RAV4の年間維持費

新型RAV4の維持費は年間いくら?ガソリン車とハイブリッド車で徹底比較

新型RAV4の年間維持費をガソリン車とハイブリッド車で比較。走行距離は1万kmに設定して求めた燃料代・総排気量によって税区分が変化する自動車税などを内訳として計算した結果、グレード「G」は47.5万円・「HYBRID G」は46.1万円となりました。

新型RAV4の維持費は年間いくら?ガソリン車とハイブリッド車で徹底比較

新型RAV4の年間維持費をガソリン車のグレード「G」とハイブリッド車の「HYBRID G」で徹底比較

2019年4月10日に日本市場で復活する新型RAV4の年間維持費を求めます。クロスオーバーSUVのルーツ車でもあり、世界市場で評価されるRAV4の新型モデルの購入を検討されている方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、フルモデルチェンジを機に新設定されたハイブリッド車と、ガソリン車の新型モデルの年間維持費を求めて、新型RAV4のグレード選びをお手伝いします。

新型RAV4(日本仕様)の主要諸元とグレード別の販売価格一覧表

トヨタ 新型RAV4

フルモデルチェンジが実施されて誕生した5代目「RAV4」は、トヨタの次世代エンジンであるダイナミックフォースエンジンに、THS2を組み合わせるハイブリッド車を追加設定します。電気式AWD「E‐Four」等の先進装備を備える新型RAV4のハイブリッド車は、環境性能だけではなく走りの魅力も追求します。

新型RAV4(日本仕様)の主要諸元
グレード G HYBRID G
全長 4,595mm
全幅 1,855mm
全高 1,700mm
ホイールベース 2,690mm
燃費(WLTC) 15.2km/L 20.6km/L
駆動 4WD 4WD(E‐Four )
燃料 無鉛ガソリン
乗車定員 5名
エンジン 直列4気筒2.0L直噴 直列4気筒2.5L直噴
最高出力 131kW/5,700rpm 126kW/6,600rpm
最大トルク 250Nm/5,000rpm 221Nm/3,600‐5,200rpm
モーター最高出力 88kW
モーター最大トルク 202Nm
総排気量 1.998L 2.487L
タイヤサイズ 225/60R18 225/60R18

新型RAV4のガソリン車とハイブリッド車のベースグレードにあたる「X」と「HYBRID X」は、ルーフモールやリヤスポイラー、3灯式LEDヘッドランプ等の標準装備によって、同車のSUVとしての魅力を向上させます。

グレード「アドベンチャー」は、ダウンヒルアシストコントロールやフロントフォグランプ、自動防眩ルームミラー等を追加装備して、新型RAV4に更なるアクティブな走りを期待するオーナーを満足させます。

ガソリン車とハイブリッド車の上級グレードである「G」と「HYBRID G」は、シルバー塗装が施されたアルミホイール・本革巻き3本スポーツステアリグホイールなどを装備させて、内外装の質感と乗車時の快適性を向上させます。

新型RAV4 グレード別 販売価格一覧表
グレード 駆動 車両価格 寒冷地仕様

X

2WD(FF) 2,608,200円~ 2,630,880円~
4WD 2,835,000円~ 2,857,680円~
G 4WD 3,202,200円~ 3,224,880円~
G Gパッケージ 4WD 3,348,000円~ 3,370,680円~
アドベンチャー 4WD 3,137,400円~ 3,160,080円~

ハイブリッドX

2WD(FF) 3,202,200円~ 3,221,640円~
4WD(E‐Four) 3,450,600円~ 3,470,040円~
ハイブリッドG 4WD (E-Four) 3,817,800円~ 3,837,240円~

新型RAV4の年間維持費 ~ ガソリン車のグレード「G」は47.5万円・ハイブリッド車の「HYBRID G」は46.1万円

トヨタ 新型RAV4 リアサイドビューと年間維持費概算

新型RAV4の年間維持費を、法律によって支払い金額が定められている自動車税、任意に数値を設定して求めた燃料代などを内訳として計算した結果、その概算値はガソリン車のグレード「G」で47.5万円・ハイブリッド車の「HYBRID G」で46.1万円となりました。

新型RAV4の年間維持費概算
グレード G HYBRID G
自動車税 39,500円 45,000円
燃料代 95,410円 70,325円
駐車場代 120,000円 120,000円
車検代 38,260円 42,360円
任意保険料 91,700円 93,600円
諸経費 90,167円 90,167円
合計金額 475,037円 461,452円

