エバポレータークリーナー

エバポレータークリーナーを施工してみた!難しそうだが意外とカンタンに作業ができた

エバポレータークリーナーを使うことでエアコンの臭いニオイを改善することができます。エアコンからのニオイの原因はほとんどがエバポレーターのカビや雑菌といわれていて、汚れを落とすことで綺麗な空気にすることができます。

エバポレータークリーナーを施工してみた!難しそうだが意外とカンタンに作業ができた

エバポレータークリーナーを使ってエアコンの空気を綺麗にしよう!定期的に行って嫌な臭いを防げる

エアコンをつけるとむわっと臭ってくるあのニオイはどこから来るのでしょうか?色々な原因がありますが、ほとんどの場合、カビや雑菌が発生したエバポレーターからカビ臭いニオイが乗って室内に運ばれます。また、エアコンを作動させなくても送風口に送られてくる空気はエバポレーターを通ってくるため、やはり少しニオイは感じることができるでしょう。

そこで、エバポレーターを綺麗にすればエアコン送風口に送られてくる空気は嫌なニオイが少なくなります。でも、どうすればエバポレーターを清掃することができるのでしょうか?エバポレーターは、車体のかなり奥まった位置にあるため手が届かず、取り外しもかなり大がかりなものになります。

ですが、スプレー式クリーナーを使えば送風とエアコンを作動させるだけで、エバポレーターの消臭・洗浄ができます。さっそくやってみたので、手順をチェックしてみましょう。

タクティーのクイックエバポレータークリーナーを施工してみた!難しいと思っていたが以外とカンタンにできた

タクティーのエバポレータークリーナーSの本体タクティーのエバポレータークリーナーSを使ってランドクルーザープラドに施工した

タクティーのクイックエバポレータークリーナーSを使ってランドクルーザープラドのエバポレーターを綺麗にしてみました。助手席のグローブボックスを外してブロアファン中央に向けてガイドを設置してなど、作業が難しそうなことが説明書に書いてありましたが、実際にやってみるとカンタンに施工ができました。

さっそく、手順を追いながらランドクルーザープラドのエバポレータークリーナーを洗浄剤で綺麗にする方法をチェックしてみてください。

グローブボックスを開けとしているところまずはグローブボックスを開けるところから。

空になったグローブボックスグローブボックスを開けたら中身を取り出す

最初にやることはエンジンを切ることから始めます。エバポレータークリーナーを綺麗にするために洗浄剤を噴射する位置はブロアファンの中央付近と説明書にあったため、エアコンクリーナーの下にあるブロアファンにアクセスします。まずは助手席側のグローブボックスを開けて中の荷物を出しておきます。

グローブボックス奥を左右から両手で押しながらを取り外そうとしている様子左右奥側にあるストッパーをグッと内側に力を入れて外す

グローブボックス下側のツメ下側にもピンがハマっている箇所があるため輪から外す

150ランドクルーザープラドのグローブボックスを外すには3か所のツメなどをはがさなければなりません。まずは奥側にあるツメ2か所を外します。次に手前下側にある輪に引っかかっているツメを外すとフリーになるため、落とさないように気をつけながらグローブボックス全体を手前に引っ張ると外れます。

グローブボックスを外したあとのダッシュボードグローブボックスを外したところ。奥にはブロアファンにつながるエアコンフィルターケースが見える

グローブボックスを外すとエアコンフィルターケースが見えます。エアコンフィルターの下に今回の目的のブロアファンがあるため、ケースを開けてエアコンフィルターを取り出しましょう。ついでに新品へと交換するとさらにエアコンの嫌なニオイを消すことができるでしょう。

養生のためのビニールシートをハサミでカットしている様子カバーで周りの部品は塞がれているが一応養生しておく

クイックエバポレータークリーナーS本体、付属の取り付けガイドと消臭剤クイックエバポレータークリーナーSを開けるとガイドのほかに防臭剤なども入っている

万が一薬剤が飛び散っても周りを汚さないよう養生するため大きいポリ袋をハサミで切って開口部のサイズに合わせテープでふさいでおきました。クイックエバポレータークリーナーSの包装を開けると薬剤を流すガイドのほかに防臭剤などが入っていました。

