ライズの内装

ライズの内装は質感の高いスポーティーなデザイン!操作系もシンプルで実用的

ライズの内装は先進性とスポーティーな雰囲気を取り入れたシンプルな作り。スマートアシストをXグレード以外の全車に標準装備し、SUVの良さを生かしたアイポイントの高い運転席で良好な前方視界を確保。コンパクトなのにラゲッジルームは広く、シートアレンジも多彩です。

ライズの内装は質感の高いスポーティーなデザイン!操作系もシンプルで実用的

ライズの内装をコックピット・シート・ラゲッジスペースをメインに紹介!

ライズの内装を徹底解説します。2019年11月5日に発売したトヨタ・ライズは、コンパクトなSUVモデルで使い勝手の良いサイズ感。値段も手頃で幅広いユーザーのライフスタイルに見合った一台となっています。

新型ライズはミニRAV4のようなかっこいい外装デザインも魅力ですが、多彩な先進装備を搭載し、機能美を体現した内装も注目したいポイントです。ライズのコックピットやインパネ周り、シートアレンジ、荷室の実用性などを詳しく掘り下げていきます!

トヨタ・ライズの内装デザインはグレード別設定で全2タイプを用意

ライズは「Z」「G」「X”S”」「X」の4グレード構成です。内装の種類は大きく分けて2タイプで、ZとG、X”S”とXがそれぞれ共通デザインとなっています。

新型ライズ Z(2WD)のコックピット新型ライズ Z(2WD)のコックピット

新型ライズ G(2WD)のコックピット新型ライズ G(2WD)のコックピット

ZとGのコックピットはシルバーの加飾をあしらった質感の高いスタイリングに。サイドレジスターリングとフロントドアグリップには差し色としてレッドandシルバー塗装の加飾を設定。センターコンソールの両側サイドポケットにもレッドを採用しています。

LEDデジタルスピードメーターと7インチのTFTカラー液晶ディスプレイ(マルチインフォメーションディスプレイ付き)LEDデジタルスピードメーターと7インチのTFTカラー液晶ディスプレイ(マルチインフォメーションディスプレイ付き)

運転席正面には、視認性の高いマルチインフォメーションディスプレイ付きLEDデジタルスピードメーターと7インチのTFTカラー液晶ディスプレイを標準装備。ディスプレイ表示は「アナログ」「シンプル」「ワクワク」「先進」など4つの表示方法を選べます。

プッシュ式のオートエアコンを搭載し、ヒーターコントロールパネルやスイッチ、シフトの照明色はホワイトとなっています。シルバー塗装つきの3本スポークステアリングホイールは、Zには本革を、Gにはウレタン素材を採用しています。シフトレバーは丁寧なダブルステッチがあしらわれています。

新型ライズ X”S”(2WD)のコックピット新型ライズ X”S”(2WD)のコックピット

X”S”とXの内装はブラックでまとめられたシンプルなデザイン。ZとGと比べ加飾は少なめですが、エントリーモデルながら満足度の高い実用的な作りです。計器盤にはLCDマルチインフォメーションディスプレイ付きの2眼タイプのオプティトロンメーターを採用し、ステアリングホイールはウレタン製。レジスターリングやセンターコンソールサイドポケットはブラックで、照明色はレッドアンバーを設定しています。エアコンは操作性に優れたダイヤル式のマニュアルタイプとなります。

どのグレードについてもアイポイントが高く前方視界は良好。ドライバーが運転しやすい環境を完備します。シフトレバーやインパネ等の操作系もレイアウトを工夫し、運転に集中しながらも手を伸ばしやすい位置に配置しています。

ライズのシートはファブリック素材で座り心地がよくロングドライブも快適

新型ライズ Z(2WD)のシート内装新型ライズ Z(2WD)のシート内装

新型ライズ G(2WD)のシート内装新型ライズ G(2WD)のシート内装

新型ライズ X”S”(2WD)のシート内装新型ライズ X”S”(2WD)のシート内装

新型ライズのシートはホールド性の高いファブリックシート表皮を採用。ZとGはアクセントとしてレッドパイピング付きのフロントシートを、X”S”とXのシートはパイピングなしのブラックカラーのシートを標準装備します。座面や背もたれにはプリントが入っていますが、これらのデザインは全グレード共通です。
シートの前後間は900mmを確保しているため、リヤシートに座っても窮屈感がなくゆったりと過ごすことができます。

