エスクードのモデルチェンジ

エスクードのモデルチェンジは2020年10月か 欧州仕様と同様に1.0Lターボを搭載

エスクードのモデルチェンジはいつ行われるのでしょうか?噂によると次期型で1.0Lターボエンジンを搭載する仕様を追加するといわれています。バレーノに搭載されている1.0Lターボエンジンで同じくレギュラー仕様のものをエクスードにも積むでしょう。

エスクードのモデルチェンジは2020年10月か 欧州仕様と同様に1.0Lターボを搭載

エスクードのモデルチェンジはいつ?1.0Lターボを搭載し燃費向上・乗り出し価格の低下を狙う

2015年より販売しているスズキのエスクードは次のモデルチェンジで1.0Lターボエンジンを搭載すると噂されています。日本仕様は2018年に一部改良を施し1.4Lターボのみとなり、フェイスリフトを施していますが、一部改良モデルが発売されてから1年足らずでモデルチェンジが行われるのでしょうか?

欧州モデルのビターラには1.4Lモデルのほかに1.0Lモデルを投入すると発表されていて、搭載するエンジンは1.0Lのブースタージェットエンジンだと考えます。さっそく、新型エスクードに搭載する1.0Lターボエンジンのスペックや発表時期、現行エスクードのマイナーチェンジ歴をチェックしてみましょう。

スズキ次期型エスクードはスポーティなクーペスタイルに!48Vマイルドハイブリッド搭載か

次期エスクードの予想エクステリア次期エスクード(海外名ビターラ)の予想イメージ

5代目を迎えるエスクードに関する新たな情報を掴みました。
エスクードの次期型モデルでは、丸みを帯びたクーペスタイルのボディへと進化。フェンダーは強く張り出し、シャープなヘッドライトとグリルを採用するとのことです。ワールドプレミアは2020年秋頃で、2020年10月に発売されると予想します。

前から見たエスクード(ビターラ)エスクード(ビターラ)のフロントビュー

横から見たエスクード(ビターラ)エスクード(ビターラ)のサイドビュー

後ろから見たエスクード(ビターラ)エスクード(ビターラ)のリヤビュー

新型エスクードのパワートレインは1.0L直列3気筒ブースタージェットターボエンジンや、1.4L直列4気筒ブースタージェットターボエンジンに新開発の48Vマイルドハイブリッドを組み合わせ、燃費性能も大きく向上する可能性があります。四輪制御システムのALLGRIP(オールグリップ)やドライビングモードもアップグレードするでしょう。

新型エスクードは1.0Lターボエンジンが搭載され乗り出し価格が安くなり2020年10月に発表するという噂がある

エスクードのエクステリアスズキが欧州で販売するビターラ(エスクード)は、2020年モデルに1.0Lターボを搭載すると発表されている

スズキがヨーロッパ市場で販売しているビターラの2020年モデルは、日本市場のエスクードにもラインナップしている1.4Lターボのほかにダウンサイジングされた1.0Lターボをラインナップするとしています。

1.0Lターボエンジンは「ブースタージェット」と呼ばれるエンジンで、ハイオク指定だった旧型バレーノXTに搭載されていたエンジンと同様のモデルです。もし、日本仕様のエスクードに1.0Lターボエンジンが搭載されるなら、現行バレーノXTと同様にレギュラー仕様になったものが来るのではないかと考えます。

1.0Lブースタージェットエンジンスペック
指定燃料 ハイオク レギュラー
種類 直列3気筒ターボ
排気量 996cc
最高出力 82kW(111PS)/5,500rpm 75kW(102PS)/5,500rpm
最大トルク 160Nm/1,500~4,000rpm 150Nm/1,700~4,500rpm

ハイオク指定のエンジンは111PSの出力を発揮しますが、レギュラー仕様だと少しパワーが下がり102PSとなっています。日本仕様の1.4Lターボのエスクードはレギュラー仕様のため、2020年10月に追加されるという噂の1.0Lターボもバレーノと同様にレギュラー仕様で発売するのではないかと予想します。

また、1.4Lターボモデルの価格帯は265万円からですが、1.0Lターボモデルは少し値下がりし旧型の1.6Lモデルと同等の234万円付近になるのではないかと予想します。旧型エスクード1.6Lモデルの出力は117PSで、少しパワーが落ちますが、排気量は996ccのため自動車税は1番安い29,500円で済みます。

エスクードのフルモデルチェンジはフランクフルトモーターショーで発表されると予想

エスクードのフロントビュー新型エスクードはパリモーターショーで発表することが多いため2020年はマイナーチェンジに留まるかもしれない

4代目エスクードが発表されたのは2014年のパリモーターショーでのことで、フェイスリフトが行われた新型エスクードが発表されたのも2018年のパリモーターショーです。一部改良が行われた時期も2018年で、1年しか経過していないため1.0Lターボを搭載するモデルの発表はマイナーチェンジとして扱う可能性もあります。

エスクードの欧州仕様であるビターラは2020年モデルで1.4Lターボのほかにも1.0Lターボを搭載しているため日本仕様も追従する可能性が高い

カスタマイズされたエスクードエスクードの2019モデルには1.4Lターボのほかに1.0Lターボを搭載することが発表されている

欧州で販売されているビターラには、1.0Lブースタージェットエンジンが搭載されているモデルもあり、イギリスのスズキで販売されているVitaraのSZ4と呼ばれるベースグレードから搭載されています。販売価格は16,999ポンドからで、日本円では約251万円(1ポンド:148円)となっています。

また、ベースグレードのSZ4は2WDで5MTのため日本仕様では、このグレードが適用されず6ATの4WDモデルが導入されるでしょう。イギリスモデルのエスクードで、1.0Lブースタージェットと4WDシステムのAll Gripを選ぶとグレードはSZ-Tとなり5速MTで、20,799ポンド(約306万円)となります。

4代目エスクードは2015年にモデルチェンジし初期型は2WDも販売されていたが、2018年の一部改良で1.4Lターボと4WDモデルだけになった

初代から3代目のエスクードは、日本で生産されラダーフレームを採用したクロスカントリーでしたが、4代目からはハンガリーで生産されSX4 Sクロスと同様のプラットフォームを搭載しています。初期型には2WDモデルも存在し、1.6Lエンジンのみでしたが2018モデルでは1.4LターボエンジンとAll Gripの4WDシステムを搭載しています。

4代目エスクードのモデルチェンジ歴
2015年10月 4代目エスクードの発売
2016年11月 ボディカラーの追加、2WD(FF)の廃止
2017年7月 1.4Lターボエンジンの追加
2018年10月 1.6Lエンジンモデルの廃止
2018年12月 デュアルセンサーブレーキサポートの搭載、フェイスリフトの実行

欧州のスズキでは順次1.6Lエンジンを廃止し、1.4Lターボと1.0Lターボの2種類へ換装されています。日本仕様も2018年10月にはM16A搭載モデルは廃止されているため、1.0Lモデルが2020年10月頃に追加されるのではないかと予想しています。

スズキのエスクードは2020年10月に1.0Lターボを搭載するモデルチェンジを行う可能性

日本仕様のエスクードは2017年7月に1.4Lターボエンジンを搭載しましたが、欧州仕様の1.0Lターボは採用されていません。噂では2020年10月にモデルチェンジするといわれていて、そこで1.0Lターボエンジンが搭載されるのではないでしょうか。