地方版の図柄入りナンバープレートまとめ

図柄入りナンバープレートの地方版は41地域から2018年に交付開始

図柄入りナンバープレートは、ラグビーW杯や東京オリンピック・パラリンピックだけではなく、地方版も作られました!116あるナンバープレートの地域の中から2018年10月に交付される地域は41で、唯一入っていない北海道は、第2弾の2020年に交付となるのか注目です。

図柄入りナンバープレートの地方版は41地域から2018年に交付開始

地方版図柄入りナンバープレートは2018年10月より交付開始!

図柄入りナンバープレートは、ラグビーW杯や東京オリンピックが有名ですが、2018年10月より41地域で交付が開始されます!地方版ナンバープレートとは何か、対象地域、公募デザインなど、自分の住んでいる地域で導入されるのか、チェックしていきましょう。

軽自動車の白いナンバーにしたけれど、周りの人も白ナンバーに変えてきたので変えたい、他の人と違うナンバープレートが良いと思う人にピッタリです。

地方版図柄入りナンバープレートとは?

つくばのご当地ナンバーイメージ

地方版図柄入りナンバープレートとは、ラグビーW杯や東京オリンピックのナンバープレートのように、白背景だけではなく、その地方ならではのイラストやデザインが入ったナンバープレートです。寄付金制度があり、寄付を行うとナンバープレートがカラーになり、行わないとモノクロで発行されます。

すでに決まっている対象地域では2018年10月から発行されるので、その次期に車を買い替える予定がある、軽自動車の黄色ナンバーから取り換えたい、ただの白い軽自動車ナンバーが増えてきて個性が埋もれてきたので取り換えたい、普通車の白ナンバーから個性を出したいなど、取り換えるメリットはたくさんあります。

2017年11月の時点で導入予定は41地域

全国のご当地ナンバーの地域

すでに導入することが決まっていて、デザインを公募している所はナンバープレートの地域で数えて41地域です。

地方版図柄入りナンバープレート発行地域

・東北
・北陸信越
・関東
・中部
・近畿
・四国
・中国
・九州

残念ながら北海道は導入されていませんが、116あるナンバープレートの35%は導入を決定したことになります。中国は全地域をカバー、九州は「福岡・北九州・久留米・筑後・佐賀・奄美」以外の地域で導入しています。

東北地方のデザイン

平泉

平泉のご当地ナンバー

平泉ナンバーのデザインは、平泉町にある中尊寺金色堂をイメージする金色の豪華なナンバープレートです。黒色のボディカラーの車に似合いそうなデザインで、高級ミニバンや高級セダンに装着すると威厳さが増しそうなデザインです。

仙台

仙台のご当地ナンバー

仙台のナンバープレートは、2017年末に上記のデザインの中から1つが最終決定されます。どのデザインも仙台の大名「伊達政宗公」をイメージしたデザインです。C案では仙台の日本遺産構成文化財の「仙台七夕」もデザインされています。

どのデザインも主張しすぎないものですので、どんなボディカラーの車にも似合うプレートです。

山形

山形のご当地ナンバー

山形のナンバープレートは、5作品の中から1つ選ばれ、名産の「さくらんぼ」や蔵王の景色をモチーフとしたデザインがあります。さくらんぼを使った可愛らしいデザインが多いので、ピンク色など可愛らしいボディカラーの車に似合うナンバープレートです。

庄内

庄内のご当地ナンバー

庄内のナンバープレートは、稲穂をモチーフとしたデザインが多く、5作品の中から1つ選ばれます。山の景色や稲穂が主張しすぎないデザインで、どんなボディカラーの車にも似合うプレートデザインです。

北陸信越地方のデザイン

新潟

新潟のご当地ナンバー

新潟のナンバープレートは、トキをモチーフとしたデザインで、新潟市の花である「チューリップ」を咥えたデザインもあります。決定デザインは11月27日(月)に提出されるそうです。華やかなデザインが多く装着することで縁起のいい車になりそうなナンバープレートです。

長岡

長岡のご当地ナンバー

長岡のナンバープレートは、花火や錦鯉をモチーフとしたデザインで、新潟ナンバーと同様に11月27日(月)に決定デザインが提出されます。夏らしい涼し気なデザインが多く、白や水色などの淡色カラーの車に似合いそうなナンバープレートです。

富山

富山のご当地ナンバー

富山のナンバープレートは、北アルプスとも呼ばれる飛騨山脈をモチーフとした水色のナンバープレートです。雪が積もった山々とライチョウが描かれていて、SUVなどのガッチリとした大きい車に似合いそうなナンバープレートです。

