RAV4の内装

RAV4の内装は広々とした使いやすさが特徴!大型サンルーフを備え快適性も抜群

RAV4の内装は乗員が過ごしやすいよう広々と作られていてデジタルメーターは見やすく、エアコンやインフォメーションディスプレイも操作しやすくなっています。日本仕様では上級グレードのみか全車オプションになると思われるサンルーフはとても大きく装着する価値が大いにあります。

RAV4の内装は広々とした使いやすさが特徴!大型サンルーフを備え快適性も抜群

ついに発売!新型RAV4の内装をコックピット・シートなどに触れて徹底解説

2019年4月10日に発売したトヨタの新型RAV4の内装を紹介します。
3代目モデルの販売終了から2年以上の時を経て、日本市場での復活を遂げた5代目トヨタRAV4。日本仕様のグレード構成は、X・G・G “Z package”・Adventure・ハイブリッドX・ハイブリッドG の6タイプです。
RAV4の購入を検討している方は、グレード間での装備差やデザインにどのような違いがあるのかチェックしておきましょう。

トヨタRAV4のコックピットは洗練された美しいデザインで機能性も抜群!

新型RAV4のインパネ周り新型RAV4 G “Z package”(ブラック)とAdventure(オーキッドブラウン)のインパネ周り

新型RAV4のコクピットは先進的なデザインと機能性を両立したバランスの良い作りです。オーディオ周りは運転席からの操作しやすさを重視し、走行中の操作もスムーズに行えます。
また、ワイパーやインパネの位置を工夫することでクリアな前方視界を確保しており、安全運転に貢献します。

新型RAV4のスピードメーターAdventure・G“Z package”・G・HYBRID Gのスピードメーターは先進的なデザインで見やすい

トヨタ新型RAV4のAdventure・G“Z package”・G・HYBRID Gには7.0インチのTFTカラーマルチインフォメーションディスプレイとオプティトロンメーターが標準装備されます。メーターは照度コントロール機能付きです。

新型RAV4のアナログメーターXとHYBRID Xに標準装備されるアナログメーター

RAV4のXとHYBRID Xには4.2型のTFTカラーマルチインフォメーションディスプレイとアナログメーターが標準装備となります。上級グレードと比べ小さめではあるものの、マルチインフォメーションディスプレイはグラフィカルで視認性に優れています。

新型RAV4のマルチテレインセレクト

新型RAV4のガソリン車には、路面状況に合わせてMUD&SAND・NORMAL・ROCK&DIRTの3つの走行モードを設定できるマルチテレインセレクトを標準装備しています。G “Z package”・Adventureはダイヤル式、その他グレードはプッシュ式が採用されます。

新型RAV4のドライブモードセレクト

3つの走り味を選べるドライブモードセレクトは新型RAV4全車に搭載。ガソリン車とHYBRID X(2WD)はプッシュ式、その他ハイブリッドモデルはダイヤル式となります。エコドライブから本格スポーツ走行まで好みの走りを楽しめます。

TOYOTA新型RAV4の内装色とシートデザインは高級感のある合皮やファブリックシートを採用

新型RAV4のアドベンチャーとGZパッケージのシート内装新型RAV4 G “Z package”(ブラック)とAdventure(オーキッドブラウン)のシート内装

新型RAV4のシート表皮5代目となる新型RAV4は本革のような高級感のある合皮シート・オレンジのステッチが特徴的な合成皮革シート・おしゃれな柄のファブリックシートが展開

新型RAV4のシート内装は大きく分けて3つのデザインがラインナップ。Adventureには専用の合成皮革シート、G “Z package”・G・HYBRID Gには合成皮革シート、X・HYBRID Xにはファブリックシートが設定されています。X・HYBRID Xには純正カスタムパーツとしてブラックカラーの革調シートカバーも販売されています。

なお、素材と同様、内装色もグレードやボディカラーごとに設定が異なります。詳細なマッチングは以下の一覧表を参考にしてください。

新型RAV4の内外配色マッチングリスト
モノトーン 2トーン
グレード シート表皮 内装色 70 1D6 3T3 8X8 6X3 8W9 218 1G3 2QU 2QV 2QW 2QX
Adventure 専用合成皮革 ブラック
オーキッドブラウン
G “Z package”/G/HYBRID G 合成皮革 ブラック
ライトグレー
X/HYBRID X ファブリック ブラック
ライトグレー

※●標準設定 ○設定あり

新型RAV4は開放的なドライブが楽しめるパノラマムーンルーフを搭載

新型RAV4のムーンルーフ新型RAV4の大きなムーンルーフは乗員にとって快適なドライブを約束してくれる

チルト&スライド電動(フロント側)挟み込み防止機能つきのパノラマムーンルーフは、メーカーオプションとして新型RAV4のAdventure・G“Z package”・G、HYBRID Gに装備できます。
また、新型RAV4のXとHYBRID Xにはチルト&スライド電動ムーンルーフがメーカーオプションで装備可能です。大きなムーンルーフを設置すれば、RAV4の広い車内がより開放的になるでしょう。

トヨタ新型RAV4のラゲッジルームはハンズフリーパワーバックドアを搭載しさらに便利で使いやすく進化!

