ターボ搭載の軽自動車まとめ

軽自動車でターボ搭載の車種まとめ!価格と燃費で比較

軽自動車のターボエンジンが設定されている車種をスズキとダイハツでまとめた。スポーティなモデルやアウトドアにピッタリのモデル、子育てに使いやすいモデルなど、たくさんの人の要望に応えてくれるターボエンジンが設定されている車種を紹介します。

軽自動車でターボ搭載の車種まとめ!価格と燃費で比較

ターボ搭載の軽自動車まとめ!燃費・価格などを比較

エンジンに過給機と呼ばれる装置を取りつけることで、よりパワーを引き出し走ることができます。その過給機の1つに「ターボ」があり、タービンを回し空気をコンプレッサーで圧縮することで、排気量以上のパワーをエンジンが引き出せるというものです。

以前ではスポーツカーなどに搭載されていましたが、燃費が悪くなるなどのデメリットがありました。ですが、最近では燃費悪化も緩和され、自然吸気エンジン(NA)と同等の燃費性能を誇っている車種もあります。

普通車に比べて小排気量でパワーがないと言われる軽自動車は、ターボチャージャーを搭載することで1.0Lエンジン並みのパワーを引き出すこともできます。

そこで、軽自動車と相性がいいターボチャージャーを搭載した車種を紹介します。スポーティモデルだけではなく、軽自動車のミニバンともよばれるスーパーハイトワゴンにも普及しているターボエンジンの車種はどのようなものがあるのか、確認しておいてください。

コペン/ダイハツ

峠道を走るダイハツコペン

ダイハツが販売するコペンは、2シーターオープンタイプの軽自動車で、2WDのCVTオートマ・5速マニュアルのトランスミッションを搭載しています。自然吸気のエンジンはなく、6グレード全てターボエンジンを搭載し、CVTの燃費は25.2km/L、5速マニュアルの燃費は22.2km/Lあります。

ホワイトカラーのダイハツコペン

また、Dスポーツでは2017年9月からコペンRobe用のフルカーボン外装キットを限定30セットで販売し、値段は95万円です。純正の外装キットよりも軽い外装になるので、コペンの車重870kgを切り更に軽量化ができます。

全長 3,395mm
全幅 1,475mm
全高 1,280mm
室内長 910mm
室内幅 1,250mm
室内高 1,040mm
総排気量 658cc
車両重量 870kg
ホイールベース 2,230mm
最低地上高 110mm
最小回転半径 4.6m
乗車定員 2名
ボディカラー 全8~9色
燃費 25.2km/L(22.2km/L)
価格 1,852,200円~

※()内はMTモデルの燃費

キャストアクティバ・スタイル/ダイハツ

カラフルな道を走るキャストアクティバ

※キャストアクティバ

夜を照らすキャストアクティバ

※キャストスタイル

キャストアクティバ・スタイルは、2015年9月より販売している軽トールワゴンで、SUVスタイルの「アクティバ」、洗礼された都会的な「スタイル」に味付けされています。ともにターボエンジンを搭載しているグレードは「Gターボ“SA2”」というグレードで、トランスミッションはCVT、駆動方式は2WDと4WDが用意されています。

15インチアルミホイール、LEDのヘッドライトとフォグランプ、リヤコンビネーションランプなどが標準装備され、安全装備である「スマアシ2」が搭載されています。気になる燃費は、両車ともに2WDが27.0km/L、4WD車が25.0km/Lで、NA車との燃費差は2WDで3km/L、4WDで1.8km/L落ちています。

全長 3,395mm
全幅 1,475mm
全高 1,630mm(1,600mm)
室内長 2,005mm
室内幅 1,320mm
室内高 1,245mm
総排気量 658cc
車両重量 840kg
ホイールベース 2,455mm
最低地上高 180mm(150mm)
最小回転半径 4.7m
乗車定員 4名
ボディカラー 全15色
燃費 27.0km/L(25.0km/L)
価格 1,517,400円~

※全高、最低地上高の()内はスタイルの数値
※燃費の()内は4WDモデルの数値

キャストスポーツ/ダイハツ

海岸を走るダイハツキャストスポーツ

アクティバ・スタイルの登場から遅れること1ヶ月、2015年10月にキャストスポーツが発売されました。エアロパーツを装着して低重心なフォルム、MOMOステアリングに2WD車は専用チューニングのスポーティサスペンションと16インチアルミホイール、4WD車は15インチのアルミホイールを標準装備しています。

