レジェンドのフルモデルチェンジ

レジェンドのフルモデルチェンジは2023年か?自動運転対応のHonda SENSINGを搭載するだろう

レジェンドのフルモデルチェンジは2023年ころになるのではないかと考えます。初代には運転席エアバッグ、2代目には助手席エアバッグなどホンダ初の装備を搭載してきたレジェンドは、6代目でどのような初搭載の機能を装備するのでしょうか?

レジェンドのフルモデルチェンジは2023年か?自動運転対応のHonda SENSINGを搭載するだろう

ホンダのレジェンドは2023年にフルモデルチェンジか?次のホンダ初搭載は自動運転になると考える

ホンダのフラッグシップセダンであるレジェンドは、2023年にフルモデルチェンジすると予想します。レジェンドは、2018年にマイナーチェンジを行いアキュラ顔のペンタゴングリルを採用するなど、大幅なアップデートが行われました。

2018年にマイナーチェンジが行われたため、しばらくはモデルチェンジが入らないと考えますが、レジェンドのモデルチェンジ周期を見ると2023年頃に行われると予想します。日本車で初めてエアバッグを装備、初の日本製乗用車で6速MTを採用した、ホンダ車の中ではじめてV6エンジンを搭載するなど、ホンダの4輪ラインナップでいち早く新機能を搭載しているレジェンドは、次にどんな技術を採用するのでしょうか?

1985年に初代が発売され、2015年には最新モデルの5代目が販売されたフラッグシップセダンのレジェンドの歴史を振り返りながら、モデルチェンジ時期を予想していきます。

レジェンドは2018年にビッグマイナーチェンジを実施したため、モデルチェンジは5年ほど先の2023年になると予想する

アキュラデザインの現行レジェンド5代目レジェンドは2018年にマイナーチェンジを行いアキュラデザインとなった

レジェンドは4代目が販売終了するときにラインナップから消えてしまいましたが、2015年2月にハイブリッドモデルが5代目レジェンドとして復活しています。2018年には北米で展開している兄弟車のアキュラRLXと同様のデザインとするマイナーチェンジが入っています。

安全装備のHonda SENSINGには、ホンダ車で初めてトラフィックジャムアシスト(渋滞運転支援機能)を追加しました。ブレーキを踏んだり離したりを繰り返す渋滞運転で、アクセルやブレーキ、ハンドリングを支援してくれるためとても楽に運転することができます。

レジェンドのモデルチェンジ周期は近年のモデルが8~9年で行っていて、6代目レジェンドへフルモデルチェンジすると予想します。

レジェンドのモデルチェンジ周期
初代 1985~1990年(5年)
2代目 1990~1995年(5年)
3代目 1995~2004年(9年)
4代目 2004~2012年(8年)
5代目 2015~2023年?(8年?)
6代目 2023年発売?

初代や2代目は5年周期で販売していましたが、3代目になるとモデル周期が少し伸びて8年と9年間販売していました。そのままの周期でモデルチェンジが行われるなら、現行モデルは2023年まで販売してフルモデルチェンジが行われるでしょう。

レジェンドは「ホンダ初搭載」の役割を担ってきたモデルで、次の初搭載は自動運転になるのではないだろうか

ホンダのレジェンドは、ホンダ車のラインナップの中でも初搭載する装備を数多く担ってきたモデルで、初代では運転する人を守るエアバッグの搭載、V型6気筒エンジンを搭載する、2代目では乗用車として初の6速MTを装備など、ホンダ車として初搭載したものや日本車初の装備も積んだことがあります。

レジェンドが初搭載した装備

  • 初代:運転席用SRSエアバッグ、FF用トラクションコントロール、ホンダ初のV6エンジン
  • 2代目:日本製乗用車においての6速MT(海外仕様)、助手席用SRSエアバッグの採用
  • 4代目:日本製乗用車初の300PSエンジン、ホンダ初の6速ATを採用
  • 5代目:世界初の歩行者事故低減ステアリング搭載、ホンダ初のトラフィックジャムアシストを装備

