XVのマイナーチェンジ

XVのマイナーチェンジ X-MODEの機能を拡充しアイサイト・ツーリングアシストを標準装備化

XVのマイナーチェンジ情報を紹介。ハイブリッドモデルe-BOXERの新グレード追加やアイサイト・ツーリングアシストを標準装備とするなどより魅力的な一台に。4WDでもコンパクトなサイズ感と都会的なエクステリア・インテリアデザインで運転しやすく、若者にも人気です。

XVのマイナーチェンジ X-MODEの機能を拡充しアイサイト・ツーリングアシストを標準装備化

XVがマイナーチェンジを実施しe-BOXER搭載グレードを新たに追加

XV

SUBARU XVSUBARU XVが一部改良!2019年11月より順次発売

2019年10月10日、スバルは改良した新型XVを発表しました。2.0Lエンジン搭載車は11月15日から、1.6Lエンジン搭載車は2020年初頭からの発売となります。

今回の改良により新たに「2.0e-L EyeSight」「2.0e-S EyeSight」が設定され、e-BOXER搭載グレードの選択の幅が広がりました。エクステリアは前後ランプが、インテリアはディスプレイが新デザインへと刷新されました。

さらにアイサイト・ツーリングアシストの標準装備化や、1.6i EyeSight以外の全車に標準装備されるX-MODEの機能拡充を実施。X-MODEでは「SNOW・DIRT」「DEEP SNOW・MUD」の2つのモードを選択できるようになりました。その他、アクセスキー対応運転席シートポジションメモリー機能の搭載など、利便性を高める改良が積極的に行われています。

スバル・クロストレック(海外版XV)の2020年版が年内に欧米で登場

スバル・クロストレック(2020年モデル)のエクステリアスバル・クロストレック(2020年モデル)のエクステリア

スバル・クロストレック(日本のXVに相当)の2020年モデルが、2019年内にアメリカ市場で発売することが分かりました。足元には18インチの大口径ホイールを装着し、シルバーメタリック仕上げのエクステリアパーツが上質な雰囲気を演出しています。

新型クロストレックにはPHVモデルの「クロストレック・ハイブリッド」も従来から引き続き設定され、直噴2.0L水平対向4気筒ガソリンエンジンにモーター2基、「スバル・スタードライブ・テクノロジー」と呼ばれるPHVシステムを採用。最大で770kmの航続距離を実現します。

スバル・クロストレック・ハイブリッド(2020年モデル)のインテリアスバル・クロストレック・ハイブリッド(2020年モデル)のインテリア

スバル・クロストレック・ハイブリッドのインテリアはグレーとネイビーブルーの爽やかな本革シートです。安全装備も充実しており、最新版のアイサイトを標準装備します。2020年モデルからは後部座席の置き忘れを通知する「後席リマインダー」も新機能として加わりました。

新採用されるクロストレック・ハイブリッド専用「スバル・スターリンク・コネクテッド・サービス」では、スマートフォンによる遠隔操作で空調コントロールなどを行うことができます。
8.0インチSTARLINK Multimedia Plusシステムは、Apple Car PlayやAndroid Autoにも対応します。

スバルXVが2018年10月にマイナーチェンジ!ハイブリッドエンジンe-BOXER搭載モデル「アドバンス(Advance)」を追加

スバルのクロスオーバーSUVであるXVが2018年10月11日、eボクサー(e-BOXER)を搭載したハイブリッドモデル「アドバンス(Advance)」を追加し2018年10月19日に発売しました。Advanceグレードは2018年にフルモデルチェンジしたフォレスターへ7月に追加、10月にはXVに追加されスバルの人気SUV2車種で展開しています。

初代XVでもハイブリッドモデルが設定されていましたが、今回はスバル独自で開発した新しいマイルドハイブリッドのe-BOXERを搭載するモデルです。どのように進化したのか、エクステリアやインテリア、パワートレインなどをチェックしましょう。

