日産e-シェアモビがスタート

日産のカーシェアサービス「日産e-シェアモビ」新型リーフ・ノートe-Powerから開始

日産e-シェアモビは、日産がEVや自動運転技術など自社の先端技術を多くの方に体感してもらうために始めるカーシェアサービス。2018年1月15日に新型リーフやノートe-Powerを対象車種としてスタート。その料金プランや利用法、運転免許証をIDカードとして利用できるなどの特徴を紹介します。

日産のカーシェアサービス「日産e-シェアモビ」新型リーフ・ノートe-Powerから開始

日産e-シェアモビはユーザーの快適さを追求します

利用者待ちのシェアリングカー

運転免許証をIDカードとして利用できる

日産e-シェアモビでは、ユーザーの快適さを追求するため運転免許書をそのままIDカードとして利用できるシステムの構築を行います。免許証をIDカードとして利用できる利点は、他のICカードとの干渉が避けられること、運転時に免許証とともに携帯する手間が省かれることが挙げられます。

高速道路を利用するときに使うETCカードを全車両に搭載

e-シェアモビではサービスに利用する全ての車両にETCカードをあらかじめ搭載します。

先行するカーシェア業者やレンタカー業者では、高速道路の利用を想定して個人所有のETCカードの持参を求めるケースが多くあります。ETCカードを持っていないドライバーにとっても、ETCカードをあらかじめ搭載する仕組みは魅力的です。

ETC利用時の料金は、サービス料とは別で後払い清算式のユーザー負担となります。

車両の清掃は毎日行います

シェアカーをクリーニングする店員

e-シェアモビのサービスに用いられる車両の清掃は毎日行われます。そのためユーザーは利用時には常に清潔な室内空間で快適ドライブを楽しむことができます。

プラットフォームは信頼実績の「smart oasis for Carsharing」を採用します

日産e-シェアモビでは、すでにカーシェアリングサービスで信頼実績のある日本ユニシスのモビリティーサービスプラットフォーム「smart oasis for Carsharing」を採用します。そのため、新サービスを運営するにあたってのシステムトラブルは起こりにくくなります。

ルート案内やナビサポートなどオペレーターサービスも充実

日産e-シェアモビではユーザーの快適さを追求するために、オペレーターサポートを充実させます。お勧めルートガイドやナビサポートなどの操作で問題が発生した場合には、同サポートシステムを利用すればスムーズに問題を解決することが出来ます。

日産e-シェアモビは全国展開を目指します

日産e-シェアモビのサービスを開始するにあたって、日産自動車は2017年12月8日から会員募集を始めました。

日産の先端技術を体感できるカーシェアリングは、2018年1月15日から東京・神奈川・大阪・兵庫・京都・静岡など約30エリアでサービスを開始します。その後、段階的に隣接する地域にもサービスエリアを拡大させていき全国展開を目指します。

同サービスを活用すれば、日産の先端技術を搭載した車をセカンドカーとしてリーズナブルに利用することも可能です。

カーシェアユーザーだけではなく、技術の日産の車に乗ってみたいというドライバー心理をも刺激する「NISSAN e-シェアモビ」は、2018年にその動向が注目される日産の新サービスです。