MAZDA3の内装

MAZDA3の内装は流麗なボディにマッチする先進的で美しいデザインを採用

MAZDA3の内装を紹介します。マツダの新型MAZDA3の内装は従来モデルよりも上質なデザインに磨き上げられ、先進装備も充実。ドライバーが車との一体感を味わえる運転環境が整っています。新型MAZDA3の内装をコックピットやシートデザイン、安全機能についてまとめました。

MAZDA3の内装は流麗なボディにマッチする先進的で美しいデザインを採用

MAZDA3の内装はセダンとファストバックでどう違う?解禁された日本仕様の情報を徹底解説

2019年5月24日ついに発売された新型MAZDA3の内装を、セダンとファストバックの違いにも触れつつ解説します。
マツダ3はマツダ・アクセラの後継モデルで、多くの車ファンが注目しているMazdaの新型車です。グレードごとにスカイアクティブG・スカイアクティブD・スカイアクティブXを搭載しており、流麗で美しい見た目やスタイリッシュな内装デザインにも注目が集まっています。

新型MAZDA3のコックピットはすっきりと無駄のないシンプルな作り

MAZDA3ファストバックのバーガンディーセレクションファストバックのバーガンディーセレクションで設定されるパーフォレーションレザー・レッド

MAZDA3セダンとファストバックのパーフォレーションレザー・ ブラック/チャコールセダンとファストバックのLパッケージで設定されるパーフォレーションレザー・ ブラック/チャコール

MAZDA3セダンのLパッケージのパーフォレーションレザー・ピュアホワイトセダンのLパッケージで設定されるパーフォレーションレザー・ピュアホワイト

MAZDA3のクロスブラッククロスブラックはセダン・ファストバックのプロアクティブツーリングセレクション、セダン・ファストバックのプロアクティブ、ファストバックの15S Touringと15Sに設定される

新型MAZDA3のコックピットを見てみると、華美な加飾を省き、ミニマルな美しさを有した質感の高いデザインです。内装色にはモノトーンカラーやバーガンディーレッドを採用し、居心地の良さを追求した大人のインテリアに仕上がっています。バーガンディーはファストバック、ピュアホワイトはセダン専用カラーです。

MAZDA3のフロントコンソールスムーズな操作を実現したマツダ3のフロントコンソール

独自のレイアウトでインパネ周りやメーターの情報はすっきりと整理されており、スイッチ等の操作性にも優れています。センターアームレストはドライバーの体型に合わせて長さを調整可能です。

MAZDA3のカラーマルチスピードメーターとアクティブドライビングディスプレイカラーマルチスピードメーターとアクティブドライビングディスプレイは新型MAZDA3の全グレードに標準装備される

スタイリッシュなデザインが目を引く7インチのTFTカラーマルチスピードメーターと、フロントガラスに走行情報を照射するカラーアクティブドライビングディスプレイは、どちらも視認性に優れており、走行中も必要な情報をしっかりと確認できます。

MAZDA3のオルガン式アクセルペダル足元にはオルガン式アクセルペダルを設置

新型MAZDA3の足元には、ブレーキとアクセルの踏み替えがスムーズに行えるオルガン式アクセルペダルが設置されます。足が疲れにくい構造で、より快適にドライブが楽しめます。

MAZDA3のシートはダークカラーで落ち着きのあるデザインを採用

MAZDA3パーフォレーションレザー・レッドのシートパーフォレーションレザー・レッドのシートデザイン

MAZDA3パーフォレーションレザー・ブラック/チャコールのシートデザインパーフォレーションレザー・ブラック/チャコールのシート

MAZDA3パーフォレーションレザー・ピュアホワイトのシートパーフォレーションレザー・ピュアホワイトのシートデザイン

MAZDA3クロスブラックのシートクロスブラックのシートデザイン

MAZDA3のシートは内装カラーと同じく全部で4タイプが展開。「パーフォレーションレザー」「レッド・パーフォレーションレザー・ブラック/チャコール」「パーフォレーションレザー・ピュアホワイト」「クロスブラック」がグレードごとに設定されています。座り心地も抜群で、ロングドライブでも疲れにくい構造です。
小さな穴が開けられたパーフォレーションレザーには吸音性があり、車内の静粛性アップに貢献しています。

