プリウスPHVのマイナーチェンジ

プリウスPHVのマイナーチェンジは2019年5月9日 5人乗り仕様やコネクティッド機能を追加

プリウスPHVのマイナーチェンジが2019年5月9日に行われました。主に安全面での強化が行われ、第2世代トヨタセーフティセンスの搭載やコネクティッドカー技術を装備します。プラグインハイブリッド車であるプリウスPHVがさらに使いやすくなるでしょう。

プリウスPHVのマイナーチェンジは2019年5月9日 5人乗り仕様やコネクティッド機能を追加

プリウスPHVのマイナーチェンジは2019年5月9日 第2世代トヨタセーフティセンスや5人乗り仕様にアップデート

プリウスPHVのマイナーチェンジが2019年5月9日に行われ、第2世代トヨタセーフティセンスの搭載、新型クラウンやカローラスポーツに搭載されているコネクティッドカー技術の採用、先進的なエクステリア・災害や停電時に電力を車から住宅に供給できるH2Vを搭載して生まれ変わりました。

ガソリンを使用したハイブリッド走行だけではなく、充電して走行することができるプラグインでのEV走行もできるプリウスPHV(プラグイン・ハイブリッド)は、トヨタセーフティセンスPやTNGAプラットフォーム、先進的なエクステリアなどを装備した次世代の車です。

大容量バッテリーのおかげで車外に1,500Wの電源供給も行えるプリウスPHVは、もしもの時の頼もしい味方になってくれます。さっそく2019年5月9日に行われたプリウスPHVのマイナーチェンジ内容をチェックしていきましょう。

プリウスPHVがマイナーチェンジ(仕様変更)で5人乗りモデルを追加

プリウスPHVがマイナーチェンジマイナーチェンジしたプリウスPHVが5人乗りに

プリウスPHVが2019年5月9日のマイナーチェンジで全てのグレードで5人乗り仕様になりました。これまでのプリウスPHVは後席中央にコンソールが設置され、4人乗り仕様のみラインナップしていましたが、5人乗り仕様に変更して、家族でも使いやすい利便性の高い車になります。

また、プリウスPHVの特徴でもある11.6インチの大型ディスプレイナビゲーションや急速充電システムを省いた仕様も追加され、販売価格が引き下げられます。

プリウスPHVが5人乗りにチェンジマイナーチェンジしたプリウスPHVのAプレミアム“ナビパッケージ”の5人乗りシート

上級グレードには360度見渡せるパノラミックビューモニターや後退時に障害物との接触を警告するリヤクロストラフィックアラートを設定、運転しやすさや安全性を向上し、静止物に対するインテリジェントクリアランスソナー(パーキングサポートブレーキ)がSグレードではオプションになりますが、それ以外の全グレードに標準装備されています。

また、マイナーチェンジ(一部改良)に併せて360度カメラを装備した特別仕様車「プリウスPHV パノラミックビュー付ナビパッケージ」が販売され、T-Connect対応ナビの場合、「LINEマイカーアカウント」や「eケアサービス」などのコネクティッドサービスも利用できます。

新型プリウスPHVの発売までのスケジュールは、2019年4月上旬に販売価格を発表、5月9日に生産開始・記者発表を行いました。2019年4月上旬のから先行予約が開始していますので、先着順に順次納車が始まるでしょう。

プリウスPHVのボディカラーは新色2種類が加わり全9色に

プリウスPHVの新色エモーショナルレッド2新色:エモーショナルレッド2

プリウスPHVの新色ダークブルーマイカ新色:ダークブルーマイカ

マイナーチェンジ後のプリウスPHVのボディカラーは、新色の「エモーショナルレッド2」と「ダークブルーマイカ」が加わって全9色になりました。

プリウスPHVの幾何学調ルーフフィルムプリウスPHVの幾何学調ルーフフィルム

また、「幾何学調ルーフフィルム」も新しくオプション設定し、7色のボディカラーと組み合わせることで、スポーティながらも特別感を演出することができます。

車から住宅に電気を供給する「V2H」を備え停電時でも電気が使えるシステムを搭載

プリウスPHVのV2H別売りのV2H機器を使うとプリウスPHVのV2Hシステムで住宅に電力を供給できる

今回の一部改良されたプリウスPHVでは、「V2H」という、プリウスに備えた電力を家庭用の電力として使用できるシステムが採用されています。

プリウスPHVのV2Hシステム

電力を住宅に供給するためには、別売りの「V2H機器」が必要で、急速充電インレットにV2Hを設定することで車に蓄えられた電力を住宅に供給することができます。

プリウスPHVのV2HシステムプリウスPHVのV2Hシステムで太陽光発電での余剰電力を車に充電することも可能

反対に、V2Hでは太陽光発電での余剰電力を住宅から車の駆動用バッテリーにためることも可能で、車への充電時間も200V用充電ケーブルで行うよりも、かかる時間は1時間30分ですので、かなり充電時間を短縮することができます。

