アルファロメオの新型SUVステルヴィオ

アルファロメオ新型ステルヴィオの限定車が2018年6月25日に発売

新型ステルヴィオの限定車「ファースト・エディション」が、2018年6月25日に先行発売されます。アルファロメオ初のSUVである、同車の車名の由来、高級感であふれる内外装の特徴、圧倒的走行性を実現するパワートレイン、独自の駆動方式「Alfa Romeo Q4」やハンドリング性能の魅力ついても取り上げます。

アルファロメオ新型ステルヴィオの限定車が2018年6月25日に発売

新型ステルヴィオはアルファロメオ初のSUV!限定車が2018年6月25日に先行発売

アルファロメオやフィアット、ジープなどの自動車メーカーの販売チャンネルを持つFCAジャパンは、アルファロメオ初のSUV「ステルヴィオ」の先行販売として400台限定の「Stelvio First Edition(ステルヴィオ ファースト エディション)」を2018年6月25日に発売する事を発表しました。

新型ステルヴィオが日本市場に本格投入される前に、限定車「ファースト・エディション」が先行発売されます

ステルヴィオは、アルファロメオの新世代モデルの第2弾であり、世界的知名度を誇るスポーツセダン「ジュリア」から、優れたハンドリング性能と、操縦安定性を受け継ぐSUVです。

ここでは、ステルヴィオの車名の由来や内外装の特徴、圧倒的な走行性を実現するパワートレインの魅力についても取り上げます。

車名は世界最高のドライビングロード「ステルヴィオ峠」から付けられた

アルファロメオ初のSUV「ステルヴィオ」の車名は、48ものヘアピンカーブが連なる険しい道のりが続き、登坂距離は20kmを超えることから世界最高のドライビングロードと呼ばれる「ステルヴィオ峠」をインスパイアする形で名付けられました。

ステルヴィオ峠は、イタリアとスイスとの国境線近くにある標高2,757mの山脈にあります。ステルヴィオ峠は、ヨーロッパで開催される自転車のロードレースの最高峰グランツールのひとつであるジロ・デ・イタリアに度々登場する事でも有名です。

ステルヴィオのステアリングギア比は、クラストップレベルの12:1を誇ります。また、同車はクイックレスポンス性にも優れているので、ドライバーの思い描くルートを瞬時にサポートする圧倒的なハンドリング性能を実現させます。

そのため、新型「ステルヴィオ」は、急カーブが連続する道のりや、勾配のきつい山岳部に位置する世界最高のドライビングロードであっても、安定感抜群でストレスのない走りを楽しむ事ができます。

新型ステルヴィオのエクステリア

新型ステルヴィオのエクステリア一目で「ステルヴィオ」とわかる個性的なエクステリア

ステルヴィオのエクステリアは、どんな過酷な自然に置かれていても、存在感を発揮する力強さを備えます。

新型ステルヴィオのフロントマスクアルファロメオならではの盾型フロントグリル

アルファロメオのオリジナリティーにあふれるエンブレムと、盾型フロントグリルなどによって構成されるフロントマスクは、スタイリッシュで魅力的です。

新型ステルヴィオのヘッドライト夜でも十分な光量のLEDヘッドライト

ヘッドライトは、暗闇走行時の視界確保に貢献する光量に優れたLED光源を採用します。デザインはブーメランタイプを選択して、シャープさを引き立たせます。

ボデイラインは、アルファロメオのコアなファンをもうならせる躍動感であふれています。ステルヴィオは、外装色と内装色は4色設定とします。レッドに仕上がったブレーキキャリパーも特徴的です。

