フレアワゴンの車いす移動車

新型フレアワゴンの車いす移動車は3点式シートベルトなどの安全面と車いすを載せても広い室内が魅力

新型「フレアワゴン 車いす移動車」が、2018年5月21日に発売されました。マツダを代表する福祉車両を採用する3点式セパレートタイプのシートベルト、機能的な折りたたみリアシート、テールゲート一体型スロープ等の特徴や、同車の販売価格やスロープ角度などの各種寸法を紹介します。

新型フレアワゴンの車いす移動車は3点式シートベルトなどの安全面と車いすを載せても広い室内が魅力

新型「フレアワゴン 車いす移動車」が登場~搭載する安全装備等の魅力を紹介

マツダは、2018年5月21日のプレスリリースで、フルモデルチェンジによって誕生した3代目フレアワゴンをベースとした、車いす移動車の新型モデルを同日に発売した事をアナウンスしました。
ここでは、先進の安全技術を標準装備し、テールゲート一体型スロープを搭載するなどして、福祉車両としてパワーアップした新型「フレアワゴン 車いす移動車」の魅力を紹介します。

新型「フレアワゴン 車いす移動車」は安全装備が充実した

新型「フレアワゴン 車いす移動車」は、OEM供給を受けるスズキの先進安全装技術「デュアルブレーキセンサーブレーキサポート」や、前進時においての誤発進抑制機能、車線逸脱警報機能などを標準装備します。

また、フロント部においては、制動力アップに貢献する「ベンチレーテッドディスクブレーキ」を採用します。

新型「フレアワゴン 車いす移動車」のそういった安全面に対する積極姿勢は評価され、経済産業省や国土交通省が中心となって普及を呼びかける、先進の安全装備によって交通事故の発生防止・被害を軽減できる「安全運転サポート車」のサポートS・ワイドとして認定されました。

新型フレアワゴンの広い室内スペースは福祉車両として魅力的

フレアワゴン車いす移動車の室内スペース頭上に余裕のある室内高1,400mm

新型「フレアワゴン 車いす移動車」、2018年2月に誕生した3代目フレアワゴンをベースとします。
同車の広々とした室内スペースは、福祉車両にとっては魅力的です。

室内高は、1,400mm近くもあり、車椅子で乗車しても頭上には十分な余裕があるため、窮屈感はありません。

車いすを載せても余裕がある機能的な折りたたみリアシート

フレアワゴン車いす移動車の折り畳みリヤシートリアシートをたためば車いすのまま乗車できる

簡単操作で、シートを前方に押し倒せる「折りたたみリアシート」の機能を利用すれば、リア部には車いすのままで乗車しても、ゆったりとした余裕のあるスペースが誕生します。

フレアワゴン車いす移動車の後席スペース4人乗車でも足元スペースは広い

「折りたたみ式リアシート」の機能を利用しない時には、ベース車同様に大人4人が乗車してもリラックスできるスペースが確保されます。

テールゲート一体型スロープと電動ウインチは介助者の負担を軽減する

フレアワゴン車いす移動車のスロープテールゲート一体型スロープと電動ウインチは標準装備 段差が無く乗り降りしやすい

新型「フレアワゴン 車いす移動車」は、介助者の負担を軽減できる「テールゲート一体型スロープ」と「電動ウインチ」を標準装備します。

テールゲート一体型スロープは、解除ノブを引いて、倒すだけというワンアクションで利用でき、段差がないため、安全かつスムーズな乗車・降車が可能です。スロープは、軽量素材であるため設置しても、車両重量が大幅にアップすることはありません。

フレアワゴンの滑り止めスロープ

「テールゲート一体型スロープ」には、スベリ止め(ノンスリップシート)加工を行います。そのため、雨の日であっても足元の安全性は確保されます。

フレアワゴン車いす移動車のリモコン

「リモコン付電動ウインチ」は、リモコン式のため、車いすを押したままでの操作を可能とします。同システムには、ベルトを素早く引き出せる「ベルトフリーモード」が備わります。

