フォルクスワーゲン ゴルフ8のモデルチェンジ

ゴルフ8は2019年冬に登場か?さらなる高級感が与えられ安全・快適装備も充実する

ゴルフのモデルチェンジは2019年の冬になるとの噂があります!日本仕様は2020年の始めになると予想します。ボディサイズは更に大型化し高級感が増したデザインになるでしょう。アルテオンで取り入れられた新しいデザインがゴルフにも受け継がれます。

ゴルフ8は2019年冬に登場か?さらなる高級感が与えられ安全・快適装備も充実する

フォルクスワーゲン・ゴルフがモデルチェンジでゴルフ8へ!2019年に登場すると予想する

2013年6月より販売されているゴルフ7が、2019年内にゴルフ8へモデルチェンジするという噂があります。新しいフォルクスワーゲン・ゴルフは、アルテオンのデザインを取り込みリアバンパーやホイールベースを拡張したエクステリアになると考えます。

7代目ゴルフと同様に乗員を守る9つのエアバッグやフロントアシストプラス、マルチコリジョンブレーキなどの安全装備の搭載により安心して運転できます。

次世代のゴルフはある程度の高級路線をとると考えていて、ハッチバックのさらなる上級モデルとして生まれ変わるでしょう。

新型ゴルフはグレードラインナップを簡素化!「バリュー・エディション」のみを設定

2019年10月にデビューを予定しているフォルクスワーゲン・ゴルフ。アメリカ市場で販売する新型ではグレード構成を一新し、「バリュー・エディション」のみを設定することが判明しました。
新設定されるゴルフ「バリュー・エディション」では以下の装備を標準搭載するとのことです。

ゴルフ「バリュー・エディション」の標準装備

  • プッシュボタンスタート付きキーレスアクセス
  • レザーレットシート
  • フロントシートヒーター
  • チルト・スライド機構付きパノラマサンルーフ
  • ワッシャーノズル
  • 16インチアルミホイール
  • Wi-Fi機能

なお、ゴルフのEVモデルである「e-ゴルフ」では、従来型でオプション扱いとされていたドライバーアシスタンスパッケージを標準装備化。これにより本体価格はアップする模様です。

フォルクスワーゲン・ゴルフ8がCM撮影中にカモフラージュなしの姿で目撃!

次期型ゴルフ(ゴルフ8)がカモフラージュなしの姿で目撃されました。近くにカメラマンやモデルらしき人物がいる様子をみると、CMやPVなどの撮影中だった可能性が高く、このエクステリアで市販化される可能性が高いです。
また、新型のプロモーション準備が進んでいるところを見ると、2019年中の発表にも期待がかかります。

画質はあまりよくないですが、フロントヘッドライトはグリル上のラインに揃えられてフラットに近く、ハウジングも縮小されていることがわかります。押しの強さはありませんが、ボディ全体をワイド(横長)に見せられるフロントマスクです。

リアの様子は比較的わかりやすいです。
テールランプの形は現行型ゴルフ7とおおよそ似ていますが、上下の部分がやや縮小されており、落ち着きと高級感ある印象になりました。テールパイプ周辺はメッキパーツで加飾されています。

フォルクスワーゲンの次期型「ゴルフ(ゴルフ8)」2020年モデルの開発車両をスクープ!

ほとんどカモフラージュのないゴルフ8の開発車両ほとんどカモフラージュのないゴルフ8の開発車両

フォルクスワーゲンが2020年モデルとして開発を進めている次期型「ゴルフ(ゴルフ8)」のほとんどカモフラージュがない、全貌を明らかにした開発車両がスクープされました。

ゴルフ8の開発車両のフロントフェイスゴルフ8の開発車両のフロントフェイス

フロントフェイスを見ると、フォグランプの周囲にシルバーフレームが施されているのがわかります。
ヘッドライトは横へフラット気味に広がり、ハウジングも縮小されているような印象を受けます。このハウジングの一部にカモフラージュがされていて、LEDデイタイムランニングライトの形状が確認できなくなっています。

ゴルフ8開発車両のサイドビュー開発車両ではサイドミラーの位置が低くなっている

サイドビューでは、サイドミラーの位置がこれまでより低い位置に設置されているよに見えます。
プラットフォームも新しいものを採用するので、ホイールベースが延長されることにより、後席の足元も広くなるでしょう。

テールランプのデザインに変更はないテールランプのデザインに変更はないように見える

テールランプのデザインに変更はないように思いますが、ハウジングが小さくなり、引き締まった印象を受けます。

開発車両にマフラーは装備されていないようだ

マフラーが確認できないことから分かるように、ガソリン車ではありません。48Vベルト一体型スタータージェネレーター+48Vリチウムイオンバッテリーの、新開発となる48Vマイルドハイブリッドシステムが搭載される予定です。パワートレインについての詳細はまだ明らかになっていませんが、マイルドハイブリッド搭載車として力強い走りを実現することでしょう。

