RVRの内装

RVRの内装は黒×赤でスポーツテイストの強いデザイン!オプションアイテムも豊富

三菱新型RVRの内装カラーはブラックで統一され、シートはファブリックかスエード調×合成皮革のコンビシート(メーカーオプション)が設定されます。現行型RVRのコックピットはスタイリッシュかつ実用性の高い設計で先進装備も充実。ラゲッジルームのユーティリティも高く安全性能も優れています。

RVRの内装は黒×赤でスポーツテイストの強いデザイン!オプションアイテムも豊富

新型RVRの内装をチェック!GとMの装備差やデザインの違いは?

三菱から販売されているSUVの新型RVRの内装を紹介します。RVRは現在コンパクトクロスオーバーSUVとして販売・製造されていますが、元々、初代と2代目のRVRのボディタイプはトールワゴンでした。3代目を迎える現行型モデルのRVRは、アウトランダーPHEVの弟分的ポジションとして2010年から販売されています。

2018年9月にマイナーチェンジが行われた三菱RVRですが、内装には他の車種と比べてどのような特徴があるのでしょうか。新型RVRのグレード構成はGとMの2タイプのみですので、2つの違いにも触れながら三菱RVRの内装について解説していきます。

現行型RVRのコックピットはGとMでどんな装備差がある?

RVRのコックピット

新型三菱RVRのG・Mのコックピット画像を見比べてみると、デザインに大きな違いはありませんが、加飾の有無や素材、装備に違いがあります。

RVRのステアリングホイールとシフトノブステアリングホイールとシフトノブ Gグレードにはパドルシフトを搭載

現行型RVRのGグレードの場合、ステアリングホイールとシフトカバーには高級感のある本革巻が採用されます。Mグレードはウレタン製ですが、メーカーオプションによりGグレードと同じ本革巻に変えることができます。

さらに、RVRのGグレードには車を操る楽しさが味わえるパドルシフトと、高速道路などでアクセルを踏まずに定速走行が可能となるクルーズコントロール機能が搭載されています。パドルシフトはオプショナルパーツとしてラインナップしているので、RVRのMグレードにも装着可能です。

RVRのドライブモードセレクタードライブモードセレクターで4WDの切り替えもワンプッシュ

プッシュボタン式のドライブモードセレクターは4WD車のみに搭載されています。「4WDオート」に設定すれば、駆動力を適切にコントロールして雪道などの悪路でも力強く安定した走りを実現してくれます。

その他、燃費のよい走りとなる「2WD」や安定したトラクションがかかる「4WDロック」など、全部で3つのモードに切り替えられます。

RVRのエアコンとエンジンスタートエアコンとエンジンスタートのスイッチ

Gグレードにはオートエアコンが搭載されますが、Mグレードにはマニュアルエアコンが標準装備となります。どちらもダイヤル式で操作性に優れていて、RVR車内の室温を快適に維持します。

RVRのエアコンガーニッシュエアコンガーニッシュはグレード毎に違う

RVRはエアコン送風口に採用されているガーニッシュもグレードごとに異なります。Gグレードにはピアノブラック、Mグレードにはカーボン調が採用されています。どちらも重厚感のある加飾で、スタイリッシュなインテリアを演出してくれます。

RVRのスマホ保管スペースRVRにはスマホ保管スペースがあるので置き場に困らない

インパネセンターの下にはスマートフォンを保管できるスペースを設置しています。スマートフォントレイは着脱可能なので、ホコリが溜まったときなどのお手入れも簡単に行えます。

三菱新型RVRのシートデザインはメーカーオプション含め3タイプがラインナップ

RVRのシートRVR Mグレードのシートはステッチ入りファブリックとハニカムパターンのファブリックの2種類

新型三菱RVRのMグレードはストライプパターンに赤色のステッチが入った上級ファブリックシート最上級モデルとなるGグレードはハニカムパターンのファブリックシートが標準装備されています。

RVRのオプションシートRVR Gグレードはグランリュクスと合成皮革のコンビシートをオプション設定

Gグレードにはメーカーオプションで赤ステッチ入りのスエード調と合成皮革のコンビシートに変更が可能です。スエード調生地部分には高級感のある「グランリュクス」を採用しています。

三菱RVRの特別仕様車「アクティブギア」の内装は黒×オレンジのエネルギッシュなデザイン

RVRのアクティブギアの内装オレンジが個性的アクティブギアシリーズの内装

三菱のアクティブギアシリーズは、高い機能性を主張するオレンジカラーを取り入れた特別仕様車です。RVRのほか、デリカD5・ekカスタム・ekスペースがラインナップしています。車離れが著しいとされている若者たちにもウケるスポーティでかっこいい外装・内装が魅力的です。

RVRのフロアマットフロアマットはブラックとオレンジ

ディーラーオプション扱いとなるアクティブギアコンプリートパッケージには、ブラック×オレンジのフロアマットが前後席セットでついてきます。

RVRのオレンジステッチ

ステアリングやシフトノブ、パーキングブレーキ、シートにはそれぞれオレンジステッチが施されています。派手過ぎず、しかし独自の個性を放つデザインです。

RVRのエアコンダイヤル

エアコンダイヤルにもオレンジの加飾が採用されています。黒の内装色に鮮やかなオレンジカラーがとても映えます。

新型RVRのラゲッジルームはフレキシブルに使える大容量スペースが広がる!