新型ステルヴィオの足回り安定感の高い専用20インチアロイホイール

ステルヴィオは、過酷なドライビングロードにおいての安定走行を実現するために、20インチの5ツインスポークアロイホイールを採用します。

ボディカラーは全4色

ステルヴィオは、ボディカラーでアルファレッドなどの4色を設定します。

アルファレッドの新型ステルヴィオアルファレッド

アルファホワイトの新型ステルヴィオアルファホワイト

ストロンボリグレーの新型ステルヴィオストロンボリグレー

ブルカノブラックの新型ステルヴィオブルカノブラック

新型ステルヴィオのインテリア

新型ステルヴィオのインテリアでは、上質感であふれるプレミアムレザーシートを採用し、ウッドパネルで各パーツを装飾させて、高級サルーンのような雰囲気を与えます。

新型ステルヴィオのセンターコンソールセンターコンソールの装飾はウッドパネルを採用

機能性の高いスライド式のカップホルダー周辺には、ウッドパネル装飾を施し高級感を与えます。

新型ステルヴィオのドアトリム質感高いドアトリムのウッドパネル

ウッドパネル装飾は、ドアトリムやセンターコンソールボックスなどにも施されます。

新型ステルヴィオのステアリングホイール新型ステルヴィオのステアリングスイッチ

ステアリングホイールには、多数のスイッチを配置し操作性を高めます。

新型ステルヴィオのインフォテインメントシステムメディア機能が充実した視認性の高いインフォテインメントシステム

ヴィジュアル的にも優れ、視認性の高いインフォテインメントシステムでは、ナビ機能やメディア機能などが充実します。

新型ステルヴィオのセンターメーターパネルドライバーに分かりやすい配置や文字バランス

メーターパネルは、スピードメーター等の配置、文字のバランスや配色の組み合せを徹底的にこだわります。

新型ステルヴィオのラゲッジルーム広めのラゲッジルームでアウトドアでも大活躍

アルファロメオは、ステルヴィオでアウトドアを楽しみたいというユーザーをサポートするために、同車にシートアレンジ機能を搭載させます。

シートアレンジ機能を利用すれば、フレキシブルにラゲッジルーム拡げることが出来ます。

シートカラーは全4色

ステルヴィオのシートカラーは全4色です。上質感があふれるプレミアムレザーシートに、ステッチ加工を施します。

ブラックの内装色の新型ステルヴィオブラック

レッドの内装色の新型ステルヴィオレッド

チョコレートの内装色の新型ステルヴィオチョコレート

ベージュの内装色の新型ステルヴィオベージュ

ステルヴィオも独自の4輪駆動システム「Alfa Romeo Q4」を採用する

アルファロメオの新世代モデルであるステルヴィオは、ジュリアと同様にあらゆる路面で抜群の安定性を発揮するアルファロメオの独自の4輪駆動システム「Alfa Romeo Q4」を採用します。

同駆動方式では、AWDのメリットにFRのパフォーマンス性能を組み合わせます。その技術力によって、走行状況に応じて前車軸では50%を、後車軸では100%を上限とする迅速なトルク伝達を行う可変トルク配分システムの構築が可能となります。

トルクの最適配分とステアリングギア比が理想的な値となる事で、ドライバーはどんな過酷な道のりに対しても、理想とするラインをスピーディーに走行できる究極のハンドリング性能を体感できます。

新型ステルヴィオのパワートレインは高性能

新型ステルヴィオは「最高出力:280ps・最大トルク:400Nm」をクリアし、環境性能も備える2L直列4気筒ツインスクロールターボエンジンに、8速オートマチックトランスミッションを組み合わせます。

カーボンファィバーやアルミニウムといった超軽量素材によって構築されるボディに、高性能なパワートレインを搭載する事で、ステルヴィオの0-100km/hは5.7秒(欧州参考値)と、ミドルクラスのSUVでは圧倒的な加速性を発揮します

最上位グレードのクアドリフォリオはニュルブルクリンクのタイムレコードを記録

ステルヴィオの最上位グレードであるクアドリフォリオは、V型6気筒2.9Lターボエンジンを搭載し、最高出力は510psをクリアします。

同車のプロトタイプカーは、世界一タフといわれるニュルブルクリンクコースでのタイムアタックで、これまでポルシェの「カイエンターボS」が保持していた、コースレコードを大きく塗り替えた7分51秒7を実現し、ミドルクラスSUVの最速タイムを達成しました。

新型ステルヴィオのライバルはレクサス「NX」やBMW「X3」など

新型ステルヴィオのボディサイズは「全長4,690mm×全幅1,905mm×全高1,680mm」であり、ミドルクラスのSUVに分類されます。同車は、高級サルーンのようなインテリア空間を備え、スポーツカーのような魅力的な走りを実現する車です。

ステルヴィオのライバルは、同様の共通項が挙げられるレクサス「NX」やBMW「X3」、メルセデスベンツGLCクラスです。

新型ステルヴィオの本格導入によってSUV競争にはターニングポイントが訪れる

2018年6月25日に限定400台のファースト・エディションが先行発売されます。その後、アルファロメオ初のSUVである新型ステルヴィオが日本市場で本格導入されます。

0‐100km/h加速はわずか5.7秒と圧倒的な走行性能に加え、最新のインターフェースも導入するステルヴィオは、アルファロメオの技術と情熱を結集させた一つの完成形です。

究極のハンドリング性能を体感できるSUV「ステルヴィオ」登場のインパクトは大きく、日本市場に本格導入されれば、SUV競争は新たなターニングポイントを迎えます。

アルファロメオ特集