新型RAV4のハンズフリーパワーバックドアハンズフリーパワーバックドアをトヨタブランドで国内初採用した新型RAV4の荷室

トヨタ現行型RAV4は、スマートキーを所持した状態でリヤバンパーの下で足を出し入れするとテールゲートが自動で開けられるハンズフリーパワーバックドアをトヨタブランドで国内初採用しています。両手がふさがった状態でもスムーズに荷物を積載できます。

新型RAV4のラゲッジルームたっぷりとしたラゲッジルームはレジャーシーンや長期の旅行で大活躍してくれる

後部座席を使用していても荷室容量580Lを確保している新型RAV4。ゴルフバッグなどの大きな荷物も余裕で保管できます。ラゲッジフロアは2段階で高さを調整できるので、荷物の形状やサイズに応じてカスタマイズが可能。デッキボードの裏面はプラスチック製のため、濡れた荷物や汚れた荷物を積載する時も安心です。

新型RAV4のリヤシート6:4分割可倒式リヤシートでシートアレンジも自由自在!

新型RAV4の後部座席にはリクライニング機構つきの6:4分割可倒式リヤシートを採用しています。これにより幅広いシートアレンジが可能となりました。

新型RAV4には気の利く収納スペースが多数設置されている!

新型RAV4のフロントシート周りの収納フロントシート周りの収納ポイントが豊富な現行型RAV4

新型RAV4のドアポケットドアポケットにはフロント・リヤともに500mlペットボトルを保管できる

新型RAV4のシートバックポケットとカップホルダー付きアームレスト後部座席にはシートバックポケットとカップホルダー付きアームレストを設置

新型RAV4のデッキサイドポケットAdventure・G“Z package”・G・HYBRID GとX・HYBRID Xではデッキサイドポケットの形状が若干異なる

運転席・助手席・後部座席ともに多彩な収納スペースを確保しているトヨタRAV4。車内が散らかることなく、スッキリと快適に維持できます。純正アクセサリーには後席タブレットホルダーや杖ホルダーなどの収納グッズも取り扱いがあります。

5代目トヨタRAV4はトヨタ・セーフティ・センスを全グレードに標準装備する

トヨタ新型RAV4は、5つの先進安全システムをパッケージ化したトヨタ・セーフティ・センスをはじめ、以下の多彩な安全機能を全車に標準装備しています。

  • プリクラッシュセーフティ
  • レーントレーシングアシスト
  • レーダークルーズコントロール
  • オートマチックハイビーム
  • ロードサインアシスト
  • LEDサイドターンランプ付オート電動格納式リモコンカラードドアミラー(ヒーター付)+補助確認装置
  • 先行車発進告知機能[TMN]
  • SRSエアバッグ+SRSサイドエアバッグ+SRSカーテンシールドエアバッグ

新型RAV4のデジタルインナーミラー

リアカメラの映像を映し出すデジタルインナーミラーは、RAV4のG“Z package”にのみ標準装備されていますが、その他グレードにもメーカーオプションで装備が可能です。レバーで鏡面ミラーモードとデジタルミラーモードの切り替えができます。死角になりがちな後方の映像を鮮明に映すデジタルインナーミラーがあれば駐車操作もスムーズに行えます。

トヨタ新型RAV4の内装は都会的なデザインと先進性を取り入れたユーティリティの高さが魅力!

5代目RAV4の内装は先進性を感じさせるスタイリッシュなデザインで、若者から過去モデルからのファンまで幅広い世代に親しまれる仕様となっています。
「トヨタ・セーフティ・センス」を全車に標準装備するなど、ベースモデルを選んでも後悔しない装備の充実度も大きな魅力です。新型RAV4のラゲッジルームは使い勝手の良い広さで、ショッピングに旅行にと様々なシーンで活躍してくれます。
多くの層を取り込む魅力を持つモデルとして生まれ変わった新型RAV4は、日本のSUV界隈に再び旋風を巻き起こすでしょう。