アルファードのマイナーチェンジ

新型アルファードがマイナーチェンジでグレードやカラーを見直しタイプゴールド2を追加

トヨタのラグジュアリータイプのミニバンであるアルファードのマイナーチェンジ(一部改良)は2021年4月に実施。前回は2020年1月8日に発売。新型モデルは第二世代の衝突回避支援パッケージ「トヨタセーフティセンス」を搭載、LEDシーケンシャルターンランプを採用しました。マイナーチェンジ後の販売価格も紹介。

新型アルファードがマイナーチェンジでグレードやカラーを見直しタイプゴールド2を追加

新型アルファードのエクステリアはマイナーチェンジでより個性的に進化

新型アルファードのフロントビュー

新型アルファードのリヤビュー

2015年1月に行われたフルモデルチェンジでは、フロントマスクの刷新が行われるなどのエクステリアが大幅にチェンジされました。また、アルファードは2020年にフルモデルチェンジが行われるとの噂もあります。
以上の点を踏まえ、今回のマイナーチェンジではエクステリアにさほど大きな変更はないと言われていましたが、発表された新型アルファードは殆どのデザインが変更されたビッグマイナーチェンジとなりました
以下がエクステリアの変更点になります。

  • ヘッドランプ
  • フロントグリル
  • フロントバンパー
  • バックドアガーニッシュ
  • リヤコンビネーションランプ

流れるウインカー「LEDシーケンシャルターンランプ」を追加

C-HRのLEDシーケンシャルターンランプC-HRのLEDシーケンシャルターンランプ

C-HRのリヤコンビネーションランプC-HRのリヤコンビネーションランプ

今回のマイナーチェンジで導入されたのは、C-HRなどに採用されるLEDシーケンシャルターンランプです。LEDシーケンシャルターンランプの光が外側へ連なって流れるように点滅する光景は圧巻です。ウインカーとしての性能も抜群です。

マイナーチェンジした新型アルファードのボディカラーは全7色

新型アルファードのボディカラー一覧

新型アルファードには通常ボディとエアロボディの2タイプがあり、グレードにより分けられています。

ブラックの新型アルファードブラック

スティールブロンドメタリックの新型アルファードスティールブロンドメタリック(通常ボディ専用)

グラファイトメタリックの新型アルファードグラファイトメタリック

ホワイトパールクリスタルシャインの新型アルファードホワイトパールクリスタルシャイン(32,400円高)

ラグジュアリーホワイトパールクリスタルシャインガラスフレークの新型アルファードラグジュアリーホワイトパールクリスタルシャインガラスフレーク(32,400円高)

ダークレッドマイカメタリックの新型アルファードダークレッドマイカメタリック(エアロタイプ専用)

スパークリングブラックパールクリスタルシャインの新型アルファードスパークリングブラックパールクリスタルシャイン(エアロタイプ専用・32,400円高)

通常ボディには専用色1色を含む全5色、エアロボディには専用色2色を含む全6色が用意されています。