新型プリウスPHVは第2世代トヨタセーフティセンスなどを搭載し夜間歩行者にも対応する自動ブレーキを搭載

直線道路を走るプリウスPHVプリウスPHVはマイナーチェンジで次世代セーフティセンスを導入して夜間の歩行者にも対応すると考える

プリウスPHVに搭載されている安全装備は、昼間の歩行者にも対応したトヨタセーフティセンス(トヨタセーフティセンスP)ですが、アルファードのように昼間の自転車・夜間の歩行者には対応していません。2019年5月9日に行われるプリウスPHVのマイナーチェンジでは、安全装備をアップデートし第2世代のトヨタセーフティセンスになります。

第2世代トヨタセーフティセンスの内容

  • レーントレーシングアシスト
  • プリクラッシュセーフティ(昼夜の歩行者・昼間の自転車)
  • レーダークルーズコントロール(全車速追従機能付き)
  • 自動ハイビーム(アダプティブハイビーム・オートマチックハイビーム)
  • ロードサインアシスト
  • 先行車発進アラーム
  • リヤクロストラフィックアラート

プリクラッシュセーフティは昼間だけではなく見にくい夜間の歩行者にも対応するため安心感が増します。また、最近では自転車も歩道ではなく道路側を走るようになっていて、自動車ドライバーや自転車ライダーもお互いに気を付けなければならない場面も多々あります。その点、第2世代トヨタセーフティセンスでは昼間の自転車にも対応しているため安心です。

ほかにも、高速道路で役立つ車線維持支援機能や、標識読み取りディスプレイがあるためドライバーはプリウスPHVが教えてくれる様々な情報をもとに快適なドライブをすることができます。

マイナーチェンジ後のプリウスPHVにはコネクティッドカー技術(DCM)などを装備し先進的なスタイルへ

カローラスポーツのエクステリアクラウンと並び初代コネクティッドカーとして誕生した新型カローラスポーツ プリウスPHVもマイナーチェンジでコネクティッド機能を強化

新型プリウスPHVでは、クラウンやカローラスポーツに搭載されたコネクティッドカーサービス(車載DCM)を搭載します。eケア走行アドバイスやヘルプネット、AI音声エージェント・LINEマイカーアカウントなどのサービスが受けられます。

プリウスPHVに搭載されるコネクティッドカー技術

  • eケア走行アドバイス
  • eケアヘルスチェックレポート
  • ヘルプネット
  • 走行データ連動型自動車保険プラン
  • AI音声エージェント
  • LINEマイカーアカウント
  • ハイブリッドナビ

コネクティッドカー技術では、車載制御ネットワーク(CAN)と車載通信機(DCM)を使ってトヨタが構築しているモビリティサービス・プラットフォームに接続して様々なサービスがプリウスPHVに提供されます。

なかでもeケアヘルスチェックレポートでは、車両データを読み取りバッテリー上がりなどのトラブルが発生しそうなら担当販売店からバッテリー交換を勧めるなどの対応をしてエンジンがかからないトラブルを未然に防ぐなどのアドバイスが出来ます。
ほかにもヘルプネットでは、衝撃や事故などによりエアバッグが展開したときに車両データから分析し、消防本部へ送信・ドクターヘリの出動などの救命サービスも展開しています。

注目すべきポイントはLINEマイカーアカウントで、自分の愛車をLINEに友達として登録できるほか会話したり、次の目的地をトークで伝えることで、ナビにメモリーしてくれたり給油が必要かどうか、おすすめの出発時間を教えてくれます。

まだトヨタのコネクティッドカー技術は、新型カローラスポーツと新型クラウンにしか搭載されていませんが、将来的にはすべてのトヨタ車に装備されることとなり家族や友達・恋人のような存在になるのではないでしょうか。

発売前はe-fourを搭載し4WDモデルもラインナップする可能性があると言われていたが実際は2WDのみのラインナップだった

ハイブリッドモデルのプリウスには4WDモデルの「e-four」を搭載していますが、プリウスPHVは2WDモデルしかありません。2019年5月9日のマイナーチェンジでは、4WDモデルのe-fourでラインナップ拡充を図ります。4WDでは燃費が落ちますが、雪道の発進などで滑って進めないシチュエーションに陥る可能性が減り安心感が増すと言われていましたが、実際発売を迎えてみるとこれまで同様、2WDのみのラインナップでした。