ゴルフ8の開発車両のコックピットゴルフ8の開発車両のコックピット

9月に開催されるフランクフルトモーターショー2019でワールドプレミアされると噂されていましたが、開発が間に合わないのではないかとの情報もあります。少なくとも2019年内にはワールドプレミアされると考えられます。

ゴルフに特別仕様車「マイスター」誕生!2019年6月4日から販売スタート

ゴルフに特別仕様車「マイスター」誕生ゴルフの集大成 特別仕様車「マイスター」誕生

2019年10月に初公開予定の8代目ゴルフの登場が待たれていますが、今回フォルクスワーゲンから、安全性や快適性を大きくアップさせた特別仕様車「マイスター」を2019年6月4日から販売を開始しました。今回の特別仕様車はゴルフシリーズの集大成とも言え、「ゴルフ」のほかにも、「ゴルフ・ヴァリアント」「ゴルフ・オールトラック」にも「マイスター」が設定されました。

ゴルフに特別仕様車「マイスター」誕生ゴルフ 特別仕様車「マイスター」の名にふさわしい完成度

現行モデルは2013年に、「MQBプラットフォーム」を採用したモデルで、ボディの軽量化や高剛性化を図って走行性能をアップさせ、先進安全技術を搭載して日本に導入されてから6年が経過しています。そして今、現行型モデルの安全性と快適性をさらにアップさせた集大成として、「マイスター」の名前のとおり、細部までこだわったクオリティの高いモデルになりました。
一部のモデルにはシートカラーに新しくベージュを追加、レザーシートとパワーシートが標準装備となります。

特別仕様車ゴルフ・マイスターの販売価格は3,069,000円~3,599,000円となっています。

全モデルに以下を標準装備して、さらに安全性をアップさせています。

ゴルフ特別仕様車「マイスター」に標準装備の技術

  • 駐車する際の障害物などを検知:パークディスタンスコントロール(フロント/リヤ・全身/後退衝突軽減ブレーキ機能付き)
  • 駐車する際の障害物などを検知してディスプレイで知らせる:オプティカルパーキングシステム
  • 駐車の全てをサポートする駐車支援システム:ParkAssist

ゴルフに特別仕様車「マイスター」のパークディスタンスコントロールパークディスタンスコントロール

ゴルフに特別仕様車「マイスター」駐車支援システム“Park Assist駐車支援システムPark Assist

ゴルフに特別仕様車「マイスター」のダイナミックコーナリングライトとダイマニックライトアシストダイナミックコーナリングライト(左)とダイマニックライトアシスト(右)

新型ゴルフのコックピットをキャッチ!エクステリアはまだ厚いヴェールの中

2019年10月にワールドプレミア予定の8代目新型「ゴルフ」のコックピットの様子が分かる画像を入手しました。

これまでに新型「ゴルフ」について入手している正確な情報と言えば、パワートレインのラインナップが正式に発表されているくらいでした。

今回キャッチされたプロトタイプでは、エクステリアのカモフラージュはほとんど残っていて、詳細は確認できないものの、カモフラージュの上からでも分かるヘッドライトやグリル、ボンネットフードが。リヤエンドでは、大型になっているルーフスポイラーやバンパーがスポーティな印象なのが分かります。

今回の開発車両のコックピットの画像では、デジタルクラスタを中心としたパネルを3面配置しているのが確認できます。大部分のコントロールはインフォテインメントシステムに組み込まれているようです。

ダッシュボードは、なだらかなカーブを描きながら助手席側へ回り込んでいて、高級感があふれるインテリアになっています。

フォルクスワーゲン新型「ゴルフ」が2019年10月に世界初公開へ!

フォルクスワーゲン新型「ゴルフ」のティザースケッチフォルクスワーゲン新型「ゴルフ」の初公開が2019年10月に決定した

これまで新型「ゴルフ」の初公開は、9月に行われるフランクフルトモーターショー2019ではないかと紹介していましたが、ドイツで開催されたフォルクスワーゲンの年次株主総会で、10月に8代目となる、新型「ゴルフ」を初公開すると発表し、2点のティザースケッチを公開しました。

