ムーヴキャンバスのモデルチェンジ

新型ムーヴキャンバスのマイナーチェンジ(一部改良)でグレード体系を見直し安全装備を充実

ムーヴキャンバスのマイナーチェンジ情報を紹介します!安全装備のスマートアシスト2が、スマートアシスト3へと進化し車両だけではなく歩行者も検知できるようになりました!新しい価格帯や2WDと4WDの装備違いなどを交えて紹介します。

新型ムーヴキャンバスのマイナーチェンジ(一部改良)でグレード体系を見直し安全装備を充実

ムーブキャンバスのグレード体系を変更しスマアシ3を標準装備するマイナーチェンジ(一部改良)が2018年9月3日に実施

ムーブキャンバスが2018年9月3日にマイナーチェンジ(一部改良)を受けます。内容はグレード体系の見直し、新たなグレード「ブラックインテリアリミテッドの追加」、安全装備スマートアシストを全てのグレードの標準装備、上級グレードにパワースライドアを設置すること、WLTCモード燃費の記載です。

2018年9月3日にムーヴキャンバスに一部改良のマイナーチェンジを実施

ムーブキャンバスが2018年9月3日にマイナーチェンジ(一部改良)を行い発売されます。
グレード体系を見直し、全てのグレードでスマートアシスト3を装備すること、また最上級グレードのX SA3にはパワースライドアやスライドドアイージークローザーを追加しています。
2018年のマイナーチェンジに合わせて燃費表示が今までのJC08モード+WLTCモードの表記に対応しています。

2018年にマイナーチェンジしグレード体系を見直した新型ムーヴキャンバスの販売価格は1,252,800円から

マイナーチェンジをした新型ムーヴキャンバス

スマートアシスト3を搭載した新型ムーヴキャンバスは、グレード体系の設定を見直しました。全てのグレードにスマートアシストが装備され(SA3)、パワーモードとエコモードをワンタッチで切り替えられる「Dassist切り替えステアリングスイッチ」を標準装備した新グレード「ブラックインテリアリミテッド」を追加しました。

新型ムーヴキャンバス価格帯
2WD 4WD
L SA3 1,252,800円~ 1,377,000円~
X SA3 1,404,000円~ 1,528,200円~
G SA3 1,490,400円~ 1,614,600円~
X ブラックインテリアリミテッド SA3 1,479,600円~ 1,603,800円~
G ブラックインテリアリミテッド SA3 1,555,200円~ 1,679,400円~
X メイクアップリミテッド SA3 1,479,600円~ 1,603,800円~
G メイクアップリミテッド SA3 1,555,200円~ 1,679,400円~

燃費表示にWLTCモード燃費を記載しより正確な燃費情報を取得

新型ムーヴキャンバスの緒元に、今までのJC08モード燃費と海外で主流の「市街地モード」「郊外モード」「高速道路モード」からなるWLTCモード燃費が併記されました。
WLTCモード燃費は2018年10月から表記が義務付けられる予定で、2020年からはWLTCモード燃費のみの表記に切り替わる予定です。
今まで日本で主流だったJC08モード燃費よりも正確な値を示すことができるとされている燃費情報が新型ムーヴキャンバスにいち早く導入されたことになります。

新型ムーヴキャンバスのJC08モード燃費とWLTCモード燃費
ムーヴキャンバスの燃料消費率 2WD 4WD
JC08モード燃費 28.6km/L 27.4km/L
WLTCモード燃費 20.6km/L 19.6km/L
WLTCモード燃費 市街地モード 17.6km/L 17.4km/L
WLTCモード燃費 郊外モード 22.6km/L 21.2km/L
WLTCモード燃費 高速道路モード 21.6km/L 20.3km/L

ムーヴキャンバスの2017年9月11日に行われたにマイナーチェンジ内容

2016年に初代が発売されたムーヴキャンバスが2017年9月11日に、一部改良のマイナーチェンジを行いスマートアシスト3の搭載、一部グレードの見直しが行われました!

