ブーンの内装

ブーンの内装をスタンダード・スタイル・シルクの3グレードに分けて解説!

ダイハツ・ブーンの内装をグレードごとに紹介。新型ブーンの内装はスタンダードとシルクに加えスタイルが新グレードとして加わり、質感が大きくアップしました。エントリーモデルXを除き全車にスマートアシスト3を搭載するなど先進安全装備も充実。多彩なシートアレンジで積載性も優れています。

ブーンの内装をスタンダード・スタイル・シルクの3グレードに分けて解説!

ダイハツ新型ブーンの内装をコックピット・シート・安全装備・ラゲッジルームなどに注目して紹介!

2004年より販売されているコンパクトカーのダイハツ・ブーンの内装を紹介します。2018年にマイナーチェンジを行い、標準仕様にあたる「スタンダード」と上級グレードの「シルク」に加えて「スタイル」が追加され、全部で3グレード構成となったDAIHATSUブーン。
この改良によってエクステリアとともに内装の質感もアップし、より高級感のあるスタイリッシュなデザインへと生まれ変わりました。

コックピットやシートデザイン、ラゲッジルーム等を中心に、2019年で販売15周年を迎えるダイハツ新型ブーンの内装を詳しくまとめていきます。メーカーオプションや純正アクセサリーも要チェックです!

ダイハツの新型ブーンのコックピットは実用性とおしゃれを両立した機能美デザイン

ダイハツ・ブーンスタンダードのコックピットダイハツ・ブーンスタンダードのコックピットは機能性を重視したデザイン

新型ブーンスタイルのコックピッ新型ブーンスタイルのコックピットはマゼンダカラーのインパネが華やか

現行型ブーンシルクのコックピット現行型ブーンシルクのコックピットはカッパーやピアノブラック調のインパネが上質感のあるインテリア

ブーンスタンダード・スタイル・シルクのコックピット画像です。エアコンレジスターとオーディオ、エアコンのパネル加飾はグレードごとに設定が異なります。

おしゃれで感度の高い女性ドライバーを主要ターゲットとしているだけあって、Gパッケージは本革ステアリングホイールやメッキシフトレバーボタンを採用するなど、質感の高さにもこだわっています。

ブーンシルクの二眼メーター

ブーンスタイルとシルクは2眼メーター、スタンダードモデルは単眼メーターを搭載。どちらも視認性が高く、細かな数値もしっかりと把握することができます。

エコドライブに貢献するマルチインフォメーションディスプレイとエコインジケーターは、グレードを問わずブーン全車に標準装備されています。

ダイハツ・ブーンのオートエアコンコンソールプッシュ式のオートエアコンは操作が簡単でブーン車内の快適な温度を維持する

プッシュ式オートエアコンは「X“SA 3”」と「X」の2グレード以外のブーン全車に標準装備されています。液晶ディスプレイなのでくっきりと見やすく、スイッチとダイヤルで操作しやすいのが魅力です。

ダイハツ・ブーンのチルトステアリング機構とシートリフターの動作説明図チルトステアリング機構・シートリフターにより最適なドライビングポジションをキープ

ハンドルの高さを調整できるチルトステアリングは全車に標準装備、座面の高さを動かせる運転席シートリフターはメーカーオプションで「X“SA 3”」と「X」以外の全車に装備可能です。自分の体型に合ったドライビングポジションを細かく設定できます。

新型ブーンのシートはグレードごとに個性が感じられるおしゃれなデザインに注目!

新型ブーンスタンダードのシート内装新型ブーンスタンダードのシート内装はグレーカラーのジャージ素材が設定される

ブーンシルクのシート内装ブーンシルクのシートデザインはカッパー×グレーの大人っぽいファブリックデザイン。メーカーオプションのドレスアップパッケージでレザー調×ファブリックシートに変更可能

現行型ブーンスタイルのシート内装現行型ブーンスタイルのシートはマゼンダカラーのインパネに合わせた専用のスエード調トリコットを採用

ダイハツ・ブーンのシート内装は、コックピットと同様それぞれのグレードのイメージに合わせたデザインです。素材はどのグレードもファブリックですが、スタンダードではグレーのジャージ、シルクとスタイルには各専用デザインのスエード調トリコットが設定されています。

なお、ブーンシルクの“Gパッケージ SA 3”に限り、メーカーオプションでウォームグレーステッチが施されたレザー調×ファブリックに変更することができます。

DAIHATSUブーンのラゲッジルームは多彩なシートアレンジでサイズの大きな荷物もスムーズに積載可能!車内の収納スペースも充実

新型ブーン後部座席のシートアレンジ例新型ブーンは後部座席に6:4分割可倒式リヤシートを採用し長尺物や大きな荷物もラクラク収納可能に!