フレアワゴン車いす移動車の後部固定ベルト

車いす後部の固定は、フックを左右の金具にかけてから、ベルトを引っ張り、電動ウインチで引き込むだけの簡単操作で終了です。

3点式セパレートタイプのシートベルトのホールド力は魅力的

フレアワゴン車いす移動車の3点式シートベルト肩と腰をしっかりホールドする3点式シートベルト

車いすで乗車の方が利用するシートベルトには、より高いホールド力が求められます。

新型「フレアワゴン 車いす移動車」では、ホールド力を高めるために、3点式セパレートタイプのシートベルトを採用します。

3点式タイプでは、シートベルトを上下に独立させ、最適な位置にレイアウトして、肩と腰をしっかりとガードします。乗車中は、オレンジカラーでおしゃれな手すりを利用すれば、室内での安心感はさらに高まります。

新型「フレアワゴン 車いす移動車」の販売価格

新型「フレアワゴン 車いす移動車」のリアシート付車の販売価格は160万円からで、リアシート無車の販売価格は、156万円からです。

同車は福祉車両であるため、消費税が非課税となります。購入後にかかるその他の税金や保険料等においてもメリットを受けることが出来ます。

ボディカラーは「シルバーメタリック」と「ピュアホワイトパール」の2色展開です。特別塗装色であるピュアホワイトパールを選択した場合には、販売価格に20,000円が加算されます。

新型「フレアワゴン 車いす移動車」のスペック
福祉仕様
(架装)
リアシート付車
(3/4人乗り)
リアシート無車
(3乗り)
トランスミッション 自動無段変速機(CVT)
駆動方式 2WD(FF)
全長 3,395mm
全幅 1,475mm
全高 1,785mm
ホイールベース 2,460mm
車両重量 910kg 880kg
エンジン R06A型 水冷直列3気筒DOHC 12バルブ VVT
総排気量 0.658L
最高出力 38kW/6,500rpm
最大トルク 60Nm/4,000rpm
モーター WA05A 直流同期電動機
最高出力 2.3kW/1,000rpm
最大トルク 50Nm/100rpm
最小回転半径 4.4m
販売価格 1,600,000円~ 1,565,000円~

新型「フレアワゴン 車いす移動車」の各種寸法

横から見たフレアワゴン車いす移動車のサイズ

後ろから見たフレアワゴン車いす移動車のサイズ

新型「フレアワゴン 車いす移動車」の各種寸法を紹介します。

スロープの角度は14°で、内側の幅は680mmです。開口幅は最大で1,030mm、開口高は1,410mmの広々設計で車いすでの乗車をサポートします。

新型「フレアワゴン 車いす移動車」の各種寸法
名称 数値
1 室内高 1,395mm
2 室内長(リアシート付車) 1,290mm
3 室内長(リアシート無車) 1,400mm
4 乗車姿勢角
5 開口幅(最大) 1,030mm
6 開口高 1,410mm
7 底面幅 680mm
8 開口地上高 250mm
9 スロープ幅(内寸) 680mm
10 スロープ角度 14°
11 スロープ突出長 860mm
12 スロープ耐荷重 200kg

加速する高齢化社会をサポートできる新型「フレアワゴン 車いす移動車」が登場

マツダは、加速する高齢化社会をサポートできる車として、新型「フレアワゴン 車いす移動車」をラインナップします。

同車は、スズキ・スペーシアの車いす移動車のOEM車両にあたり、販売価格や装備パーツ、福祉車両としての魅力はほぼ同一です。

両車は、介護する方、自身も高齢者であることを想定して、交通事故の発生・被害軽減に効果のある先進の安全装備を導入します。また、介助者の負担を軽減できる「テールゲート一体型スロープ」を搭載します。

どちらの車も今後、加速する高齢化社会をサポートできる車です。車いす移動車を購入するにあたり、どちらの車を購入すべきか迷った際には、スズキが好きなら新型「スペーシア 車いす移動車」を、マツダが好きなら新型「フレアワゴン 車いす移動車」をお勧めします。