ライズのタイヤ

ライズのタイヤ~16インチのおすすめ低燃費タイヤ

トヨタの新型ライズは、ダイハツ「ロッキー」のOEM供給を受けて、2019年11月5日発売となったコンパクトSUV。5ナンバーでありながら荷物がたくさん積めるラゲージスペースに、力強い走りを実現するライズには、転がりのいい低燃費タイヤがおすすめです。

ライズのタイヤ~16インチのおすすめ低燃費タイヤ

新型ライズには転がり抵抗性能やウェット性能に優れた低燃費タイヤがおすすめ

ここで紹介するのは、ライズの2つの純正タイヤサイズのうち、市販タイヤにラインナップされている195/65R16タイヤ。

グレード「X」「X“S”」「G」に標準装備されるこのサイズのタイヤは、流通量がそれほど多くありませんが、主に低燃費タイヤブランドに設定されています。

ライズの純正サイズ「195/65R16」に適合するおすすめタイヤ4選

SUVとしてはややコンパクトなライズの純正サイズ「195/65R16」は、転がり抵抗性能とウェットグリップ性能のバランスがとれた、ブリヂストンやトーヨータイヤなどの低燃費タイヤがおすすめです。

ブリヂストン(BRIDGESTONE)の「プレイズ PX」はライズの疲れにくい運転を実現する操縦安定性にとともに低燃費性能やウェット性能をしっかり確保

BRIDGESTONE Playz PX 195/65R16 92V

BRIDGESTONE Playz PX 195/65R16 92V角を丸めたブロックが接地性を高めることでグリップ力を最大限に発揮するブリヂストン プレイズ PX

車種 ライズ
メーカー ブリヂストン
ブランド Playz PX
タイヤサイズ 195/65R16
タイヤ外径 660mm
タイヤの種類 低燃費タイヤ
ロードインデックス 92
速度記号 V
低燃費グレード AA/a
静粛性 ★★★
燃費 ★★★★
耐久性 ★★★★
価格 17,000円~

ブリヂストンのPlayz PX(プレイズ ピーエックス)は、「疲れにくい」という安全性能を高めたセダン・クーペ専用の低燃費タイヤ。

高い操安性やウェット性能により、ライズのレーンチェンジで軽快なハンドリングを実現してふらつきを抑制。さらに、ウェット性能を犠牲にせず、優れたライフ性能や転がり抵抗性能「AA」の低燃費性能を高めています。

トーヨータイヤ(TOYO TIRES)の「ナノエナジー 3 プラス」は優れたウェットグリップ性能がライズの雨の日の安全性を高めて摩耗ライフと低燃費を両立

TOYO TIRES NANOENERGY 3 PLUS 195/65R16 92V

TOYO TIRES NANOENERGY 3 PLUS 195/65R16 92V低燃費トレッドコンパウンドが摩耗ライフやウェット性能も高めるトーヨータイヤ ナノエナジー 3 プラス

車種 ライズ
メーカー トーヨータイヤ
ブランド NANOENERGY 3 PLUS
タイヤサイズ 195/65R16
タイヤ外径 660mm
タイヤの種類 低燃費タイヤ
ロードインデックス 92
速度記号 V
低燃費グレード A/b
静粛性 ★★★
燃費 ★★★
耐久性 ★★★
価格 9,000円~

トーヨータイヤのNANOENERGY 3 PLUS(ナノエナジー スリープラス)は、ウェット性能を高めたスタンダード低燃費タイヤ。

ウェットチューンの低燃費トレッドコンパウンドが、転がり抵抗性能とウェットグリップ性能をバランスよく高めて、グレード「A/b」の優れた低燃費性能を発揮。また、ワイドなトレッドがライズの操縦安定性を向上するとともに、サイレントウォールがパターンノイズを抑えて静粛性を高めています。

ブリヂストン(BRIDGESTONE)の「ネクストリー」は転がり抵抗の低減により優れた低燃費性能を発揮するとともにライズに求められる基本性能を確保

BRIDGESTONE NEXTRY 195/65R16 92V

BRIDGESTONE NEXTRY 195/65R16 92Vナノプロ・テック採用のトレッドゴムが基本性能を犠牲にせず低燃費性能を高めたブリヂストン ネクストリー

車種 ライズ
メーカー ブリヂストン
ブランド NEXTRY
タイヤサイズ 195/65R16
タイヤ外径 656mm
タイヤの種類 低燃費タイヤ
ロードインデックス 92
速度記号 V
低燃費グレード A/c
静粛性 ★★★
燃費 ★★★
耐久性 ★★★
価格 10,000円~

ブリヂストンのNEXTRY(ネクストリー)は、ウェット性能・ドライ性能・乗り心地などの基本性能をバランスした、幅広い車種に対応する低燃費ベーシックタイヤ。

独自技術のナノプロ・テックによって開発したトレッドゴムが、基本性能を確保しながら転がり抵抗を低減。低燃費性能をはじめとする、ライズに求められるタイヤ性能をバランスよく発揮します。

ミシュラン(MICHELIN)の「プライマシー4」は履き替え時までウェットブレーキング性能が長く持続して優れた静粛性によりライズの快適な走りを実現

MICHELIN PRIMACY 4 195/65R16 92V

MICHELIN PRIMACY 4 195/65R16 92V新配合のコンパウンドが低燃費性能とウェットグリップ性能をバランスよく高めたミシュラン プライマシー4

車種 ライズ
メーカー ミシュラン
ブランド PRIMACY 4
タイヤサイズ 195/65R16
タイヤ外径 660mm
タイヤの種類 コンフォートタイヤ
ロードインデックス 92
速度記号 V
低燃費グレード 対象外
静粛性 ★★★★
燃費 ★★
耐久性 ★★★
価格 14,000円~

ミシュランのPRIMACY4(プライマシーフォー)は、雨の日に強いプレミアムコンフォートタイヤ。(本サイズは低燃費グレードの対象外)

摩耗後も優れた排水機能を発揮する溝形状にすることで、履き始めから履き替えまで高いウェットブレーキング性能を持続。また、周波数のコントロールに加えて、サイレント・リブテクノロジーがパターンノイズを低減して、ライズの静かな走りを実現します。

ライズはDNGA採用により高い基本性能と低価格を実現

ダイハツからOEM供給される新型ライズは、ダイハツの新プラットフォーム「DNGA(Daihatsu New Global Architecture)」を採用。

Bセグメントから上のクラスに展開されるトヨタのTNGAに対し、DNGAは軽自動車やBセグメント以下の小型車が対象。設計思想の共通化により、基本性能の向上と車体の軽量化・低コスト化を両立することから、走行性能や安全性とともに、価格や燃費などの経済性の高さもライズの大きな魅力となります。