プリウスPHVは2WDの燃費が37.2km/L、Aモデルでは30.8km/Lになっていて68.2kmのEV走行ができるため、通勤や買い物時など、普段の運転のほとんどをEV走行でまかなうことができ、強くアクセルを踏んだりエアコンや暖房を使用しても、エンジン走行に切り替わりにくくなっています。

新型プリウスPHVの販売価格と先代プリウスPHVの価格比較
  新型プリウスPHV 先代プリウスPHV
S 3,178,440円~ 3,261,600円~
S ナビパッケージ 3,661,200円~ 3,666,600円~
S セーフティパッケージ 3,285,360円~
S セーフティプラス 3,325,320円~
S ナビパッケージ セーフティプラス 3,730,320円~
A 3,502,440円~ 3,807,000円~
A ナビパッケージ 3,926,880円~
A プレミアムナビパッケージ 4,266,000円~
A レザーパッケージ 4,066,200円~
A プレミアム 3,814,560円~ 4,222,800円~
A ユーティリティプラス 3,829,680円~
S GRスポーツ 3,628,440円 3,711,960円~
S ナビパッケージ GRスポーツ 4,105,800円 4,116,960円~

新型プリウスPHVは11.6インチの大型ディスプレイナビゲーションやスマートフォンなどの急速充電に対応する急速充電システムがメーカーオプションになったため、車両価格は先代モデルと比較すると最大で408,240円値下がりしています。ベースモデルの価格も83,160円値下がりしているため、車両価格が気になっていた方にはメリットの多いマイナーチェンジなっています。

北米で販売するプリウス プライム(プリウスPHV)の2020年モデルも5名乗車用シートを採用

2019年5月9日に全グレードで5人乗り仕様になったプリウスPHVですが、北米市場で販売される2020年モデルも同様に、5人乗り仕様になると発表されました。

グレードと価格は「LE」が27,600ドル、「XLE」が29,500ドル、「Limited」が33,500ドルの3種類の展開になります。インテリアは従来のホイワイトをアクセントにしたものから、ブラックをアクセントにして高級感を演出しています。

新しく追加されたものとして、Apple CarPlayやSiriusXM、AmazonAlexaに対応できるようになった他、後部座席にUSBポートが2つ追加になっています。

プリウスPHVのマイナーチェンジの歴史を見ておこう

プリウスPHVは30プリウスの時代にも設定されていたモデルで、2018年現在のモデルは2代目となります。2017年2月にフルモデルチェンジを行い、2017年9月にGRを追加、2017年12月には特別仕様車3種を設定しています。

プリウスPHVのマイナーチェンジ歴
2017年2月 2代目へモデルチェンジ
2017年9月 GRグレードを追加
2017年12月 特別仕様車のS“Safety Plus”を追加
特別仕様車のS“ナビパッケージ・Safety Plus”を追加
特別仕様車のA“Utility Plus”を追加

プリウスPHVは2017年12月の特別仕様車の追加を最後に手が加えられていませんが、プリウスのマイナーチェンジが行われると予想している2018年12月の3ヶ月後にプリウスPHVにもマイナーチェンジを実施すると考えます。

2019年5月にマイナーチェンジを予定しているプリウス PHVの画像5枚

プリウス PHVの左サイドフロントビュープリウス PHV

プリウス PHVの右サイドリアビュープリウス PHV

プリウス PHVの右サイドリアビュープリウス PHV

プリウス PHVの右サイドビュープリウス PHV

プリウス PHVの右サイドフロントビュープリウス PHV

プリウスPHVは安全装備の強化やコネクティッドカー技術を搭載し使いやすい車へと変わる

プリウスPHVは2019年5月9日にマイナーチェンジを行い第2世代トヨタセーフティセンスの搭載を行い安全面の強化を実施、5人乗りモデルを追加して利便性も向上します。ほかにも新型カローラスポーツや新型クラウンに搭載されているコネクティッドカー技術を搭載し、AIエージェントやヘルプネットを採用します。

コネクティッドカー技術をプリウスPHVに積むことによって、より先進的な車となります。また、4代目プリウスに搭載されているe-fourがプリウスPHVにも装備され、雪道でも安心して走ることができるようになります。ほかにも、シーケンシャルターンランプの追加など高級感が増すアップデートが来る可能性も高いです。

プラグインハイブリッドはガソリンのみだけではなくEV走行もできる自動車で、全国のガソリンスタンドを利用できるため充電スポットが無いなどのトラブルに見舞われることがありません。2019年5月9日のマイナーチェンジでは安全面・利便性などの強化が行われました。