XVの価格リスト
グレード 1.6i- EyeSight 1.6i-L EyeSight 2.0i-L EyeSight 2.0i-S EyeSight Advance
エンジン 1.6L 水平対向4気筒 DOHC 2.0L 水平対向4気筒 DOHC+モーター
変速機 リニアトロニック
駆動方式 AWD
価格 2,200,000円 2,332,000円 2,651,000円 2,871,000円 2,926,000円

改良モデルの新型XV Advance(e-BOXER搭載車)が東京モーターショー2019に登場

新型XV Advance(e-BOXER搭載車)のエクステリア新型XV Advance(e-BOXER搭載車)のエクステリア

一部改良を実施したスバルの新型XV Advance(e-BOXER搭載車)が、2019年10月より開催される東京モーターショー2019に出展が決まりました。
新型XVはX-MODEのアップデートによってより優れた悪路走破性を発揮。パワートレインにはe-BOXERを採用し、アイサイト・ツーリングアシストを全車標準装備としています。なお、新型の発表は2019年10月を予定しています。

スバル初のプラグインハイブリッドがアメリカで発表 「クロストレック ハイブリッド」は2018年にアメリカで発売されたが日本には導入されず

クロストレック ハイブリッドのエクステリア日本ではスバルXVで販売されるクロストレック スバル初のプラグインハイブリッドを設定して2018年にアメリカで発売

2018年11月20日にクロストレック(日本名はスバルXV)に「クロストレック ハイブリッド」が追加されました。クロストレックハイブリッドはスバルでは初めてのプラグインハイブリッドモデルで、満充電のEV航続可能距離は約27.km(17マイル)、ハイブリッド走行を含めた最大航続可能距離は約772.4km(480マイル)になっています。

モーターの力強いトルクと、スバルの鍛えられた走りを持つクロストレック ハイブリッドの家庭電源で充電できる利便性も魅力です。
ブレーキシステムには回生ブレーキとメカニカルブレーキを併せた電子ブレーキを採用して走行フィールを高めています。

クロストレック ハイブリッドの内装先進性を感じるブルーで統一された車内 専用装備も数多く設定され満足度は高い

クロストレック ハイブリッドは専用ボディカラーのラグーンブルー・パールと専用コンビネーションメーターを設定して内装もブルー基調で統一、先進性や特別な室内空間になっています。

アメリカでは2018年に発売されましたが、日本に導入する予定はないと発表しています。しかし、アメリカの販売が好調であれば日本導入もありえると考えます。日本で発売されるのであれば2019年以降、スバルXVがフルモデルチェンジするタイミングで追加する可能性も考えられます。

スバルXVの新しいグレードである「アドバンス(Advance)」にはハイブリッドシステムe-BOXERや専用エクステリア・インテリアを搭載する

e-BOXERを搭載した新型XVのエクステリア新型スバルXVはフォレスターに次ぐe-BOXERを搭載したハイブリッドモデル「Advance」を設定

2018年10月に追加された「Advance」グレードは、初代モデルでもラインナップしていたハイブリッドモデルです。今回違うところは、進化したハイブリッドシステムであるe-BOXERを搭載していることや、新しいプラットフォームのSGP(スバルグローバルプラットフォーム)を採用していることです。

新型フォレスターに搭載されているe-BOXERとスペックは同じですが、燃費は18.6km/L(フォレスター)に対して、XVは19.2km/Lを記録しています。燃料タンク容量は48リットルですので、約921kmは航続できると考えます。

新型スバルXVのe-BOXERスペック
エンジン型式 FB20
種類 水平対向4気筒
エンジン最高出力 107kW(145ps)/6,000rpm
エンジン最大トルク 188Nm(19.2kgm)/4,000rpm
モーター型式 MA1
モーター最高出力 10kW(13.6ps)
モーター最大トルク 65Nm(6.6kgm)
燃費(JC08モード) 19.2km/L
燃費(WLTCモード) 15.0km/L
新型スバルXVの販売価格一覧
1.6i アイサイト 2,138,400円~
1.6i-L アイサイト 2,268,000円~
2.0i-L アイサイト 2,505,600円~
2.0i-S アイサイト 2,700,000円~
アドバンス(eボクサー搭載モデル) 2,829,600円~

