車中泊のおすすめ車種

車中泊におすすめの車特集~ミニバン・SUV・軽自動車などのタイプ別の人気車

車中泊におすすめの車特集。快適・安全に車中泊を楽しむために役立つ「シートがフルフラットになる」「室内空間が広い」「アクセサリーが充実している」等の特徴を備える、アウトランダーPHEV・ヴォクシー・ハスラーなどの車両の魅力を紹介。

車中泊におすすめの車特集~ミニバン・SUV・軽自動車などのタイプ別の人気車

車中泊におすすめの車は?「シートをフルフラットにできる」などの機能を備えるミニバン・SUV・軽自動車・商用車を紹介

アウトドア人気に比例するかのように、「車中泊」を快適・安全に行える車のニーズが高まっています。車中泊は、家族同然のペットを連れて旅することができる・テント設営の手間が省ける・宿泊費代を浮かせることができる等の理由から、アウトドア志向の強いユーザー以外も楽しみ始めています。

キャンピングカーのオーナーではなくとも、オートキャンプ場などに設置されているトイレやシャワーを利用する、サービスエリア内のスーパー銭湯を利用したりして、車中泊を積極的に楽しむ方が増えています。

ここでは、そんな車中泊におすすめできる「シートをフルフラットにできる」「コンセントやUSBソケットを備える」などの機能を持つミニバン・SUV・軽自動車・商用車を紹介します。

車中泊を快適に楽しめる車は「シートがフルフラットになる」「居住空間が広い」「電気を利用できる」などの機能を備えている

トヨタ ヴォクシーのエクステリア大人気のトヨタ ヴォクシーは車中泊ができるファミリーカーとして人気のミニバン

「車中泊」を快適に楽しめる車は、シートがフルフラットになる・居住空間が広い・電気を利用できるなどのサポート機能が充実しています。このセクションでは、車中泊を考えているユーザーの車選びにも役立つチェックポイントを紹介します。

シートがフルフラットになって足を伸ばしきった姿勢で睡眠できる車

足を曲げたままの姿勢で眠るよりも、足を伸ばしきった姿勢で眠った方が翌日には疲れは残りません。そのため、足を伸ばしきった姿勢での睡眠を可能とするフルフラット機能が備わる車の方が車中泊には適しています。

個人差は伴いますが、自分の身長+10cmの長さが確保できていれば、車中泊時には質の良い睡眠が可能であると言われています。愛車でドライブだけではなくて、車中泊も楽しみたいという方は、シートをフルフラットにしてみて10cmくらいの余裕があるかどうかを確認してから車を購入しましょう。

車内で移動しやすく・視覚的にも圧迫感の少ない居住空間の広い車

車中泊時には車内で過ごす時間が多くなります。車の居住空間は狭いよりも広い方が、移動がしやすく・視覚的にも窮屈な感じがしないために快適性が向上します。

室内高のある車であれば、目が覚めてから起き上がる際に頭をぶつけにくくなりますし、車内を移動する時に体の一部がぶつかりにくいため車内で過ごしやすくなります。

コンセントやUSBソケットが備わっていて電気を利用できる車

車内にトスーターやヘアドライヤーなどの家電を利用できるコンセントが備わっている、あるいはUSBソケットが設置されていれば、車中泊時の快適性は飛躍します。

家電に対応するコンセントが標準装備される、あるいはオプションで追加できる車であれば、車中泊時の料理の選択肢が広がります。USBソケットが備わっている車であれば、スマホやゲーム機への給電・充電が行えます。

クッション・マット・キャリアなどのアクセサリーが充実している車

車中泊ユーザーの積極的な利用を想定している車は、クッションやプライバシーシェードなどのオリジナルアクセサリーを多数用意しています。

カタログにフルフラットシートと記載されている車であっても、着座面は完全に水平ではなくて多少のデコボコがあります。そのデコボコを解消できて、なお且つ弾力性も優れるクッションやマットを利用すれば、車中泊時の快適性は更に向上します。