ライズの4WD車にはシートヒーターを全グレードに標準装備。最上級グレードにあたるZは2WD車でも標準装備されますが、その他グレードの2WDにはメーカーオプションで装備可能となります。
ドライビングポジションの細かな調整に便利な運転席シート上下アジャスターはZとGにのみ標準装備されます。

新型ライズのラゲッジルームは2段デッキボード構造で使いやすい!

ライズのラゲージアレンジ デッキボード上段時ライズのラゲージアレンジ デッキボード上段時

ライズのラゲージアレンジ デッキボード下段時ライズのラゲージアレンジ デッキボード下段時

ライズのラゲージアレンジ デッキボード取り外し時ライズのラゲージアレンジ デッキボード取り外し時

コンパクトで運転しやすいサイズ感の新型ライズですが、2段デッキボード構造でラゲッジの荷室容量はしっかりと確保。荷室高は865mm、荷室長は755mm、荷室幅は1,000mmで、デッキボード下段時の荷室容量は369L、デッキボード上段時では303Lとなります。

たくさんショッピングを楽しんだあとやアウトドアシーンなどには多くの荷物を収納することが可能。6:4分割可倒式のリヤシートを倒せば長尺物もラクラク載せられるので、さらに使い道は広がります。

ライズの安全装備には大きく進化を遂げたスマートアシストを搭載!走行中から駐車操作までを手厚くサポート

スマートアシスト

新型ライズは、Xグレードを除く全車に予防安全システム「スマートアシスト」を標準装備します。対車両・対歩行者の衝突回避支援ブレーキ機能や衝突警報機能、車線逸脱警報機能などをはじめとする多彩な先進安全システムがオーナーや乗員の身の安全を守ります。

スマートパノラマパーキングアシスト(駐車支援システム)やパノラミックビュー

スマートパノラマパーキングアシスト(駐車支援システム)やパノラミックビューは、ZとGにメーカーパッケージオプションで搭載可能です。ZとGに標準装備されている標識認識機能は、X”S”にもメーカーオプションで装備できます。

ライズの内装をグレードアップするおすすめの純正カスタマイズパーツ

新型ライズは純正のカスタマイズパーツがモデリスタやTRDなどから豊富にラインナップしています。

夜間の車内を明るく照らすLEDルームランプセット夜間の車内を明るく照らすLEDルームランプセット

乗降性をアップするLEDスマートフットライト乗降性をアップするLEDスマートフットライト

モデリスタからはLEDルームランプやスマートフットライトが展開しています。ホワイトのLED色で暗い車内を明るく照らします。

 木目調で統一感のある内装インテリアパネルとラゲージデッキ 木目調で統一感のある内装にするのもアリ

インテリアパネルは「チタニウムグレイン×メッキ調」と「茶木目調×メッキ調」の2種類を用意。内装の雰囲気がガラリと変わります。
茶木目調のパネルと合わせて同じ木目調の樹脂製ラゲージウッドデッキを設置するのもおすすめです。

LEDメタルガーニッシュは助手席側に装備可能LEDメタルガーニッシュは助手席側に装備可能

ライズの内装をより先進的な雰囲気にしたいなら、LEDメタルガーニッシュを装着するのも良いでしょう。メタルガーニッシュがブルーのイルミネーションでムーディーに輝きます。

TOYOTAライズの内装は実用性とデザイン性を兼ね備えた満足度の高い仕上がり!

ライズの内装をコックピットやシート、安全装備、ラゲッジルームなどを中心に紹介しました。
新型ライズはグレードごとに質感の違いはあるものの、エントリーモデルでも使い勝手の良い内装となっていることがわかります。安全装備も非常に充実しており、ファミリーにはもちろん、初心者ドライバーの初めての車としてもおすすめ。内装向けのカスタマイズパーツも多数用意されているので、自分好みの一台に近づけていく楽しみも味わえる一台です。