MAZDA3パワーシートとシートリフターパワーシートとシートリフターでドライバーやゲストにとって最適なシートポジションを確保

シートポジションを細かく設定できる運転席10Wayパワーシート/ドライビングポジションメモリー機能と運転席&助手席シートヒーターはPROACTIVE Touring Selection(20S、XD、X)とL Package(20S、XD、X)とBurgundy Selection(20S、XD、X)に標準装備。PROACTIVE(20S、XD、X)にはメーカーオプションで装備できます。
助手席に座るゲストのための助手席ラチェットレバー式シートリフターはMAZDA3の全車に標準装備されています。

新型MAZDA3は大きな荷物が入るラゲッジルームを確保している

MAZDA3ファストバックのラゲッジ新型MAZDA3(ファストバック)のラゲッジルーム

MAZDA3セダンのラゲッジ新型MAZDA3(セダン)のラゲッジルーム

MAZDA3はファストバック・セダンともに車高はさほど高くないため、重量のある荷物であってもスムーズに積載可能です。ファストバックには2個、セダンには3個、67Lのキャリーバッグを収納できます。

MAZDA3の背もたれMazda3の背もたれは簡単に倒せるので車内のスペースを有効活用できる

新型MAZDA3にはバックレストは60:40分割可倒式を採用しており、荷物や乗車人数に応じたシートアレンジが可能です。床はフラットで段差が少ない仕様となっています。

MAZDA3はさまざまな先進安全装備を有しドライバーや同乗者の安全を確保する

新型MAZDA3はカメラやミリ波レーダーを駆使した独自の先進安全技術「i-ACTIVSENSE」を採用しています。以下の安全装備を標準装備しており、政府が普及推進する「セーフティ・サポートカーS ワイド」に該当します。

  • スマート・ブレーキ・サポート(SBS)[自転車検知機能付]
  • AT誤発進抑制制御[前進時]
  • 【先進ライト】ALH・HBC
  • 車線逸脱警報システム(LDWS)
  • スマート・ブレーキ・サポート[後進時](SBS-R)
  • リアパーキングセンサー(センター/コーナー/サイド)
  • スマート・ブレーキ・サポート[後進時左右接近物](SBS-RC)
  • AT誤発進抑制制御[後退時]
  • ブラインド・スポット・モニタリング(BSM)
  • 後側方接近車両検知(RCTA)
  • レーンキープ・アシスト・システム(LAS)
  • ドライバー・アテンション・アラート(DAA)
  • マツダ・レーダー・クルーズ・コントロール(MRCC)

こだわり抜いた音響空間でMAZDA3とのドライブがさらに特別な時間となる

MAZDA3のオーディオシステム標準装備のオーディオシステムとメーカーオプションのBoseサウンドシステム+12スピーカー(画像はファストバックversion)

新型MAZDA3のオーディオシステムはマツダ・ハーモニック・アコースティックスと呼ばれる装備で、8個のスピーカーとともに全車に標準搭載されています。
メーカーオプションではファストバックの15S・15S Touringの2グレードを除く全車にBoseサウンドシステム+12スピーカーが装備可能です。Boseサウンドシステムでは、よりリアルで質感の高い音質を楽しむことができます。

新型MAZDA3の多彩な収納スペースをチェック!

MAZDA3の収納スペースフロント・リアともに気の利く収納スペースを多数設置する新型MAZDA3

新型Mazda3セダン/ファストバックには収納ポイントもたくさん設置されています。コックピットには[1]リッド付きフロントカップホルダー2個、[2]ボトルホルダー付きドアポケット、[3]アームレスト付きコンソールボックス、[4]シートバックポケットを搭載します。後部座席には [5]センターアームレストが装備されています。
ドライバー席の上部には[6]オーバーヘッドサングラスホルダーや[7]照明付きのバニティミラーがついています。これらはマツダ3全車に標準装備される収納です。

国産車の新たなスタンダードとなる新型MAZDA3の内装は上質さと機能性を備えたデザイン

新型MAZDA3の内装は幅広い年齢層から親しまれるスタイリッシュで美しいインテリアで、艶やかなエクステリアにもマッチしています。デザイン性はもちろんコックピット周りの装備も使いやすくレイアウトされていて、マツダ車らしい「人間中心設計」の考えが反映された作りとなっています。
アクセラから車名を改めた新型MAZDA3は、新世代のスタンダードモデルとして世界中から愛されるクルマへと成長していくでしょう。