フォルクスワーゲン ゴルフの内装

新型ゴルフの内装はチタンブラック基調のスポーティなデザインがかっこいい

新型ゴルフの内装を標準仕様・スポーツモデルのGTIシリーズ・特別仕様車の装備差に触れつつ紹介します。新型ゴルフの内装シートはチタンブラックのシックなデザインでコックピットには多くの先進装備を備えています。荷室容量は380L~1,270Lまで拡大できるので、ショッピングやアウトドアにもってこいです!

新型ゴルフの内装はチタンブラック基調のスポーティなデザインがかっこいい

グレードが充実しているフォルクスワーゲン新型ゴルフの内装をコックピットやシートデザインをメインに解説!

1974年に初代モデルが登場したフォルクスワーゲン・ゴルフ(Golf)の内装についてまとめていきます。
VWが販売・製造を行っているゴルフはCセグメントのハッチバック車で、現行型は7代目です。ゴルフ7からはフォルクスワーゲンの次世代システム「MQB」が採用されています。

標準仕様のTSI Trendline・TSI Comfortline・TSI Highlineのほか、スポーツモデルのGTIやゴルフのフラグシップグレードにあたるR、その他特別仕様車などグレードの幅が広い現行型ゴルフ。グレード別にコックピットやシートの仕様、安全装備、荷室スペースなどに注目して解説していきます。

フォルクスワーゲン・ゴルフの特別仕様車マイスターシリーズを2019年6月4日より販売開始

特別仕様車マイスターシリーズのフォルクスワーゲン・ゴルフ

2019年6月4日、VWゴルフの特別仕様車「ゴルフMeister」「ゴルフVariant Meister」「ゴルフAlltrack Meister」の3モデルが販売を開始しました。「マイスター」の名にふさわしい快適性を追求した上質な内装デザインとなっています。

マイスターシリーズではパークディスタンスコントロールやPark Assistを全モデルに標準装備して安全性能を大きく向上させるとともに、ベージュカラーのレザーシートを新設定しています。オプションではデンマークのDynaudio社と共同開発された独自のサウンドシステムが用意されるなど、プレミアムな魅力を備えた一台となっています。

新型ゴルフのコックピットは多彩な先進装備を備えスタイリッシュなデザインとなっている

フォルクスワーゲン ゴルフ TSI HighlineのコックピットTSI Highline(オプション装着車)のコックピット画像

フォルクスワーゲン現行型ゴルフのコックピットはブラックの内装色でシックなデザインにまとまっています。
ゴルフ全車にチルト・テレスコピックステアリング機構と電動パワーステアリングを標準装備しており、ドライバーに適したドライビングポジションを設定できます。

新型ゴルフTSI Highlineオプションのフルデジタルメータークラスター連動純正ナビ「Discover Pro」新型ゴルフTSI Highlineにはオプションでフルデジタルメータークラスターと連動できる純正ナビ「Discover Pro」が装備できる

運転席正面の12.3インチの大型ディスプレイには、タコメーターや速度計がはっきりと見やすく映し出されます。TSI Highlineの場合はオプションでフルデジタルメータークラスター「アクティブ・インフォ・ディスプレイ」が装備可能です。アクティブ・インフォ・ディスプレイでナビゲーションモードにすると、フォルクスワーゲンの純正ナビ「Discover Pro」と連携して視認性に優れたマップを表示することができます(Discover Proもオプションでの設定となります)。

現行型フォルクスワーゲン・ゴルフのシートデザインはどのグレードもスポーティなチタンブラックカラーで統一されている

現行型ゴルフTSI Trendline・TSI Comfortlinのファブリックシート(上)とTSI Highlineのマイクロフリース素材シート(下)現行型ゴルフTSI TrendlineとTSI ComfortlinのファブリックシートとTSI Highlineのマイクロフリース素材のシート

新型ゴルフのシート内装は全車にチタンブラックカラーを採用しています。落ち着いた色味で高級感があります。ゴルフTSI TrendlineとTSI Comfortlineのシートにはノーマルなファブリック、TSI Highlineのシートにはマイクロフリース素材が設定されています。