ホンダのラインナップでもフラッグシップモデルにあたるレジェンドには、次はどのような「初搭載」が装備されるのでしょうか?6代目のレジェンドが発売する時期は2023年と考えていて、搭載する機能はレベル3以上の自動運転技術ではないかと考えます。

日本では2020年に自動運転レベル3の実用化を目指していて、高速道路において一定速度以下での走行が自動化されるものになると考えます。

ここでホンダのフラッグシップセダンであるレジェンドの歴史を振り返ってみよう

ホンダのレジェンドは、1985年に発売されたフラッグシップモデルであり、ホンダ車として初めての3ナンバー車です。1989年には自動車税が改正され3ナンバーの贅沢品枠が無くなり純粋に排気量で計算されていたため、3ナンバー車が増えた時期でもあります。

実際に初代は全長・全幅をギリギリ5ナンバー枠に収めた2.0Lエンジン車が用意されていましたが、2代目以降は3ナンバーサイズのモデルしか用意されていないのが分かります。ホンダのフラッグシップセダンであるレジェンドの歴史を振り返ってみましょう。

初代レジェンドは1985年に発売し高級車として一般的にイメージされる高級セダンを目指した車

初代レジェンドホンダ初の高級車であるレジェンドは1985年に発売され国内初の運転席エアバッグを初採用した車種

ホンダが初めて開発した高級車であるレジェンドは1985年に発売され、室内空間の居心地がいいだけではなく国内初の運転席SRSエアバッグを採用するなど、安全面も考えられた1台です。発売当時の3ナンバー車は税金が高額だったため、5ナンバー枠ギリギリに収めたボディとエンジンも用意されているのが特徴的です。

ボディタイプは発売当初は4ドアセダンのみでしたが、のちに2ドアハードトップもラインナップに加えられています。ボディサイズは全長4,690~4,810mm・全幅1,695~1,745mm・全高1,370~1,390mmと様々あります。また、高級車ですが5速MTも用意されています。

初代レジェンドのスペック
4ドア(5ナンバー)4ドア(3ナンバー)2ドア
全長4,690mm4,810mm4,775mm
全幅1,695mm1,735mm1,745mm
全高1,390mm1,390mm1,370mm
ホイールベース2,760mm2,760mm2,705mm
エンジン型式C20AC25AC27A
排気量1,996cc2,493cc2,675cc
最高出力145PS/6,300rpm165PS/6,000rpm180PS/6,000rpm
最大トルク172Nm/5,000rpm211Nm/4,500rpm226Nm/4,500rpm
価格帯2,150,000円3,289,000円

2代目レジェンドは1990年に発売したモデルで先代よりも豪華になり安全性も増した

2代目レジェンド2代目レジェンドはスーパーレジェンドとも呼ばれるモデルで、3ナンバーのみになり助手席エアバックも採用された

1990年にモデルチェンジしたレジェンドは、国内初の助手席SRSエアバッグの採用など初代より更に安全面が良くなっています。ボディタイプは4ドアセダンと2ドアクーペが設定されていますが、自動車税改正の影響か3ナンバーボディのみのラインナップとなりました。

2代目レジェンドでの「初搭載」は、国内初の助手席エアバックや海外仕様に日本産初の6速マニュアルが搭載されていて、初代同様にホンダらしくスポーティさが感じられます。搭載エンジンも排気量3.2Lのエンジンでパワフルな走りができます。

1992年にはマイナーチェンジが行われ後期型となった際に、エンジンを改良し出力を向上・エンジンセンターマウントが設置されて騒音や振動対策が行われていて、さらに快適性が増しています。

2代目レジェンドのスペック
4ドアセダン 2ドアクーペ
全長 4,940mm 4,880mm
全幅 1,810mm 1,810mm
全高 1,405mm 1,370mm
ホイールベース 2,910mm 2,830mm
エンジン型式 C32A C32A Type2
排気量 3,206cc 3,206cc
最高出力 215PS/5,500rpm 235PS/6,300rpm
最大トルク 289Nm/4,500rpm 289Nm/5,200rpm
価格帯 3,720,000円

