新型CX-30

MAZDA CX30が予約受注スタート 日本国内では2019年10月24日より発売

MAZDA CX-30が世界初公開。マツダ3に続いて世界が注目するスカイアクティブXを搭載します。CX-30は欧州で2019年夏に発売予定、日本では2019年10月24日に投入します。CX-3とCX-5の間を埋める新型SUVとして期待されるCX-30(シーエックスサーティー)の最新情報です。

MAZDA CX30が予約受注スタート 日本国内では2019年10月24日より発売

マツダCX-30の全貌がついに明らかに!2019年9月20日より予約受注スタート

マツダのクロスオーバーSUVモデルCX-30が、2020年9月20日から予約受付を開始しました。SKYACTIV-G 2.0とSKYACTIV-D 1.8を搭載するモデルは2019年10月24日に、SKYACTIV-X 2.0搭載機種は2020年1月以降の発売を予定。2019年10月に開催される東京モーターショー2019への出展も決まっています。

新型CX-30は「人生の幅や世界観を広げるクロスオーバー」というコンセプトのもと開発され、老若男女問わず親しまれる一台です。注目のスペックやエクステリア・インテリア、快適装備などをチェックしていきましょう!

MAZDA CX-30のボディカラーは全部で8カラーがラインナップ

スノーフレイクホワイトパールマイカスノーフレイクホワイトパールマイカ

ジェットブラックマイカジェットブラックマイカ

ディープクリスタルブルーマイカディープクリスタルブルーマイカ

チタニウムフラッシュマイカチタニウムフラッシュマイカ

ソニックシルバーメタリックソニックシルバーメタリック

マシーングレープレミアムメタリックマシーングレープレミアムメタリック

ソウルレッドクリスタルメタリックソウルレッドクリスタルメタリック

ポリメタルグレーメタリックポリメタルグレーメタリック

CX-30のボディカラーには8色を用意。2019年5月発売のMAZDA3に新色として採用された「ポリメタルグレーメタリック」もラインナップに加えられています。
スノーフレイクホワイトパールマイカ・マシーングレープレミアムメタリック・ソウルレッドクリスタルメタリックの3色は有料色で、スノーフレイクホワイトパールマイカは+33,000円、マシーングレープレミアムメタリックは+55,000円、ソウルレッドクリスタルメタリックは+66,000円となります。

「溜めと払い」を造形コンセプトとしたCX-30「溜めと払い」を造形コンセプトとしたCX-30

CX-30の造形テーマは書道の筆づかいにも通じる「溜めと払い」。力強いボディラインにそのテーマが表現されています。周囲の景色の移り変わりとともに、ボディ面に映る陰影も美しく変化します。

CX-30のパワートレインは人馬一体の心地よい走りを実現

SKYACTIV-XSKYACTIV-X

ガソリンエンジンSKYACTIV-GガソリンエンジンSKYACTIV-G

ディーゼルエンジンSKYACTIV-DディーゼルエンジンSKYACTIV-D

CX-30のパワートレインには、SKYACTIV-X・ガソリンエンジンSKYACTIV-G・ディーゼルエンジンSKYACTIV-Dを各モデルに採用。
SKYACTIV-Xでは独自の燃焼方式を採用し、燃費性能アップを実現しています。最高出力115kW〈156PS〉/ 6,000rpm、最大トルク199N・m〈20.3kgf・m〉/ 4,000rpmのSKYACTIV-Gではキャビティ付ピストン・マルチホールインジェクター・冷却水制御バルブなどの技術を投入し、気持ちの良い走りを体感できます。最高出力85kW〈116PS〉/ 4,000rpm、最大トルク270N・m〈27.5kgf・m〉/ 1,600-2,600rpmのSKYACTIV-Dは走行性能と燃費性能の両立をはかり、ロングツーリングでもストレスなく運転を楽しむことが可能となっています。

CX-30のインテリアは各グレードに高質感のシート・マテリアルが設定

パーフォレーションレザー・ブラック/チャコール(L Package)パーフォレーションレザー・ブラック/チャコール(L Package)

パーフォレーションレザー・ピュアホワイト(L Package)パーフォレーションレザー・ピュアホワイト(L Package)

クロス・ブラック(PROACTIVE Touring Selection、PROACTIVE、20S)クロス・ブラック(PROACTIVE Touring Selection、PROACTIVE、20S)

クロス・グレージュ(PROACTIVE Touring Selection、PROACTIVE)クロス・グレージュ(PROACTIVE Touring Selection、PROACTIVE)