固定プレートにガイドを通しているところガイドを固定プレートに通す

ガイド固定板を吸気口前に固定しているところガイド先端がブロアファンの中心に向かうよう調整したら固定板を貼りつける

固定プレートは両面テープで貼りつけることができ、ガイドを持っていなくとも作業をすることができます。ガイド先端をブロアファン中央付近に向けて伸ばすのですが、この時はブロアファンにガイド先端が触れない中空の位置で固定しましょう。

もし、ブロアファンにガイド先端がくっついている状態で送風やエアコンを入れると、シロッコファンの形状になっているブロアファンに巻き込まれるため注意が必要です。

ガイドをエバポレータークリーナーボンベに接続する様子先端を固定したらガイドとエバポレータークリーナーを接続する

固定したガイド先端とブロアファン奥に見える円形のものがブロアファン。回転するため先端が巻き込まれないよう注意

ガイド先端を固定したら次にエバポレータークリーナーと接続しましょう。グッと押し込んで外れないように気を付けてください。次はエアコン吹き出し口をすべて開け、エアコンの設定をします。

助手席側のエアコン吹き出し口を開けているところエアコン吹き出し口助手席側を開ける

ダッシュボードセンターのエアコン吹き出し口を開けているところセンターのエアコン吹き出し口も開ける

後部座席へのエアコン吹き出し口後部座席への吹き出し口の解放を忘れるところだった

エアコン吹き出し口は運転席・助手席・センターのほかにも、後部座席グリップの上やセンターコンソールボックスの裏側にもある車種があります。特に後部座席のエアコン吹き出し口は忘れがちなので注意してください。

エアコンのコントロールパネル薬剤を噴射するときはA/Cを作動させずに行う

そして、いよいよ薬剤噴射を開始します!車のエンジンをかけてエアコンの設定を「最低温度・最大風量・内気循環・前方のみの風向き」に設定します。この時はブロアファンも一緒に回っているため、ガイド先端に異常がないか確認しておきましょう。

薬剤噴射時のエアコン設定

  • 最低温度
  • 最大風量
  • 内気循環
  • 前方のみの風向き
  • AUTO設定は絶対に使わない

エバポレーターのボタンを押して噴射を開始する直前の様子準備が終わったらボタンを押して噴射開始

エアコンの設定が終わったら薬剤の噴射開始です!缶の白い部分にあるボタンを下にグッと押し込むことで固定され薬剤が出切るまで自動噴射してくれます。フロアマットの上に立てておきますが、噴射中は倒れないように見守りながら3分ほど待ちましょう。

エアコンの作動ボタンを押そうとしている指3分ほど経過して噴射音が聞こえなくなったらA/Cボタンを押す

噴射ボタンを押して3分ほど立つと薬剤が全量出ているのでA/Cボタンを押してエアコンを作動させましょう。エバポレーターについた薬剤は蒸発する時の水滴に混ざり、汚れと一緒に車外へ排出されます。

車体の下の水の垂れた地面5分ほどエアコンを回したら水がたくさん垂れてきた

エアコンは説明書通り5分ほどで止めましたが、汚れや薬剤残りが気になる人は30分ほど回しておくといいでしょう。アイドリングの騒音にならない場所でエンジンスターターを使って放置しておくと自分も他のことができて楽です。

付属の防臭剤と取り付け用ケース防臭剤がセットに入っていたのでつけてみる

クイックエバポレータークリーナーSには防臭剤がセットで入っていたので、取り付けます。付属品は防臭剤のケース・防臭剤本体・両面テープの3点でした。取り付ける場所はグローブボックスの裏側が普段から見えない場所になるためピッタリでしょう。

防臭剤をケース内にセットしているところ防臭剤の袋を開けると白い塊が出てきたのでケース内にセット

グローブボックス裏に貼り付けた防臭剤ケース両面テープでグローブボックス裏に貼り付けた

防臭剤の袋を開けると白い塊が入っていて、これが防臭剤だと思われます。ケースを開けると防臭剤と同じくらいの大きさのへこみがあったため、そこにセットしてケースを閉じました。DRIVE JOYと書いてある裏側に両面テープを貼りグローブボックスの裏に貼りつけてみました。

