シトロエンC3の内装

シトロエンC3の内装はドライバーの所有欲を満たす個性あふれるデザインが魅力

シトロエンC3の内装をベースモデルFEELやSHINE、特別仕様車C3 COLORADO EDITION、C3 JCC+などグレードやモデル別に紹介。新型シトロエンC3の内装はおしゃれで都会的なインテリアで色はレッドやグレーを採用。収納もたっぷりでユーティリティの高い車です。

シトロエンC3の内装はドライバーの所有欲を満たす個性あふれるデザインが魅力

シトロエンC3の内装の特徴は?シートデザイン・コックピット・ラゲッジルーム・安全装備などを徹底解説

2002年より販売開始されているシトロエンC3は、全長3,995mm・全幅1,750mm・全高1,495mmのコンパクトカーです。同社で過去に販売されていたシトロエンC2とはプラットフォームを共有しており、グループ会社から販売されていたプジョー・207とも共通しているパーツがあります。

新型シトロエンC3はベースグレードのC3 FEEL、装備がより充実した上級グレードのC3 SHINEの2モデル構成です。グレードごとの違いにも触れつつ、現行型シトロエンC3の内装を解説していきます。また、特別仕様車の「C3 COLORADO EDITION(コロラド・エディション)」や、デザイナーのジャン=シャルル・ド・カステルバジャックとコラボした限定100台販売の「C3 JCC+」の内装にも触れていきます。

シトロエンC3の特別仕様車「SAINT JAMES(セントジェームス)」の内装はマリンテイストを取り入れた爽やかなデザイン

シトロエンC3の特別仕様車「SAINT JAMES(セントジェームス)」シトロエンC3「セントジェームス」が2019年6月10日より販売スタート

プジョー・シトロエン・ジャポン株式会社は2019年6月10日、シトロエンC3の新たな特別仕様車として「SAINT JAMES(セントジェームス)」を発売しました。

ボーダーパイピング入りオリジナルフロアマットシトロエンC3セントジェームスはボーダーパイピング入りオリジナルフロアマットが特別装備となる

SAINT JAMESはフレンチカジュアルでおなじみのファッションブランドで、今回のシトロエンC3セントジェームスではそのファッショナブルなデザインが内外装ともに反映されています。

特別仕様車シトロエンC3セントジェームスの内装はスポーティーなブラックカラーでまとめられています。

特別装備として爽やかなブルー×白のボーダーパイピングがあしらわれたオリジナルフロアマットが用意されており、黒のインテリアのアクセントになっています。

シトロエン・ミラースクリーンやコネクテッドカムシトロエン・ミラースクリーンやコネクテッドカムを標準装備するシトロエンC3セントジェームス

新型シトロエンC3セントジェームスでは、Apple Car PlayやAndroid Autoに対応する「シトロエン ミラースクリーン」というコネクテッド機能が使用できます。スマホのアプリをスマホと同じ感覚で操作可能です。コネクテッドカムは走行中の出来事を撮影・共有できる車載カメラです。写真や動画で大切な人との思い出を残すことができます。
安全装備には、アクティブセーフティブレーキやヒルスタートアシストが搭載されています。

新型シトロエンC3のインテリアカラーはグレーとアーバンレッドが設定されている

CITROËNC3のインテリア(上:設定色グレー 下:設定色アーバンレッド)CITROËNC3の内装色グレーとアーバンレッド、どちらの色もそれぞれの魅力がある

現行型シトロエンC3の内装カラーはグレードによって異なります。FEELグレードの全色とSHINEのサーブル・アーモンドグリーン・コバルトブルー・オレンジパワーに設定されるのは、メタル感がスタイリッシュなグレーのインテリアです。

SHINEグレードのブランバンキーズ・ノアールペルラネラ・ルージュルビには赤のパターンがパッと目を引くアーバンレッドのインテリアが設定されています。

シトロエンC3のコックピットは一切の無駄を取り払い機能性とデザイン性の両立を図っている

シトロエンC3のコックピットシトロエンC3のコックピット設計は必要最低限の加飾のみを取り入れ、機能的で美しいデザインとなっている

新型CITROËNC3のコックピットを見てみると、誰が乗ってもわかりやすく操作しやすいようスイッチ類のレイアウトが工夫されています。もちろん実用性だけでなく、デザインの良さもバランスよく両立しているのがポイントです。

シトロエンC3の7型タッチスクリーンを操作しているところ7型タッチスクリーンはシトロエン独自の「ミラースクリーン」機能を搭載。スマホと連携してCar PlayやAndroid Autoが使用可能

現行型シトロエンC3はカーナビアプリのCar PlayやAndroid Autoに対応する7インチのタッチスクリーンを標準装備しており、スマートフォンとの連携が強化されています。カーナビ機能のほか、ラジオや音楽を聴いたり通話・メッセージのやり取りを音声入力機能で行ったりと、車内での快適性を向上させてくれます。

シトロエンC3の内装インテリア角の取れたデザインがモダンなシトロエンC3の内装インテリア

外装に合わせた丸みのあるディティールが特徴の新型シトロエンC3。旅行かばんをイメージしたというドアストラップの丁寧に施されたステッチからは、職人の強いこだわりが感じられます。