CX-30のインテリアデザインは「パーフォレーションレザー・ブラック/チャコール」「パーフォレーションレザー・ピュアホワイト」「クロス・ブラック」「クロス・グレージュ」の4タイプ。
内装色は最上位グレードのL Packageがリッチブラウン、その他グレードはネイビーブルーが採用されます。その他にもL Packageはエンジンスタートリングがプラチナサテン、ドアトリムに合成皮革となっており、高級感あふれるディテールが特徴。ステアリングホイールとシフトレバーは全グレード本革巻です。

CX-30全車に標準装備となるアクティブ・ドライビング・ディスプレイと7インチTFTカラーマルチスピードメーターCX-30全車に標準装備となるアクティブ・ドライビング・ディスプレイと7インチTFTカラーマルチスピードメーター

コックピットにはフロントガラス照射タイプのアクティブ・ドライビング・ディスプレイや、視認性に優れた7インチマルチスピードメーターを搭載。情報レイアウトやドライビングポジションにもこだわり、ドライバーが運転に集中できる環境づくりを徹底しています。

新型CX-30は全グレードが自動車安全コンセプト「セーフティ・サポートカーS[ワイド]」に該当

CX-30の安全性能

CX-30は全グレードに先進安全技術を標準搭載し、政府が推奨するセーフティ・サポートカーS[ワイド]に該当します。CX-30に標準装備される安全装備は以下の通りです。

新型CX-30の安全装備

  • スマートブレーキアシスト
  • AT誤発進抑制制御(前身時・後退時)
  • 先進ライトALH/HBC
  • 車線逸脱警報システム
  • スマートブレーキサポート(後進時・後進時左右接近物)
  • リアパーキングセンサー
  • ブラインドスポットモニタリング
  • 後側方接近車両検知
  • レーンキープアシストシステム
  • ドライバーアテンションアラート
  • マツダレーダークルーズコントロール

上記のさまざまなセーフティシステムで人的ミスやヒヤリハットを減らし、同時にドライバーの運転時のストレスを軽減します。

CX-30に採用されているSKYACTIV-VEHICLE ARCHITECTURE(スカイアクティブ ビークル アーキテクチャー)CX-30に採用されているSKYACTIV-VEHICLE ARCHITECTURE(スカイアクティブ ビークル アーキテクチャー)

また、万が一事故が発生した場合のため、衝突被害を軽減するSKYACTIV-VEHICLE ARCHITECTURE(スカイアクティブ ビークル アーキテクチャー)やSRSエアバッグシステムを採用しています。

マツダCX-30のラゲッジルームの容量は通常時で430L!シートアレンジも多彩で実用性に優れる

マツダCX-30の荷室スペースマツダCX-30の荷室スペース。パワーリフトゲート装備で非力な方も開閉操作が楽々行える

シートを倒さない状態でも430Lの荷室容量を確保しているCX-30。20S以外の全グレードにスイッチ操作で開閉が可能なパワーリフトゲートを標準装備としました。
サブトランクボックス・トノカバー・ラゲッジフックはCX-30全車に標準装備されています。

後部座席は6:4分割可倒式でさまざまなシートアレンジが可能後部座席は6:4分割可倒式でさまざまなシートアレンジが可能

CX-30のリアシートには6:4分割可倒式を採用。荷室フロアとの段差のないフラットなスペースを確保できます。

静粛性の高い室内空間が広がるCX-30では高音質で臨場感あふれるサウンドも楽しめる

マツダ・ハーモニック・アコースティックス+8スピーカーマツダ・ハーモニック・アコースティックス+8スピーカー

ボーズサウンドシステム(AUDIOPILOT2+Centerpoint2)+12スピーカーボーズサウンドシステム(AUDIOPILOT2+Centerpoint2)+12スピーカー

キャビンからラゲッジスペースまでノイズの低減にこだわったCX-30。心地よさを感じる静粛性を追求し、音楽や会話をより楽しめるようになっています。
オーディオシステムには「マツダ・ハーモニック・アコースティックス+8スピーカー」をCX-30全車に標準装備。さらに質のよいサウンドを求めるオーナーには、「ボーズサウンドシステム(AUDIOPILOT2+Centerpoint2)+12スピーカー」が20S以外の全車にメーカーオプションで用意されています。

