ミライースの内装

ミライースの内装はシンプルでカスタム向き!コンパクトなボディに様々な先進装備を搭載

ミライースの内装をシートデザイン・コックピット・おすすめオプション・安全装備・荷室スペース等に触れ解説。ダイハツ新型ミライースの内装カラーは黒やグレーで、シートには黒×白のデザインを採用。シンプルなインテリアなのでインパネセットやシートカバー等のカスタムパーツを装着するのがおすすめ!

ミライースの内装はシンプルでカスタム向き!コンパクトなボディに様々な先進装備を搭載

ダイハツの新型ミライースの内装を紹介!コックピット・シート・グレード間での装備差は?

「第3のエコカー」というコンセプトで開発されたダイハツの軽自動車ミライース(Mira e:S)は、1980年から2018年まで販売されていたダイハツ・ミラをベースにした5ドアハッチバックです。初代モデル(ミラ時代から数えて8代目)は2011年から販売を開始し、2017年にフルモデルチェンジされて現行型は2代目となっています。

2018年にはダイハツ工業が創業111年周年を迎え、記念にミライース特別仕様車 G“リミテッド SA 3”/X“リミテッド SA 3”が販売されています。この2018年発売の111年周年記念特別仕様車を含め、ミライースの内装についてグレードごとの違いに触れつつまとめていきます。

ミライースの魅力はスマートなエクステリアとエコな走行性能だけにとどまりません。コックピット設計・シートインテリア・ラゲッジルーム・安全装備・おすすめのオプション装備・カスタムパーツなどを中心に解説します。

現行型DAIHATSUミライースのコックピットは実用性重視!おすすめグレードはG “SA 3”!

ミライースのコックピットミライースのコックピットはシンプルで実用性が高い

上からミライースの特別仕様車 G“リミテッド SA 3”・特別仕様車 X“リミテッド SA 3””・L “SA 3”・B “SA 3”のコックピット画像です。ミライースの内装色はグレードごとにグレーとブラックの2タイプが設定されていて、GとXがグレー、LとBがブラックとなります。

ミライースのメーターミライースのメーター

ミライースはメーターデザインもグレードごとに2つに分類されます。ミライースの特別仕様車 G“リミテッド SA 3”・G “SA 3”・特別仕様車 X“リミテッド SA 3”・X “SA 3”にはメッキベゼル付きの自発光式デジタルメーターブルーイルミネーションメーター、ミライースのL “SA 3”・L・B “SA 3”・Bには自発光式デジタルメーターアンバーイルミネーションメーターが装備されています。

ミライースの照明運転状況により照明が変わる

エコドライブアシスト照明はミライース全車に標準装備されている機能です。ブルーは通常の状態で、エコドライブに近づくほど照明が緑色に変化していきます。

ミライースのエアコンマニュアルエアコンとオートエアコン

プッシュ式のオートエアコンは特別仕様車 G“リミテッド SA 3”とG“SA 3”にのみ標準装備されます。その他のグレードには操作が易しいダイヤル式のマニュアルエアコンが搭載されています。

ミライースのステアリングのシートヒーター

G“SA 3”には運転席シートリフターとチルトステアリングが搭載されているので、ドライバーの体型に合った姿勢で運転できます。冬場のドライブに重宝する運転席・助手席シートヒーターやプッシュボタンスタート、パワードアロックなどもG“SA 3”にのみ標準装備されている機能です。

ミライースの収納スペース収納スペースが豊富なので車内を広く使える

ミライースのコックピット内には収納スペースも数多く設置されています。
ドリンクホルダーやグローブボックス、ドアポケットはもちろん、インパネ周りには買い物フックやロングアッパートレイが備わっています。ティッシュボックスを収納できるセンターフロアトレイも非常に便利です。

ダイハツ・ミライースのシートは黒×白のスポーティなデザインを採用!