プライバシーシェードを利用すれば、室内で過ごしている際には周囲の視線が気にならなくなります。
車中泊と同時に釣りやサーフィンなどの趣味を追求したいとい方は、クーラーボックスやサーフボードをルーフに固定可能とするキャリアを設置すれば、積載力が向上して睡眠スペースが確保されます

車中泊におすすめの車特集~車中泊を快適・安全に楽しめるミニバン・SUV・軽自動車・商用車を紹介

「シートをフルフラットにできる」「アクセサリーが充実している」などの諸条件を一定数満たしている車中泊におすすめできるミニバン・SUV・軽自動車などの魅力や特徴を紹介します。

プロパイロットなどの運転支援システムを導入する日産「セレナ」は車中泊に向かう際・帰りのドライブが安心できる車

セレナのエクステリアエンジンで発電してモーターで走るセレナeパワーが好評

ファミリーカーとして支持される日産「セレナ」は、2018年のミニバン販売台数No.1を記録しました。一部グレードでは、2列目・3列目シートをフルフラット化できる、USB電源ソケットを設置させて室内でのスマホやゲーム機などへの充電・給電を可能とするセレナは家族で車中泊を楽しめる車です。

アクセルペダルだけで加減速が行える「e-POWER Drive」や、高速道路においての巡航・渋滞時走行を実現する運転支援システム「プロパイロット」等の先端技術を導入するセレナは、車中泊に向かう際・自宅に帰る際のドライブも安心できる車です。

セレナのスペック
室内長 3,170mm、3,240mm
室内幅 1,545mm
室内高 1,400mm
最小回転半径 5.5m
燃費(JC08モード) 15.0km/L~26.2km/L
車両価格 2,440,800円~3,821,040円

三菱「デリカD:5」はアクティブな走りと車中泊を同時に楽しめる車

デリカD5のエクステリア走破性の高いデリカD5ならキャンプやウインタースポーツも楽しめる

デリカD:5は、ミニバンでありながらも三菱自慢のAWC(4WDモデル)や、ロングドライブ時の安定性に貢献するサスペンションシステム等を搭載して、走行性を全方向において向上させています。

山道や路面コンディションが悪くても、難なく走行できるデリカD:5は、車中泊時に便利なサイドカーテン・ジョイントクッション・ワンタッチサンシェードが備わる「コンフォートパッケージ」やサーフボードアタッチメント等のアクセサリーを多数用意しています。

デリカD:5のスペック
室内長 2,980mm
室内幅 1,505mm
室内高 1,310mm
最小回転半径 5.6m
燃費(WLTCモード) 12.6km/L
車両価格 3,842,640円~4,216,320円

「ヴォクシー」は便利アイテムを充実させて親子での車中泊を楽しませてくれる

ヴォクシーのエクステリア家族みんなで車中泊できる余裕の広さが魅力的なヴォクシー

トヨタのミニバン「ヴォクシー」とその姉妹車である、ノアとエスクァイアも車中泊を快適に楽しめるおすすめの車です。

ヴォクシーは、セカンドシートにロングスライド・6:4分割機能が備わるチップアップシートを採用することで、「フロントフラットソファーモード」や「リヤフラットソファーモード」への車中泊時にも便利なシートアレンジを可能とします。

ハイブリッド車が備えるインパネ一体型センターコンソールボックスには、充電用USB端子とAC100V・1500W対応のコンセントが設置されています。グレード「Z」などは、食べ物の匂いが車内に残りにくくするように臭いの成分を吸着・分解させる消臭機能をシートに与えます。

トヨタは親子で車中泊を楽しむユーザーを意識して、ヴォクシーやその姉妹車には、遮光機能が備わる室内カーテンやフレキシブルラゲージマットなどの便利アイテムを揃えています。

ヴォクシーのスペック
室内長 2,930mm
室内幅 1,540mm
室内高 1,400mm
最小回転半径 5.5m
燃費(JC08モード) 14.8km/L~23.8km/L
車両価格 2,509,920円~3,380,400円

「アルファード」と「ヴェルファイア」は車中泊をスタイリッシュに楽しめるトヨタのフラッグシップミニバン

アルファードのエクステリアフルフラットになるため快適に車中泊できるアルファード

トヨタのラグジュアリーミニバンである「アルファード」と、プラットフォームを同一とする姉妹車であるヴェルファイアはラグジュアリーで魅力な室内空間の中で、車中泊をスタイリッシュに楽しめ車です。

