レクサスLXのモデルチェンジ

レクサスLXのフルモデルチェンジ情報まとめ!LF-1が次期LXになるのか

レクサスLXのフルモデルチェンジは2019年以降を予定しています。2018年1月にデトロイトモーターショーで公開された「LF-1 Limitless」は次期LXの噂もありましたが、全く違う近未来のクロスオーバーSUVでした。同時期にランクル300もモデルチェンジされると考えられているレクサスLXのフルモデルチェンジ最新情報です。

レクサスLXのフルモデルチェンジ情報まとめ!LF-1が次期LXになるのか

2017年12月レクサスの新しいコンセプトカー「LF-1 Limitless」を2018年1月14日に開催するデトロイトモーターショーで世界初公開すると発表されました。

ラグジュアリー感あふれるフラッグシップクロスオーバーで、クロスカントリーは「次期ランクル」、クロスオーバーは「次期LX」に分けられて路線変更することも感じられる近未来感溢れるコンセプトモデルでした。

そこで、レクサスLXのフルモデルチェンジ版だと噂されていたコンセプトカー「LF-1 Limitless」の情報や、2017年モデルのLX570をおさらいしておきましょう。

レクサスLXのモデルチェンジ版は「LF-1 Limitless」ではない

次期LXと噂されたLF-1 Limitless

レクサスは2018年1月14日から開催されるデトロイトモーターショー2018で、新しいクロスオーバーSUVのコンセプトカー「LF-1 Limitless」を発表することをアナウンスしました。

2017年12月の時点ではシルエットのみ公開され、リアテール付近や、リアスポイラーがどことなくC-HRのものに似ている感じもあり、レクサスのフラッグシップSUVの次期LXではないかと噂されました。
ボディカラーは高級感のあるブラウン系統で、リアテールがボディ左右まで繋がっているデザインが特徴的なLF-1 Limitlessでしたが世界初公開されたボディラインはLXよりもRXに近いデザインで登場しました。

近未来のコンセプトを持つLF-1 Limitless

そのためLF-1 Limitlessは新型LXではないとされ、次期RXではないかという見解が強くなっています
2019年以降に登場予定の新型LXはベースとなるランドクルーザー200のフルモデルチェンジと同時期となり、全世界で注目されることになるでしょう。

2017レクサスLXのエクステリア

現行LXのエクステリア

レクサスLXは、トヨタのフラッグシップSUVであるランドクルーザーの姉妹車で、日本では2015年9月14日より後期仕様になったマイナーチェンジと同時に発売されました。モデル自体は2007年から販売されていて、2度マイナーチェンジを行っています。

全長は5,080mm、全幅1,980mm、全高は1,910mmで、日本で販売されている乗用車の中でも最大クラスです。姉妹車のランドクルーザーとは全幅は一緒ですが、全長と全高が長くなっています。

LX570 ランドクルーザー200
全長 5,080mm 4,950mm
全幅 1,980mm 1,980mm
全高 1,910mm 1,870mm
ホイールベース 2,850mm 2,850mm
最低地上高 225mm 225mm
最小回転半径 5.9m 5.9m
室内長 2,760mm 2,690mm
室内幅 1,650mm 1,640mm
室内高 1,170mm 1,170mm
車両重量 2,730kg 2,690kg
乗員定員 8人(5人) 8人(5人)

ヘッドランプ、フォグランプ、コーナーリングランプ、テールランプ、ストップランプにはLEDが使用されています。オプション装備になりやすいリアスポイラーやクリアランスソナー、バックソナー、ムーンルーフなども標準装備になっています。

ボディカラーは全7色で、定番の白・黒・シルバーの他にも、サンド色や鮮やかなブルーなどSUVらしいカラーラインナップです。

LX570のボディカラーまとめ

・ソニッククォーツ
・マーキュリーグレーマイカ
・ソニックチタニウム
・ブラック
・スターライトブラックガラスフレーク
・スリークエクリュメタリック
・ディープブルーマイカ

2017レクサスLXのインテリア

現行LXのインテリア

レクサスLXのインテリアは全幅を活かした広々とした空間で、シート素材にはセミアニリン本革が使われていて、3列シートの8人乗り、2列シートの5人乗り仕様が用意されています。

インテリアカラーは5種類用意されていて、白基調の「アイボリー」、「メローホワイト」、黒基調の「ブラック」、茶基調の「サンフレアブラウン」、「ガーネット」があります。

シフトノブには、本革ブーツにアルミが使われていて高級感があり、フロントアームレストにはクールボックスが標準装備されています。セカンドシートのセンターを倒すとアームレストがあらわれ、ヒーターコントロールパネルも設置されています。

2017レクサスLXの搭載エンジン・価格帯

現行LXのパワートレイン

LX570のエンジンルームは、かなりの面積がカバーで覆われていて詳細は分かりにくいですが、V型8気筒の5.7Lエンジンを搭載しています。

LX570の搭載エンジン
型式 3UR-FE
種類 V型8気筒
排気量 5,662cc
最高出力 377PS/5,600rpm
最大トルク 534Nm/3,200rpm

トヨタのランドクルーザーもV型8気筒のエンジンを搭載していますが、型式は「1UR-FE」で排気量は4.6Lのエンジンです。LX570の価格帯は1,150万円からで、グレードは「LX570」の1つのみです。

レクサスLXのモデルチェンジはランクル200と同時に行われる?

日本での導入は2015年8月20日からで、LX570へフルモデルチェンジしてから2度のマイナーチェンジが行われたタイミングです。ランドクルーザーも後期型へマイナーチェンジしたのは2015年の8月で、ほぼ同時期に行われています。

このことから、新しいフラグシップSUVで次のレクサスLXと噂される「LF-1 Limitless」が発売される時期に、ランドクルーザー200もモデルチェンジが行われると予想できます。レクサスLXはオフローダーから都会よりのクロスオーバーSUVになるのか、「LF-1 Limitless」の公開が楽しみです。

レクサスLX特集