フォルクスワーゲン新型「ゴルフ」のティザースケッチフォルクスワーゲン新型「ゴルフ」のインテリアのティザースケッチに期待が高まる

48Vベルト一体型スタータージェネレーターと48Vリチウムイオンバッテリーを組み合わせた、新しく開発された48Vのマイルドハイブリッドシステムが搭載されます。

新型「ゴルフ」に搭載されるこの新しいマイルドイハイブリッドシステムは、エンジンがスムーズに動き出すよう、電気的ブーストを始動時にかけることで、駆動トルクをアップさせる、小型で軽量な発電機としても働きます。さらに、スタータージェネレーターが減速時に、電力をバッテリーに蓄える機能も持ち合わせています。

2019年、フォルクスワーゲンはいくつかのモデルチェンジを行う予定ですが、新型「ゴルフ」は目玉の一つです。10月に初公開される新しいゴルフが楽しみです。

VW新型ゴルフがカモフラージュを脱いだ!最終デザインはこれで決まりか!?

フォルクスワーゲンの新型「ゴルフ」のプロトタイプがカモフラージュを取り払い、そのほぼ全貌が明らかになりました。

ゴルフは45年間にデビューして以来、VWのコンパクトカーのベンチマークとして、多くのユーザーに親しまれており、2019年には累計販売台数3500万台と突破していて、遂にフルモデルチェンジが8代目で行われます。

ヴェールを脱いだプロトタイプですが、フォグランプを装備するコーナーエアインテークが一部カモフラージュされていますが、ヘッドライトは現行のゴルフと比べて薄くつりあがっており、LEDデイタイムランニングライトが丸みを帯びているのが確認できます。

後部ドアは現行と比べて少し伸びているように見えているので、ホイールベースが延長されているのではないかと考えます。ペイントで偽装されているテールライトは、かなりコンパクトになっているのではないかと予想できます。

パワートレインは、直列3気筒1.0L TSIと、直列4気筒1.5L TSI、直列4気筒2.0L 48Vマイルドハイブリッドの3モデルが設定されるのではないかと予想します。

フォルクスワーゲンでは新型ゴルフへのマイルドハイブリッドを搭載することを正式にアナウンスしており、低付加走行時にエンジンをストップして惰性走行することが可能です。そのため、高速道路などでの走行時、燃費を100kmあたり最大0.3Lの節約が可能となります。

インパネには高精細のタッチスクリーン、フルデジタルクラスタが搭載されます。インターネットにも常時接続が可能となります。

新型ゴルフは9月に行われるフランクフルトモーターショー2019ではないかと予想します。

フォルクスワーゲン「ゴルフ」の8代目となる新型「Mk8」のプロトタイプをキャッチ!

プロトタイプ画像を見ると、ヘッドライトが低位置に配置され、デイタイムランニングライトやテールライトのグラフィックも新しくデザインされているのがわかります。

プラットフォームは「MQB」で最新のものが採用され、45kg前後の軽量化を実現し、全幅とホイールベースがサイズアップされると考えます。

パワートレインでもっとも注目すべきは2.0L直列4気筒 48Vマイルドハイブリッドモデルです。高速道路や自動車専用道路などで低負荷走行を行う際、エンジンに頼らずに惰性走行することで、100kmあたり最大0.3Lの燃料を節約できる設定になっています。ハイブリッドモデルのほかにも、1.0L TSI直列3気筒エンジンと、1.5L TSI直接4気筒エンジンがラインナップされています。

極めて細かい部分まで精密になったタッチスクリーンやフルデジタルクラスタを搭載し、インターネットも常に接続可能で、車内でストレスフルなネット環境を味わえると考えます。

新型ゴルフ「Mk8」は3ドアとワゴンの廃止の噂があります。ワールドプレミアは、9月のフランクフルトモーターショーとなるのではないかと言われており、その生まれ変わった全貌に期待が集まります。

新型ゴルフ8は7よりもリアバンパーが大型化して全長が伸び、プラットフォームを改良するだろう

新型ゴルフのエクステリアは、ハッチバックのボディタイプはそのままにリアバンパーがガッチリとしたタイプに拡大されているためゴルフ7に比べて全長は長くなり、ホイールベースも延長されるでしょう。現行型の7代目ゴルフは、全長4,265mm・全幅1,800mm・全高1,480mmのホイールベースは2,635mmです。

2019年に登場すると噂されるゴルフ8は、全長4,400mm程度に拡大し、ホイールベースも2,700mmになるのではないでしょうか。フェンダーもワイドになっているように見えるため全幅も拡大されて1,825mm程度になるでしょう。

テスト車両とみられるゴルフ8の見た目はゴルフ7のまま走行されていますが、新型ゴルフはホイールベースが伸びて大型化するため高級路線に向かうと思われ、新しいエクステリアデザインは、フラッグシップモデルのアルテオンに寄せたデザインになると考え、ヘッドライトとテールランプは細くシャープになり車名のエンブレムはVWエンブレムの下に配置されるでしょう。

