WRX S4のマイナーチェンジ

新型WRX S4がマイナーチェンジでE型へ プリクラッシュブレーキなどを強化

新型WRX S4のマイナーチェンジ最新情報を紹介します。2018年6月7日のマイナーチェンジの内容、2017年8月7日のマイナーチェンジの内容を紹介。エクステリアはフロント周りを刷新、内装はパネル類やスイッチ類にピアノブラック調の加飾を加えています。スバルで初めて搭載するアイサイト ツーリングアシストの標準装備も大きな話題となっています。

新型WRX S4がマイナーチェンジでE型へ プリクラッシュブレーキなどを強化

WRX S4 E型が2018年6月7日に発売~プリクラッシュブレーキが強化

スバルは、2018年4月27日のプレスリリースで、WRX S4とSTIの年次改良を行い、同年6月7日に発売する事を発表しました。

ここでは、年次改良が行われて誕生したWRX S4 E型の特徴や、スペック情報やグレード別・販売価格や標準装備の特徴を紹介します。

限定100台の特別なWRX「雷雨エディション(RAIUエディション)」をカナダ市場で発売

100台限定の特別仕様車WRX雷雨エディション(RAIUエディション)スバルがカナダで販売する100台限定の特別仕様車WRX雷雨エディション(RAIUエディション)

WRX 雷雨エディション(RAIUエディション)はWRXがカナダ市場で発売して15年経ち、初めて設定される特別仕様車で、専用ボディカラーのクールグレーカーキをはじめ、車両の上に取り付けるシャークフィンアンテナやドアミラーやスポイラーなども専用カラーで用意されています。

スペックはカナダで販売されているWRXと同じ2.0L水平対向4気筒ガソリンターボエンジンを搭載、最大出力268hpで最大トルク35.7kgmを発生、スバル自慢のボクサーサウンドも健在です。
注意が必要なのはトランスミッションにオートマチック(AT)が用意されておらず、6速マニュアル(MT)仕様だけになっていることです。

雷雨エディションの現地の車両価格は4万0995カナダドル(日本円で約347万円)で販売され、限定100台の限定モデルになります。
スバルでは「雷鳴は長く続かない」として早めの予約を推奨しています。

新型WRX S4に新グレード「WRX S4 STIスポーツアイサイト(STI Sport EyeSight)」が追加

WRX S4にSTIスポーツが新たに追加されました。今までWRX S4にあったグレード「2.0GTアイサイト」と「2.0GT-Sアイサイト」に追加される形で「STI スポーツアイサイト」が設定され。WRX S4のグレード構成は3つになりました。

STI スポーツは、トヨタで設定されている「GRシリーズ」や日産で設定されている「ニスモシリーズ」のようなスポーツグレードで、スバルではBRZに次いで設定されました。
エンジン回りを変更するような本格的なスポーツモデルというよりは、足回りやエアロパーツを設定してドライブがより楽しくなるライトスポーツモデルという立ち位置で展開しています。

WRX S4 STI Sportの特別装備

・245/40R18タイヤ&18インチ×8
・ダークグレーメタリック塗装1/2Jアルミホイール
・STIチューニングビルシュタイン製ダンパー&コイルスプリング
・高剛性クランプスティフナー付電動パワーステアリング
・ダークメタル塗装のWRX S4 STI Sportフロントグリル
・ブラックカラードSTIエンブレム付サイドガーニッシュ
・フロント&リヤのSTIエンブレム
・ブラックカラードドアミラー
・ブラックカラードトランクリップスポイラー
・ブラックカラードシャークフィンアンテナ
・本革巻ステアリングホイール
・本革巻シフトレバー
・ブラック/ボルドーとSTIロゴ入りのレカロフロントシート
・STIロゴ入りステンレス製サイドシルプレート
・フェルト巻フロント&リヤ大型ドアポケット

インテリアはステアリングやシフトノブが専用の本革巻きに、フロントシートも専用のレカロシートに変更されています。
エクステリアではドアミラーやフロントグリル、スポイラーやシャークフィンアンテナなどが専用のブラックカラードになりスポーツ感あふれるスタイルに変更されています。
さらに足回りダンパーがホイールも変更されているため従来のWRX S4のグレードとは一線を画するグレードになっています。