その他CX-30の快適装備いろいろ

運転席パワーシートやシートヒーター/ステアリングヒーターはグレード別設定運転席パワーシートやシートヒーター/ステアリングヒーターはグレード別設定

CX-30のシートは運転席に10Wayパワーシートとドライビングポジションメモリー機能、運転席と助手席にシートヒーター/ステアリングヒーターを搭載し、季節を問わず快適な座り心地を提供。PROACTIVE Touring Selection(20S、XD、X)、L Package(20S、XD、X)には標準装備されていて、PROACTIVE(20S、XD、X)にはメーカーオプションで装備可能です。
さらに、助手席ラチェットレバー式シートリフターはCX-30全車に標準装備されます。

全ての席での乗降性にこだわったCX-30全ての席での乗降性にこだわったCX-30

ドアの造形、シート座面の高さを工夫し、高い乗降性を追求したCX-30。フロント・リアともに乗り降りしやすい作りとなっています。
また、リアシートのアームレスト付コンソールボックスの後部にはリアベンチレーターを配置。後部座席に座ったゲストも快適に過ごすことができます。

ブレーキペダルから足を離しても停車状態がキープされる「オートホールド+電動パーキングブレーキ」や「電動格納リモコン式カラードドアミラー(オート格納/ヒーテッド機能)」、「車速感応式オートドアロック(衝撃感知ドアロック解除システム付)」はCX-30全車に標準装備。ステアリングシフトスイッチは20S以外のAT全車に標準装備されます。

CX-30の価格リスト
機種名 20S 20S PROACTIVE
駆動方式 2WD 4WD 2WD 4WD
変速機 SKYACTIV
-DRIVE
(6EC-AT)
SKYACTIV-MT
(6MT)
SKYACTIV
-DRIVE
(6EC-AT)
SKYACTIV-MT
(6MT)
SKYACTIV
-DRIVE
(6EC-AT)
SKYACTIV
-MT
(6MT)
SKYACTIV
-DRIVE
(6EC-AT)
SKYACTIV
-MT
(6MT)
エンジン SKYACTIV-G 2.0
価格 2,392,500円 2,629,000円 2,612,500円 2,849,000円
機種名 20S PROACTIVE  Touring Selection 20S L Package
駆動方式 2WD 4WD 2WD 4WD
変速機 SKYACTIV
-DRIVE
(6EC-AT)
SKYACTIV
-MT
(6MT)
SKYACTIV
-DRIVE
(6EC-AT)
SKYACTIV
-MT
(6MT)
SKYACTIV
-DRIVE
(6EC-AT)
SKYACTIV
-MT
(6MT)
SKYACTIV
-DRIVE
(6EC-AT)
SKYACTIV-MT
(6MT)
エンジン SKYACTIV-G
2.0
価格 2,733,500円 2,970,000円 2,794,000円 3,030,500円
機種名 XD PROACTIVE XD PROACTIVE Touring Selection XD L Package
駆動方式 2WD 4WD 2WD 4WD 2WD 4WD
変速機 SKYACTIV-D1.8
エンジン SKYACTIV-DRIVE
(6EC-AT)
価格 2,887,500円 3,124,000円 3,008,500円 3,245,000円 3,069,000円 3,305,500円
機種名 X PROACTIVE X PROACTIVE Touring Selection X L Package
駆動方式 2WD 4WD 2WD 4WD 2WD 4WD
変速機 SKYACTIV-DRIVE(6EC-AT)
SKYACTIV-MT(6MT)
エンジン SKYACTIV-X2.0
価格 2,794,000円 3,030,500円 3,415,500円 3,652,000円 3,477,100円 3,713,600円

なお、2019年9月20日以前のCX-30に関する情報は以下に紹介しています。

マツダ新型CX-30(シーエックスサーティ)がワールドプレミア CX-3とCX-5を埋める世界戦略SUVとして市販化

マツダがクーペタイプのコンパクトSUV「CX-30」を2019年3月に行われたジュネーブモーターショーで世界初公開しました。発表までは新型SUVを発表する、というプレスリリースを出し車種は明言されていませんでした。
次期CX-3や次期CX-4、もしくはCX-6かもしれない、など様々な噂がありましたが、発表されたのはまさかの「CX-30」という結果に、世界中が驚愕しました。

2019年夏に欧州市場で市販化される予定で、日本では2019年11月に発売予定になっています。
CX-3とCX-5の中間を埋める世界戦略SUV「CX-30(シーエックスサーティ)」の最新情報です。

ノルウェーでMAZDA CX-30のEVモデル開発車両がスパイショット!