ゴルフのMQBプラットフォームゴルフに採用されているMQBプラットフォームが改良されて軽量化が行われる

ゴルフをはじめ、ポロやトゥーラン・パサートやアルテオンにも採用されているMQBプラットフォームは、改良されたものが新型ゴルフに採用されると考えます。軽量化が行われ、50kgほど軽くなると予想します。車体が軽いと燃費や運動性能が良くなるため次期ゴルフでは軽快な走りに期待できるでしょう。

新しいゴルフ8は最新のデジタルメータークラスターや安全装備が搭載されより安心して走行できる

ゴルフ8テスト車両のコックピットまわりゴルフ8テスト車両のインテリア。メーターにはフルデジタルメータークラスターが採用されている

新しいゴルフ8のメーターを見るとアナログメーターではなく何も表示されていない画面が見えるため、ゴルフ8にもフルデジタルメータークラスターが採用される見通しです。シフトノブはパソコンのマウスのような平たく手で包み込むデザインになっていて、従来のストレートなものとは違います。

シートはチタンブラックのファブリックシートに赤いステッチが見えますが、テスト車両のベースにゴルフGTIが使われているためと考えます。

ゴルフ7に搭載されている安全装備や快適装備もゴルフ8に受け継がれ、トラフィックアシスト・アダプティブクルーズコントロール・レーンキープアシストシステムなどが搭載されます。

ゴルフに搭載される安全装備

  • トラフィックアシスト
  • アダプティブクルーズコントロール(全車速追従機能付き
  • レーンキープアシストシステム
  • プリクラッシュブレーキシステム(フロントアシスト
  • ダイナミックコーナリングライト
  • スタティックコーナリングライト
  • ダイナミックライトアシスト
  • ブラインドスポットディテクション(後方死角検知機能
  • リヤトラフィックアラート(後退時警告・衝突軽減ブレーキ機能
  • プロアクティブ・オキュパント・プロテクション
  • エレクトロニック・スタビリティ・コントロール
  • ドライバー疲労検知システム
  • リヤビューカメラ

新型ゴルフ8の発売日は2019年内になると予想し冬の時期に8代目が発売されるだろう

新型ゴルフ8は2019年内に発表・発売されると考えていて、日本には欧州で販売開始してから半年ほどで導入されると思います。新型ゴルフ8の生産は2019年6月下旬に行われると発表されたため、発売は秋から冬になると予想します。

ゴルフ7の時は、2012年9月に発表され11月に欧州で販売開始、日本では2013年6月に販売を始めたため、新しいゴルフ8はフランクフルトモーターショー2019で発表され、2019年11月か12月にドイツで発売、ゴルフ8が日本で発売するのは2020年6月ころになると思います。

ここでフォルクスワーゲン ゴルフの歴史を振り返っておこう!初代は1974年に発売しあのイタルデザインで仕上げられた

フォルクスワーゲン・ゴルフ初代モデルフォルクスワーゲン・ゴルフは1974年に発売されたモデルで、デザインはジウジアーロが担当

フォルクスワーゲンのゴルフは、カブトムシと呼ばれ大人気のビートルだけでは厳しくなってきたカーラインナップを充実するために開発された車両で、初代ゴルフは1974年に発売されデザインはジウジアーロが担当しています。

フォルクスワーゲンの中でもポロやUp!に近いミドルスペックのゴルフですが、GTIと呼ばれるスポーツタイプも発売されていて、歴代のゴルフユーザーにとても人気です。

ゴルフのモデルチェンジ年表
ゴルフ1 1974~1992年
ゴルフ2 1983~1992年
ゴルフ3 1991~1997年
ゴルフ4 1997~2006年
ゴルフ5 2003~2009年
ゴルフ6 2008~2012年
ゴルフ7 2012~2019年
ゴルフ8 2019年~

搭載エンジンは直4のガソリンとディーゼルエンジンで、1.5~1.8Lの排気量がラインナップしています。駆動方式はFFのみ、全長は3,725mm・全幅1,610mm・全高1,410mmの5ナンバーサイズです。

1984年発売のゴルフ2日本仕様のゴルフ2は1984年から発売されていて、ゴルフ初の4WDモデルが発売した

ゴルフ2は欧州で1983年に日本仕様は1984年に発売されていて、ゴルフシンクロと呼ばれる4WDモデルも発売されました。エンジンは1.6Lと1.8Lモデルが存在し、ボディサイズは全長3,985mm・全幅1,665mm・全高1,415mmです。初代に比べると全長が大きく拡大し、幅も広がっているのが分かります。

