レクサスLFAが高額の理由

レクサスLFAの高すぎる価格の理由は?日本最高額の車の秘密

レクサスLFAは高価な国内初のスーパーカーです。新車価格3,750万円は過去日本で販売された新車を含めて最高額になる驚きのお値段です。何故ここまで高額になるのか、その理由を紹介します。そもそもLFAってどんな車種?という方のためにLFAの基本を解説し、現在プレミア価格になっているそのお値段も紹介します。

レクサスLFAの高すぎる価格の理由は?日本最高額の車の秘密

日本最高金額の車 レクサスLFAの価格の理由を紹介

今まで販売された車の中で、日本で一番高い車はレクサスLFAです。
現在レクサスで販売されるF スポーツの頂点に立つべく、2010年12月から2012年12月までの2年間に限定500台生産され、日本では200台販売されました。

1台3,750万円もする日本の自動車メーカー初の本格的スーパーカーの秘密を紹介します。

レクサスLFAが3,570万円のワケ

レクサスLFAのエクステリア世界限定500台で販売されたレクサスLFA

レクサスLFAのリヤビューテールランプとエアダクトが一体になったリヤは迫力満点

レクサスLFAのエンジンヤマハと共同開発したエンジンは最高出力560psを発揮

販売価格3,750万円は過去日本で販売された車の中では最高額になります。
ではなぜこんなにも販売価格が高くなったのでしょうか。その訳は「全てがLFAのために新たに設計された」からです。

エンジンやプラットフォームが共通する車の開発費用は約300億円から500億円、全てを新規開発する新型車の場合は1000億を越えることもあります。
そして開発にかかった費用を自動車メーカーが販売目標に掲げる台数で割り、○年で回収する計算をします。

目標以上の販売台数であれば利益になり、目標台数を下回る場合は開発費を回収する見込みが立った場合に販売終了します。
しかし中には全く売れない車もあり、その場合は他の車種で補てんすることもあります。

これは台数が見込める量産車ができることで、限定車ではこの開発費をそのまま車両価格に乗せなければなりません。
LFAの場合は車の根幹を成すプラットフォーム、心臓部のエンジン、国産初のスーパーカーに相応しいデザイン、全てが限定500台のLFAのために新たに用意されました
車の開発費を限定500台に乗せて販売したため3,750万円という高額な価格設定になっています。

LFAの販売は赤字でも全世界へ向けたアピールは大成功

サーキットを走るレクサスLFALFAは全世界へトップレベルの走行性能をアピールした

しかし全て新しく設計されたLFAは3,750万円で500台販売しても187億5,000万円にしかならないため、採算は取れず赤字でした。
途中で開発終了もできましたが、それでも販売したのは、技術を今後に活かすため、技術力を世界にアピールしレクサスの価値を高める目的もありました。

LFAはスーパーカーとして異例のFR駆動(フロントエンジン・リヤ駆動)で開発されています。これは量産スポーツカーで多く採用される駆動方式で、この技術は現在レクサスやトヨタのスポーツカーの技術へ活かされています。

またLFAを発表したことにより、フェラーリやランボルギーニ、マクラーレンやポルシェなど世界のスーパーカーやレーシングカーを作る自動車メーカーにも、レクサスの高い技術力をアピールできました。

LFAの販売価格3,750万円は破格の安さ

市販車最高額のブガッティ シロン市販車世界最高額のシロン 価格は約3億円

今後の車作りに活かすため、技術力を示しブランド価値を高めるために販売されたLFAは開発費を考慮すると、実はお買い得でコストパフォーマンスの高い車だったと言えます。

スーパーカーを販売する海外ブランドへ目を向けると、フェラーリが販売するラ・フェラーリは500台限定生産で約1億6,000万円、世界一高い市販車と言われるブガッティのシロンは500台限定生産で約3億円になっています。
この値段を考えるとLFAの3,750万円が良心的な値段に見えてくるかもしれません。

国内初のスーパーカー レクサスLFAを振り返る

レクサスLFAのテールランプLFAはレクサスFシリーズの頂点に君臨

レクサスFシリーズのフラッグシップモデルとして登場した新型LFAは2シーターのスーパーカーで、世界56ヵ国へ500台限定で販売されました
国内外から想定以上の予約が入ったため、締め切りを2ヶ月早く切り上げるなど、発表から販売までモーターファンに注目された車です。