ノルウェーでマツダの新型EVモデルがキャッチされました。ベース車両は2019年秋に日本市場導入が予定されているCX-30で、マツダとしては初のオールEVとなります(画像は入手し次第公開します)。充電プラグあるいはユニット関連はリヤフェンダー上部にあり、エンジンサウンドが聞こえないことからマフラーレスとなっていることがわかります。

マツダが公表した当初の計画では、オールEVモデルを2019年に発売するとのことでしたが、現時点では2020年以降に持ち越される可能性が濃厚でしょう。マツダの新型EV車については、2019年10月の東京モーターショーでの情報公開も期待されます!

新型CX-30欧州仕様の詳細が発表!ドイツでの試乗会が大成功で期待高まる!

新型CX-30欧州仕様新型CX-30欧州仕様の詳細が明らかに!

2019年夏に欧州市場で初投入されるCX-30。マツダの魂動デザインを体現したコンパクトクロスオーバーSUVとして世界的な注目を集めていますが、欧州仕様車の詳細がほぼ明らかとなり、7月にはプロトタイプの試乗会がドイツで開催されるなど、発売までのカウントダウンが始まっています。

スカイアクティブG新型CX-30欧州仕様に搭載されているスカイアクティブG

CX-30の欧州仕様のパワートレインは、予定通りガソリン「スカイアクティブGの2.0Lマイルドハイブリッド」、ディーゼルの「スカイアクティブD 1.8L」、そしてSPCCIというマツダ独自の燃焼方式を採用した新世代ガソリンエンジン「スカイアクティブXマイルドハイブリッド」の3種類がラインアップしています。

新型CX-30の走行試乗会で使われたスカイアクティブGとDの走行の評判は上々

試乗会では、スカイアクティブXマイルドハイブリッドを除いた2.0LスカイアクティブGと1.8LスカイアクティブDが採用されたようですが、曲がりくねったワインディングロードでも、欧州の速度制限のないアウトバーンでも、安定して走行できる、乗り心地が良いと概ね好評。

CX-30のエンブレムG-ベクタリングコントロールプラス(GVC Plus)により人馬一体の走りを実感できる

CX30には、CX-5やCX-8にも搭載されている「G-ベクタリングコントロールプラス(GVC Plus)」を採用。ハンドル操作に対してエンジントルクを変化させ、タイヤの接地荷重を最適化するマツダの独自技術により、悪路での危険回避はもちろん、ドライバーの技量によらず誰でも「人馬一体」の走りを体験できます。

新型CX-30の室内先進運転支援システムによってドライバーの負担を軽くする

先進運転支援システム「ADAS」も搭載しており、渋滞時にはアクセルとブレーキを自動制御。適切な車間距離を維持してくれるため、ドライバーの負担が軽減されます。

大容量のラゲッジスペース新型CX-30のラゲッジスペースは大容量で大きな荷物も楽々積載できる

CX-30はマツダが若いファミリー向けSUVとして積極的にPRしているだけあって、ラゲッジスペースもなかなかの容量。欧州の大型ベビーカーの積み下ろしにも配慮し、開口部の幅は1020 mm。床下収納あわせてトランク容量430LとCX-3と比べても80L増しの大容量です。

マツダ新型SUV「CX-30」のフランス仕様の詳細が明らかに!装備やカラー、価格帯は!?

マツダ新型SUV「CX-30」のフランス仕様マツダ新型SUV「CX-30」が2019年9月にフランスで発売へ

バルセロナモーターショー2019で公開されたマツダ新型SUV「CX-30」ですが、フランスでは2019年9月に発売されることが明らかになりました。併せてフランスで発売される「CX-30」のグレードやボディカラー、価格も公表されています。

フランス仕様の「CX-30」のボディカラーは9色のラインナップがあり、「Mazda3」のハッチバック専用カラーの「ポリメタルグレーメタリック」も用意されるなど、とても充実したカラーバリエーションになっています。

ボディカラーは画像左から、アルティックホワイトマイカ、ソウルレッドクスタルメタリック、マシーングレープレミアムメタリック、ジェットブラックマイカ、ディープクリスタルブルーマイカ、チタニウムフラッシュマイカ、スノーフレイクホワイトパールマイカ、ソニックシルバーメタリック、ポリメタルグレーメタリックになります。

マツダ新型SUV「CX-30」のフランス仕様のボディカラー9色フランス仕様の「CX-30」のボディカラーは9色のラインナップ

グレードは、「SKYACTIV-G 2.0 MH」と「SKYACTIV-D 1.8」の2種類に分かれていて、さらに各グレードごとにベースグレードの他に「STYLE」「SPORTLINE」「INSPIRATION」に細かく分かれています。おそらく、「SKYACTIV-X」もいずれラインナップされるのではないかと考えます。

