フォレスターのマイナーチェンジ

スバル・フォレスターが一部改良へ!新色追加やリヤシートリマインダーを新たに採用

スバル・フォレスターが新機能「リヤシートリマインダー」を採用し、安全性能と機能性を充実させ、ボディカラーに新色を追加して一部改良型として2019年7月18日に発売すると発表されました。安全性能で好評価を受けているフォレスターですが、益々ドライバーに寄り添った1台になります。

スバル・フォレスターが一部改良へ!新色追加やリヤシートリマインダーを新たに採用

SUBARUがフォレスターを一部改良 優れた安全性能に機能性がプラスされて益々魅力的なクルマへ

スバル・フォレスターは2018年度のJNCAP衝突安全性能評価で最高得点で「大賞」を受賞し、同じ年のJNCAP予防安全性能評価においても最高ランクの「ASV+++」を獲得するなど、トップレベルの安全性能が評価されている車です。

そんなフォレスターが、ボディカラー「マグネタイトグレー・メタリック」の追加に加え、後席の荷物の置き忘れなどをブザーやモニタへの表示でドライバーに知らせてくれる「リヤシートリマインダー」を新たに搭載し、一部改良として2019年7月18日に発売すると発表しました。

2020年型フォレスターが米国で2019年秋に発売!多くのオプション装備が標準化される

 新型フォレスターが2019年秋に早くもデビュー!(画像は2019年版フォレスター) 新型フォレスターが2019年秋に早くもデビュー!(画像は2019年版フォレスター)

2018年アメリカで登場したスバル・フォレスターに、2020年モデルとなる年次改良フォレスターが登場することが明らかとなりました。価格はおよそ261万円から、発売時期は2019年秋ごろを予定しています。

新型フォレスターには、車線逸脱を防ぐレーンデパーチャープリベンションテクノロジーやレーンセンタリング機能を搭載。TPMS(タイヤ空気圧監視システム)やリヤシートリマインダーシステムは全グレード標準装備となります。
パワートレインについては現行型フォレスターからの変更は特になく、排気量2.5L 水平対向4気筒エンジンにCVTを搭載します。駆動方式はAWDです。

標準仕様の一個上級となる「プレミアム」グレードでは、フロントシートヒータ・ヒーテッドサイドミラー・ウィンドウシールドデアイサーが含まれるオールウェザーパッケージが標準装備化。
最上級グレードの「ツーリング」には、テールゲートライトや最新LEDインテリアライトが標準装備となるなど、満足度の高い一台となっています。

2020年モデルの新型SUBARUフォレスターの価格表

  • エントリーモデル:約261万円
  • プレミアム:約292万円
  • スポーツ:約309万円
  • リミテッド:約331万円
  • ツーリング:約368万円

「フォレスター」一部改良では新色「マグネタイトグレー・メタリック」を追加 インテリアも落ち着きのあるカラーに

「フォレスター」新色「マグネタイトグレー・メタリック」「フォレスター」に追加される新色「マグネタイトグレー・メタリック」

今回のフォレスターの一部改良では、新色として「マグネタイトグレー・メタリック」が追加になっており、キメ細やかで滑らかな輝きを放ちつつ、落ち着きのある色合いです。

フォレスターX-BREAKのインテリアフォレスターX-BREAKのインテリア

Touring、Premium、AdvanceのインテリアTouring・Premium・Advanceのインテリア

X-BREAK用撥水ファブリック/合成皮革シートX-BREAK用撥水ファブリック/合成皮革シート

Advance用本革シートAdvance用本革シート

インテリアは、Touring、Premium、Advance用では落ち着いたブラックの内装に、ファブリック/トリコットと合成皮革シート、Advance専用としてブラウンにシルバーステッチをあしらった本皮シートの設定もあります。X-BREAKではレッドオレンジがアクセントになったインテリアに、シートは撥水ファブリックと合成皮革にレッドオレンジステッチがあしらわれています。

「リヤシートリマインダー」の採用で益々機能性がアップしたフォレスター

Advanceセピアブロンズ・メタリックAdvanceセピアブロンズ・メタリック

一部改良で採用された機能「リヤシートリマインダー」は、後席に荷物を置き忘れたときなどに、ブザーや画面表示でドライバーに知らせてくれる機能です。安全性能で好評価を得ているフォレスターは、機能性でもまた一歩前を行く一台となるでしょう。

安全性能と機能性で魅力と信頼がさらにアップ

一部改良になったフォレスター新開発のプラットフォーム「スバル・グローバル・プラットフォーム」を採用

2018年に発表された第5世代のフォレスターでは、新開発のプラットフォーム「スバル・グローバル・プラットフォーム」が採用されており、衝突安全性能や危険回避性能がトップレベルとなっています。また、ドライバーの考えに忠実なハンドリングで快適なドライビングを実現しています。

スバル初となる乗員認識技術「ドライバーモニタリングシステム」も採用。ドライバーの「わき見」「強い眠気」「居眠り」「眠気」を4段階で検知し、警告音と画面表示でドライバーに注意喚起を促すシステムです。アイサイトとも連携しているため、さらなる進化を示唆したものとなるでしょう。

スバル・フォレスターの新色マグネタイトグレー・メタリックスバル・フォレスターの新色マグネタイトグレー・メタリック

エンジンは水平対抗エンジンと電動技術の組み合わせの「e-BOXER」などの新たなる価値を加え、オーナーが快適さだけではなく、豊かさや愉しさ、冒険心を感じられるような、心を動かされる存在になれるよう、フォレスターは機能や性能をより洗練させました。

フォレスターモデル別エンジンと価格体
モデル エンジン 変速機 駆動方式 販売価格
Advance 水平対向4気筒DOHC2.0L直噴+モーター 無段変速機(CVT) 4WD 3,099,600円
Premium 水平対向4気筒DOHC2.5L直噴 3,024,000円
Touring 2,808,000円
X-BREAK 2,916,000円

一部改良されるスバル・フォレスターは安全性能と機能性がアップされてさらに使い勝手の良いクルマへ

2018年に発売された第5世代のフォレスターが一部改良されることで、さらに安全・安心の1台になります。スバルが最量販車種としているグローバル戦略SUVのフォレスターは、これからも進化を続けます。