石川

石川のご当地ナンバー

石川のナンバープレートは、能登のキリコやクロユリ、白山など自然や切子灯籠をモチーフとしたデザインがラインナップしていて、この中から1つ選ばれます。自然を描いた作品が多いのでジムニーなどのSUVに似合うデザインです。

関東地方のデザイン

土浦

土浦のご当地ナンバー

土浦のナンバープレートは、帆引き船と花火をモチーフとしたデザインに決定しました。水色と赤色のカラーがナンバープレートに入っているので、同じ系統の青や赤色のボディカラーに似合うナンバープレートです。

つくば

つくばのご当地ナンバー

つくばのナンバープレートは、上記3つのデザインの中から1つ選ばれます。筑波山をモチーフとしたデザインが3つとも描かれていて、つくばナンバープレートを装着する13自治体を連ねた星が配置されていたり、グラデーションカラーでダイヤモンド筑波を表現していて、どの車種にも似合うナンバープレートです。

前橋

前橋のご当地ナンバー

前橋のナンバープレートは、葉っぱや赤城山など自然をモチーフにしたデザインが候補に挙がっています。緑色や水色のカラーリングが多いので、淡色カラーの車に似合うデザインです。

越谷

越谷のご当地ナンバー

越谷のナンバープレートは、越谷特別市民の「ガーヤちゃん」は「南越谷阿波踊り」を踊っているデザインです。通常ナンバープレートの白色を活かしたデザインですので、軽自動車にも普通自動車にも似合うデザインです。

柏のご当地ナンバー

柏のナンバープレートは、春夏秋冬を表したカラフルなデザインが3デザイン、手賀沼をモチーフとした自然のデザインが2つラインナップしています。様々な色を用いたデザインが多く、どのボディカラーの車にも似合うデザインです。

世田谷

世田谷のご当地ナンバー

世田谷のナンバープレートは、多摩川とサギソウをモチーフにしたデザインに決定し、白と水色、黄色などを使ったカラーリングです。図柄も淡い色でデザインされているので主張しすぎず、車の雰囲気を損なわないナンバープレートです。

中部地方のデザイン

福井

福井のご当地ナンバー

福井のナンバープレートは、カニや恐竜としたモチーフがラインナップしていて、全部で10作品が候補に挙がっています。どのデザインもカラフルなものが多く、可愛らしいデザインが多いのでコンパクトカーなど小さい車に似合うナンバープレートです。

春日井

春日井のご当地ナンバー

春日井のナンバープレートは、マスコットキャラクターの「道風くん」や、春日井サボテンの「日丸」をモチーフにしたデザインが多くラインナップしています。18候補の内から1つ選ばれますが、可愛らしいデザインですので軽自動車などに似合うナンバープレートです。

四国地方のデザイン

愛媛

愛媛のご当地ナンバー

愛媛のナンバープレートは、マスコットのみきゃんや瀬戸内海をイメージしたデザインが多く、5パターンラインナップしています。温かみのあるオレンジなどみかんをイメージするカラーリングや、瀬戸内海の水色がデザインされているので、同系色のボディカラーに似合うナンバープレートです。

中国地方のデザイン

鳥取

鳥取のご当地ナンバー

鳥取のナンバープレートは、鳥取砂丘を中心に、梨などをデザインしていて、白色で表現している雲が通常のナンバープレートと同じカラーリングですので、ナンバーの数字も見やすくなっています。主張の強すぎないデザインですので、どんな車にも似合うナンバープレートです。

下関

下関のご当地ナンバー

下関のナンバープレートは、フグや開門橋をモチーフにしたデザインがラインナップしていて、5デザインの中から1つ選ばれます。水色を使ったデザインが多く、コンパクトカーなどの小さい車に似合いそうなナンバープレートです。

九州地方のデザイン

長崎

長崎のご当地ナンバー

長崎のナンバープレートは、教会や椿をモチーフとしたデザインが6作品ラインナップしていて、この中から1点選ばれます。カラフルなデザインが多く、黒や白のボディカラーに似合うナンバープレートです。

地方版図柄入りナンバープレート第2弾は2020年から交付開始

すでにデザインを決定している自治体、検討中の自治体がありますが、導入決定している41地域は2018年10月から交付が開始されます。今回参加していない他の自治体でも追加で募集を行っていて、第2弾では2020年から交付が開始されます。

寄付は1,000円から行うことが出来てフルカラーのナンバープレートを装着、寄付をしなければモノクロのナンバープレートを装着します。

自分の住んでいる地域のナンバープレートで地方のアピールが出来て、この上ないこと目立つことが出来る地方版図柄入りナンバープレートは、軽自動車はもちろん普通車にもおすすめのカスタマイズともいえます。