eKスペースとルークスの違い

eKスペースとルークスの違いは?内外装デザインや装備など異なる点を解説!

eKスペースとルークスの違いを解説。三菱eKスペースと日産ルークスの2台はNMKVが販売する2020年3月発売の軽スーパーハイトワゴン。姉妹車の関係ですが違いはあるのでしょうか。内外装やパワートレイン、安全装備、価格帯などを比較!

eKスペースとルークスの違いは?内外装デザインや装備など異なる点を解説!

三菱eKスペースと日産ルークスの違いをデザインやスペックなどからチェック!

2020年3月発売の新型eKスペースと新型ルークスの違いを、エクステリアやインテリア、安全装備、パワートレイン、価格、収納・車内スペースなどに注目して紹介。

eKスペースは標準仕様に加えてSUVテイストのeKクロススペースが新たにラインナップ。ルークスは従来通り標準仕様とハイウェイスターシリーズが設定されています。これからeKスペースまたはルークスを購入予定の方は違いをよく確認しておきましょう。

eKスペースとルークスの違い【パワートレイン編】

三菱eKスペースと日産ルークスのパワートレインはエンジンやモーター、CVTともに共通です。
HYBRIDシステム採用の自然吸気エンジン(最高出力:38kW[52PS]/6400rpm、最大トルク60 N・m[6.1 kgf・m]/3600 rpm)とターボエンジン(最高出力:47 kW[64 PS]/5600rpm、最大トルク100 N・m[10.2 kgf・m]/2400~4000 rpm)、リチウムイオン電池を主電池としたモーター、CVTを組み合わせます。

eKスペースとルークスの違い【エクステリア編】

eKシリーズのエクステリアeKスペースとeKクロススペースのエクステリア

モデル間でのエクステリアの違いが大きいeKスペースは標準仕様とSUVテイストのeKクロススペースの2モデルが展開します。

標準仕様のグリルはボディと同色でフレンドリーな顔立ちに。ターボエンジン搭載車にはブラックカラーのグリルを採用します。eKクロススペースはフロントマスクに「ダイナミックシールド」を採用し、力強いSUVらしさを強調しています。

eKクロススペースのボディカラー一覧

  • オリーブグリーンメタリック✕ホワイトソリッド
  • サファイアブルーメタリック✕ホワイトソリッド
  • ナチュラルアイボリーメタリック✕サンシャインオレンジメタリック
  • サンドイエローメタリック✕ホワイトソリッド
  • レッドメタリック✕ブラックマイカ
  • ホワイトパール✕ブラックマイカ
  • ホワイトパール
  • チタニウムグレーメタリック
  • ナイトシャドウパープルパール
  • サンシャインオレンジメタリック
  • オークブラウンメタリック
  • ブラックマイカ
  • レッドメタリック

eKスペースのボディカラー一覧

  • ホワイトパール✕オークブラウンメタリック
  • コーラルピンクメタリック✕ホワイトソリッド
  • ミントブルーメタリック✕ホワイトソリッド
  • ナチュラルアイボリーメタリック
  • オークブラウンメタリック
  • ホワイトパール
  • スターリングシルバーメタリック
  • レッドメタリック
  • ブラックマイカ

ルークスのエクステリアルークス ハイウェイスターとルークスのエクステリア

新型ルークスは標準仕様とカスタマイズカーシリーズのハイウェイスターの2タイプがラインナップしています。
どちらもV型のフロントマスクが特徴的ですが、ハイウェイスターの方がグリルは大きく迫力のある顔つき。エアロバンパーやバックドアフィニッシャー、ルーフスポイラーなどハイウェイスター専用外装が採用されています。標準仕様はグリルが小さめで、スタイリッシュで洗練されたデザインです。

ルークス ハイウェイスターのボディカラー一覧

  • アメジストパープル/フローズンバニラパール2トーン
  • スパークリングレッド/ブラック2トーン
  • ホワイトパール/チタニウムグレー2トーン
  • ホワイトパール
  • チタニウムグレー
  • ブラック
  • スパークリングレッド
  • アトランティックブルー
  • アッシュブラウン
  • アメジストパープル
  • フローズンバニラパール