3代目のレジェンドは1995年から2004年まで販売されたモデルで、この代からモデルチェンジ周期が長くなった

3代目レジェンド3代目レジェンドは1995年から2004年まで販売していたモデルで、ボディタイプはセダンのみとなった

1995年にモデルチェンジを行い3代目となったレジェンドですが、基本的な設計は変わらずエンジンの排気量アップを行って3.5Lへとパワーアップ。豪華なグレードのエクスクルーシブが復活し、スポーティなユーロも設定されています。

この代では特に初採用された機能はなく、ヘッドレスト調整が電動から手動になるなど装備がシンプルになっているのが見受けられます。シフトパターンがストレートからゲート式になり、レジェンドとしては最後のFF車になりました。

ボディタイプは先代とあまり変わらず全長4,955mm・全幅1,810mm・全高1,435mmです。先代と比べるとグリルデザインがペンタゴングリルに似た形状となり、ヘッドライトとテールレンズは大型化しているのが分かります。エンジンの最高出力は先代と変わりませんが、最大トルクがアップしています。

3代目レジェンドのスペック
全長 4,955mm
全幅 1,810mm
全高 1,435mm
ホイールベース 2,910mm
エンジン型式 C35A
排気量 3,473cc
最高出力 215PS/5,200rpm
最大トルク 312Nm/2,800rpm
価格帯 3,380,000円

4代目レジェンドは初の300PS台をマークしたモデルで、駆動方式にSH-AWDを採用し運動性能もアップした

4代目レジェンド4代目のレジェンドは2004年に発売し、自主規制の280PSを超える300PSの出力を持つ初めてのモデルとなった

4代目のレジェンドは2004年に発売したモデルで、駆動方式はいままでの2WDのFFから四駆であるSH-AWDに進化しました。ほかにも、エンジン排気量は先代と同様の3.5Lですが、出力の自主規制である280PSが撤廃された直後に発売しカタログ出力で初の300PSを達成しています。

ほかには、ホイールピッチが一般的な114.3mmから120mmに変更されているため、ホイールカスタムをするときは注意が必要です。発売されてから4年後の2008年にはビッグマイナーチェンジが入り、全長が4代史上最も5メートルに近い4,985mmとなり迫力がグッと増しました。

2010年にはホンダ初の6速ATを採用し、加速性能や燃費性能を向上させています。またまた世界初の消音機能つきアルミホイールを採用し静粛性がかなり高まり、かなりの満足度を実感させてくれるモデルとなりました。しかし、残念ながら後期型レジェンドはたった2年で生産終了し2014年にはカタログから姿を消しています。

4代目レジェンドのスペック
前期型 中期型以降
全長 4,930mm 4,985mm
全幅 1,845mm 1,845mm
全高 1,455mm 1,455mm
ホイールベース 2,800mm 2,800mm
エンジン型式 J35A J37A
排気量 3,471cc 3,664cc
最高出力 300PS/6,200rpm 309PS/6,300rpm
最大トルク 353Nm/5,000rpm 370Nm/5,000rpm
価格帯 5,250,000円 5,550,000円

世界初の機能やホンダ初技術の搭載を担ってきたフラッグシップモデルのレジェンドは2023年にモデルチェンジし自動運転技術を搭載するだろう

ホンダのレジェンドは初代より世界初技術やホンダ初の機能を搭載するモデルとして販売されてきたモデルで、いまでは当たり前の装備となったエアバッグを初めて搭載したモデルでもあります。

現行モデルの5代目レジェンドは、Honda SENSINGにおいて世界初の歩行者事故低減ステアリングを搭載するなど、安全面での機能を充実させています。3代目以降はモデルチェンジ周期が伸びて8~9年でモデルチェンジしているため、6代目が発売されるのは2023年頃になるのではないかと予想します。

6代目レジェンドに搭載されるであろう初搭載の装備は、自動運転レベル3相当に進化したHonda SENSINGであると考えています。高速道路での加速・減速・停止・ハンドリングなどの運転操作全て自動で行ってくれる機能が搭載されるのではないかと予想します。
ホンダのフラッグシップモデルであるレジェンドは、これからも初搭載の技術を積み伝説を残していくでしょう。