マツダ新型SUV「CX-30」のステアリングホールの装備マツダ新型SUV「CX-30」のステアリングホールの装備

マツダ新型SUV「CX-30」の見やすくなった大型ディスプレイマツダ新型SUV「CX-30」の見やすくなった大型ディスプレイ

マツダ新型SUV「CX-30」のブラックレザーシートマツダ新型SUV「CX-30」のブラックレザーシート

装備はベースグレードの装備を全グレードに加味し、さらにグレード別に装備が追加されています。

新型CX-30グレード別主要装備
ベースグレード STYLE SPORTLINE
16 アルミホイール(グレー ) 18インチアルミホイール(シルバー) IRカットフィルム
フォグ機能内蔵LEDヘッドライト フロントシートヒーター 「ピアノブラック」仕上げドアハンドル
LEDテールライト リヤオートエアコン LEDデイタイムランニングライト
魂動ターンウインカー ステアリングヒーター フレームレスインテリアミラー
ブラックレザー インテリジェントドアオープンクローズ パドルシフト付ステアリングホイール
LEDインテリアライト フロントパーキングセンサー クロームストラップ付きステアリングホイール
ヘッドアップディスプレイ(ADD) 360°アラウンドビューモニタ クロム製グローブボックスハンドル
オートヘッドランプ・ワイパー i-Activsenseセキュリティシステム  12スピーカー搭載Boseオーディオシステム
リアパーキングセンサー エレクトリックテールゲート アダプティブLEDヘッドライト(ALH)
i-Activsenseセキュリティシステム
オートハイビーム(HBCS)
「E-Call」緊急通報システム
カラーコンピュータ付き7インチデジタルカウンター
8.8インチTFTカラーディスプレイ搭載マツダコネクトシステムとナビゲーションシステム
Apple CarPlay / Android Auto

フランスで販売するCX-30はガソリンモデルのSKYACTIV-G 2.0が26,500ユーロ(日本円で約3,224,000円)、ディーゼルエンジンのSKYACTIV-D 1.8が31,200ユーロ(日本円で約3,795,000円)、SKYACTIV-X 2.0が33,200ユーロ(約4,038,600円)から販売します。
日本で販売する場合、トヨタのC-HRが最大のライバルになるため、C-HRの価格帯2,290,000円~2,979,200円から大きな差がでないように新型CX-30の価格設定をすると予想します。

フランスで販売する新型CX-30のグレード別価格一覧
グレード エンジン ミッション 駆動 販売価格(EUR) 販売価格(日本円)
CX-30 ベースグレード SKYACTIV-G 2.0 MH 6MT 2WD 26,500ユーロ 約3,224,000円
CX-30 STYLE SKYACTIV-G 2.0 MH 6MT 2WD 29,200ユーロ 約3,552,000円
6AT 2WD 31,200ユーロ 約3,795,000円
SKYACTIV-D 1.8 6MT 2WD 31,200ユーロ 約3,795,000円
6AT 2WD 33,200ユーロ 約4,038,600円
CX-30 SPORTLINE SKYACTIV-G 2.0 MH 6MT 2WD 31,100ユーロ 約3,783,000円
6AT 2WD 33,100ユーロ 約4,026,700円
SKYACTIV-D 1.8 6MT 2WD 33,100ユーロ 約4,026,700円
6AT 2WD 35,100ユーロ 約4,269,700円
SKYACTIV-X 2.0 6MT 2WD 33,100ユーロ 約4,026,700円
6AT 2WD 35,100ユーロ 約4,269,700円
6MT AWD 35,000ユーロ 約4,259,000円
6AT AWD 37,000ユーロ 約4,502,600円
CX-30 INSPIRATION SKYACTIV-G 2.0 MH 6MT 2WD 31,400ユーロ 約3,819,600円
6AT 2WD 33,400ユーロ 約4,063,500円
SKYACTIV-D 1.8 6MT 2WD 33,400ユーロ 約4,063,500円
6AT 2WD 35,400ユーロ 約4,306,800円
SKYACTIV-X 2.0 6MT 2WD 33,400ユーロ 約4,063,500円
6AT 2WD 35,400ユーロ 約4,306,800円
6MT AWD 35,300ユーロ 約4,296,500円
6AT AWD 37,300ユーロ 約4,539,300円
CX-30 EXCLUSIVE SKYACTIV-X 2.0 6MT 2WD 35,300ユーロ 約4,295,400円
6AT 2WD 37,300ユーロ 約4,540,300円
6MT AWD 37,100ユーロ 約4,515,900円
6AT AWD 39,100ユーロ 約4,759,300円