ゴルフ3ゴルフ3は1992年より日本仕様が発売された車でヘッドライトの形が丸目から横長の卵型になった

3代目となるゴルフ3は初代・2代目まで続いた丸目のヘッドライトの形を変え、横長デザインになっています。1992年より日本仕様が発売されていて、エンジンは1.8L~2.0Lのガソリンとディーゼル(1.9L)そして、2.8LのV6エンジンを搭載したモデルもあります。

ボディサイズは全長4,020mm・全幅1,695mm・全高1,420mmで、ノートやフィット、アクアなど近年のコンパクトカーに近いサイズとなっています。スポーツモデルのGTIやVR6はフェンダーが出ているため幅が1,710mmとなり3ナンバーとなります。ボディタイプはハッチバックのほかにも、ゴルフシリーズで初めてワゴンタイプが導入されました。

ボディがワイドになったゴルフ4ゴルフ4は高級路線に舵を切ったモデルで、ボディがワイドになり1,700mmを超えボディ強度も高まっている

ゴルフ4は1997年から発売されたモデルで、大衆車の立ち位置から高級車へ1歩踏み出たモデルです。搭載エンジンは1.6・1.8・2.0Lの3種類で、R32と呼ばれるモデルには3.2LのV6エンジンが搭載されています。ヘッドライトはゴルフ3と同様に横長の卵型になっています。

ボディサイズは全長4,155mm・全幅1,735mm・全高1,455mmの3ナンバーサイズとなり、ワイドな外見になりました。通常のハッチバックのほかにもワゴン車があり、カブリオレもラインナップしています。

ゴルフ5ゴルフ5はダウンサイジングが進んだモデルで1.4Lエンジンを搭載し省燃費性能を高めた

ゴルフの5代目であるゴルフ5は2004年から日本仕様が発売されたモデルで、以前の高級化路線を継続しています。ヘッドライトの形は横長の卵型は変わりませんが、先代よりも若干外側が釣りあがったデザインになっています。

前期型は1.6Lエンジンを搭載していますが、後期型にはTSIグレードと呼ばれる1.4Lターボエンジンを装備しダウンサイジングを図っています。ボディサイズは更に拡大し、全長4,205mm・全幅1,760mm・全高1,520mmとなりました。このモデルから後部サスペンションがトーションビームから4リンク式に変わり乗り心地も良くなっています。

ゴルフ6)ゴルフ6はさらに大型化が進んだモデルでフロントデザインはよりキリッとした造形になった

ゴルフ6は2009年に日本導入されたモデルで、さらにダウンサイジングが進んだ1.2Lターボを搭載するモデルもあります。トランスミッションはDSGが採用され7速または6速のオートマチックのみ搭載されているため、燃費性能が良くなっているのが特徴です。

ボディサイズも大型化し、全長は4,210mm・全幅1,790mm・全高1,485mmとなり、幅が1.8mにも迫る勢いです。ボディはゴルフ5までついていたフロントとボディサイド、リアバンパーのバンパーガードがなくなっていて、フロントフェイスはキリッとした顔へとリフトアップされています。

2019年に販売終了予定のゴルフ7(現状モデル)2019年にモデルチェンジされ販売終了となるゴルフ7は、ヘッドライトがシャープなデザインとなった

2013年に日本でも販売を開始した7代目のゴルフは、2019年に販売終了するとの噂があり、2019年秋冬にはゴルフ8へモデルチェンジされるでしょう。フェイスデザインはシャープさが増していて、とても現代的です。ボディサイズは代を重ねるごとに大きくなっていて、全長は4,265mm・全幅1,799mm・全高1,460mmとなっています。

安全性能は歴代最高で、9つのエアバッグ・フロントアシストプラスやマルチコリジョンブレーキなどが上級グレードはもちろん、ベースグレードにも標準装備されている安心感があります。

フォルクスワーゲン・ゴルフ8は2019年秋冬に登場しリアバンパーが拡大して全長が伸びるだろう

フォルクスワーゲンのハッチバックであるゴルフは、2019年秋にモーターショーで発表され、2019年冬にはドイツなどの欧州で発売するでしょう。日本仕様は少し遅れて2020年初頭には販売されると考えます。全長は4.4m、全幅も1.8mを超えると予想し、ゴルフはワンランク上のモデルへと立ち位置を変えるでしょう。

初代ゴルフは1974年に発売されたモデルで、2019年は45周年を迎える年です。節目を迎えるフォルクスワーゲンのゴルフはどのようなフェイスデザインとなるのか、新しいゴルフが発表される時を待ちたいと思います。