WRX S4 STIスポーツアイサイトの価格・燃費・スペック
ミッション AT(マニュアルモード付)
全長 4,595mm
全幅 1,795mm
全高 1,475mm
室内長 2,005mm
室内幅 1,490mm
室内高 1,205mm
車両重量 1,540kg
ホイールベース 2,650mm
最低地上高 135mm
最小回転半径 5.6m
総排気量 1.998L
最高出力 221kW(300PS)/5,600rpm
最大トルク 400Nm(40.8kgm)/2,000-4,800rpm
ボディカラー 6色
JC08モード燃費 12.4km/L
乗車定員 5名
価格 4,093,200円~

WRX S4 E型の内外装はD型と同一で、ボディカラーは全6色

2018年6月7日に発売されるWRX S4 E型の内外装は、ユーザーから好評を得ていたD型と同一です。
D型が備える、スポーツ走行アップに効果的なエアロパーツや、操作性や運転中の臨場感アップに貢献する室内装備はそのまま引き継がれます。

WRX S4E型のボディカラーは全6色

E型のボディカラーは、色鮮やかな「ピュアレッド」や「WRブルー・パール」など全6色あります。「クリスタルホワイト・パール」を塗装色として選んだ場合には、車両価格に32,400円が加算されます。

クリスタルホワイト・パールのWRX S4クリスタルホワイト・パール ※32,400円が塗装色として加算

アイスシルバー・メタリックのWRX S4アイスシルバー・メタリック

ダークグレー・メタリックのWRX S4ダークグレー・メタリック

クリスタルブラック・シリカのWRX S4クリスタルブラック・シリカ

ピュアレッドのWRX S4ピュアレッド

WRブルー・パールのWRX S4WRブルー・パール

E型ではプリクラッシュブレーキの性能が強化

E型となった、WRX S4では、スバルの安全サポートシステム「アイサイト」にパッケージングされるプリクラッシュブレーキが強化されます。

E型では、車両と同一方向に進行している歩行者あるいは自転車に対する、減速制御システムの作動タイミングが早められ、衝突を事前に回避できる能力が向上します。

また、スピードを緩めている状況下であれば、前方に障害物があるにもかかわらず、アクセル操作を行い、走行を続けていれば、システム側が誤ってアクセルを踏み込んだと判断し、プリクラッシュブレーキを発動させて、ぶつからないように衝突を積極に回避する機能性も備わりました。

WRX S4 E型のスペック情報

E型のボディサイズ、パワートレイン等の内部パーツはD型と同一です。そのため、最高出力や最大トルクなどの数値には変化は見られません。

E型は「2.0L DOHC16 バルブデュアルAVCS直噴ターボ DIT」とAWDが組み合わせる事で実現される、ストレスのない伸びやかな走りの魅力に、性能が強化された「プリクラッシュブレーキ」を導入する事で、さらなる安全性が加わります。

WRX S4 E型のスペック
グレード WRX S4 2.0GT EyeSight WRX S4 2.0GT‐S EyeSight
全長 4,595mm
全幅 1,795mm
全高 1,475mm
ホイールベース 2,650mm
乗車定員 5名
エンジン 2.0L DOHC16 バルブデュアルAVCS直噴ターボ DIT
最高出力 221kW/5,600rpm
最大トルク 400Nm/2,000rpm-4,800rpm
燃費 13.2km/L 12.4km/L
トランスミッション スポーツリニアトロニック
駆動方式 AWD(常時全輪駆動)
サスペンション形式[フロント/リヤ] ストラット式独立懸架/ダブルウィッシュボーン式独立懸架
タイヤサイズ 225/45R18 245/40R18

グレード別販売価格と標準装備の特徴を紹介

WRX S4 E型のグレード別販売価格を紹介します。

エントリーグレードである「WRX S4 2.0GT EyeSight」の販売価格は3,369,600円からです。トランクリップスポイラーやビルシュタイン製ダンパーなど標準装備が充実する上位グレードの販売価格は、3,736,800円からとなります。
また2018年9月3日から足回り・エクステリア・インテリアに特別装備を施した新たなグレード「WRX S4 STI Sport EyeSight」が追加されました。

WRX S4 E型の車種別販売価格
車種 販売価格(消費税込)
WRX S4 2.0GT EyeSight 3,369,600円~
WRX S4 2.0GT‐S EyeSight 3,736,800円~
WRX S4 STI Sport EyeSight 4,093,200円~

