セレナのマイナーチェンジ

セレナ・セレナe-POWERのマイナーチェンジは2019年8月でプロパイロットがレーンチェンジに対応か

セレナのマイナーチェンジは2019年8月に行われると予想しています。プロパイロットがアップデートされ車線変更にも対応したり、インテリジェントエマージェンシーブレーキが昼間の自転車や夜間の歩行者にも対応し更に安心感が増したドライブができるでしょう。

セレナ・セレナe-POWERのマイナーチェンジは2019年8月でプロパイロットがレーンチェンジに対応か

セレナが2019年にマイナーチェンジ!プロパイロットのアップデートやe-POWERの4WDモデルが追加か?

日産のミニバンの中でも人気車種であるセレナは、2016年8月にフルモデルチェンジを行い現行の5代目となり、パワートレインにe-POWERを追加・AUTECHモデルの発売などが行われています。

2019年7月にはマイナーチェンジが入り後期型になると噂されていて、プロパイロットのアップデートやe-POWERに4WDモデルが追加されると考えます。いままで行われてきたセレナの改良歴をチェックしながら2019年8月に行うと予想するマイナーチェンジについて見ていきましょう。

新型セレナの先行サイトが公開!マイナーチェンジ後のエクステリアや装備はこうなる

新型セレナ

2019年7月16日より、今夏に発売される予定の日産セレナの先行サイトが公開されました。今回のマイナーチェンジではエクステリアデザインが変更されるほか、安全装備の強化を図っています。

新型セレナの安全装備

新型セレナは全車に360°セーフティアシスト(全方位運転支援システム)を標準装備し、以下の機能を備えます。

新型セレナのセーフティアシスト

  • インテリジェントエマージェンシーブレーキ
  • 踏み間違い衝突防止アシスト
  • アダプティブLEDヘッドライトシステムまたはハイビームアシスト
  • RCTA(後退時車両検知警報)
  • 標識検知機能(進入禁止標識検知・最高速度標識検知・一時停止標識検知)
  • インテリジェントLI(車線逸脱防止支援システム)/LDW(車線逸脱警報)
  • インテリジェントBSI(後側方衝突防止支援システム)/BSW(後側方車両検知警報)
  • プロパイロット(メーカーオプション)
  • インテリジェントアラウンドビューモニター(メーカーオプション)
  • インテリジェントパーキングアシスト(メーカーオプション)
  • インテリジェントルームミラー(グレード別設定)

サンライズオレンジ(RPM)/ダイヤモンドブラック(P) 2トーン)サンライズオレンジ(RPM)/ダイヤモンドブラック(P) 2トーン

ダークメタルグレー(M)/ダイヤモンドブラック(P) 2トーンダークメタルグレー(M)/ダイヤモンドブラック(P) 2トーン

マルーンレッド(RPM)/ダイヤモンドブラック(P) 2トーンマルーンレッド(RPM)/ダイヤモンドブラック(P) 2トーン

ブリリアントホワイトパール(3P)/ダイヤモンドブラック(P) 2トーンブリリアントホワイトパール(3P)/ダイヤモンドブラック(P) 2トーン

また、新型セレナには全13色のボディカラーがラインナップします。このうち新色として、サンライズオレンジとダークメタルグレーの2色、これらの2色にダイヤモンドブラックのルーフを組み合わせた2トーンカラー2色が追加されています。

セレナのマイナーチェンジではVモーショングリルの拡大や純正ナビが10インチになって見やすく!

現行型セレナe-POWER現行型セレナe-POWER

日産のファミリーミニバン「セレナ」が2019年8月にマイナーチェンジをひかえていますが、ガソリンモデル、ハイブリッドモデル、e-POWERモデル全てマイナーチェンジをするということで、注目が集まっています。

エクステリアでの変更点は、フロントバンパーに大きくデザインの変更が施されたことにより、Vモーショングリルの面積も若干拡大されています。フロントグリルにはメッシュのデザインが採用されたようです。

