リーフセダンのモデルチェンジ

リーフ セダンは2019年に中国で発売!シルフィの次期モデルとなるか

リーフ セダンのモデルチェンジ情報を紹介します。ボディタイプがセダンのリーフは、北京モーターショー2018で発表されると見られていて、中国専売モデルになると考えられています。発売は2019年で、日本に逆輸入される可能性はあるのでしょうか?

リーフ セダンは2019年に中国で発売!シルフィの次期モデルとなるか

リーフのセダンが中国で発売!2019年に次期シルフィとして登場か?

日本ではあまり人気のないボディタイプのセダンですが、中国市場では好調でコンパクトセダンのシルフィが月に4万台以上も売れた実績もあり、2018年4月に開催される北京モーターショーでリーフのセダンが発表されると噂されています。

リーフといえば日本でも販売されているハッチバックの電気自動車で、2017年9月にモデルチェンジを行い2代目が販売されています。さっそく、中国で販売される予定のリーフ セダンのエクステリアやインテリア、搭載パワートレインや装備、発売日や価格帯などをチェックしていきましょう。

リーフ セダンのエクステリア

新型リーフ セダンのエクステリア

リーフのセダンになると見られている車両のスパイショットで、ボンネットにはコンセント差し込み口になると考えられる部分のカモフラージュが途切れているのが分かります。日産車の特徴であるVモーショングリルが見え、ヘッドライト内側に沿ってLEDが装着されています。

新型リーフ セダンのボンネット

ヘッドライトは中国仕様の新型シルフィのデザインと同様で、フォグライトはLEDが使われています。エンブレムの下には横長のナンバープレートを取りつけるベースが見えます。

新型リーフ セダンのリヤビュー

リアビューでは、ボディ側とトランク側に分かれたテールランプが装着されていて、トランク側の白い部分がバックランプ、ボディ側にはウインカーが装着されていると考えられます。ハイマウントストップランプは車内側に取りつけられているのが見えます。

ボディサイズは全長4,615mm、全幅1,790mm、全高1,495mmのホイールベースが2,700mmになると考えられていて、北米のセントラと比べると幅が少し広がっています。

リーフ セダンとセントラのボディサイズ比較
リーフ セダン セントラ
全長 4,615mm 4,625mm
全幅 1,790mm 1,760mm
全高 1,495mm 1,496mm
ホイールベース 2,700mm 2,700mm

リーフ セダンのインテリア

新型リーフ セダンの内装

リーフ セダンのインテリアは2代目リーフをベースとしたデザインで、センタークラスターは上からエアコン吹き出し口、インフォメーションディスプレイ、操作スイッチやパワースイッチなどが並んでいます。

2代目リーフの内装

※2代目リーフのシフトスイッチ

センターコンソール付近にはリーフに搭載されているものと同じデザインの特徴的なシフトスイッチが配置されています。インテリアカラーはエアリーグレーに近い配色で、シート素材はリーフの通りなら織物か本革が使われます。

リーフ セダンの搭載パワートレイン

新型リーフ セダンのパワートレイン

リーフ セダンが搭載しているパワートレインは、リチウムイオン電池とモーターで動くEV形式で、40kwhのバッテリーを搭載し走行距離はJC08モードで400kmを記録しています。

リーフ搭載のパワートレイン
型式 EM57
種類 リチウムイオン電池
総電力量 40kwh
定格出力 85KW
最高出力 110KW/3,283~9,795rpm
最大トルク 320Nm/0~3,283rpm

リーフ搭載のパワートレインをリーフ セダンにも搭載すると考えられます。広大な土地がある中国ですので、主に都市部での使用を想定していると予想します。

リーフ セダンの搭載装備

新型リーフのリヤビュー

リーフセダンにはハッチバックモデルに搭載されている安全装備や先進装備がグレードによって搭載されるものと考えられます。自動運転技術のプロパイロットはもちろんのこと、アクセルペダルだけで発進・停止ができるe-Pedal、ボタン1つで駐車できるプロパイロット・パーキングなど、たくさんの装備が搭載されています。

リーフ セダンに搭載される安全・先進装備

・e-Pedal
・プロパイロット
・プロパイロット・パーキング
・インテリジェントエマージェンシーブレーキ
・インテリジェント クルーズコントロール
・インテリジェント レーンインターベンション
・ハイビームアシスト
・インテリジェント アラウンドビューモニター
・インテリジェント ルームミラー
・後退時車両検知警報
・後側方車両検知

リーフ セダンの発売日・価格帯

日産シルフィのリヤビュー

リーフ セダンの発売日は2019年になると考えられていて、発表は北京モーターショー2018になると予想されています。コンパクトサイズのセダンといえば、シルフィ(セントラ)がありますが、中国では大人気の車種ですのでガソリンのシルフィ、EVのリーフ セダンが共存すると予想します。

価格帯はパワートレインの更新や新機能の搭載がないので、リーフと変わらず315万円から400万円になると考えられます。ガソリン車のシルフィは15万元(約254万円)ほどあれば購入できるそうなので、少し高級車なイメージを持ちます。

リーフ セダンが日本で発売する可能性は?

日本ではボディタイプがセダンの車はあまり人気が出ない傾向にありますので、日本仕様での逆輸入としてセダンタイプのリーフが販売される可能性は限りなく低いと考えられます。

日本仕様のリーフは、2018年内に総電力量60kwhのハイスペックモデルを導入すると見られていて、走行可能距離は500kmに伸びると考えられます。2018年以降ますますEV市場が盛り上がっていくことが予想され、日産のリーフもさらに性能やバリエーションが伸びていくでしょう。