ヤマハと共同開発したV型10気筒4.8Lエンジンは、最高出力560ps、最大トルク48.9kgmのハイパワーを発揮、1,480kgの軽量高剛性ボディで0-100km/hは3.7秒を達成します。
このようにフェラーリやランボルギーニなど、世界のスーパーカーブランドに匹敵する走行性能をもっていて、特に加速力は全世界屈指の性能をもっています。

ヤマハとは伝説的なトヨタの名車2000GTやセリカ1600GTでタッグを組んでおり、LFAでは室内に聞こえるエンジンサウンドもチューニングしています。

レクサスLFAのスペック
駆動形式 FR
全長 4,510mm
全幅 1,900mm
全高 1,220mm
前トレッド 1,580mm
後トレッド 1,570mm
ホイールベース 2,610mm
最低地上高 120mm
最小回転半径 6.1m
車両重量 1,480kg
総排気量 4,805cc
最高出力 560ps
最大トルク 480Nm(48.9kgm)/6,800rpm
乗車定員 2名
販売価格 37,500,000円

LFAの後継車種はレクサスLC

レクサスLFAの後継車種レクサスLC後継車種のLCは加速性能も世界トップレベル

国産車初のスーパーカーLFAの技術を活かした後継車種がレクサスLCです。
スーパーカーのLFAほどのインパクトはありませんが、レーシング仕様のLFAに対して街乗りでも快適なドライブが楽しめるLCは2017年3月の発売から1ヶ月で1,800台の受注を記録し話題になりました

5.0L V8エンジンは世界最速レベルの10速ATを採用、3.5Lハイブリッドエンジンは4速ATを追加したマルチステージハイブリッドを採用、LFAで培った技術とレクサスの最新技術を融合した次世代フラッグシップクーペになっています。
0-100km/h加速は4.6秒でLFAには敵いませんが、世界的に見てもトップクラスの性能をもっています。

レクサスLC LC500のスペック
駆動形式 FR
全長 4,770mm
全幅 1,920mm
全高 1,345mm
前トレッド 1,630mm
後トレッド 1,635mm
ホイールベース 2,870mm
最低地上高 135mm
最小回転半径 5.4m
車両重量 1,940kg
総排気量 4.968cc
最高出力 351kW (477ps)/7,100rpm
最大トルク 540Nm(55.1kgm)/4,800rpm
乗車定員 4名
販売価格 13,500,000円

LFAの中古車はプレミア価格の5,400万円

限定500台で販売されたLFAは当時でも抽選になるほど、国内外で大人気になりました。
お金はあっても買えなかった方も多く、6年経った2018年では新車価格を上回るプレミア価格で中古車市場に出回っています。

大手中古車サイトの平均価格は5,400万円、LFAの当時の新車価格が3,750万円だったことから約1.5倍まで跳ね上がっています
LFAの中古車価格は年々上昇する傾向なので、5年後には新車価格の倍額になることもあり得るでしょう。

LFA生誕10周年を祝う特別にペイントされたアートカーが登場

2009年に行われたレクサスLFAの公開から約10年が経ち、海外ではポルトガルのアーティスト「ペドロ・ヘンリクエス」によりLFA生誕10周年を祝う特別にデザインされたアートカーが公開されました。
使用されたのは世界限定500台のうち、わずか50台しか製造されていない正真正銘のプレミアムなLFA「ニュルブルクリンクパッケージ」がベースになっています。

LFAアートカーのフロントビュー線を用いた不規則的なデザインが「現代の生活の中に存在する流動性」を表現

LFAアートカーのサイドビューLFAのアートカーは2018年7月28日から29日かけて行われるスパ・フランコルシャン24時間レースに登場

LFAアートカーのリヤビュー今回登場したアートカーからも「天使の咆哮」を聞くことができる

レクサスの頂点に立つニュルブルクリンクパッケージは2017年にアメリカのオークションに出品されると世界中で大きな話題となりました。
車両全体を大胆にデザインされた今回のアートカーは世界三大耐久レースの「スパ・フランコルシャン24時間レース2018」に登場します。

LFAは性能や造りを考えると意外とコストパフォーマンスが高い

量産車ではない限定車、こだわり抜いた造り、海外のスーパーカーの相場、走行性能を考慮するとLFAの新車販売価格3,750万円は決して高額ではないことがわかったかと思います。
そして価格以上に価値があったのがジャパンブランドの価値が上がったことです。

日本は今までスーパーカーを作る技術があるとしてきましたが、実際に形にすることはありませんでした。
LFAは海外のトップブランドにも負けない技術を結果として残した、革新的な車と言えるでしょう。