レクサスLXの内装

レクサスLXの内装は本格クロカンSUVに相応しい格式高さと機能性を備える

レクサスLXの内装をコックピット・ラゲッジスペース・シートデザイン・おすすめディーラーオプションに触れて紹介。ランクルの姉妹車である新型レクサスLXはLEXUSのフラグシップSUV。セミアニリン本革シートや先進装備などラグジュアリーな雰囲気が漂います。剛健なボディでオフロード走行性能もピカイチ。

レクサスLXの内装は本格クロカンSUVに相応しい格式高さと機能性を備える

ランクルの姉妹車レクサスLXの内装はどうなってる?デザインや設計の詳細をチェック

新型レクサスLX570の内装を徹底解説します。レクサスLXはラダーフレームを採用した剛健なオフロード向けフラグシップSUVで、トヨタで販売・製造されるランドクルーザーの姉妹車種として知られています。グレード構成はLX570のみで、3列シート8人乗りと2列シート5人乗りの2タイプから選べます。レクサスLXの現行型は3代目で、以前は北米を中心に販売されていましたが、2015年に行われた2度目のマイナーチェンジを機に日本市場においても販売されるようになりました。

ダイナミックで存在感のあるボディが目を引くレクサスLXですが、内装がどうなっているのかも気になるところです。新型レクサスLXの内装を、コックピット・シートデザイン・ラゲッジルーム・その他装備などを中心に詳しくまとめました。

新型レクサスLXは全長5m超えのロングボディならではのゆとりある室内空間が広がる

レクサスLXの広さの特徴

全長5mを超える大きなボディを活かしたレクサスLXのパッケージ設計は、全席・後部座席のどのシートに座っても開放的な気分を味わえる広さが特徴です。そのゆとりある室内空間は、ラグジュアリーSUVのあるべき姿を体現しています。

レクサスLXのコックピットは先進性と機能性をバランスよく取り入れたこだわりの設計に仕上がっている

レクサスLXのコックピット

レクサスLXのコックピットは、オペレーションとディスプレイ2つのゾーンを分割することで機能性アップに努めています。水平基調のインストルメントパネルがレクサスLXの端正さを際立たせます。

レクサスLXのセンターメーターLXのセンターメーターはシンプルながら高級感のあるデザイン

オプティトロンメーターはシンプルな2眼デザインですが、艶のある黒の計器盤で高級感があります。スッキリとしたデザインのため視認性に優れていて、運転に集中しながらでも多彩な走行情報を読み取りやすいのが特徴です。

レクサスLXのフルカラーヘッドアップディスプレイフルカラーヘッドアップディスプレイ(HUD)も完備

運転席の真正面には、12.3インチのナビモニターと連携するフルカラーヘッドアップディスプレイが配置され、ウィンドシールドガラス内に多彩な車両・走行情報を映し出します。全高1,910mmを誇るレクサスLXにこのヘッドアップディスプレイが装備されることで、「ボディが大きく運転しづらいのでは?」といった心配もなくなります。

レクサスLXのカラーマルチインフォメーションディスプレイ

スピードメーターとタコメーターの間に配置されている4.2インチTFTカラーマルチインフォメーションディスプレイ。車速やタイヤの切れ角、エコドライブインジケーターなどの様々な情報をグラフィカルに表示します。

レクサスLXのコックピット周り重厚感のあるコックピット周りがLXの内装の特徴

縞杢またはウォールナットの本木目の加飾をあしらったパドルシフト付きの本革ステアリングホイールからは、他にはない特別な雰囲気が漂います。本革と本アルミを組み合わせたシフトノブは握り心地がよく、確かな操作感が味わえます。

レクサスLXのリモートタッチスイッチ直感的な操作を実現するためリモートタッチに操作スイッチを配置

現行型レクサスLXではオーディオやナビの操作性を向上させるため、リモートタッチに「ENTER」「MENU」などのボタンスイッチを割り当てています。ドライビングポジションを維持しつつ、より直感的な操作が可能となりました。

レクサスLXのUSB端子

前席にはmicroSDカードスロットやUSB入力端子を設置しています。パソコンやスマートフォンとの連携を強化することで、好きな音楽をより気軽に楽しめるようになっています。

レクサスLXのプレミアムサウンドシステム

「Ultimate Liveness」をテーマにレクサスLX専用に設定されたレクサスLXプレミアムサウンドシステムは、そのコンセプト通りライブ感を味わえるサウンドシステムです。スマホの音楽プレーヤーもよりリアルでクリアなサウンドで再生できます。