バルセロナモーターショー2019で続々と新情報が明らかになる新型SUVマツダ「CX-30」

新型CX-30のエクステリアバルセロナモ-ターショー2019で先行展示されたマツダ「CX-30」

スペインで行われている、バルセロナモ-ターショー2019で先行展示されたマツダ「CX-30」ですが、エントリーグレードの2.0リットル SKYACTIV-Gの欧州仕様の価格が約340万円からということが明らかになってきました。最高出力122hpで駆動方式は2WD、6速MT仕様であるとのことです。

「CX-30」にはディーゼルエンジンの「D」と「X」も用意されています。

CX-30のエンジンラインナップ
エンジンモデル 最高出力 駆動方式 トランスミッション
2.0リットル SKYACTIV-G 122hp 2WD MT
1.8リットル SKYACTIV-D 116hp 2WD/4WD MT/AT
1.8リットル SKYACTIV-X 181hp

新型CX-30の生産は4月末から開始され日本発売は2019年11月に

新型CX-30は既存車種のCX-3とCX-5の中間に位置するモデルで、ジュネーブモーターショー2019で世界初公開された時から、世界中で注目を集めたクーペタイプのSUVです。
発表当初は2019年内に生産開始、2020年に欧州市場から市販化すると発表していましたが、市販化の予定が早まったことがわかりました。

CX-30が市販化されるまでのスケジュールは2019年4月末から、マツダ本社のある宇品工場で始まり、2019年11月に日本で発売される可能性が高くなりました。欧州発売が2019年夏を予定しているとのことなので、日本では2019年夏以降、10月に行われる東京モーターショー2019で日本初公開した後に市販化されると考えます。

新型CX-30は後席が広いファミリーモデルとして登場 サイズ感はCX-3とCX-5の中間

新型CX-30のフロントビューマツダのSUVラインナップで初めて二桁の数字を冠したCX-30

新型CX-30はCX-3よりも広くCX-5よりもコンパクトなサイズ感をもっていて、今までのマツダのラインナップでは中国専売車のCX-4に近いボディサイズを持っています。日本ではCX-4は販売していないため、CX-3やCX-5の間を埋めるモデルとして販売します。

新型CX-30・CX-3・CX-5・CX-4・MAZDA3ハッチバックのボディサイズ比較
  CX-30 CX-3 CX-5 CX-4 MAZDA3ハッチバック
全長 4,395mm 4,275mm 4,545mm 4,633mm 4,460mm
全幅 1,795mm 1,765mm 1,840mm 1,840mm 1,745mm
全高 1,540mm 1,540mm 1,690mm 1,530mm 1,440mm
ホイールベース 2,655mm 2,570mm 2,700mm 2,700mm 2,725mm
最低地上高 175mm 160mm 210mm 196mm

新型CX-30のサイドビューCX-30にはマツダ3に新たに採用するポリメタルグレーのボディカラーもラインナップ

ボディカラーはマツダの匠塗「ソウルレッドクリスタルメタリック」と「マシーングレープレミアムメタリック」、マツダ3に追加される新色「ポリメタルグレー」を採用します。その他5色を設定して全9色がラインナップします。

新型CX-30のリヤビューCX-30は最新の安全装備も採用してファミリーユースも安心な車に

足回りにはCX-8などに採用するGベクタリングコントロールを採用してコーナリング時などに最適な制御を行います。
最新の安全装備i-アクティブセンスも搭載して安全なドライブを実現、荷室容量もレジャーなどで活躍できる大容量の430Lまで拡大可能なためロングドライブもストレスになりません。

新型CX-30のエクステリアCX-30は曲線を使った美しいボディラインが特徴

特徴的なターンシグナルを搭載していて、開始は全灯、それから徐々に出力を下げる方式を採用しています。CX-30は電装系にも力を入れる、とても個性的な車になるでしょう。

新型CX-30のインテリアマツダコネクトは8.8インチの大型化してドライバーモニタリングなど最新機能も搭載

マツダ3に続く新世代商品の第2弾という位置づけで、マツダ3と同じくSKYACTIV-VEHICLE ARCHITECTURE(スカイアクティブ ビークル アーキテクチャー)という新たなプラットフォームを採用、インテリアには8.8インチに大型化したマツダコネクトを採用しています。
またスバルのフォレスターやマツダ3にも搭載する、わき見や居眠りなどを視線から検知して警告するドライバーモニタリング機能も搭載します。

