トノカバー設置の必要性

トノカバーは必要?不要?メリットとデメリットから考える必要性

トノカバーが必要か不要かを判断するのに、役立つ情報をお届けします。ハリアーやハイラックス等の車種別・純正アクセサリーの特徴や販売価格、防犯性が高まるなどメリットやシートアレンジが面倒になるなどのデメリットも紹介します。

トノカバーは必要?不要?メリットとデメリットから考える必要性

トノカバーの必要性はメリットやデメリットから車の特徴で判断しよう

トノカバーは、セダンのようにトランクルームを持たない車に設置するアクセサリーです。レヴォーグやC-HRのようにトノカバーを標準装備する車もありますが、その他の車では、追加設定は必要か不要かどうかを自分で考えなければなりません。

ここでは、トノカバーのメリットやデメリット、ハイラックスやハリアーなどの車に設置可能なオリジナルアクセサリーの特徴や販売価格も紹介します。

トノカバーはラゲッジルームの荷物を隠してくれる

荷物を隠す役目もあるトノカバー

トノカバーは、ラゲッジルームに置いた荷物を覆い隠す事で、プライバシー保護に貢献する室内アクセサリーです。

トノカバーは、セダンのように独立したトランクルームを持たない、トラックやSUV、ステーションワゴンといった車種に設置します。

素材には布やビニール、あるいはプラスチックや革が採用されます。利用しない時には、簡単に取り外せる、クルクルと折り畳んでコンパクトにできる仕組みを取り入れます。

トノカバーのメリットは防犯性とアイテムの状態維持

防犯性も高いトノカバー

防犯性が高まる

トノカバーを利用すれば、荷室に収納するアイテムを覆い隠すことができるため、防犯性が高まります。室内の状態を確認しやすいほど、車上荒らしの被害に合いやすくなるため、トノカバーを利用して荷室の状態を確認しにくくすることで防犯性は高まります

直射日光を避けられる

トノカバーを利用すれば、お花見やバーベキューの際に、用意した食材やお弁当類にダメージを与える直射日光を避ける事ができます。

肉や魚介類等の衛生状態を保つためには、直射日光を避ける必要があります。トノカバーを設置すれば、リヤガラスやサイドガラスとの合わせ技で、太陽光の透過率は大幅に低下します。

デメリットは荷物制限とシートアレンジの面倒さ

シートアレンジする時に外す必要があるトノカバー

シートアレンジが面倒になる

トノカバーのデメリットは、シートアレンジが面倒になることです。

アウトドアシーンで疲れた体をリラックスできる、フラットモードにアレンジにするために、リヤシートを倒そうとしても、トノカバーが設置されていればスムーズとならないため、種類によっては取り外す必要があります。

荷物のサイズが制限される

トノカバーを設置すれば、その内部空間に収まるサイズの荷物しか収納できなくなります。

旅行やアウトドアシーンにおいて荷物の量が制限されることは、予定の変更につながり楽しみの幅を狭めてしまいます。また、自転車などのロングサイズのアイテムを搭載する際には、トノカバーが邪魔になります。

ハイラックスやハリアーなど車種別トノカバーの特徴

ハイラックス

2017年10月に13年ぶりに日本市場での販売を再開したハイラックスは、日本を代表するピックアップトラックです。ハイラックスは、運搬能力・タフなボディ・オフロード走行が国内外で評価され、トヨタ車ではカローラに次ぎ世界で2番目に売れています。

ハイラックスの純正トノカバー

トヨタがハイラックスに用意するトノカバーは、荷台に載せる積載物を雨風から守るため、材質や強度にもこだわります。そのため、販売価格は他車の商品と比較すれば高額ですが、商用車として利用される事も多いハイラックスは、大切な荷物をトノカバーでガードできる事を考えると設置効果は大きいと言えます。

トノカバーを全閉にしている状態では、荷台に積み込むのが困難なアイテムは、その種類に応じてカバーで覆われていないエリアを拡げていく事で積載可能となります。

サイズ L1,597mm×W1,590mm×H38mm
重量 10.4kg
材質 帆布、アルミウム
価格 183,600円(税込)

ハリアー

ハリアーは、日本を代表するクロスオーバータイプのラグジュアリーSUVです。2017年6月に行われたマイナーチェンジでは、快適温熱シートやベンチレーション機能を、電動ランバーサポートを装備させ、同車の特徴である快適性と乗り心地をアップさせました。

ハリアーの純正トノカバー

ハリアーは、車上荒らしに狙われるケースも多く、その際には、ラゲッジルームに置かれている荷物が被害に合うケースは少なくありません。

トノカバーを利用すれば、車上荒らしを企てようと思わせる積載物の有無を確認できなくなるため、防犯力が強化されます。

ハリアーの純正トノカバーは、高級感で包まれる室内空間とマッチする装飾効果も兼ね備えるアクセサリーです。

カラー ブラック
価格 24,840円(税込)

シャトル

シャトルは、2015年に発売をスタートしたステーションワゴンです。

フィットシャトルの後継車にあたる同車は、ワゴン車としての積載能力や、ホンダのハイブリッドシステムである「SPORT HYBRID i-DCD」によって実現される低燃費、4WD車設定も評価されロングツーリング志向のユーザーからの支持を集めました。

シャトルの純正トノカバー

シャトル純正アクセサリーのトノカバーには、1万円を切るリーズナブルな価格ながらも、ラゲッジルームのプライバシー保護に貢献し、利用しないときにはコンパクトに折り畳める機能性も備わります。

価格 8,640円(税込)

インプレッサ スポーツ

インプレッサ スポーツは、スバルが世界ラリー選手権等のモータースポーツが参戦する中で培われてきた技術を積極的に導入する車です。2016年10月に誕生した5代目ではスバルの新世代プラットフォームが初めて採用され、操縦安定性の飛躍・ボディ構造の最適化が実現されました。

インプレッサスポーツの純正トノカバー

インプレッサ スポーツに用意されるトノカバーは、カーゴルームにジャストフィットし、設置しても運転に影響を与える後方視界をさえぎる事はありません。

同アクセサリーは折り畳んだりする際に、利用しやすいように持ち手をつけて、素材による滑りやすさを解消します。

価格 17,280円(税込)

トノカバーの必要性は車種や利用目的などよって変わる

トノカバーの必要性は、車種によって変わってきます。例えば、商用車としてハイラックスを利用するユーザーと、街乗りメインでシャトルを利用するユーザーを比較すれば、前者の方がトノカバーの必要性は高まります。

同じ車の利用であっても、休日は仲間と一緒にバーベキューを頻繁に行う方と、休日は演劇の練習・鑑賞を楽しむ方を比較すれば、その必要性は変わってきます。

トノカバーを追加設定するかどうかの判断には家族構成も関わってきます。お子さんがいる方は、運動会等の学校行事に参加する事を考えれば、その必要性は高まります。

そういった自分に関わる諸条件を考慮して、必要だと判断したらトノカバー設置して車をカスタマイズしよう。