新型ノアGRスポーツ

新型ノアGRスポーツ9月19日発売!専用エクステリアに注目

ノアGRスポーツの価格帯は3,257,280円ガソリンモデル・2WDのラインナップです。スポーティな見た目になるのと同時にエアロパーツと車高が下がり運動性能があがるので高速道路での運転も安定します。

新型ノアGRスポーツ9月19日発売!専用エクステリアに注目

新型ノアGRスポーツの発表は9月19日!変更点まとめ

新型ノアにマイナーチェンジされたのは2017年7月3日のことで、大胆なフロントマスクや使いやすくなったインテリアなどで話題を呼び兄弟車のヴォクシーと共に人気車種になっていますが、マイナーチェンジすると同時にスポーツモデルの「G’s」が販売終了となりました。

トヨタは「G’sブランド」を今後「GRブランド」として展開するとしていて、エンジンやボディ剛性など全体的にチューニングした「GRMN」、エンジンに変更はなくミドルチューンを施した「GR」、街乗りもしやすいようスポーティなテイストを加えた「GRスポーツ」の3モデルで展開するとしています。

今回発表されるのは、「G’sノア」の後継モデルにあたる「ノアGRスポーツ」で、2017年9月19日も発表・販売される予定です。そこで、新型ノアGRスポーツのエクステリアやインテリア、搭載装備やパワートレインなどを紹介します。

新型ノアGRスポーツのエクステリア

ノアGRスポーツのフロントビュー

※ノアGRスポーツのエクステリア

ベース車はSiグレードの2WD・7人乗りノアを採用し、スポーティなスタイルのエアロパーツを装着した3ナンバー枠のミニバンになります。

大型のフロントバンパー、サイドスカート、リヤバンパーを装備し、全長はSiグレードよりも伸びて全幅は変わらず、全高はスポーツサスペンションを装備し20mmほど車高が下がるので同時に高さも下がると考えられます。

新型ノアGRスポーツ諸元
全長 4,795mm
全幅 1,735mm
全高 1,810mm
ホイールベース 2,850mm
最低地上高 145mm

専用装備には、先代のG’sノアと同様に18インチアルミホイールにブリヂストンのPOTENZAを装着、サイドとリヤゲートにGRロゴのエンブレムが装着されました。

ノアGRスポーツのホイール1

ノアGRスポーツのホイール2

※GRスポーツ専用メーカーオプションホイール

カラーバリエーションは全5色で、「シルバーメタリック」、「ブラック」の2色が標準塗装、「ホワイトパールクリスタルシャイン」、「ラグジュアリーホワイトパールクリスタルシャインガラスフレーク」、「ブラッキッシュアゲハガラスフレーク」の3色が特別塗装色に設定されています。

ホワイトパールクリスタルシャインのノアGRスポーツ

※ホワイトパールクリスタルシャイン(32,400円高)

ラグジュアリーホワイトパールクリスタルシャインガラスフレークのノアGRスポーツ

※ラグジュアリーホワイトパールクリスタルシャインガラスフレーク(32,400円高)

シルバーメタリックのノアGRスポーツ

※シルバーメタリック

ブラックのノアGRスポーツ

※ブラック

ブラッキッシュアゲハガラスフレークのノアGRスポーツ

※ブラッキッシュアゲハガラスフレーク(32,400円高)

新型ノアGRスポーツのインテリア

ノアGRスポーツの内装

※ノアGRスポーツのインテリア

新しいノアGRスポーツのインテリアは、G’sモデルと同様に専用のフロントスポーツシートが装着され、ブランノーブと合皮のコンビシートになると考えられます。

また、マイナーチェンジされたノアでは助手席シートバックにテーブルを装備、クルーズコントロールの標準装備が行われより使い勝手のいい車へと進化しました。ノアGRスポーツでもSiグレードのノアをベースにしているので同様の装備が搭載されます。

ベースグレードノアSiからの変更点は、小径ステアリングホイール、シルバーパネルオプティトロンメーター、GRロゴスタートスイッチ、アルミのアクセル・ブレーキペダルなどが装着されます。

ノアGRスポーツのステアリングホイール

※ノアGRスポーツ専用小径ステアリングホイール

ノアGRスポーツのシルバーオプティトロンメーター

※ノアGRスポーツ専用シルバーオプティトロンメーター

ノアGRスポーツのスタートスイッチ

※GRロゴ入りスタートスイッチ

ノアGRスポーツのアクセル・ブレーキペダル

※アルミのアクセル・ブレーキペダル

新型ノアGRスポーツの搭載装備

新型ノアSiグレードのエクステリア

ノアGRスポーツでは、Siグレードのノアをベースにしているので、「トヨタセーフティセンスC」、「フロントフルオートエアコン」、「バックドアイージークローザー」、「スマートエントリーシステム」、「クルーズコントロール」が標準装備されると予想します。

トヨタセーフティセンスCの内容

・プリクラッシュセーフティシステム
・レーンディパーチャーアラート
・オートマチックハイビーム
・先行車発進告知機能

安全装備の他には、「R」から「D」へアクセルを踏んだままシフトチェンジされた時に急発進しないようエンジン出力を抑制する「ドライブスタートコントロール」、オートレベリング機能つきのLEDヘッドライト・クリアランスランプが装備され、フォグランプにもLEDが搭載されます。

他にも、トヨタの高級ミニバンである「アルファード」や「ヴェルファイア」に搭載されている電動スライドドア予約機能が搭載されていて、いちいちスライドドアが閉まるまで待ってから施錠するのではなく、予約ロック機能がつくのでスライドドアを閉める動作をした瞬間から車を離れることができます。

新型ノアGRスポーツのパワートレイン

G'sノアのパワートレイン

新型ノアGRスポーツのパワートレインは、ベース車のSiグレードから変更点はなくガソリンエンジンの「3ZR-FAE」が搭載されます。

3ZR-FAE諸元
種類 直列4気筒
排気量 1,986cc
最高出力 152PS/6,100rpm
最大トルク 193Nm/3,800rpm

ガソリン車のSiグレードでは、2.0Lのガソリンエンジンを搭載しパワフルな走りを実現してくれます。足回りには専用のスポーツサスペンションや18インチアルミホイールを装備するので、ベース車のノアSiグレードよりはゴツゴツとした乗り心地になります。

新型ノアGRスポーツの発売日・価格帯

新型ノアGRスポーツの発売日は、2017年9月19日に発表・発売されると予想します。気になる価格帯は、ベース車のノアSiグレードの価格帯が274万円で、専用のエクステリアやインテリア、スポーツサスペンションに18インチアルミホイールを装備するので、ノアGRスポーツの価格は325万円ほどになると考えられます。

新型ノアGRスポーツはヴォクシーと一緒に発表

新型ノアGRスポーツの発表・発売は、2017年9月19日に行われ、兄弟車であるヴォクシーも同時にGRスポーツモデルの発表となりました。また、2017年6月にマイナーチェンジされターボモデルも追加されたハリアーにもG’sモデルの後継であるGRスポーツが設定されました。

今度はアクアや86、マークXなど、様々なボディタイプの車に設定されていくGRモデルの今後に期待しましょう。