新型ゴルフTSI Highlineオプションのレザーシート上級グレードの新型ゴルフTSI Highlineの内装シートはオプションでレザー素材に変更できる

なお、TSI Highlineのシートの場合はオプションでレザーシートを装備することも可能です。こちらはより高級感があって、ゴルフの室内空間をラグジュアリーに演出することができます。

フォルクスワーゲン・ゴルフの荷室容量は380L~1,270Lまで拡大できる

フォルクスワーゲン ゴルフのラゲッジスペース後部座席を倒すことで最大1,270Lという大容量のラゲッジスペースが生まれる新型ゴルフ

新型ゴルフの荷室容量は通常モードで380Lです。60:40分割可倒式のリアシートの背もたれを倒すと荷室は拡大され、1,270Lの広々としたスペースが現れます。
フラットなフロアと大きなテールゲートにより荷物が積載しやすい作りとなっていて、シートアレンジ次第でさまざまな形状の荷物を載せることが可能です。

新型ゴルフは多彩な先進安全装備を備えることでドライバーや同乗者、車体の安全を確保している

フォルクスワーゲン ゴルフに装備される(一部オプション)ドライブサポート機能のイメージVW新型ゴルフは国が定めるセーフティ・サポートカーに該当する

フォルクスワーゲン車は「オールイン・セーフティ」を理念として掲げており、安全性の確保のために様々な装備を有しています。以下の装備はベースグレードを含む新型ゴルフ全車に標準装備されている安全機能です。

  • ドライバー疲労検知システム”Fatigue Detection System”
  • プリクラッシュブレーキシステム”Front Assist”
  • プロアクティブ・オキュパント・プロテクション
  • ESC(エレクトロニック・スタビリティ・コントロール)
  • ABS(アンチロック・ブレーキング・システム)
  • ブレーキアシスト
  • エアバッグ各種
  • むち打ち軽減ヘッドレスト
  • 前席3点式シートベルト
  • フォースリミッター付ベルトテンショナー
  • ISOFIX基準適合チャイルドシート固定装置

アダプティブクルーズコントロール”ACC”やレーンキープアシストシステム”Lane Assist”、渋滞時追従支援システム”Traffic Assist”はゴルフのTSI ComfortlineTSI Highlineに標準装備されています。TSI Trendlineにはオプションで装備が可能です。

VW新型ゴルフGTIの内装は走りを愛するユーザーがときめくスポーツデザイン

新型ゴルフGTIのインテリア新型ゴルフGTIの内装はスポーツモデルらしいアグレッシブなデザイン。伝統を受け継ぐタータンチェックのファブリックシートがおしゃれでかっこいい

スポーツマインドを刺激するゴルフGTIの内装は乗り込む度に運転手をわくわくさせてくれます。シートにはチタンブラックに赤のタータンチェックがデザインされたファブリックを採用。トラディショナルなデザインが古くからのGTIファンの心を惹きつけます。

ゴルフGTI特別仕様車「GTI Dynamic」と「GTI Performance」の内装はGTI特有のスポーティな魅力にあふれている

特別仕様車ゴルフ GTI Dynamicのタータンチェック柄シート特別仕様車ゴルフ GTI Dynamicの内装シートはGTIシリーズ譲りのタータンチェックを採用

ゴルフ GTI Dynamicは2018年6月8日に発売された特別仕様車です。ゴルフGTIの内装デザインはそのままに、通常はオプションとして装備される純正インフォテインメントシステム「Discover Pro」やデジタルメータークラスター「Active Info Display」を標準装備としています。

ゴルフGTI PerformanceのインテリアゴルフGTI Performanceの内装はシンプルながらも高級感のあるスポーツデザイン で、シートは座り心地の良いマイクロフリースを採用