ミライースの内装シート座面と背面がホワイトのミライースの内装

新型ミライースのシートは全車でデザインが統一されています。ベースとなるシートカラーはブラックで、運転席・助手席の座面と背もたれ部分にホワイトをアクセントカラーとして取り入れています。黒と白のコントラストが美しく、スポーティで爽やかなデザインです。

ミライースの室内サイズ

軽自動車のミライースのボディサイズは室内工1,240mm、室内長2,025mmとコンパクトですが、フロントシートもリヤシートもゆとりある作りとなっています。大人が4人乗っても窮屈さを感じることなく、のんびりとくつろげる室内空間が広がっています。滑らかなシート生地としっかりとした構造で、ドライバーや同乗者の身体を優しく包み込みます。

新型ミライースのスマートアシスト3搭載車は先進安全車ダブルプラスに認定されている

ミライースの安全装備

新型ミライースのG“SA 3”・X“SA 3”・L“SA 3”・B“SA 3”は、衝突回避支援ブレーキ機能や誤発進抑制制御機能、車線逸脱警報機能などさまざまな先進安全システムを備えるスマートアシスト3を標準装備しています。これらスマアシ3を搭載する車両は予防安全性能評価で「先進安全車ダブルプラス」の評価を得ており、政府が普及啓発しているセーフティサポートカーS(ワイド)に該当します。

フロントとリヤの4隅に装着されるコーナーセンサーは、障害物を検知して警告音で知らせる軽初採用の機能です。新型ミライースのLとBの2グレード以外の全車に標準装備されています。

ダイハツ・ミライースのラゲッジルームは大きな荷物も十分に積載可能

ミライースの荷室スペース十分な収納力がある荷室スペース

新型ミライースは4人で乗る際にもある程度の荷室スペースが確保されていますが、2人乗車時にはリヤシートを倒すとより大きな荷物が積載可能となります。旅行やレジャーでも頼れるパートナーとして活躍してくれるでしょう。

ミライースのバックドア簡単に開閉できるようにバックドアを軽量化

スイッチ式バックドアオープナーを軽初採用し、樹脂を採用することでバックドアの軽量化を実現している現行型ミライース。ハンドルを配置しているので、背の低い方も開閉が楽に行えます。

ミライースのシンプルな内装をドレスアップ!おすすめのカスタムパーツ・便利アイテムをピックアップ

ミライースのインテリアパネル内装の雰囲気が変わるミライースのインテリアパネル

現行型ミライースのシート内装は黒と白のシンプルな組み合わせです。そのため質感の高いインパネセットを装着して華やかにドレスアップするのもおすすめです。

センタークラスターパネル・パワーウィンドウスイッチパネル・リヤハンドルパネルのセットとなったインテリアパネルパックは、ピアノブラック調・ファインウッド調・カーボン調の3パターンから選べます。

ミライースのシートカバー本革風シートカバーで高級感をアップ

ミライースの明るめのシートをシックに変えたいという方には、本革風×ファブリックコンピタイプのシートカバーによるカスタムをおすすめします。シートバックポケット付きで収納性も高く、一気にラグジュアリーな雰囲気を高めてくれます。

ミライースのカーペットマット抗菌や防臭仕様のカーペットマット

高機能タイプのカーペットマットは抗菌・防臭・高アレルゲン仕様となっていて、ニオイが気になる車内をクリーンに保ちます。色はグレーなのでインテリアの邪魔になりません。ロングバイザー・ナンバーフレームセット・助手席シートアンダートレイ・エアクリーンフィルターと5店セットになったお得な「乗り出し楽々プラン」も販売されています。

ミライースの車内イルミネーション

夜のドライブがもっと楽しくなる車内イルミネーションは、ミライース向けにお得なイルミネーションパックとしてラインナップしています。セット内容はフロアイルミネーション・ドリンクホルダー/センターフロアトレイイルミネーション・インナーハンドルイルミネーションの3点です。全車に取り付け可能で、色はブルーとなります。

ミライースのラゲッジオプションオプション装備でより便利にラゲッジを利用できる

ラゲッジアイテムはビジネスデッキボード・荷室マット・ラゲージルームランプが展開しています。ビジネスデッキボードと荷室マットは同時装着して使用するのがおすすめです。夜間でも荷室を明るく照らしてくれるLEDのラゲージルームランプは荷物の積載をスムーズにしてくれます。

スマートでエコな新型ミライースの内装にはDAIHATSU車の良さが詰め込まれている

現行型ミライースの内装は黒やグレーなど基本的にはベーシックなカラーを使ったシンプルなデザインとなっています。自分好みのインテリアになるよう、純正オプションアイテムとしてラインナップしているシートカバーやインパネセットで自由にカスタムを楽しめる車です。さらに、L・B以外の全車にスマートアシスト3やコーナーセンサーを標準装備するなど、先進安全システムを身近なものとして取り入れた頼れるモデルでもあります。
ダイハツの中でも歴史ある人気のエコカーとして、今後の更なる進化が望まれます。