新型RAV4の自動車税はハイブリッド車が45,000円・ガソリン車は39,500円

年度始めの4月1日時点で車を所有していれば、期日までに納付しなければならない自動車税は、車の総排気量に応じて税額を定めています。新型RAV4のガソリン車(総排気量1.998L)には税区分「1.5L超~2.0L以下」が適用されるため、5月末までに支払うべき自動車税は39,500円となります。

一方のハイブリッド車(総排気量2.487 L)には税区分「2.0L超~2.5L以下」が適用されるため、自動車税の金額は45,000円となります。

車の分類 総排気量 税額

自家用車

1L以下 29,500円
1L超~1.5L以下 34,500円
1.5L超~2.0L以下 39,500円
2.0L超~2.5L以下 45,000円
2.5L超~3.0L以下 51,000円
3.0L超~3.5L以下 58,000円
3.5L超~4.0L以下 66,500円
4.0L超~4.5L以下 76,500円
4.5L超~6.0L以下 88,000円
6.0L超~ 111,000円

年間走行距離を1万kmと設定すると「RAV4」の燃料代はガソリン車で9.5万円 ハイブリッド車で7万円かかる

ガソリンを給油中の女性

RAV4の1年間にかかる燃料代は、道路事情などの外的要因によっても変化しますが、「燃費」「年間走行距離」「燃料価格」といった3つのカテゴリーの数値によって概算する事ができます。

年間走行距離の目安

  • 通勤・通学(往復30km×120日×=3,600km)
  • 週1度のお買い物(往復30km×52週=1,560km)
  • 月1度のレジャー(往復400km×12回=4,800km)
  • 3,600km+1,560km+4,800km=9,960km

燃料代を概算するために、モデルケースとして上記のように「RAV4」を通勤やアウトドアシーンなどで利用しているオーナーを想定します。

年間走行距離は計算のしやすさも考慮して、9,960kmの端数を切り上げて10,000kmとします。年間走行距離(10,000km)をRAV4のガソリン車とハイブリッド車の燃費で割って求めた「年間燃料消費量」にガソリン価格を掛ければ1年間にかかる燃料代が導けます。

RAV4 の1年間にかかる燃料代の概算値

  • 年間燃料消費量
  • 「G」:10,000km ÷ 15.2km/L = 658L
  • 「HYBRID G」:10,000km ÷ 20.6km/L = 485L
  • 1年間にかかる燃料代
  • 「G」:658L × 145(円/L)= 95,410円
  • 「HYBRID G」:485L × 145(円/L) = 70,325円

※WLTCのカタログ燃費は実燃費に近いのでRAV4のグレード「G」は15.2km/L、「HYBRID G」は20.6km/Lの数値をそのまま採用して計算を行う

※ガソリン価格は2019年2月26日~3月4日までにおいての全国平均価格である1Lあたり145 円と設定

上記のようにガソリン価格は145円、年間走行距離は10,000kmと任意に数値を設定して新型「RAV4」の年間燃料代を求めた結果、グレード「G」は95,410円・「HYBRID G」は70,325円となりました。

駐車場代12万円の内訳~月極駐車場を全国相場の1万円で借りている場合を想定

駐車場

寒冷地仕様車をラインナップさせる「RAV4」は、北海道や東北など雪国においての需要も見込まれる車です。そのため月極駐車場代は全国相場の10,000円と設定して計算を行います。そうすれば、1年間にかかる駐車場代は12万円となります。

駐車場代は「RAV4」の年間維持費を求めるにあたって、実費との間で最も誤差が膨らみやすい項目です。月極駐車場を借りている方を比較しても、全国相場と東京(23区)の相場を比較すれば2万円もの開きが生じて、一軒家に住んでいて自宅に駐車スペースを用意できる方であれば無料となるからです。

実費に近い駐車場代を知りたいという方は、駐車場賃貸借契約書などに記載されている月極料金を用いて再計算する事をお勧めします。

全国主要都市の月極駐車場の相場

  • 東京(23区)の相場:30,000円
  • 大阪市の相場:25,000円
  • 横浜市の相場:17,000円
  • 名古屋市の相場:11,000円
  • 福岡市の相場:11,000円
  • 札幌市の相場:10,000円
  • 全国の相場:10,000円

年間換算の車検代は「G」は3.8万円・「HYBRID G」は4.2万円と概算した

車検代の内訳は、重量税や自賠責保険などのように支払い額が法律によって定められている法定費用と、ディーラーや整備工場などの依頼場所によって金額が異なる代行手数料・整備費用です。