パワーオットマンや折りたたみ式サイドテーブルなどを設置して機能性も高めるアルファードのシートは、1列目と2列目を連結させれば「フロント・セカンドフルフラットモード」に、2列目と3列目を連結させれば「リヤシートフルフラットモード」へとアレンジされます。

アルファードが備える、パーソナルランプやルーフカラーイルミネーション・床下収納「ラゲッジアンダーボックス」・家電製品に対応するコンセント・USB端子などの魅力的な装備を利用すれば、車中泊をスタイリッシュに楽しむ事ができます。

アルファードのスペック
室内長 3,210mm
室内幅 1,590mm
室内高 1,400mm
最小回転半径 5.6~5.8m
燃費(JC08モード) 10.4km/L~19.4km/L
車両価格 3,376,080円~7,502,760円

室内の広さ・予防安全性能等が評価されてマザーズセレクション大賞を受賞した「フリード」「フリード+」はママさんも車中泊を楽しめる車

フリードのエクステリアフリードは扱いやすいサイズのコンパクトミニバン

ホンダのちょうどいいサイズ感を形としたコンパクトミニバンである「フリード」は、3列シートで6~7名乗車モデルだけではなくて、2列シートで5人乗りモデルの「フリード+」も展開しています。

2列シートの「フリード+」はリヤシートを前方に倒して付属されるラゲッジボードを連結させれば、車中泊に便利なフラットなスペースが誕生します。その床下には荷室エリアが用意されるため、アウトドア用品などを機能的に収納できます。

3列シートの「フリード」は、1列目・2列目シートや2列目・3列目シートをアレンジすることで車中泊をするに適したフラットなスペースが形成されます。

ホンダの低床化技術によって実現される「ロングテールゲート&超低床フロア」は、荷物の積み下ろし時にかかる体への負担を軽減させます。

室内の広さ・運転のしやすさ・予防安全性能などが評価されて、マザーズセレクション大賞を受賞したホンダ「フリード」「フリード+」は、ママさんも安心して車中泊を楽しめる車です。

「フリード」「フリード+」のスペック
  フリード フリード+
室内長 3,045mm 2,310mm
室内幅 1,455mm 1455m
室内高 1,285mm 1275mm、1285mm
最小回転半径 5.2m 5.2m
燃費(JC08モード) 16.4km/L~27.2km/L 16.4km/L~27.2km/L
車両価格 1,880,000円~3,152,520円 1,900,000円~2,748,200円

広い室内空間と低燃費が魅力的な「ステップワゴン」で車中泊旅行をすれば宿泊費と燃料費が節約できる

ステップワゴンのエクステリアスポーツハイブリッドi-MMDでミニバントップクラスの燃費性能を発揮するステップワゴン

縦にも横にも開くワクワクゲートが魅力的な「ステップワゴン」は、2列目・3列目シートをジョイントする、あるいは1・2列目シートをジョイントさせることで車中泊に適したフラットな空間が誕生します。

ステップワゴンは、スマートフォンの充電に便利なUSBジャックや家電製品にも対応する100V AC電源、調光機能付LEDルームランプやロールサンシェード等の車中泊時の快適性に貢献するアイテムを多数用意しています。

ガソリン車は「VTECターボエンジン」を採用して、ハイブリッド車は「SPORT HYBRID i‐MMD」を搭載して、それぞれクラストップレベルの低燃費を実現するステップワゴンで車中泊旅行をすれば、宿泊費代だけではなくて燃料費も節約できます。

ステップワゴンのスペック
  1.5L DOHC VTEC TURBO 2.0L DOHC i-VTEC+i-MMD
室内長 3,220mm 3,220mm
室内幅 1,500mm 1,500mm
室内高 1,425mm 1,405mm
燃費(JC08モード) 15.4km/L~17.0km/L 25.0km/L
車両価格 2,455,920円~3,996,000円