新しい燃費基準のWLTCモードでは、スバルXV Advanceの燃費は15.0km/Lを記録しています。同じパワートレインを使っているフォレスターでは14.0km/Lですので、コンパクトなXVのほうが燃費がいいことが分かります。

スバルXV Advanceのボディカラーは専用色を含む全10色展開

新型スバルXVアドバンスのエクステリアラグーンブルー・パールが新型スバルXVアドバンスのテーマカラー

スバルXVのボディカラーは全9色ですが、Advanceにはハイブリッドモデルのイメージカラーである「ラグーンブルー・パール」が設定されています。インテリアにもブルーアクセントが施されたシートやステアリングが設定されていて、Advance専用装備という特別感があります。

新型スバルXVアドバンスのインテリアアドバンスグレードの新型スバルXVはインテリアもブルーカラーで統一されハイブリッドの先進性と爽やかさを感じる

ブルー内装ではシート座面のほかにも、センターコンソールやダッシュボード、インナードアハンドル付近、ウィンドウスイッチ付近にもブルーアクセントが施されています。シートはトリコットと合皮のコンビシートで、ブルーの部分がトリコットになっています。

XV Advanceで追加・変更される標準装備

  • LEDハイ・ロービーム
  • LEDフォグランプ
  • マルチインフォメーションディスプレイ付きメーター(Advance専用)
  • インパネ加飾パネル(マットブルー金属調)
  • フロントグリル(クロムメッキ・シルバー金属調)
  • フロントバンパーガード(シルバー塗装)
  • Advance用フロントフォグランプカバー
  • Advance用サイドクラッディング

ベースグレードの2.0i-S EyeSightから追加や変更される装備は、ヘッドライトやフォグランプのLED化、マルチインフォメーションディスプレイ付きメーターや加飾パネルなど様々な部分に及びます。メーカーオプションでネイビー・ライトグレーの本革シートを設定することもできるため、高級感もあります。

XVがマイナーチェンジで安全装備のアイサイトに変更点はない

アイサイトのイメージ

XVに搭載されるアイサイトは、2017年11月の時点ではVer.3ですが、2018年10月のマイナーチェンジではバージョンアップせずVer.3のまま据え置きとなります。また、Advanceグレードではメーカーオプションにアイサイトセーフティプラス(視界拡張)のサイドビューモニターがラインナップしているため、2.0i-S EyeSightでもメーカーオプションに設定されると考えます。

アイサイトVer.3の主な機能

  • プリクラッシュブレーキ
  • 全車速追従機能付きクルーズコントロール
  • アクティブレーンキープ
  • AT誤発進抑制制御・AT誤後進抑制制御
  • 警報・お知らせ機能

アイサイトVer.4の追従機能

全車速追従機能付きクルーズコントロールは、約0km/hから100km/hの速度帯で先行車に追従走行する機能です。前車との距離感を保ってくれるため運転が楽になります。さらに進化したツーリングアシストと呼ばれる機能はレヴォーグに搭載されていて、約0km/hから120km/hまでの速度帯でアクセル・ブレーキ・ステアリング操作を自動的に行ってくれるもので、高速道路での走行が楽になります。 ツーリングアシストはマイナーチェンジ後のXVには搭載しないものと考えます。

プリクラッシュブレーキは、歩行者や自転車、前方車両を検知して衝突するかもしれない時はドライバーに注意を促し、回避操作がない場合、ブレーキ操作を自動的に行い減速・停止をします。前方車両との速度差が約50km/h以下なら衝突の回避、衝突の被害軽減をします。

後退時自動ブレーキシステムは、車両後方に障害物があるのにそのままバックしようとしている時、自動的にブレーキをかけてくれるシステムです。AT誤発進、AT誤後進抑制制御と合わせて、駐車場での事故の可能性を限りなく少なくしてくれます。

車線逸脱抑制は、車両に搭載されているカメラで走行車線を認識し、60km/h以上で走行している場合、車線からはみ出しそうになるとステアリングのアシストを行って逸脱を抑制してくれます。

XVがマイナーチェンジでアイサイトのメーカーオプションにサイドビューモニターも追加

アイサイトのオプションイメージ

メーカーオプションで設定されている「アイサイトセイフティプラス」に従来のスバルリヤビークルディテクション」と「ハイビームアシスト」だけではなく、サイドビューモニターも追加されます。