新型「RAV4」の法定費用
グレード G HYBRID G
自賠責保険 36,780円 36,780円
重量税 36,900円 49,200円
印紙代 1,100円 1,100円
合計 74,780円 87,080円

代行手数料・整備費用を4万円と設定すれば、グレード「G」の車検代は114,780円(1年換算:38,260円)、「HYBRID G」の車検代は127,080円(1年換算:42,360円)となります。

RAV4を新車で購入した場合の自賠責保険料は36,700円

人身事故の被害者を救済するという観点から、公道を走る車には法律によって自賠責保険の加入義務が定められています。RAV4を新車で購入した場合には、自賠責保険は37ヵ月加入となります。

車種

保険期間

37ヵ月 36ヵ月 25ヵ月 24ヵ月 13ヵ月 12ヵ月 1ヵ月
普通自動車 36,780円 35,950円 26,680円 25,830円 16,380円 15,520円 5,870円

※新車を購入した場合は、自賠責保険は37ヶ月加入となります。

グレード「G」の重量税は36,900円・「HYBRID G」の重量税は49,200円と予想される

重量税は車両重量が500kg増加するごとに税額を加算していく税方式を採用しています。新型RAV4の日本仕様車の車両重量は、2019年3月中旬時点では確認できないため、米国市場で販売されているモデルから重量を予測すれば、ガソリン車のグレード「G」は1,480kg、ハイブリッド車のグレード「HYBRID G」は1,540kgくらいではないかと思われます。

その重量を適用すればRAV4を新車で購入した場合には、グレード「G」では36,900円、「HYBRID G」では49,200円の重量税が課せられます。

RAV4のハイブリッド車には、エコカー減税等の優遇措置が適用される可能性がありますので重量税は割安になる事も十分に考えられますが、それらは恒常的な制度ではないため、ここでは49,200円と設定します。

車両重量 車検の有効期間(3年) 車検の有効期間(2年)
~500kg以下 12,300円 8,200円
~1,000kg以下 24,600円 16,400円
~1,500kg以下 36,900円 24,600円
~2,000kg以下 49,200円 32,800円
~2,500kg以下 61,500円 41,000円
~3,000kg以下 73,800円 49,200円

※車を登録してから、13年、18年が経過すると、重量税が加算されます。
※エコカー減免制度が適用される車であれば、税額が免除、及び一定割合減免されます。

「RAV4」の車検を指定工場に依頼した場合にかかる印紙代は1,100円

法定費用の一種である印紙代は、指定工場・認定工場に依頼するかによって金額が変化します。車検を自社で完結できる設備を備える指定工場に作業を依頼した場合には、車種に拘わらず金額は一律で1,100円となります。

認証工場に依頼した場合には、軽自動車であれば1,400円・5ナンバーでれば1,700円・3ナンバーの車両であれば1,800円です。ここでは、指定工場に依頼した場合を想定するため印紙代は1,100円と設定します。

指定工場

1100円(一律)

認定工場

軽自動車:1,400円
5ナンバー:1,700円
3ナンバー:1,800円

車両保険はつける・対人賠償は無制限などの条件設定で見積もった新型「RAV4」の任意保険料は約9万円

任意保険は加入する保険の補償プランや、ドライバーの年齢や属する等級などによって支払い額を算出します。新型「RAV4」の中心購買層は30歳以上と考えられるため、等級は世代平均の14等級と設定します。任意保険料を見積もりするにあたって、具体的には下記のように諸条件を設定してシミュレーションを行いました。

  • 年齢30歳以上
  • 年間走行距離11,000km以下
  • 対人賠償は無制限
  • 対物賠償は無制限
  • 14等級
  • ゴールド免許保有
新型RAV4の任意保険の見積り額
G 91,700円(43,400円)
HYBRID G 93,600円 (43,500円)

※()内の数値は、車両保険なしの金額

その結果、車両保険をつけた場合のグレード「G」の任意保険の見積り額は91,700円となり、「HYBRID G」では93,600円となりました。

自賠責保険では対応できない自損事故などが発生した場合に備えて、ほとんどのドライバーが加入する任意保険は、ドライバーの属する等級などによって支払い額に差が生じますので、実際の費用を把握したいという方は、ご自身にマッチした諸条件を設定して再見積もりする事をお勧めします。

