルーミラーは、わざわざ取りつけるほどのものなのでしょうか?後続車のライトが眩しくて気になる人には、おすすめの装備です。

ブルーミラーは必要?効果・メリット・車検・取り付けのまとめ

ブルーミラーはオプションで必要?効果やメリットまとめ

新車のオプション項目で見かける「ブルーミラー」には、雨の日など水滴がついていても通常の無色ミラーより見やすくなったり、後続車のヘッドライトを減光させるので眩しくなくサイドミラーをしっかりと確認できるようになります。

でも、わざわざオプションをつけてサイドミラーをブルーにする必要はあるのでしょうか?そこで、ブルーミラーの効果やメリット、デメリットなどを紹介します。

ブルーミラーの効果は「見やすさ」と「減光」にある

光を抑える自動防眩ルームミラー

ブルーミラーの効果は、最近の車で標準装備になっていることが多い「自動防眩ルームミラー」と同じく、サイドミラーでも後続車のヘッドライトが眩しくないように減光させる効果があります。

車線変更をする時など、サイドミラーを確認すると後続車にヘッドライトを当てられてまったく見えない状況になることがありますが、ブルーミラーを装着していると減光して見えるので通常のミラーに比べて安全に確認することができます。

また、新車オプションのブルーミラーは親水効果があるコーティングをしていることが多く、水が自然にダラダラと流れていくようになっており、逆にサイドミラーへ撥水コーティングをかけても風を受けないのでいつまでも水滴が飛んでいきませんが、親水コーティングをかけていると自然に水が流れていくので見やすいサイドミラーになっています。

ブルーミラーを取りつけるメリット

ブルーミラーを付けた車

新車オプションでブルーミラーを取りつけるメリットは、以下の通りです。

ブルーミラーを取りつけるメリット

・後続車のヘッドライトが眩しくない
・親水コーティングもあると雨の日も見やすい
・ノーマルミラーの車に装備差をつけることができる

ブルーの減光効果によりヘッドライトが眩しくない、親水コーティングで雨の日も見やすいことの他に、サイドミラーの色が青いのでパッと見た時に同じ車でもノーマルミラーの車両より高級感があります。

ブルーミラーを取りつけるデメリット

後続車の接近を知らせるブルーミラー

新車オプションでブルーミラーを取りつける場合、社外品のブルーミラーを後付けで取りつけるパターンに生じるデメリットは以下の通りです。

オプション、後付けでブルーミラーを装着するデメリット

・支払額が高くなる
・社外品をDIYする際に破損する恐れがある
・社外品を後付けすると車検に通らなくなることがある

サイドミラーのブルーミラーは標準装備ではなくオプションになっていることが多く、支払い額にオプション価格が上乗せされるので、総支払額がどうしてもノーマルミラーの見積もりよりも高くなります。

また、ブルーミラーはトヨタや日産、ホンダなどのメーカーではなく、自動車パーツを販売しているメーカーからも発売されており、ウインカーと連動してミラー内に仕込まれたLEDインジケーターが点滅するものもありますが、場合によっては車検に通らない可能性があります。

社外品のブルーミラーパーツの説明書には、車検対応品なのかどうかを記載していることが多いので購入、取り付けする前によく読んでおくことが大事です。もし、車検に通るのかどうか不安を覚える場合は、自動車メーカー純正パーツのブルーミラーを取りつけることが無難です。

また、社外品ブルーミラーを自分で車両に取りつける場合にノーマルミラーを取り外す作業をすることが多く、誤って破損させる可能性もあります。また、純正ミラーの上に貼りつけるタイプもありますが、寒冷地仕様で装備されているミラーヒーターが使えなくなる場合もあるので、十分に注意する必要があります。

ブルーミラーのオプション価格は約1万~2万円

各自動車メーカーの代表的な車種に設定されているブルーミラーオプションの価格をまとめました。ブルーミラーのオプション装備を考えている人はさっそく確認しておきましょう。

オプション名 価格
トヨタ・プリウス レインクリアブルーミラー 12,960円
日産・ノート マルチファンクションブルーミラー 23,112円
ホンダ・フィット アクアクリーンミラー 10,584円
マツダ・デミオ ブルーワイドミラー 18,576円

標準ミラーとブルーミラーの比較

※トヨタ・プリウス

トヨタのプリウスでは、「レインクリアブルーミラー」という名称でディーラーオプション価格12,960円になっています。親水加工がしてあり、雨の日もクリアな視界で走行することができます。

日産のブルーミラー

※日産・ノート(NISMOパーツ)

日産のノートでは、NISMOパーツとして「マルチファンクションブルーミラー」がディーラーオプションで販売されています。価格は23,112円と他のメーカーよりも割高ですが、商品代だけではなく取り付け費も含んである価格です。

ホンダ フィットのブルーミラー

※ホンダ・フィット

ホンダのフィットでは、「アクアクリーンミラー」という名称でブルーミラーが販売されています。価格は10,584円で、標準装備のミラーサブAssyを取り外して装着します。

マツダ デミオのブルーミラー

※マツダ・デミオ

マツダのデミオでは、「ブルーワイドミラー」という名前で販売されており、価格は18,576円です。BSM付車には取り付けすることができますが、ヒーテッドドアミラーが装着されている車両には取り付けできない点に注意が必要です。

ブルーミラーは後続車のヘッドライトが気になる人におすすめの装備

ブルーミラーは親水コーティングを施しており、雨の日でもクリアな視界で見やすいだけではなく、減光効果もあるので後続車のヘッドライトが眩しくありません。

わざとではなくともサイドミラーにヘッドライトを当ててくる車や、眩しすぎるヘッドライトを装着している後続車に効果があり、特にミラーにヘッドライトを当てられていると気になって前方に集中できないという人には効果的な装備です。

見た目も通常のクリアレンズとは違い、鮮やかなブルーの見た目になるので差をつけることができ、高級感もあるブルーミラーは1度使ったら手放せないおすすめのオプション装備です。