光岡ロックスター

光岡ロックスターが2018年12月発売!200台限定車の価格と納車はいつ?

光岡ロックスターはオロチやヒミコなどの個性的な車を販売する光岡自動車の創業50周年を記念して開発された200台限定の特別仕様車です。マツダ・ロードスター(ND)をベースにし、アメリカ車のようなデザインが斬新ですが、価格や納期はいつになるのか、画像つきでエクステリアやスペックとともにご紹介。

光岡ロックスターが2018年12月発売!200台限定車の価格と納車はいつ?

光岡ロックスターが2018年12月1日発売!今の予約で納車はいつ?

日本の自動車メーカーとして独特の地位を築いている光岡自動車から、2018年12月1日にマツダ・ロードスター(ND)をベースにした創業50周年記念車「ロックスター」が販売されます。

11月29日に50台MITSUOKA麻布ショールーム GALLERY 麻布で行った発表会でも評判は上々。既に先行オーダー50台分は予約完売していますが、もし今、購入したいのだとしたら価格や納車日はいつ頃になるのでしょうか。

光岡ロックスターのエクステリアは古きよきアメ車風!コルベット好きにもたまらない!

ロックスターのエクステリア60~70年代のアメ車(アメリカの車)を再現した光岡ロックスターが2018年12月1日デビュー

光岡ロックスターのコンセプトは『やんちゃ×スタイリッシュ×楽しさ』だそうで、古き良きアメリカンなスタイルを意識して作ったことが明かされています。確かに60~70年代のアメリカの青春映画に出てきそうな雰囲気・佇まいがあります。

開発段階では、特定の車種からインスピレーションを得ることはなかったようですが、名車と名高い「シボレー・コルベット・スティングレイを彷彿させる」といった声も聞こえてきます。もともとの光岡のファンはもちろん、アメリカ車好きも思わず足を止めてまじまじ見つめるようなカッコいいデザインです。

光岡ロックスターの基本スペック!マツダ・ロードスターNDをどう変化させた?

光岡ロックスターのベース車は、マツダ・ロードスター(ND)です。光岡自動車のラインナップとしては2018年2月にフルモデルチェンジをし、NCからNDベースになった「ヒミコ(卑弥呼)」の弟(妹)と考えることもできます。

光岡ロードスター Sグレード 諸元表
車両型式 マツダ・5BA-ND5RC改
全長 4,345mm
全幅 1,770mm
全高 1,235mm
ホイールベース 2,310mm
車両重量 1,080kg
エンジン型式 P5-VP[RS]型
水冷4気筒DOHC16バルブ
総排気量 1,496cc
最高出力 97kW(132ps)/7,000rpm
最大トルク 152Nm(15.5kgm)/4,500rpm

ベースとなるマツダ・ロードスターの全長は3,915mmなので、特に全長が拡大されてボリュームが増しているのがわかります。ヒミコなど他の光岡の車全般にもいえることですが、車好きでない人に「同じ車だよ」と説明しても「なにが?どこか?」とビックリされるような変身ぶりです。

光岡ロックスターの価格は4,698,000円から!

光岡ロックスターの値段(税込み)は以下のようになっています。
ボディカラーは6色ありますが、カラーによっては追加費用がかかりますので注意してください。もちろん内装やインテリアはオプションで自分好みにできます。

光岡ロックスターの価格一覧
Sグレード 6MT 4,698,000円
S Special Package 6MT 4,984,200円
6EC-AT 5,184,000円
光岡ロックスターのオプション装備・価格
グレード S S Special Package
駆動方式 6MT 6MT 6EC-AT
SRSエアバッグシステム 32,400円 標準装備
セーフティパッケージ 75,600
CDプレーヤー 10,800円
CD/DVDプレーヤー+地上デジタルTVチューナー+シートヒーター 43,200円
Boseサウンドシステム+9スピーカー 75,600円
i-ELOOP+i-stop 86,400円 標準装備
15インチヴィンテージタイヤ&ホイールセット 270,000円
カラードソフトトップ 399,600円
カラードAピラー 64,800円
カラードドアミラー 43,200円
フロントエンブレム(七宝焼き)カラー 21,600円
本革レザーシート 318,600円
本革インテリアレザーセット 486,000円
カラードドアアッパートリム 81,648円