タイヤ購入代とオイル・エレメント交換費用を内訳とする諸経費の合計は約9万円

諸経費90,167円の内訳は、新品タイヤの購入代とオイル・エレメント交換費用です。必要時に応じてその他のパーツ交換を行う際には、概算値(90,167円)にそれらの交換費用を加えれば、実費に近い金額が求まります。

グレード「G」「HYBRID G」の諸経費

グレード G HYBRID G
タイヤ購入代 76,667円
オイル・エレメント交換代 13,500円
合計 90,167円

今回求めたオイル・エレメントの交換費用は、ガソリン車のグレード「G」とハイブリッド車の「HYBRID G」では同一額としましたが、実際にはそれぞれが異なる金額である可能性も十分に考えられます。

3年サイクルで新品タイヤを購入したとすれば1年間の積立金は7.7万円ほどであると概算できる

トヨタ 新型RAV4の下部ボディーのサイドビュー

タイヤは摩擦等の影響を受けて表面がスリ減っていく消耗品です。新型「RAV4」でアウトドア走行を安全に楽しむためには、タイヤは定期的に新品へと交換する必要があります。

一般的には、新品タイヤへと交換する時期の目安は3~4年と言われています。RAV4の場合にはアスファルトよりもダメージを受けやすいオフロード走行を楽しむオーナーの割合が多いと考えられるため、3年周期で新品タイヤを購入するものと設定します。

新型RAV4のタイヤ購入費用(2019年3月時点の4本セットの安値相場)

  • タイヤサイズ:225/60R18
  • 夏タイヤ:104,000円(ブリヂストン「DUELER H/ L850」)
  • 冬タイヤ:126,000円(ヨコハマ「ice GUARD 6」)

新型RAV4のグレード「G」と「HYBRID G」のタイヤサイズはともに225/60R 18です。夏タイヤは静粛性・低燃費性能も備えるブリヂストンの「DUELER H/L850」を、冬タイヤは氷上・雪上グリップ力に優れたヨコハマの「ice GUARD 6」を安値相場で購入したケースを想定します。

そうすると合計額は23万円となり、その金額から判断すれば1年間の積立金は7.7万円ほどであると判断できます。

グレード G HYBRID G
タイヤサイズ 225/60R18
夏タイヤ 104,000円
冬タイヤ 126,000円
合計額 230,000円
年間換算 76,667円
新型「RAV4」が搭載するダイナミックフォースエンジンの状態を維持するのに必要なオイル・エレメント交換の費用は年間で13,500円

エンジンオイル交換作業

新型「RAV4」が搭載する世界トップレベルの熱効率を実現するダイナミックフォースエンジンの状態を維持し続けるためには、エンジンオイルとエレメントを定期的に交換する必要があります。

同車の製造・販売を行うトヨタは、悪路走行が多い・山道などを頻繁に走行する機会が多い場合のエンジンオイルの交換は、半年単位で行うべきであると推奨しています。そのため、オフロードでのアクティブな走りを楽しめる新型「RAV4」のオイル交換は、年に2回実施すると設定します。

エンジンオイルには動作過程で金属粉などの不純物が混じり込んでしまいます。それら不純物を綺麗に除去するパーツであるエレメントの交換は、年に1回行うものとして考えます。

RAV4のオイル・エレメント交換費用

  • オイル交換(年2回)年:5,000円× 2 = 10,000円
  • エレメント交換(年1回):2,000円
  • 作業工賃:1,500円
  • 合計金額:13,500円

※オイル・エレメント交換費用はディーラーやスタンドなどの依頼場所によっても異なりますが、それらの金額は平均的な5,000円と2,000円に設定
※工賃は1作業あたり500円で計算

ハイブリッド車もラインナップする新型「RAV4」のグレード選びは年間維持費も含めて判断しましょう

日本市場だけではなくて、世界市場においてもSUVブームが続いています。中でも人気の高いのがSUVの魅力にスタイリッシュさなどを加えるクロスオーバーSUVです。

クロスオーバーSUVのルーツ車とも言われている「RAV4」が2019年4月10日に日本市場に復活します。歴代モデルに乗車していた方だけではなくて、ミニバンやセダンなどの車種からの乗り換え需要も期待される新型「RAV4」は、ガソリン車だけではなくてハイブリッド車もラインナップさせます。

新型「RAV4」のガソリン車とハイブリッド車のどちらを購入すべきか迷っている方は、車両価格や主要諸元だけではなくて、年間維持費を含めて判断しましょう。