E型WRX S4「2.0GT EyeSight」標準装備の特徴

2.0GT EyeSightには本革巻きのステアリングホイールや18インチの専用ホイールが標準装備になります。アルミのスポーツパネルも標準装備になり、走りの気持ちが高まる仕様になっています。

2.0GTアイサイトの18インチアルミホイール

WRX S4「2.0GT EyeSight」の純正ホイール2.0GT EyeSightの18インチ純正ホイール

WRX S4のエントリーグレード「2.0GT EyeSight」が標準装備するホイールは、立体感の伴うフィンタイプのデザインを採用し、ガンメタリック塗装を施して色に深みを与えます。

2.0GTアイサイトのLEDハイ&ロービームランプ+ステアリング連動ヘッドランプ

2.0GT EyeSightでは、夜間走行時の視界確保に貢献する「LEDハイ&ロービームランプ」と、「ステアリング連動ヘッドランプ」を標準装備します。

「LEDハイ&ロービームランプ」では、搭載するセンサーで周囲の光量を確認し、ハイビームとロービームを自動で切り替えます。

「ステアリング連動ヘッドランプ」は、カーブや交差点を曲がる際のステアリング操作に連動させて、ヘッドライトの光の向きを変化させます。同システムが作動することで、進行方向にいる車両あるいは、歩行者を早いタイミングで確認する事ができます。

2.0GTアイサイトの本革巻ステアリングホイール

WRX S4の本革巻ステアリングホイール標準装備の本革巻ステアリングホイール

WRX S4が標準装備する「本革巻ステアリングホイール」は、本革素材を握る感覚や、ブラックカラーに映えるレッドステッチ加飾によるカラーリング効果によって、S4を運転する気持ちを高ぶらせます。

2.0GTアイサイトのアルミパッド付スポーツペダル

WRX S4のアルミパッド付スポーツペダルアルミパッド付スポーツペダル

「アルミパッド付スポーツペダル」は、アルミ素材を踏み込んだ際に、足の裏から伝わる感覚や、光沢感が与える視覚効果で、ドライバーのスポーツマインドを刺激します。

E型WRX S4「2.0GT‐S EyeSight」標準装備の特徴

2.0GT‐S EyeSightの標準装備の特徴はさらに豪華になった点です。足回りにはビルシュタイン製のダンパーやスポイラーも追加され上位モデルらしい佇まいと走りを手に入れました。

2.0GT‐Sアイサイトの18インチアルミホイール

2.0GT‐S EyeSightの18インチホイールダークガンメタリック塗装の18インチホイール

「2.0GT‐S EyeSight」では、車体に見合う迫力感いっぱいのスポークタイプのアルミホイールを標準装備させます。同ホイールには、ダークガンメタリック塗装を施して、ホイールの存在感をさらにアップさせます。

2.0GT‐Sアイサイトのビルシュタイン製ダンパー

ビルシュタイン製ダンパー2.0GT‐S EyeSightのビルシュタイン製ダンパー

WRX S4の上位グレード「2.0GT‐S EyeSight」では、走行中の路面から受ける、衝撃力や振動を抑えるためにフロント倒立式のビルシュタイン製ダンパーを標準装備します。

2.0GT‐Sアイサイトのトランクリップスポイラー

WRX S4のトランクリップスポイラー安定感が向上するトランクリップスポイラー

「2.0GT‐S EyeSight」では、走行中の安定感を高めるために、トランク部に「トランクリップスポイラー」を標準装備させます。

トランクリップスポイラーには、車のスピードが出るにつれて大きくなる、車体を持ち上げようとする力、揚力を減らす効果があります。

フルモデルチェンジを控えるためE型では大きな変更点はなかった

D型からE型へと、年時改良が行われたWRX S4では、プリクラッシュブレーキシステムの性能を強化した以外には、大きな変更点はありません。

今回のマイナーチェンジで大きな変更を行わなかったのは、2019年にも行わるフルモデルチェンジのインパクトを大きくするためです。

WRX S4は、圧倒的な走行性能・4ドアセダンの実用性を兼ね備える、日本を代表するスポーツセダンです。そんな、WRX S4は、よりスポーツ性に特化したSTIとともに今後も進化を続けていきます。