日産「エクストレイル」はサンルーフを付属させれば天体観測と車中泊を楽しめる

エクストレイルのエクステリア防水フロアや防水シートを採用するアウトドアユーザーに人気のエクストレイル

「インテリジェント4×4」等の技術を導入して、滑りやすい路面下においての安定した走りを実現して、低燃費も追求するエクストレイルは雪国で支持され続けているSUVです。

濡れたブーツのまま乗車しても平気な「防水加工フロア」や、質感も魅力的な「防水シート」などを装備するエクストレイルは、飲食物の汚れやアウトドアシーンに衣服についた汚れが室内には定着しにくい車です。

そんな「エクストレイル」にオプションでサンルーフを付属させれば、車中泊時に天体観測を思う存分に楽しめます。

エクストレイルのスペック
  2列シート車 3列シート車
室内長 2,050mm 2,550mm
室内幅 1,535mm
室内高 1,270mm(1,220mm:サンルーフ付属車)
最小回転半径 5.6m
燃費(JC08モード) 15.6km/L~20.8km/L
車両価格 2,231,280円 ~ 3,804,840円

大容量バッテリーの電気を利用できる三菱「アウトランダーPHEV」は車中泊だけではなくて災害時にも役立つ車

アウトランダーPHEVのエクステリアバッテリーを電源にも利用できるため災害に強いアウトランダーPHEV

「アウトランダーPHEV」は搭載する大容量バッテリーの電力を利用して、コヒーメーカー・トスーター・ヘアドライヤーなどの家電製品を車内でも利用可能とする車中泊におすすめの車です。

ツインモーター4WDをベースとするS‐AWC(SUPER ALL WHEEL CONTROL)等のユニットを搭載するアウトランダーPHEVは、SUVとしての走行性能も兼ね備えています。

エンジンが停止状態であっても冷暖房が使えるというアウトランダーPHEVのメリットは、室内で長時間過ごす際の安定性にもつながります。

アウトランダーPHEVのスペック
室内長 1,900mm
室内幅 1,495mm
室内高 1,235mm、1,170mm(電動ルーフ装着車)
最小回転半径 5.3m
燃費(WLTCモード・平均) 16.4km/L
車両価格 3,939,840円~5,090,040円

エブリイワゴン(ハイルーフ車)は2段ベッドを利用すれば家族4人で車中泊を楽しめる

エブリイワゴンのエクステリアエブリイワゴンは車中泊用のセカンドカーにも最適

軽自動車の中では室内長が最も長いスズキ「エブリイワゴン」は、フロント・リヤシートを後方に倒しきると座席がフルフラット化されます。4人乗車時であっても広いラゲッジスペースを確保する「エブリイワゴン」は、車中泊時に必要となる荷物を沢山積載できる軽自動車です。

エブリイワゴンは室内高を標準仕様よりも105mmも高く設定するハイルーフモデルをラインナップしています。車中泊グッズを積極展開するスズキは、エブリイワゴンで利用できるベッドクッションやACパワーフラグ、2段ベッドセット(ハイルーフ車)などのアイテムを取り揃えます。

エブリイワゴンのスペック
室内長 2,240mm
室内幅 1,355mm
室内高 1,315mm / 1,420mm(ハイルーフ車)
最小回転半径 4.5m
燃費(JC08モード) 14.6km/ L~16.2km/L
車両価格 1,425,600円~1,782,000円

ジムニーはアウトドアな趣味と車中泊をワイルドに楽しめる車

ジムニーのエクステリアベッドクッションなど車中泊用のオプションが充実するジムニー

ジムニーは1970年に初代モデルが発売されてから、日本を代表する4輪駆動車として君臨し続けてきました。2018年7月に20年振りにフルモデルチェンジを実施して誕生した新型ジムニーは、フロントシートを後方に倒しきればフラットな空間が室内に形成されます。

スズキは、ジムニーでアクティブに車中泊を楽しむユーザーを想定してベッドクッションやフロントプライバシーシェードだけではなくて、ロッドホルダーやカータープなどのアクセサリーも用意します。