新型シトロエンC3のラゲッジルームは300Lの荷室容量を確保している

新型シトロエンC3のラゲッジスペース新型シトロエンC3の荷室スペースは300Lでたくさんの荷物を載せられる

シトロエンC3のラゲッジスペースは、コンパクトカーながらもしっかり300Lの荷室容量が確保されています。レジャーシーンやショッピングなどでも大活躍してくれること間違いありません。 また、荷室のほか大型のグローブボックスも搭載されており、優れた収納性を有します。

ベースグレードでもさまざまな先進安全システムが充実している現行型シトロエンC3

新型シトロエンの安全装備新型シトロエンは先進技術を駆使した安全装備でドライバーや同乗者の身の安全をしっかり守る

シトロエンC3には多くの先進安全技術が詰め込まれています。アクティブセーフブレーキ・ヒルスタートアシスタンス・レーンデパーチャーウォーニング・ドライバーアテンションアラート・スピードリミットインフォメーションはシトロエンCアの全車に標準装備されています。

さらに上級グレードとなるSHINEグレードには、ブラインドスポットモニターやバックカメラも搭載されます。

新型シトロエンC3のSHINEはルームミラーに「コネクテッドカム」を備える

シトロエンC3に標準装備のコネクテッドカムドライブがもっと楽しくなる「コネクテッドカム」は、標準装備ではシトロエンC3が世界初採用となるツール

上級グレードのSHINEはルームミラー部に「コネクテッドカム」を標準装備しています。コネクテッドカムは16GBの大容量メモリーとGPSが搭載されているルームミラー一体型のカメラで、走行中に動画や写真を保存することができます。ちなみに、コネクテッドカムを標準装備としたのはシトロエンC3が初のモデルとされています。

コネクテッドカム専用のアプリをスマホにダウンロードしておけば、アプリを通じてコネクテッドカムで撮影したファイルをダイレクトに受け取れます。ワンクリックでTwitterやFacebookなどのSNSに共有することも可能です。

シトロエンC3 COLORADO EDITION(コロラド・エディション)の内装はテップレザーを贅沢に使用した落ち着きのあるブラウンカラー

シトロエンC3 COLORADO EDITIONのエクステリアとインテリア赤い岩がそびえるコロラドの大地にインスパイアされたシトロエンC3 COLORADO EDITIONの内装は、シックで大人の魅力あふれるデザイン

シトロエンC3 COLORADO EDITION(コロラド・エディション)は2018年8月に販売された特別仕様車です。コロラドに広がる雄大な自然をイメージして開発されたシトロエンC3 COLORADO EDITIONは、ドアパンチから車体を守る剛健なエアバンブなどはそのままに、テップレザーとファブリックのコンビシート内装をプラスした高級感あふれるインテリアが特徴です。

通常モデルのSHINEグレードと同様、コネクテッドカムを標準搭載しています。アクティブセーフティブレーキやヒルスタートアシスタンス、インテリジェントハイビームなどの先進安全装備もしっかり備わっています。

シトロエンC3 JCC+の内装はカラフルなデザインで個性を求めるドライバーにおすすめ

ジャン=シャルル・ド・カステルバジャックとコラボの限定車:シトロエンC3 JCC+シトロエンC3 JCC+はジャン=シャルル・ド・カステルバジャックとの2度目のコラボで誕生した限定車

限定100台発売のシトロエンC3 JCC+は、ジャン=シャルル・ド・カステルバジャックがデザインを手がけるおしゃれなファッションカーです。ジャン=シャルル・ド・カステルバジャックとのコラボは新型EVの「E-メアリ」のアートカーでも行われており、今回で2度目の実現となります。

シトロエンC3 JCC+のエクステリアとインテリアシトロエンC3 JCC+にはエクステリアからインテリアまでセンスフルな色遣いが採用されている

シトロエンC3 JCC+の内装は外装に負けないファッショナブルなデザインで、インパネ周りやシートの色遣いも絶妙です。シートは見た目だけでなく座り心地もよく、ロングドライブでも快適に過ごせます。

シトロエンC3  JCC+の収納スポットCITROËNC3のベースモデルと同じく収納性も高いシトロエンC3 JCC+

300Lのラゲッジ容量や大きなグローブボックス、センターコンソールなど収納スペースはベースモデルと同じくしっかりと備わっています。

その他、コネクテッドカムやミラースクリーン、多彩な12種類のドライバーサポートなど装備も充実しています。デザインも機能性も満足できるおすすめの限定モデルです。

新型シトロエンC3の内装はお値段以上の質感の高さで多くのユーザーを満足させてくれる

輸入車の中でも手を出しやすいリーズナブルな価格帯で、日本国内での売り上げも好調とされている現行型シトロエンC3。それでいてチープな印象は感じさせず、内装も外装も質感の高い魅力的なデザインとなっています。他のオーナーと被りやすい国産車ではなく、おしゃれな外車に手を伸ばしてみたいという方にもおすすめのモデルです。

特に、シトロエンC3の特別仕様車や限定車の内装にはおしゃれな専用デザインが設定されているので、個性的な車を求めるオーナーの所有欲もしっかり満たしてくれることでしょう。シトロエンC3向けのパーツや似合うホイールを探してみて、自分好みにカスタムを楽しむのもおすすめです。