アルミホイールは選択が可能とのことですが、一部選択ができないグレードがあるようです。ただ、選択肢が広がるのはポイントが高いのではないでしょうか。エクステリアは空冷効果をアップした、スポーティで実用性が高い1台となるでしょう。これ以外では大きな変更点はないもようです。
ボディーカラーについて新色が追加され、2色が廃盤になるとの情報がありますが、まだ詳細が明らかになっていないため、こちらは新しい情報が入り次第お伝えします。

現行型セレナのインテリアセレナの純正ナビゲーションディスプレイは10インチに拡大

インテリアについての大きな変更はありませんが、注目すべきはナビゲーションディスプレイです。現行モデルで最大サイズの純正ナビゲーションディスプレイのサイズは9インチですが、マイナーチェンジ後の純正ナビゲーションディスプレイは10インチに拡大され、操作や視認性が大幅にアップするでしょう。これに伴い、ナビゲーションディスプレイ周辺の形状も変更が施されます。

セレナの安全装備

安全装備について、プロパイロット・システムがアップロードされることにより、110km/hから120km/hに巡航速度の設定が変更になります。

販売価格はまだ明らかになっていませんが、2019年7月中旬には価格の公開と見積もりを開始するとのことです。続報が入り次第、随時お知らせしていきます。

セレナのマイナーチェンジでプロパイロットがアップデートしエマージェンシーブレーキなどの精度がアップ

2019年にマイナーチェンジ予定のセレナのエクステリア2019年のマイナーチェンジでプロパイロットの機能が向上か

セレナのマイナーチェンジでプロパイロットがアップデートし、より精度と安全性が高まると考えます。マイナーチェンジ前のセレナに搭載されているエマージェンシーブレーキは、自転車や夜間の歩行者には対応していませんが、2019年8月のマイナーチェンジ後には自転車や夜間の歩行者にも対応したエマージェンシーブレーキになると予想します。

マイナーチェンジで行われるプロパイロットのアップデート

  • 標識検知機能の種類増加
  • 自動ブレーキが夜間歩行者や自転車に対応する
  • プロパイロット走行中でのレーンチェンジに対応する

また、セレナに搭載されているプロパイロットは単一車線しか使えませんが、マイナーチェンジ後にはレーンチェンジにも対応し複数車線において使うことができるようになると予想します。

ほかにも標識検知機能は「進入禁止」「最高速度標識」「一時停止標識」の3種類のみ認識しインフォメーションディスプレイなどに表示しますがマイナーチェンジ後では種類を増やし、はみ出し禁止などの標識も認識するようになると考えます。

セレナのe-POWERにノートと同様の4WDモデルが追加されバリエーションが広がる

セレナのマイナーチェンジ後にはe-POWERにノートと同様の4WDモデルが追加し、さらにバリエーションを増やすと予想します。現行のセレナe-POWERでは2WDのみラインナップしていますが、2019年8月の改良後には後輪用のモーターを搭載し4WD走行を可能とします。

セレナとノートのe-POWERスペック比較
セレナ ノート
エンジン型式 HR12DE HR12DE
種類 直列3気筒 直列3気筒
排気量 1,198cc 1,198cc
最高出力 64kW/6,000rpm 58kW/5,400rpm
最大トルク 103Nm/3,200~5,200rpm 103Nm/3,600~5,200rpm
モーター型式 EM57 EM57
モーター最高出力 100kW 80kW
モーター最大トルク 320Nm 254Nm
リアモーター型式 N2
リアモーター最高出力 3.5kW/4,000rpm
リアモーター最大トルク 15Nm

ノートとセレナのe-POWERを比較するとモーター型式は同じですが、ボディサイズの大きいセレナのほうが出力・トルクともに大きくなっています。2019年8月に行われるマイナーチェンジでは、セレナのe-POWERにもリアモーターを搭載した4WDモデルがラインナップすると考え、ノートe-POWER4WDよりも少し出力が大きいものが搭載されると予想します。

