新型シビック セダン内装の特徴

新型シビック セダンの内装はロックテイストで魅力的

ホンダ新型シビック セダンの内装の魅力を紹介します。世界で活躍するロックバンド・ワンオクをCMに起用したシビックの室内空間では、音楽を堪能できる・トランクルームが大容量で機能的・ロックテイストも取り入れているので若者受けもします。

新型シビック セダンの内装はロックテイストで魅力的

シビック セダン内装にはロックテイストが感じられます!

2017年9月29日にホンダ・シビックが7年振りに復活します。日本では販売を2010年一旦終了していたシビックの新型モデルがいよいよ登場します。

新型シビックでは、若い世代を中心にカリスマ的な人気を誇るロックバンドであるワンオクこと「ONE OK ROCK」をCMに起用した事でも話題を集めました。ワンオクのCM起用は、世界的に評価の高いシビックのイメージに通ずるものがあります。

今回は、新型シビック セダンの内装の魅力を紹介します。セダンと言えば、若者よりも年配層に人気の高い車ですが、ワンオクをCMに起用している車という事もあり新型シビック セダンの内装にはロックテイストを感じる事が出来ます。

ロックっぽい雰囲気がする本革巻ステアリングホイール

新型シビック セダンのステアリングホイール

運転の操作性、車との一体感を高める重要な車のパーツであるステアリングホイールには、ホイールを握る手との抜群の相性の良さを体感できる本革素材を用います。シビックのステアリングホイールに使用されている革素材にはロックテイストをイメージできるカッコ良さがあります。

優れた握り心地を体感できる本革巻セレクトバー

新型シビック セダンのセレクトレバー

車をバックさせるか、前進させるか、停車させるかをチョイスするセレクトバーのグリップ部には上質な革を用いています。セレクトバーの優れた握り具合は新型シビックの運転の爽快感を助長します。

室内で音楽を堪能できる音響システム

新型シビック セダンのスピーカー

新型シビックでは、4スピーカーと4ツィーターを配置しているため、室内で圧倒的なサウンドを堪能する事ができます。

ワンオクがCMに起用されているからという理由で、新型シビックを購入する方もおります。そういった方は、車の中でワンオクの音楽をダイナミックサウンドで楽しむ事が出来ます。

視覚効果抜群のマルチインフォメーション・ディスプレイ

新型シビック セダンのディスプレイ

鮮やかな色合いが印象的なマルチインフォメーション・ディスプレイでは、平均燃費や推定航続可能距離など様々な情報を視覚的にわかりやすく表示します。視認性を高めるために7インチの大型ディスプレイを採用、数字はきっきり大きく表示しています。

走る喜びが体感できるコックピット

新型シビック セダンのセンターコンソール

新型シビックのコックピットでは、センターコンソールを縦方向に美しいラインで伸ばしています。インストルメントパネルでは形状を薄くし・横幅を拡げ・メーター部はワイド化させています。

コックピットで縦ラインと横ラインのデザインのコントラストを引き立てる事で室内空間は様変わりし、運転中の臨場感が大幅にアップします。

ブラック本革シートはロック好き受けするデザインと雰囲気が満載

新型シビック セダンの本革シート

メーカーオプションによって装着できる本革素材シートには、ロックテイストが充満しています。本革素材を使いながらも、高級感だけではアピールせずに重厚感もあり型にはまろうとしないカッコ良さがあります。ヘッドレストからシートのショルダー部にかけてのシャープさは印象的で魅力的です。

スタイリッシュで機能的なシートデザイン

新型シビック セダンのシートデザイン

新型シビックのフロントシートでは、優れたサポート性を実現するため背面から側面につらなる立体構造を特に意識しました。その結果、肩の部分をスリム化させたシートデザインはスタイリッシュで目立っています。

新型シビック セダンの後席シート

新型シビックではM・M思想を掲げて、人のためのスペースである室内空間の最大化を図っています。ダウンサイズしたターボエンジンを搭載させる事でメカのスペースを縮小に成功、室内スペースの拡大を達成しました。その結果、後部座席のスペースにはゆとりが生まれて、チャイルドシートは2個ならば、余裕をもって装着できる空間を確保しています。

トランクルームは大容量で機能的

新型シビック セダンのラゲッジスペース

新型シビック セダンは「奥行」「幅」が魅力的な大容量のトランクルームを完備しています。ゴルフバックなら上手に積む事で4個搭載できる収納力は魅力的です。

新型シビック セダンに積まれたキャリアケース

500Lを超える収納力は、ゴルフシーン以外の旅行時でもキャリーケースを数多く積載できるので便利です。リアシートを前方に倒しトランクルームとつなげる事で、ロングサイズの荷物を収納できるトランクスルー機構の利便性も高いです。

収納スペースが充実

新型シビックのセダンタイプでは収納スペースが充実しています。

アームレスト付コンソールボックス

新型シビック セダンのセンターコンソール

アームレスト付コンソールボックスでは、疲れた腕を休憩する事ができるアームレストにコンソールボックスの機能を付属させています。コンソールボックスでは、ドリンクホルダーやコンパクトサイズの収納スペースを用意しています。

センターポケット

新型シビック セダンのセンターポケット

本革巻きセレクトバーの間際にはセンターポケットが設けられています。センターポケットはフロントシートに座る方から目立つ位置にあるため、大切なアイテムを収納するのにお勧めしたい収納場所です。照明が設置されているため室内が暗くなっても機能的に収納する事が可能です!

グローブボックス

新型シビック セダンのグローブボックス

助手席側に設置されているグローブボックスは、車検証や保険証券といった室内で大切に保管しておきたい書類を収納するのにベストな場所です。照明を取りつけられているので、利便性はさらに高まります。

フロントドアポケット

新型シビック セダンのフロントドアポケット

運転手席側と助手席側に設置されているフロントドアポケットには、ボトルホルダーも付属されています。フロントドアポケットは、運転中に日差しで眩しくなった時に備えてサングラスを収納するのに便利なスペースです。

リアセンターアームレスト

新型シビック セダンのリヤアームレスト

リアシートに座る人が疲れた腕を休ませる場所であるリアセンターアームレストにも、ドリンクホルダーが設置されています。リアアームレストにドリンクホルダーを設ける事で、リアシートに座る人達の会話が弾みやすくなります。

コートフック

新型シビック セダンのコートフック

リアスペースの左右の席の上部に取り付けられているコートフックは、肌寒い季節ほどその利用頻度が高まります。コートフックを利用することで、コートを車外でキレイな状態で着用する事ができます。

助手席シートバックポケット

新型シビック セダンのシートバックポケット

助手席シートバックポケットには、雑誌などの大型書籍等をかさばらずに収納することが可能です。
本に限らずとも、ロングドライブ時に気分転換を図ってくれるアイテムを見栄えよくポケット内にしまって置くことが可能です。

シビック セダンの内装は若い世代にも魅力的です

2017年9月29日に発売される新型シビックは、若い世代に圧倒的な人気を誇る世界的なロックバンド、ONE OK ROCKをCMに起用しています。

若い世代にとっては、セダンと言えば父親世代が乗る車というイメージが強いかもしれませんが、今回のワンオクのCM起用でシビック セダンにも注目が集まります。シビック セダンの内装は年配層の方にとっては、ゴルフバックやキャリーケースを機能的に収納できて魅力的です。

若い世代の方にとっても、新型シビック セダンの内装は、マルチインフォメーション・ディスプレイが先進的でカッコ良くて、ステアリングホイールのレザー感が好印象につながり魅力的です。