新型XVに搭載されるアドバンスドセイフティパッケージ

  • ハイビームアシスト
  • アイサイトアシストモニター
  • サイドビューモニター
  • 後退時自動ブレーキシステム
  • スバルリヤビークルディテクション

サイドビューモニターの様子サイドビューモニターはサイドミラーにカメラを設置して死角を確認するシステム

サイドビューモニターは、新型XVのAdvanceなどにメーカーオプションで設定されているもので、助手席側のサイドミラーに設置されたカメラで左前方の映像をマルチファンクションディスプレイに映すことができ、死角となりがちな場所に障害物や人がいないか確認できます。

スバルリヤビークルディテクションは、ドアミラーのインジケーターに後側方の死角付近にいる車両の存在を教えてくれます。衝突の危険性があるとシステムが判断した場合、LEDインジケーターや警報音でドライバーに注意を促します。

ハイビームアシストは、約40km/h以上で夜間走行をしている時に、前方に車両がいない場合はハイビームで走行し、対向車や先行車を検知した時は自動的にロービームへ切り替えてくれます。

スマートリヤビューミラーは、後部座席に乗っている人や荷物で後方視界が遮られているとき、ディスプレイモードに切り替えることで、リアガラスの内側に貼りつけられたカメラの映像をルームミラーに表示してくれます。

フロント・サイドビューモニターは、フロントグリルと助手席ドアミラーに装着されたカメラの映像を車内のファンクションディスプレイに表示し、死角に人や障害物がないか確認しながら運転することができます。

ステアリング連動ヘッドランプは、ハンドルの傾きに合わせてヘッドライトが進行方向を照らしてくれるので、曲がった先々の状況や危険をいち早く察知することができます。

XVのスペックまとめ(A型)

新型XVのサイドビュー

3代目のXVは、2017年4月にフルモデルチェンジすることが発表され、5月24日から発売されました。スバルのデザインフィロソフィーである「ダイナミック×ソリッド」を採用しており、プラットフォームも「SGP(スバルグローバルプラットフォーム)」を導入しています。

歩行者保護エアバッグや電動パーキングブレーキを全車標準装備してあり、アイサイトはVer.3を装備しています。搭載しているエンジンは、「1.6Lエンジン」と「2.0L直噴エンジン」の2種類が搭載されていて、ボディサイズは全長4,465mm、全幅1,800mm、全高1,550mmになっています。

3代目XVスペックまとめ
全長 4,465mm
全幅 1,800mm
全高 1,550mm
ホイールベース 2,670mm
最低地上高 200mm
乗車定員 5人
最小回転半径 5.4m
燃費 16.0~16.4km/L
価格 213万円~

燃費はJC08モードで16.4km/Lを記録していて、ハイブリッドモデルでは19.2km/Lを記録しています。

XVのエンジンスペック
型式 FB16 FB20
種類 水平対向4気筒 水平対向4気筒直噴
排気量 1,599cc 1,995cc
最高出力 115PS/6,200rpm 154PS/6,000rpm
最大トルク 148Nm/3,600rpm 196Nm/4,000rpm

エンジンは水平対向4気筒の「FB16」と「FB20」が搭載されていて、FB16は1,600ccの115PS、FB20は直噴エンジンで2,000ccの154PSあります。

スバルXVがハイブリッドモデルの復活でエクストレイルHVのライバルとなるか

同じSUVハイブリッド車には、日産が販売する「エクストレイルハイブリッド」があり、価格は「20S HYBRID」で258万円からで、燃費は20.8km/Lを記録していて新しくなるXVハイブリッドの燃費と同等です。
ボディサイズも全長4,690mm、全幅1,820mm、全高1,740mmと、全高は190mm高いですが、全長・全幅は似ている大きさです。

2018年11月に行われたスバルXVのマイナーチェンジで追加されたハイブリッドのe-BOXERモデルは、新型フォレスターに搭載されているエンジンで信頼性も高いためスバルXVの進化をしっかり感じ取れるでしょう。