2019年日産セレナの販売価格一覧
セレナのグレード 駆動方式 販売価格
e-POWER X 2WD(FF) 2,968,920円~
4WD
e-POWER ハイウェイスター 2WD(FF) 3,178,440円~
4WD
S 2WD(FF) 2,440,800円~
4WD
X 2WD(FF) 2,504,520円~
4WD 2,748,600円~
G 2WD(FF) 2,853,360円~
4WD 3,140,640円~
ハイウェイスター 2WD(FF) 2,683,800円~
4WD 2,971,080円~
ハイウェイスター G 2WD(FF) 3,016,440円~
4WD
e-POWER XV 2WD(FF) 3,128,760円~
4WD
e-POWER XV(防水シート車) 2WD(FF) 3,161,160円~
4WD
e-POWER ハイウェイスター V 2WD(FF) 3,404,160円~
4WD
e-POWER ハイウェイスター V(防水シート車) 2WD(FF) 3,436,560円~
4WD
X Vセレクション2 2WD(FF) 2,662,200円~
4WD 2,906,280円~
X Vセレクション2(防水シート車) 2WD(FF) 2,694,600円~
4WD 2,938,680円~
ハイウェイスター Vセレクション2 2WD(FF) 2,874,960円~
4WD 3,135,240円~
ハイウェイスター Vセレクション2(防水シート車) 2WD(FF) 2,907,360円~
4WD 3,167,640円~
NISMO 2WD(FF) 3,424,680円~
4WD
AUTECH 2WD(FF) 2,990,520円~
4WD 3,223,800円~
AUTECH V Package 2WD(FF) 3,116,880円~
4WD 3,350,160円~
AUTECH Safety Package 2WD(FF) 3,324,240円~
4WD 3,517,560円~
AUTECH SPORTS SPEC 2WD(FF) 3,572,640円~
4WD
e-POWER AUTECH V Package 2WD(FF) 3,624,480円~
4WD
e-POWER AUTECH Safety Package 2WD(FF) 3,821,040円~
4WD

セレナのマイナーチェンジ歴をおさらいしておこう

2016年8月にフルモデルチェンジして発売された5代目のC27セレナは、新しいシステムであるプロパイロットを初めて搭載した車種でもあります。先代のセレナよりも迫力のあるVモーショングリルを採用し、ボディカラーは新色を追加、キャップレス給油口の採用など外装・内装・快適性など全てにおいてアップグレードされています。

セレナ(C27)のマイナーチェンジ歴
2016年8月 フルモデルチェンジして発売
2016年11月 25thスペシャルセレクション発売
2016年12月 スズキへOEMでランディを発売
2017年5月 特別仕様車のVセレクションを発売
2017年11月 セレナにNISMOを設定
2018年1月 セレナAUTECHが発売
2018年3月 セレナe-POWERを発売
2019年8月 マイナーチェンジを実施

セレナには上級モデルのハイウェイスターや特別仕様車のVセレクションだけではなく、スポーツモデルのNISMOや新たに設定されたモデルのAUTECH、ノートに搭載され爆発的なヒットを生んだパワートレインのe-POWERを搭載するなど、様々な改良が加えられています。

C27セレナはフルモデルチェンジ後に大きなマイナーチェンジは入っておらず、2019年8月にe-POWERの4WDを追加・プロパイロットのアップデートなどの改良が入ると予想します。

セレナは日産で1番売れているミニバンでバリエーションも豊富なため多くの人の期待に応えるモデル

日産が販売するセレナは1991年に誕生した7・8人乗りのミニバンでたくさんの家族や仲間を乗せて走り続けてきたモデルです。2016年にセレナは5代目へとフルモデルチェンジし、大きくなったVモーショングリルなどエクステリアの改良のほかに、日産の中でも初システムのプロパイロットを搭載しました。

2019年8月に行われると予想するセレナのマイナーチェンジは、プロパイロットの改良によりインテリジェントエマージェンシーブレーキが夜間の歩行者・昼間の自転車に対応する自動ブレーキとなる、高速道路での運転補助にレーンチェンジの機能が追加されるなど利便性をアップさせた改良が加えられると考えます。

ほかにも、2018年内に追加するe-POWERに4WDモデル追加の可能性もあり雪国ユーザーにも嬉しいアップデートになります。これからもセレナは家族や仲間を乗せて走り続けていくでしょう。