グローブボックスを元に戻す様子下側の切れ込みからはめこんでクリップを3か所つけてグローブボックスを戻す

グローブボックスをつける手順は外した時と逆のことをします。まずは、下側の切れ込みを合わせて少し持ち上げ、下左側のクリップを輪に通し、最後に上まで持ち上げて左右のクリップをはめこみ元通りにして終了です。

エバポレーターの臭いがエアコンの空気を臭くさせる可能性が高い!クリーナーを使うことでキレイな空気に

エアコン送風口から送られてくる空気が臭いのはなぜなのでしょうか?エアコンの外気導入口にニオイの発生源がある・エアコンフィルターが長年交換されていないなどの原因は色々ありますが、カビ臭いあのニオイはエバポレーターに発生しているカビや雑菌である可能性が高いです。

エアコンから臭いニオイが発生する主な原因

  • エアコンフィルターを長年交換していない
  • エアコン外気導入口に悪臭の発生源がある
  • エアコン内気導入口に悪臭の発生源がある
  • エバポレーターにカビや雑菌が繁殖している

エアコンの空気は外気または内気から導入されエアコンフィルター・ブロアファン・エバポレーターの順に通り、室内に送られます。送風口から流れてくる風が臭いということは、導入した時点で臭い・エアコンフィルターが臭い・ブロアファンやエバポレーターが臭いのどれかが原因ということになります。

外気や排気ガスの臭いがするなら外のニオイが車内に入ってきたことが原因ですが、内気循環でも常にカビのようなニオイがしているならエアコンフィルターかエバポレーターの雑菌が原因でしょう。エアコンフィルターは差し替えるだけで新品に交換することができますが、ブロアファンやエバポレーターは交換するためには大がかりな作業が必要となります。

そこで使うのがエバポレータークリーナーです。消臭剤や除菌・防カビ成分が入っているため、エバポレーターを外して洗浄しなくとも消臭成分や防カビ成分が効果を発揮し、嫌なニオイの発生を抑えてくれます。定期的に行うことで綺麗な空気を車内に送ってくれるでしょう。

エバポレーターはエアコンの空気を冷やしている場所で湿気が発生しやすいためカビや雑菌が生えやすい

エバポレーターは、蒸発器のことで空気の熱を奪い冷たくしてくれる役割を担っています。そのため結露する構造でエアコンを使ったあとに車体下へポタポタと垂れてくる水は、エバポレーターで発生しています。

家庭用エアコンでは、冷房を使ったあと停止してもカビが発生しにくいようしばらく送風をして乾燥させてから運転を停止してカビ対策をしていますが、車用エアコンではそのような機能がないため、湿った状態が長時間続きカビが発生しやすいです。

カビ対策をするにはエアコンを使ったあと目的地に到着する前に送風に切り替えてエバポレーターを乾燥させるか、現地についたら送風に切り替えてエンジンスターターなどでアイドリングをしてエバポレーターに風を送るしかないでしょう。

エバポレータークリーナーはエアコンフィルター交換とセットで行うのがベスト!綺麗な空気で車内も安心

エバポレータークリーナーは付着した汚れを洗い流し、排水に混ぜて流すため地面にシミを作る可能性もありますので、気になる方は排水が垂れてくる場所にバケツなどの受けを用意しておくといいでしょう。防臭・防カビ成分が含まれているため定期的に施工することでキレイなエバポレーターを保つことができるでしょう。

エバポレーターは熱を奪う蒸発器のことで、結露しやすいため濡れたまま駐車しておくとカビや雑菌が繁殖する原因となります。エアコンを使って目的地についたらエンジンを切りますが、結露したままのエバポレーターを放置するとカビが生える可能性も大きいため、目的地近くになったら送風運転に切り替えて乾燥させつつ運転するなど、エバポレーターの湿り気をとることが大切です。

エバポレータークリーナーは、エアコンフィルターの近くにあることが多いブロアファン付近にクリーナー成分を噴射し風に乗せてエバポレーターまで届けるもので、しっかりと噴射したらエアコンを作動させてエバポレーターの汚れを排水と一緒に排出するものです。

防臭や防カビ成分もあるためエアコンクリーナー交換とセットで行うことで、長年キレイな空気を車内に送り続けてくれるでしょう。エバポレーターなど普段聞きなれない部品の名前が出てくるため難しそうに思えますが、DIY施工は意外とカンタンです。