軽自動車の中では唯一の本格的なオフロード車であるジムニーは、その特徴を最大限に活かして「ジムニー」でしか辿りつけない場所での車中泊を実現させます。

ジムニーのスペック
室内長 1,795mm
室内幅 1,300mm
室内高 1,200mm
最小回転半径 4.8m
燃費(WLTCモード) 13.2km/L~16.2km/L
車両価格 1,458,000~1,841,400円

スズキ「ハスラー」のフラット化されたシートにベットクッションを置けば車内で過ごす際の快適性は更に向上する

ハスラーのエクステリア遊べる軽のハスラーは釣りなどのアウトドアを楽しむユーザーにおすすめ

丸目のヘッドライト・カラフルなボディカラー・SUVらしくないボディラインをエクステリアの特徴とするスズキ「ハスラー」は、遊べる軽としてアクティブ女子からの支持も集まる車です。

フロントシートの背もたれを後方に倒しきって、リヤシートも後ろへと傾ければ、大人ひとりが十分に寝そべられるスペースが室内に誕生します。フラット化されたシートに専用アクセサリーのベットクッションを置けば、車内で過ごす際の体への負担は軽減されます。

その他にも、プライバシー保護にも貢献するカーテン&タープキットやカーテン、釣りなどの趣味や車中泊をもっと満喫させてくれるアクセサリーが数多く用意されているのも「ハスラー」が車中泊ユーザーから評価されている理由です。

ハスラーのスペック
室内長 2,160mm
室内幅 1,295mm
室内高 1,250mm
最小回転半径 4.6m
燃費(JC08モード) 26.2km/L~27.8km/L
車両価格 1,100,520円~1,748,520円

ダイハツ「ウェイク」が導入する大容量ラゲージアンダートランクは大きいサイズの荷物とアウトドアで汚れてしまったアイテムを収納するのに便利

ウェイクのエクステリア軽自動車最大の全高を持つウェイクは車中泊にぴったり

「ドデカクつかおう。」がキャッチフレーズのウェイクは軽自動車なのにミニバン並みの広々とした室内空間を魅力とする車中泊におすすめできる車です。乗車人数や車内に載せる荷物の大きさに合わせて多彩なシートアレンジを用意するウェイクでは、ロングソファーモード・フラットラゲッジモードが車中泊時に適しています。

フルフラット時であっても室内長は約2mの広さが確保されるため、ウェイクでは大人2人が快適に車中泊を楽しめます。開発段階から車中泊ユーザーを意識するウェイクは、シート表皮には全て撥水加工を施し・ラゲージの床下部にはクーラーボックス等の大きい荷物を収納できる大容量ラゲージアンダートランクを設置します。

大容量ラゲージアンダートランクは、大きいサイズの荷物を収納するだけではなくて、アウトドアで汚れてしまったアイテムを保管するにも便利です。

ウェイクのスペック
室内長 2,215mm
室内幅 1,345mm
室内高 1,455mm
最小回転半径 4.4m~4,7m
燃費(JC08モード) 23.2km/L~25.4km/L
車両価格 1,350,000円~1,841,400円

ダイハツ「トール」とその姉妹車は収納スペースを多数設けて車中泊で利用するアイテムの持ち運びを便利とする

トールのエクステリア安全装備が充実したスライドドアのトールは見た目以上に広い室内が魅力

ダイハツのコンパクトカーである「トール」と、OEM供給されてトヨタブランドで販売する「タンク」及び「ルーミー」などの姉妹車も車中泊におすすめ出来る車です。

フロントシートとリヤシートを倒しきれば、大人二人が十分にくつろげるフラットモードとする事が可能な「トール」は、脱着式のインパネセンター大型ボックスやラゲージアンダーボックスなどの収納スペースを多数設けて空間を有効活用して荷物の収納力を高めます。

全席にリクライニング機能を備えて、ボトルホルダーを複数の場所に設置する「トール」は、Xを除く全グレードにスマートアシスト3を標準装備させて安全性を強化します。

トールのスペック
室内長 2,180mm
室内幅 1,480mm
室内高 1,355mm
最小回転半径 4.6m~4.7m
燃費(JC08モード) 21.8km/L~24.6km/L
車両価格 1,463,400円~2,081,160円