RVRのラゲッジルーム

新型三菱RVRのラゲッジルームは荷室幅がおよそ1000mm~1350mm、奥行きはおよそ1510mmよなっています。テールゲートの開口部が広いので、サイズの大きな重い荷物も積みやすい作りとなっています。リヤシートには6:4分割可倒式を採用することで、荷物の形状に合わせた多彩なシートアレンジが可能です。

RVRのアンダーボックス収納力の高い仕切り付きのアンダーボックス

フラットで使いやすい荷室の下には、仕切りのついたアンダーボックスを搭載しています。なお、スペアタイヤを選択した場合、アンダーボックスは未装着となります。

三菱RVRは「サポカー」対象車として高い安全性が評価されている

衝突被害軽減ブレーキシステムや車線逸脱警報システム、オートマチックハイビームをはじめとした三菱の先進安全装備「e-Assist」を標準装備している新型RVRは、高齢ドライバーを含む全ての運転手に推奨される「サポカー」に該当するモデルです。なお、e-Assistのうち、後側方車両検知警報システムと後退時車両検知警報システムはパッケージメーカーオプションとなります。

その他にも、後ろの車のヘッドライトを防眩する自動防眩ルームミラーやアクティブスタビリティコントロール/ヒルスタートアシスト機能を標準装備するなど、RVRはどちらのグレードも高い安全性能を誇ります。

MITSUBISHIの新型 RVRに装着可能なおすすめ純正アクセサリーやカスタムパーツは?

RVRのイルミネーション夜のドライブが盛り上がる車内のイルミネーション装備

フロントドアスピーカーイルミネーションとフロアイルミネーションをセットで装着すれば、夜のドライブがもっと盛り上がります。ライトの色はどちらもブルーが設定されています。

RVRの本革調シート本革調シートはRVRの上質感が高まる

ファブリックシートを本革調シートに変えるだけで、新型RVRのインテリアが上質なものにドレスアップされます。グレーのパイピングやステッチ、センター部のディンプル加工など、細かなディテールから職人のこだわりが感じられます。

RVRのラゲッジマットトノカバーやラゲッジマットもオプションで設定

荷室のユーティリティを高めるラゲッジマットやトノカバーもおすすめです。ラゲッジマットはラグジュアリータイプとスタンダードタイプの2種類から選べます。

RVRの各種収納グッズラゲッジの各種収納グッズが便利

荷物の形状やサイズに応じてすっきりと収納するラゲッジネットやラゲッジトレイ、パーティションボックスも購入可能です。カーゴサイドボックス専用のサイドトレイリッドは、床面をフラットにして使い勝手を良くしてくれます。

RVRのシフトノブ金属感のあるアルマイト処理されたシフトノブ

アルマイト処理にブラックレザーを合わせた球形のシフトノブは、ドライバーの走りへの期待感を高めてくれます。スポーティな見た目とシフトノブの握り心地の良さにテンションが上がります。

RVRの防眩ミラー夜のドライブが快適になる防眩ミラー

オート防眩ルームミラーは三菱RVR全車にオプションで装着可能です。夜間のドライブでの悩みの種である後続車のヘッドライトの眩しさを軽減して、ドライバーが運転に集中しやすい環境を作ってくれます。

RVRのパノラマガラスルーフLEDイルミネーション付きのパノラマガラスルーフは珍しい装備

新型RVRのGグレードにのみ装着できるパノラマガラスルーフは、LEDイルミネーションとUVカット機能付きです。天気の良い日には開放的なドライブを快適に楽しめます。LEDイルミネーションには温かみのあるアンバーカラーが設定されていて、開閉時に光ります。

RVRの7インチナビゲーション7インチナビゲーションもおすすめのオプション

高精細で見やすい7インチWVGAディスプレイメモリーナビゲーションや、Apple CarPlayやandroid autoなど、スマートフォンとの連携を強化してドライブ中のエンターテインメント性を高めるディスプレイオーディオもおすすめです。

なお、三菱RVRのGグレードでは、メーカーオプションでロックフォードフォズゲート プレミアムサウンドシステムをセレクトすることもできます。

新型RVRの内装はスポーティで万人受けするデザイン!今後の更なる成長が期待される

コンパクトSUVの魅力が詰め込まれたMITSUBISHIの新型RVRは、黒に赤をアクセントカラーとして加えたスポーティな内装となっていて、メーカーオプションの装備でさらに上質で高級感あふれるインテリアに変化します。

SUVらしい走りを最大限に楽しめるコックピット設計で、快適な運転環境が確保されています。シートアレンジも可能な荷室は、様々な荷物をスムーズに積載する工夫がいっぱいです。「e-Assist」の一部を標準装備しており、サポカーの基準をクリアする安全性能も魅力のひとつでしょう。

三菱車の中では、アウトランダーなど他の人気車種の影に隠れて今ひとつ販売台数が伸び悩んでいるモデルではありますが、今後モデルチェンジを経てどう成長していくのか注目が集まります。