ムーヴキャンバスは、ワゴンRのライバル車であるムーヴの派生モデルで、シリーズ初のスライドドアを搭載した車です。ツートンカラーでどこかレトロな雰囲気があるムーヴキャンバスは、女性を中心に人気がある車です。

サーフボードをキャリアで乗せてビーチを走るのが似合いそうなムーヴキャンバスの2017年のマイナーチェンジ内容、見直されたグレードを紹介します。

2017年のマイナーチェンジでムーヴキャンバスのスマートアシストがグレードアップ

歩行者を検知するスマートアシスト3

スマートアシスト3は、ステレオカメラとソナーセンサーを用いて車の周囲をモニターし、車だけではなく歩行者にも対応した警報・自動ブレーキを搭載した安全システムです。スマートアシスト3に装備されている内容は以下の通りになります。

スマートアシスト3の搭載装備

・衝突警報機能
・衝突回避支援ブレーキ機能
・車線逸脱警報機能
・前方・後方誤発進抑制制御機能
・先行車発進お知らせ機能
・オートハイビーム機能

スマートアシスト3の予防安全システム

新型ムーヴキャンバスに搭載されたスマートアシスト3には、車両に対しては約4km/hから80km/hで、歩行者に対しては約4km/hから50km/hの間で緊急ブレーキが作動するシステムです。いきなりブレーキが作動するのではなく、車両では約4km/hから100km/h、歩行者では約4km/hから50km/hの速度で走行中に衝突警報機能が危険を知らせてくれます。

スマートアシスト3の車線逸脱警報

車線逸脱警報では、約60km/h以上で走行中にステレオカメラが車線を検知して車線をはみ出しそうになると警報を発します。車線変更時などウインカーが作動している時は警報を発しません。

スマートアシスト3の誤発進抑制制御機能

誤発進抑制制御機能は、前方だけではなく後方にも作動します。前方約4メートル以内に壁やコンビニなどの障害物がある時にDレンジのままアクセルをグッと踏み込んだ場合、エンジン出力を抑制して急発進を防ぎます。

スマートアシスト3の警報機能

また、後方でも同様に後ろ約2~3メートル先に障害物があるとソナーが認識している場合、Rレンジのままアクセルを踏み込んだ時にエンジン出力を抑えて車止めを乗り越えることを防いでくれます。

スマートアシスト3の先行車発進お知らせ機能

先行車発進お知らせ機能は、前方の車が3メートル以上進んでいても自分はブレーキを踏んだまま動かない時に、ブザーで発進したことを教えてくれる機能です。

スマートアシスト3のオートハイビーム

夜間走行時、約25km/h以上の速度で走行中に前方に先行車や対向車がいないと判断した際、自動的にハイビームに切り替えてくれる機能で、先行車のテールランプ、対向車のヘッドライトを検知した場合はロービームへと自動で切り替えてくれます。

ベースグレードの「L」には、スマートアシスト3が搭載されていない点に注意が必要です。エンジンはすべて自然吸気モデルで、ターボなどの過給機はついていません。

2WDと同じく「L」グレードでは、スマートアシスト3が搭載されていません。4WDモデルでは、ヒーテッドドアミラーが標準装備になり、雪がついてもドアミラーが温まる仕様になっているので走行中でも溶かすことができます。他にも後部座席にヒーターの暖かい風を届けられるよう、リヤヒーターダクトが標準装備になっていて、寒冷地仕様は、2WD・4WDモデルどちらも標準装備になっています。

スマートアシスト3を搭載したのはムーヴキャンバスで4車種目

安全装備であるスマートアシスト3を搭載した車種はタント、ミライース、ムーヴに続きムーヴキャンバスで4車種目となり車両だけではなく歩行者も検知できるスマートアシスト3を搭載した車種が続々と増えています。

スマートアシスト3を搭載したタントタント

スマートアシスト3を搭載したミライースミライース

スマートアシスト3を搭載したムーヴムーヴ

2018年8月の時点では売れ筋のキャストシリーズ、ウェイクの2車種はスマートアシスト3を搭載しているので、その他の車種も今後のマイナーチェンジや一部改良で安全装備のスマアシ3を搭載するでしょう。

スマートアシスト2を搭載したキャスト・アクティバキャスト・アクティバ

スマートアシスト2を搭載したキャスト・スタイルキャスト・スタイル

スマートアシスト2を搭載したキャスト・スポーツキャスト・スポーツ

スマートアシスト2を搭載したウェイクウェイク

ハイト系トールワゴンのウェイクや女性に人気のキャストスタイルなどに安全装備のスマアシ3が搭載されてます。傾向として人気車種から搭載されていますが、今後はモデルチェンジのタイミングでその他の車種にも標準装備されていくでしょう。

ムーヴキャンバスは女性を中心に売れている車

ムーヴキャンバスは若い女性をターゲットに最近のライフスタイルを考えられて作られた車で、見事ヒットし売上を伸ばしています。90年代2000年代ではクラシック調のミラジーノが人気だったこともあり、ムーヴキャンバスのヒットから最近でもクラシックなスタイルは人気を得ることが分かります。
スマートアシスト2からスマートアシスト3へと進化し、車両だけではなく歩行者も対応した新型ムーヴキャンバスは、より安心して乗ることができるオシャレな1台です。