参考までにベース車であるマツダ・ロードスター(ND)のSグレードが2,554,200円、S Special Packageの6MTが2,759,400円、6EC-ATが2,872,800円。おおよそ200万円ぐらい高くなっているといって良いでしょう。

光岡ロックスターのボディカラー全6色!すべてアメリカンな雰囲気を意識

プレスリリースのほとんどが青いロサンゼルスブルーの写真ですが、光岡ロックスターのボディーカラーは6色で、いずれもアメリカの地名が入っています。

ロサンゼルスブルーのロックスターロサンゼルスブルー

シカゴレッドのロックスターシカゴレッド(129,600円高)

ニューヨークブラックのロックスターニューヨークブラック

シスコオレンジのロックスターシスコオレンジ

ワシントンホワイトのロックスターワシントンホワイト(162,000円高)

アリゾナイエローのロックスターアリゾナイエロー(129,600円高)

情熱的なシカゴレッド、かっこいいニューヨークブラック、太陽を思い浮かべるシスコオレンジ、知的なワシントンホワイト、エキゾチックなアリゾナイエローの6色です。シカゴレッド、アリゾナイエローは+129,600円、ワシントンホワイトは+162,000円となっています。

ソフトトップの色は、メーカーオプション(37万円)で、オフホワイト、ダークレッド、レッド、タンが選択でき、ドアミラーやAピラー、七宝焼きのフロントエンブレムも変更可能です。

光岡ロックスターの内装はオプション追加で自分好みに!

ロックスターのベースになったロードスターの内装ロックスターのベース車両になるロードスターの内装

ロックスターの内装光岡ロックスターの内装は自分好みにカスタムすることが可能

光岡ロックスターの内装は、公式ホームページの画像を見る限り、マツダ・ロードスターと大きな変更点は見当たりません。内装に関しては、メーカーオプションによって自分好みにすることを考えた方が良いでしょう。

ボディーカラーに合わせて、インテリアのカラーを全体的に統一できる「インテリアレザーセット(486,000円)」を追加すれば大きく印象が変わりますが、シートのみ、ドアアッパートリムのみなど予算に応じて細かく設定は可能です。

光岡ロードスターの納車は最長3年待ちの可能性も!残り150台も激戦?

光岡ロードスター先行予約分50台は、創業50周年を記念し、50台限定で、あくまで光岡自動車オーナー向けに用意されたものでした。この50台の出荷は2019年6月から順次開始されます。

次の販売分のオーダーは12月1日からの受付で、限定150台です。出荷は2020年に75台、2021年に75台と最長3年待ちの可能性もあります。
それでも50周年記念の200台限定車ですので、早々に売り切れてしまう可能性も少なくありません。

光岡ロックスターの評価は?個性派ゆえにヘッドライトの好き嫌いが分かれる!

「欲しい」「お金があれば乗りたい」など、販売価格500万円を出せるかはともかくSNSなどでは概ね好評の光岡ロックスター。ただ、ボリューミーなルックスとは裏腹なヘッドライトの小ささに関しては、好き嫌いが分かれています。

もちろんヘッドライトが小さいのは、光岡のデザイナーは狙ってのこと。造形やフロントフードの主張が強いので、「ヘッドライトはなるべく目立たせないように」という意図です。
ただ、最近はヘッドライトの主張が強いフロントデザインが多いので、違和感を覚える人も多いのかもしれません。

光岡ロックスターは車好きをワクワクさせる魅力に溢れている!

ロックスターは、オロチ、ヒミコなど個性的なクルマを作ってきた光岡らしさを持ちつつも、これまでにないアメリカンデザインが新鮮です。独自路線を突き進む、光岡の新たな可能性を感じてワクワクした人も多いはず!

光岡自動車の光岡章夫氏は、50周年にあたって、100年続く企業として、もっと店舗を増やして全国展開していきたいという展望を語っています。今後も個性的なクルマが生まれることを期待しましょう!