新型CX-30のコクピットCX-30クーペSUVらしくスポーティなコクピットを採用

新型CX-30の欧州仕様はスカイアクティブGの2.0Lマイルドハイブリッド、スカイアクティブDの1.8L、そして新世代エンジンのスカイアクティブXマイルドハイブリッドの3種類がパワートレインに採用され、トランスミッションは6速ATと6速MTを用意します。また、北米以上向けにはスカイアクティブGの2.5Lも用意される可能性があります。
日本仕様ではどうなるか発表されていませんが、エンジンラインナップは同じで排気量に変更があるケースも考えられます。

欧州仕様CX-30のエンジンラインナップ
エンジン種類 排気量
スカイアクティブG 1.997L
スカイアクティブD 1.756L
スカイアクティブX

【新型CX-30発表前の考察】マツダの新型SUVを2019年3月に行うジュネーブモーターショーで世界初公開 新型SUVの3つの可能性を考える

マツダがMAZDA3(アクセラ)に続く新型SUVを2019年3月5日(日本時間3月5日21時)にスイスで開催する世界5大モーターショーの1つ「ジュネーブモーターショー2019」でプレスカンファレンスを全世界へ向け発表しました。

ワールドプレミアする新型SUVは、2018年11月に世界初公開した次世代商品第1弾の「MAZDA3(アクセラ)」に続く次世代商品第2弾に位置付けられる重要なモデルです。
2019年2月5日に公開されたマツダ公式のティザー画像ではリヤのシルエットのみ公開され、「モデルチェンジする次期CX-3ではないか」「中国専売のCX-4を日本に導入するのではないか」など様々な噂が広がっていました。

マツダのCX-30が発表されるまでに考えられた最も有力な3つの噂「次期CX-3」「次期CX-4」「未発表の新型モデル」について、予想を交えながら考察しています。

マツダの新型SUVについて最も信ぴょう性のある「新型SUVはCX-3の後継車種」

CX-3のエクステリアジュネーブモーターショー2019で発表する新型SUVはCX-3の後継車種を指しているのが最有力

マツダのCX-3は2018年にマイナーチェンジを行いディーゼルエンジン(スカイアクティブD)などが改良しています。2019年にもマイナーチェンジ(一部改良)を行う予定で、フルモデルチェンジは2020年以降になると考えていました。
しかしマツダが新型SUVをジュネーブモーターショー2019で発表することがわかり、「次期CX-3のモデルチェンジを発表、もしくは後継車種の発表か」という情報が広がっています。

次期CX-3が新型SUVだという最も大きな理由は販売台数の減少

CX-3がジュネーブモーターショーで発表する新型SUVだという根拠は確かにあり、販売台数が振るわない、というのが最も大きい理由だと考えます。
2015年2月に発売したCX-3はデミオベースで開発され、月販目標販売台数は3,000台になっていますが、目標台数を超えたのは2015年の3月と4月と5月、2016年の2月のみです。

マツダCX-3の新車販売台数
2018年 2017年 2016年 2015年
1月 1,323台 1,283台 2,915台
2月 1,432台 1,447台 3,247台 2,506台
3月 2,258台 2,079台 2,317台 5,503台
4月 567台 664台 1,006台 3,259台
5月 2,060台 725台 1,422台 3,286台
6月 1,085台 481台 1,522台 2,807台
7月 852台 2,071台 1,350台 2,722台
8月 1,312台 1,415台 991台 2,323台
9月 2,183台 2,178台 1,462台 2,984台
10月 1,556台 1,103台 598台 1,005台
11月 1,446台 954台 2,103台 2,088台
12月 955台 779台 939台 1,537台
合計 17,036台 13,108台 19,872台 30,020台

CX-3はデミオベースのため内装などはデミオの質感とそれほど変わらず、室内の広さも同じです。しかし新車販売価格はデミオのベースグレード1,393,200円~と比べてCX-3のベースグレードは2,127,600円~なので約70万円ほど開いています。
CX-3はデミオにはない電動パーキングブレーキなどを採用して差別化していますが、価格差を埋めるまでには至らない、そのため販売台数が振るわないという結果になっています。

モデルチェンジまでの期間が短いため新型SUVはCX-3ではないという意見も

CX-3は2015年2月27日に発売して1度もフルモデルチェンジを行っていません。一昔前は2年でマイナーチェンジを行い、4年でフルモデルチェンジを行うと言われていましたが、近年はフルモデルチェンジ期間が延びる傾向にあり、人気車種のエクストレイルやハリアーも2019年で6年目に突入しています。

しかしマツダの場合はこのモデルチェンジサイクルに当てはまらず、新しい技術を開発したらすぐに既存車種に投入しています。そのためマイナーチェンジや一部改良を行う頻度は国内の他メーカーと比較してとても多いです。