レクサスLXのアナログクロックアナログクロックはGPS対応でいつでも正確な時刻を表示

インパネに設置されるメタル感がスタイリッシュなアナログクロックはGPS時刻補正機能つきです。レクサスらしいクラシカルでリュクスな空間を演出します。

レクサスLXのオーバーヘッドランプタッチ式のオーバーヘッドランプ

フロントシート用のオーバーヘッドランプはタッチスイッチ式で先進性にあふれています。夜間でもオンオフの操作が簡単です。

レクサスLXのフルオートエアコンナノイー搭載のフルオートエアコンはアレルギーがある方にも嬉しい装備

新型レクサスLXのエアコンには、人の肌や髪をいたわる「ナノイー」を搭載しています。また、花粉を除去するクリーンエアコンフィルターや排出ガス感知内外気オート切り替え機能つきで、年中レクサスLXの車内を綺麗な空気で満たします。

レクサスLXのセンターコンソールセンターコンソールはクールボックスになるのでレジャーでも大活躍

フロントシートの中央に設置されているアームレストは、ふたを開けるとクールボックスになっています。500mlペットボトルが6本入るスペースがあり、冷気導入スイッチを押すとボックス内が冷やされます。

レクサスLXのシート生地は全車にセミアニリン本革を採用!ラグジュアリーなデザインで高級志向のオーナーの満足度も高い

レクサスLXの高級感ある内装レクサスの最上級クロスカントリーらしい上品で高級感たっぷりの内装

新型レクサスLXのシートには全てセミアニリン本革を使用しており、豪華で高級感があります。カラーはアイボリー・ブラック・サンフレアブラウン・メローホワイト・ガーネットの5種類です。オーナメントパネルはダークブラウンのウォールナットが標準装備されますが、メーカーオプションで縞杢に変更することができます。

レクサスLX特別仕様車のシート特別仕様車ブラックシークエンスの専用デザインシート

LEXUSが国内累計販売台数50万台を突破した記念として、2018年8月に販売されたLX 特別仕様車“Black Sequence(ブラックシークエンス)”は、エクステリアだけでなくインテリアも専用のデザインが設定されています。シート内装については特別仕様車専用ダイヤモンドステッチがあしらわれたセミアニリン本革シート、オーナメントパネルにはブラックの縞杢が標準装備されます。オールブラックのシックなコーディネートが大人の魅力を感じさせます。

新型レクサスLXのラゲッジルームは5人乗り・8人乗りともに広々としている

レクサスLXのラッゲジルーム長尺の荷物も楽々載せられるラッゲジルーム

レクサスLXは3列シート8人乗りと2列シート5人乗りともに荷室容量を広く確保しています。シートアレンジが多彩なので、サイズや長さのある荷物も余裕で積載可能です。レジャーや旅行などのシーンでも頼れる相棒として活躍してくれます。2列シート5人乗りには荷物の目隠しに使えるトノカバーが標準装備されています。

レクサスLXのパワーバックドアパワーバックドア装備で女性にも優しい

テールゲートにはスイッチで開閉が可能なパワーバックドアを採用しています。挟み込み防止機能付きで安全面にも配慮されているのも嬉しいポイントです。

レクサスLXのラゲッジルームのスペースアップ状態

8人乗り3列シートの現行型レクサスLXを選択した場合、サードシートにスペースアップ機構が装備されます。スペースアップ機構によってテールゲート左側に設置されたスイッチひとつでシートを撥ね上げることができます。電動での操作となるので非力な方でも安心です。

「おくだけ充電」はメーカーオプションで装着可能

レクサスLXのおくだけ充電

新型レクサスLXの内装のメーカーオプションでおすすめなのが「おくだけ充電」です。センタークラスターパネルの下スペースに充電エリアを設置することで、その名の通り置くだけでモバイルバッテリーやスマートフォンの充電が可能となります(ワイヤレス充電規格「Qi(チー)」に対応する機種に限る)。

新型レクサスLXの内装はLEXUSが誇る本格クロカンSUVならではの高級感に満ちている

ランドクルーザーの姉妹車でもあるLEXUSのフラグシップSUVレクサスLXの内装は、力強くたくましい走りと強靭なボディにマッチするゆとりあるパッケージングです。セミアニリン本革を贅沢に使用したシートデザインもレクサスLXの風格を表しており、ゲストを手厚くもてなします。ナビと連携するヘッドアップディスプレイや高級感のある加飾をあしらったステアリングやシフトノブ等を備えたコックピットも、運転の楽しさをとことん追求したこだわりあふれる設計です。

本格的なオフロード走行はもちろん、街乗りでもドライバーを楽しませてくれる新型レクサスLXは、ドライバーや同乗者にプレミアムな非日常を提供してくれるクルマとして、今後もSUV市場の重鎮ポジションを担う人気車種となるでしょう。