2019年2月13日に発売されたのが、2017年にも特別仕様車として発売していたゴルフGTI Performanceです。新型ゴルフGTI Performanceの内装は、赤をアクセントカラーに取り入れたスポーティなデザインです。
シートはチタンブラックのハニカムデザイン生地にGTIの象徴レッドラインが入っており、素材にはマイクロフリースを使用しています。

新型ゴルフRの内装はフラグシップモデルらしい上質感に満ちた空間が広がっている

新型ゴルフのフラグシップ「R」のインテリア新型ゴルフのフラグシップRの内装は黒基調で、ドアトリムの青のイルミネーションがポイント

ゴルフの最上級グレード新型ゴルフRの内装は黒のインテリアカラーを基調とし、シルバーのベゼルが美しく輝く上質感のあるデザインです。インパネ周りにはレーシーなカーボン調デザインを採用しています。ドアトリムにはブルーのイルミネーションが輝き、先進的な空気に満ちています。

ゴルフRの本革ステアリングホイールと本革シフトノブ高級感のある本革を使用したゴルフRのステアリングホイールとシフトノブ

Rグレード専用のステアリングホイールには本革を採用し、パドルシフトやマルチファンクションスイッチを搭載しています。カーボン加飾付きのシフトノブも本革製です。

ゴルフRに装備されるアルミ製ペダルスポーティな走りを後押ししてくれそうなアルミ製のペダルも装備

新型ゴルフRの足元には、アルミ製のアクセル/ブレーキペダルを標準装備しています。ディテールへのこだわりが感じられるスポーティなデザインで、ゴルフオーナーの所有欲を満たします。

ゴルフRのレザーシート背もたれ部分の「R」ロゴに特別感をにじませるゴルフRのレザーシート

フォルクスワーゲン・ゴルフRにはR専用デザインの本革シートが設定されています。フロントシートにはシートヒーターを装備しており、冬場の運転も快適に楽しむことができます。

フォルクスワーゲン・ゴルフ GTEの内装はブルーをアクセントカラーとして取り入れた先進的なインテリアに仕上がっている

ゴルフGTEのインテリアゴルフGTEの内装は青をアクセントに先進的な雰囲気が漂う

2015年より発売されているゴルフGTEは、フォルクスワーゲンでは初めてのプラグインハイブリッドモデルです。そんなゴルフGTEの内装は先進性を象徴するブルーを取り入れており、未来を見据えたエコドライブを実現するGTEらしいデザインと言えます。

ゴルフGTEのタータンチェック柄シート青のタータンチェックがスタイリッシュなゴルフGTEのシートデザイン

シートデザインも、GTIのタータンチェックにブルーを取り入れたものとなっています。スポーツ走行やロングドライブにも耐えるしっかりとしたシート構造です。

ゴルフの特別仕様車TSI Highline Tech EditionとTSI Comfortline Tech Editionの内装はオプション装備が充実

TSI Highline Tech EditionとTSI Comfortline Tech Editionの内装シートTSI Highline Tech Edition(上)とTSI Comfortline Tech Edition(下)のインテリア

新型ゴルフの特別仕様車として、TSI Highline Tech EditionとTSI Comfortline Tech Editionがラインナップしています。どちらも純正インフォテインメントシステム“Discover Pro”とデジタルメーターを標準装備しています。
シートの素材はそれぞれ異なり、TSI Highline Tech Editionには高級感のあるマイクロフリースシート/スポーツシートが設定されます。

フォルクスワーゲン・ゴルフの内装は走る喜びを感じられるスポーティなデザイン

新型ゴルフの内装はグレードによって様々ですが、どのグレードもドライバーや同乗者にとっての居心地の良さを追求したデザインとなっています。チタンブラックを基調とした上質でスポーティな内装は幅広い年齢層から親しまれます。GTIシリーズのタータンチェックやレッドライン入りのシートも、ドライバーのおしゃれ心をくすぐります。
ゴルフ7が発売されて数年が経った現在、ゴルフ8へのモデルチェンジも間近ではないかとの情報もあり、今後の動向に注目が集まります。