CX-3の場合は2019年でモデル期間が約4年なので通常のモデルライフと言えます。マツダを代表するSUVのCX-5も約4年で2代目にフルモデルチェンジしていることから、マツダではあり得るモデルサイクルだと判断できます。

ジュネーブモーターショー2019で発表する新型SUVはCX-3の後継車種になると考える

CX-3の販売台数回復にはデミオベースを改める必要があると考えます。
マツダがジュネーブモーターショー2019で発表する新型SUVは次世代商品第2弾として「アクセラベースで開発する」こと「2019年には生産を開始して市販する」ことと日本でも「次世代エンジンのスカイアクティブXを搭載する」方針になっています。

これらの情報を合わせると、CX-3のモデルサイクルとしてはごく普通で、品質を向上しつつエンジンにも強みを持たせることが可能になります。
しかし気になるのはマツダ公式が発表した「新型SUVをラインアップに追加」という一文です。このことから現在販売しているCX-3を廃止して、CX-3の流れを汲む後継車種として新たにSUVの新型モデルを発表すると考えます。

中国専売車種のCX-4を世界で導入・またはCX-4の後継車種の発表もありえる

CX-4のエクステリアCX-4は発売されて日が浅いため後継モデルの発表はまだ先になると考える

2019年にCX-4を日本に導入するという情報もあります。CX-4は日本はもちろん北米や欧州でも販売していない中国専売車種です。CX-3よりも一回り大きく、全長はセグメントが上のCX-5よりも大きいのが特徴です。
全高はCX-3と殆ど変わらずCX-5のクーペスタイルを想像するとわかりやすいかもしれません。

ボディサイズ CX-4 CX-3 CX-5
CX-4・CX-3・CX5のボディサイズ比較
全長 4,633mm 4,275mm 4,545mm
全幅 1,840mm 1,765mm 1,840mm
全高 1,530mm 1,550mm 1,690mm
ホイールベース 2,700mm 2,570mm 2,700mm

ジュネーブモーターショー2019で発表する新型SUVがCX-4の場合も、現在発売しているCX-4は販売終了して、後継車種として新型モデルを発表すると考えます。
しかしCX-4はCX-3よりも新しい車種で2016年6月に中国で発売しているため販売終了、またはモデルチェンジはまだ早いでしょう。
そのためCX-4はマツダが発表する新型SUVに該当する可能性は低いと予想します。

CX-3ともCX-4とも関係ない全く別の新型SUV「CX-6」を発表する可能性もある

CX-5のエクステリアマツダが発表する新型SUVはCX-5(画像)より車格が上の「CX-6」になる可能性がある

マツダが販売するSUVの頭文字「CX」のCはクロスオーバーを意味していて、Xはスポーツカーを意味しています。2つを合わせてクロスオーバー=SUVを意味していて、現在はCX-3・CX-4(中国専売)・CX-5・CX-8・CX-9(海外専売)まであり横の数字は車格を意味しています。(CX-7は生産終了)

マツダが発表する新型SUVがCX-3やCX-4の後継車種ではない場合、残るのは「CX-2」か「CX-6」になります。
横の数字は車格を表すためCX-2になる場合はデミオベースのCX-3を下回る車格になるため日本では軽自動車などが該当します。軽自動車は日本独自の規格なので、スイスのジュネーブで発表するのはおかしいでしょう。

そのためCX-5によりラグジュアリーな「CX-6」が新型SUVに該当する可能性も考えられます。
CX-4の後継車種の噂よりも可能性は高いと考えていて、2018年に発売したホンダCR-VやレクサスのUX、トヨタのハリアーと比較すると現在のCX-5では物足りないのが現状です。
CX-8は3列シートという個性があるので、CX-8の車格に迫る2列シートの高級SUVとして新型SUVを発表しても不思議ではありません。

発表はCX-3でもCX-4でもCX-6でもない全く新しいクーペSUVの「CX-30」

スイスのジュネーブモーターショー2019で発表する新型SUVは、現在販売するCX-3の後継車種、または新型モデルのCX-6になると考えられていました。
しかし実際に発表されたのはCX-3の後継モデルでもなく、CX-4やCX-6の発表でもなく、全く新しいクーペタイプのコンパクトSUV「CX-30(シーエックスサーティー)」でした。

世界的に流行しているSUVで、2019年夏には欧州市場で販売が開始され、日本では2019年11月に市販化されることになっています。日本初披露は東京モーターショー2019になると考えられ、2019年で最も話題性のある車種の1つになるかもしれません。