新型ダイハツ・ブーンは、6:4分割可倒式リヤシートを採用することで、トランクケースやカーペットなど荷物の形状やサイズに合わせてシートアレンジが可能です。一見コンパクトに見えますが、買い物やレジャーでも活躍してくれます。

ブーン前席のセンターアームレスト、グローブボックス、センターロアボックス、カップホルダー、ショッピングフック前席にはセンターアームレスト・グローブボックス・センターロアボックス・カップホルダー・ショッピングフックを配置

ダイハツ・ブーンのドアポケット/ボトルホルダーとプルハンドルポケットフロント・リアともにドアポケット/ボトルホルダーとプルハンドルポケットを標準装備

助手席シート背面のバックポケット助手席シートの背面にはバックポケットを用意

センターアームレストやドリンクホルダーなど、これらは現行型ブーンの全車に標準装備されている収納です。スマートフォンや飲み物などもスッキリと収納できます。

ブーンスタイルとブーンシルク(左)、スタンダード(右)の助手席前収納新型ブーンはスタイルとシルク、スタンダードで助手席前の収納の構造は異なる

スタイル・シルクグレードにはインパネアッパーボックス/センタートレイ、スタンダードグレードにはインパネロングアッパートレイを標準装備しています。ブーンの内装におけるグレード間での違いのひとつです。

ダイハツ・ブーンのスマートアシスト3搭載車はセーフティ・サポートカーS<ワイド>に該当する

ダイハツ・ブーンのスマートアシスト3動作イメージダイハツ・ブーンは先進安全装備スマートアシスト3をエントリーモデル以外の全車に標準装備している

ダイハツ新型ブーンはエントリーモデルの「X」を除く全車にスマートアシスト3を搭載しています。スマートアシスト3にパッケージングされている内容は以下の通りです。

  • 衝突回避支援ブレーキ機能(対車両・対歩行者)
  • 衝突警報機能(対車両・対歩行者)
  • 車線逸脱警報機能
  • 誤発進抑制制御機能(前方・後方)
  • 先行車発進お知らせ機能
  • オートハイビーム

このうち、自動ブレーキ(対歩行者)・ペダル踏み間違い時加速抑制装置・車線逸脱警報・先進ライトを搭載した車は政府が推奨するセーフティ・サポートカーS<ワイド>に該当します。運転初心者から高齢者まで、幅広い年齢層のドライバーが安心してドライブを楽しむことができます。

現行型ダイハツ・ブーンをさらにドレスアップ!一押しのインテリアアイテムをピックアップ

ブーンオプションのインテリアパネルセット マゼンダ(上)とカッパー(下)カラフルで気持ちがアガるインテリアパネルセットはマゼンダとカッパーから選べる

センタークラスターパネル・パワーウィンドウスイッチパネル(フロント・リア)の3点がセットになったインテリアパネルセットは、ブーンの内装をガラリとイメチェンしてくれます。新型ブーンの「X “SA 3”」と「X」の2グレード以外の全車に装備可能です。

ブーンの黒×赤のシート(上)とホワイト(下)のシートカバー黒×赤のシートはスポーティに、ホワイトのシートは開放的な空間を演出する

本革風のシートカバーは赤ステッチ入りのブラックとホワイトの2カラーがラインナップしています。どちらも高級感があって、ブーンの内装ドレスアップにはぴったりのオリジナルアクセサリーです。

新型ブーンのLEDフロアイルミネーション新型ブーンとの夜のドライブの雰囲気を高めるブルーのLEDフロアイルミネーション

先進的なブルーのフロアイルミネーションは、ナイトドライブをより楽しくしてくれるオプションです。フロントとリヤセットとなっており、ドアをオープンするとムーディに点灯します。

新型ダイハツ・ブーンの内装は上質さをとことん追求した女性好みのデザイン!安全性能も高く幅広い年齢層に愛される

ダイハツ・ブーンの内装をスタンダード・シルク・スタイル別に紹介しました。上級グレードのシルクやスタイルでは質感の高い高級感のあるインテリアデザインが採用されています。メーカーオプションや純正アクセサリーなどで自分好みのカスタム・ドレスアップを楽しむのもおすすめです。

また、ベースグレードとなるスタンダードモデルにおいても安全装備やラゲッジルームの充実度は高く、老若男女問わず乗りやすいクルマです。さらに燃費性能も28.0km/L(2WD車)と優れているので、長く乗り続けるにはうってつけのモデルでしょう。
燃費重視のドライバーが増え、コンパクトカーの需要もまだまだ高まる昨今、ダイハツ・ブーンのさらなる躍進が期待されます。