ホンダ「N-VAN」は車中泊時に役立つ純正アクセサリーを数多く取り揃える積載力も魅力的な車

N-VANのエクステリア車中泊用アクセサリーが豊富なN-VAN

2018年7月13日に発売を開始したホンダの軽商用バンである「N‐VAN」は、2017年と2018年の2年連続で新車販売台数No.1を記録した「N‐BOX」をベース車とします。

N-BOXよりも積載性を重視する同車は、後部座席・助手席を床下に収納できるような仕組みを採用して、収納スペースを拡充させます。拡張されたフラットな収納スペースは、荷物を積み込むだけではなくて、車中泊時に利用する際にも便利です。

開発段階より車中泊で利用される事を意識した「N‐VAN」は、プライバシーシェード・ラゲッジマット・USBチャージャー・外部電源入力キット等の車中泊時にも役立つ純正アクセサリーを数多く取り揃えます。

純正アクセサリーや社外商品でベッドを装着できる日産「NV350キャラバン」は車中泊時に室内で安眠・快眠が出来る車

NV350キャラバンのエクステリアオプションにベッドを用意する車中泊に便利なNV350キャラバン

小型貨物車4ナンバーの車ではNo.1クラスの荷室の広さを誇る「NV350キャラバン」は、インテリジェント アラウンドビューモニターやインテリジェント エマージェンシーブレーキ等の運転支援機能を充実させている商用車です。

特装車であるトランスポーターは、特に車中泊での利用を意識するモデルで、未使用時にはコンパクトに折り畳める「ベッドシステム」をオプションによって追加設定可能とします。

トランスポーター以外のモデルであっても「NV350 キャラバン」は、社外商品のベットキットを利用してカスタマイズを行えば、車中泊時の快適性は向上します。

トヨタ「ハイエースバン」のフラットで広い荷室は荷物を積載するだけではなくてフロアマットを敷いて車中泊する際にも便利

ハイエースのエクステリア社用車で人気のハイエースは車中泊用の車両としても大人気

圧倒的に広い室内空間を誇る「ハイエースバン」は、シートをオールフルフラットの状態に出来る・リヤシートを折り畳んで荷室を拡げられるなど、シートアレンジの種類が豊富です。

ハイエースバンの広い室内空間は、商用車として沢山の荷物を載せるのに便利なだけではなくて、車中泊時に利用するキャンプグッズ・サーフボード・フロアマット・防寒アイテムなどを積載するにも魅力的です。

2021年以降の市販化が期待されるトヨタの「TJクルーザー」は助手席をフルフラットモードにすれば3mクラスの長尺物も積載できる車

TJクルーザーのエクステリアTJクルーザーはフルフラットになるSUVとVANのいいとこどりをした期待のコンセプトカー

2021年以降の市販化の市販化が期待される「TJクルーザー」は、東京モーターショー2017に出展されたトヨタのコンセプトカーです。SUVの走行性能にバンの積載能力を組み合わせる同車は、アクティブユーザーに支持される事を意識して開発を進めます。

TJクルーザーは、助手席側をフルフラットモードとする事で3mクラスのロングボードなどの長尺物の積載可能とします。TJクルーザーのワイドでフラットなラゲッジスペースに、エアーマット等の便利アイテムを利用すれば、車中泊時の快適性は飛躍します。

車中泊を快適・安全に楽しむためには車選びだけではなくて場所選びなども大切です

車中泊は「シートをフルフラットにできる」「コンセントやUSBソケットが備わる」などの条件を満たしている車で行えば快適・安全に楽しめます。

車中泊をする際には場所選びも重要です。サービスエリアや道の駅の駐車場などでのトラブルを避けるためには、事前に車中泊が可能な場所であるかどうか確認する必要があります。また、可能な場所であっても、周りの人達に迷惑をかけない為には、大音量で音楽を鳴らさないなどのマナーを守る事が大切です。

体験者の多くが「自由気ままで解放感があってリフレッシュできる」と語る車中泊を思う存分に楽しむためには車選びだけではなくて、計画をしっかりと立てる・事前に天気予報を確認する・防寒対策グッズなどのアイテムを用意する事も重要となってきます。