CX-5のマイナーチェンジ

CX-5がマイナーチェンジでエンジン強化 出力向上し気筒休止システムを搭載

CX-5のマイナーチェンジモデルが2018年3月8日に発売されました。目玉はディーゼルエンジンの出力向上、ガソリンエンジンの燃費向上で、CX-8に搭載されているディーゼルエンジンの投入、ガソリンエンジンには気筒休止システムが搭載されます。

CX-5がマイナーチェンジでエンジン強化 出力向上し気筒休止システムを搭載

CX-5が2018年にマイナーチェンジ!ディーゼルエンジンがパワーアップ

2017年3月から2代目へとフルモデルチェンジしたマツダのCX-5は、2018年2月8日に年次改良のマイナーチェンジが発表され3月8日に発売しました。2017年8月には安全装備の「i-ACTIV SENSE」を全車標準装備したCX-5には、どのような改良が加えられるのでしょうか?

いままでのマイナーチェンジ内容や、CX-5のエンジンスペックやボディサイズを振り返りながらチェックしていきましょう。

2018年3月8日のマイナーチェンジでエンジンが改良される

スカイアクティブDのエンジン

2017モデルのCX-5に搭載されているディーゼルエンジンは、最高出力175PS、最大トルクが420Nmのエンジンです。2018年3月8日のマイナーチェンジで最高出力190PS、最大トルクが450Nmの「SH-VPTS」エンジンが搭載されます。

CX-5に搭載される改良型ディーゼルエンジンスペック
型式 SH-VPTS
種類 直列4気筒直噴ターボ
排気量 2,188cc
最高出力 190PS/4,500rpm
最大トルク 450Nm/2,000rpm

新しくCX-5に搭載されるディーゼルエンジンは、CX-8に積んでいる改良型の「SKYACTIV-D」エンジンで、今後はCX-5だけではなくCX-3にも搭載されると考えられます。

スカイアクティブGのエンジン

ほかにも、2.5Lのガソリンエンジンである「SKYACTIV-G 2.5」にも、改良が加えられて気筒休止システムが搭載されます。

CX-5に搭載される改良型ガソリンエンジンスペック
型式 PY-VPS
種類 直列4気筒
排気量 2,488cc
最高出力 190PS/6,000rpm
最大トルク 251Nm/3,250rpm

最高出力や最大トルクなどは変わりませんが、気筒休止システムを搭載することで長時間同じ速度で巡行する時など、4気筒のうち2気筒を休止させて燃費の向上に貢献します。

2017年8月には安全装備を全車標準搭載している

新型CX-5のヘッドアップディスプレイ

CX-5は、2017年8月に「i-ACTIVE SENSE」と呼ばれる安全装備を全車標準装備し、セーフティ・サポートカーS ワイドに対応しています。

CX-5に標準装備の安全装備

・アドバンスト・スマート・シティ・ブレーキ・サポート
・AT誤発進抑制機能(前進)
・先進ライト
・車線逸脱警報システム
・スマート・シティ・ブレーキ・サポート(後退)
・AT誤発進抑制機能(後退)
・ブラインド・スポット・モニタリング
・リア・クロス・トラフィック・アラート
・リアパーキングセンサー

この内、サポカーS・ワイドに該当する安全装備は、「アドバンスト・スマート・シティ・ブレーキ・サポート」、「AT誤発進抑制機能」、「先進ライト」、「車線逸脱警報システム」の4つです。

先進ライトは、ハイビームを使っていても対向車に眩しくないように配光する、ロービームではワイド配光にして歩行者などを発見しやすくする、ハイビームとロービームを自動的に切り替えるなどの機能を持っていて、ドライバーはライトをつけるだけでいいので、安心して夜間のドライブを楽しむことができます。