ルークスのボディカラー一覧

  • ホワイトパール(3P)/セレニティゴールド(PM)2トーン
  • フローズンバニラパール(M)/アッシュブラウン(M)2トーン
  • ホワイトパール
  • スターリングシルバー
  • ブラック
  • スパークリングレッド
  • ソーダブルー
  • ブロッサムピンク
  • アッシュブラウン
  • プレミアムサンシャインオレンジ
  • フローズンバニラパール

eKスペースとルークスの違い【インテリア編】

eKスペースの内装eKスペースのインテリア

eKスペースのオプション内装eKクロススペースの「プレミアムインテリアパッケージ」

eKスペースはナチュラルなライトウォームグレーのインテリアカラーを採用。eKクロススペースはブラウン×ブラックの組み合わせです。
なお、eKクロススペースの「G」「T」の2グレードは、SUV風のエクステリアにマッチするブラウンにオレンジステッチをあしらった「プレミアムインテリアパッケージ」もメーカーオプションで選択可能です。

ルークスの内装ルークスのインテリア

ルークス ハイウェイスターの内装ルークス ハイウェイスターのインテリア

ルークスの標準仕様には、車内を明るくするアイボリーカラーを設定。ハイウェイスターシリーズは落ち着いたエボニーやブラックでまとめられています。標準仕様とハイウェイスターのどちらにもトリコットシートが採用されています。さらに、ハイウェイスターにはブラック×モカのプレミアムグラデーションインテリアが用意されます。

eKスペースとルークスの違い【価格編】

三菱eKスペースの価格帯は1,399,200円~1,767,700円、eKクロス スペースが1,655,500円~1,991,000円。日産ルークスの価格帯は1,415,700円~1,680,800円、ルークス ハイウェイスターは1,734,700円~2,066,900円と、ルークスの方が価格設定は高めとなっています。

eKスペースとルークスの違い【安全装備編】

eKスペースとeKクロススペースには予防安全技術「e-Assist」が標準装備となります。e-Assistのパッケージ内容は以下の通りです。

三菱e-Assist の装備リスト

  • 衝突被害軽減ブレーキシステム[FCM]
  • 踏み間違い衝突防止アシスト
  • 車線逸脱警報システム[LDW]
  • 車線逸脱防止支援機能[LDP]
  • オートマチックハイビーム[AHB]
  • ふらつき警報[DAA]
  • 前方衝突予測警報[PFCW]
  • 標識検知[TSR]
  • 先行車発進通知[LCDN]

ルークスやルークスハイウェイスターでも、名称は異なりますがeKスペースシリーズと同等の安全装備が備わっています。

三菱e-Assist の装備リスト

  • インテリジェント エマージェンシーブレーキ
  • 踏み間違い衝突防止アシスト
  • インテリジェント LI(車線逸脱防止支援システム)+LDW(車線逸脱警報)
  • インテリジェント FCW(前方衝突予測警報)
  • ハイビームアシスト/プロパイロット エディションアダプティブLEDヘッドライトシステム(プロパイロットエディション)
  • インテリジェント DA(ふらつき警報)
  • 標識検知機能(進入禁止標識検知、最高速度標識検知、一時停止標識検知)
  • 先行車発進お知らせ

また、eKスペースには「マイパイロット」、ルークスには「プロパイロット」と、どちらにも高速道路走行時の運転支援技術を導入。システムの名称は異なりますがこちらも同じ機能で、高速道路での渋滞やロングドライブでのストレス軽減に貢献します。

eKスペースとルークスの違い【車内空間の広さ・収納】

ルークスのシートアレンジ多彩なシートアレンジが可能なeKスペースとルークス(画像はルークスの車内)

eKスペースとルークスのボディサイズは共通しており、室内寸法も同じです。全モデルよりホイールベースを65mm延長しているため、さらに広いスペースを確保できています。
後部座席は320mmの前後スライドが可能で、助手席を倒す操作もレバーで簡単に行えます。

eKスペースのラゲッジルーム荷室下にはラゲッジアンダーボックスを用意(画像はeKスペース2WD)

ラゲッジルームも十分な容量があり、買い物やレジャーにと活躍してくれます。また、荷室フロア下にはラゲッジアンダーボックスが設置されています。

eKスペースとルークスの違いを理解して好みの車を選ぼう!

新型eKスペースと新型ルークスは、パワートレインや安全装備など、スペック面での大きな違いはありません。エクステリアやインテリアのメーカーオプションなど、デザインにおける違いが多いので、eKスペースとルークスの2つではもちろん、eK Xスペースやハイウェイスターのようなモデル間でも比較しながら自分好みの一台を選びましょう。