ターボエンジンを搭載したグレードのみの構成で、燃費は2WDが24.8km/L、4WD車が24.6km/Lとほぼ変わりません。安全装備のスマアシ2がアクティバ・スタイルと同様に装備されているので安心して運転をすることができます。

全長 3,395mm
全幅 1,475mm
全高 1,600mm
室内長 2,005mm
室内幅 1,320mm
室内高 1,245mm
総排気量 658cc
車両重量 850kg
ホイールベース 2,455mm
最低地上高 150mm
最小回転半径 4.7m
乗車定員 4名
ボディカラー 全7色
燃費 24.8km/L(24.6km/L)
価格 1,620,000円~

ムーヴ・ムーヴカスタムRS/ダイハツ

駐車場にとまるムーヴ

※ムーヴ

夜が似合うムーヴカスタムRS

※ムーヴカスタムRS

2014年にフルモデルチェンジして6代目となったムーヴは、カスタムモデルだけではなく標準モデルにもターボエンジンを搭載しています。標準モデルでは、「Xターボ」グレード、カスタムモデルでは「RS」グレードに搭載されていて、それぞれ2WDと4WDモデルが用意されています。

Xターボ、RSグレードともに燃費は、2WDで27.4km/L、4WDで25.6km/Lあります。自然吸気のNAエンジンと比べると、2WDでは3.6km/L、4WDでは2km/L数値が低くなっています。キャストと同様に安全装備のスマアシ2が搭載されているグレードもあり、安心して運転をすることができます。

全長 3,395mm
全幅 1,475mm
全高 1,630mm
室内長 2,080mm
室内幅 1,320mm
室内高 1,280mm
総排気量 658cc
車両重量 830kg(850kg)
ホイールベース 2,455mm
最低地上高 150mm
最小回転半径 4.4m(4.7m)
乗車定員 4名
ボディカラー 全11色
燃費 27.4km/L(25.6km/L)
価格 1,317,600円~

※()内はカスタムRSの数値
※燃費の()内は4WDの数値

タント・タントカスタム/ダイハツ

タントのエクステリア

※タント

個性的なエクステリアを持つタントカスタム

※タントカスタム

2013年にフルモデルチェンジして3代目となったタントとタントカスタムには、標準モデルとカスタムモデルともにターボエンジンを搭載していて、「Xターボ」グレード、「RS」グレードにそれぞれ用意されています。トランスミッションはCVTの、2WDと4WDモデルがあります。

燃費は、タント・タントカスタムともに2WDが26.0km/L、4WDが24.6km/Lで、NAエンジンとの燃費差は2WDで2km/L、4WDで1.2km/Lです。キャストやムーヴよりも1歩先に進んだ最新の安全装備のスマアシ3が搭載されていて、歩行者に対しても衝突回避支援ブレーキがきくようになりました。

全長 3,395mm
全幅 1,475mm
全高 1,750mm
室内長 2,200mm
室内幅 1,350mm
室内高 1,365mm
総排気量 658cc
車両重量 940kg(960kg)
ホイールベース 2,455mm
最低地上高 145mm
最小回転半径 4.4m(4.7m)
乗車定員 4名
ボディカラー 全12色(全8色)
燃費 26.0km/L(24.6km/L)
価格 1,501,200円~

※()内はタントカスタムの数値
※燃費の()内は4WDモデルの数値

ウェイク/ダイハツ

アウトドアが似合うウェイク

2014年11月から販売しているウェイクは、全高1,835mmをほこるスーパーハイトワゴンで、室内高も1,455mmと軽自動車の中で1番高い室内空間を実現しています。四角いボディはシティユースにもアウトドアユースにも似合うデザインです。

ターボエンジンを搭載しているグレードは、「GターボSA2」グレードで、特別仕様車のレジャーエディションもあります。Gターボグレードは14インチアルミホイール、レジャーエディションでは15インチアルミホイールを標準装備し、LEDヘッドライト・LEDフォグランプ、両側パワースライドドアも搭載しています。

これだけボディサイズが大きいと燃費も悪くなるイメージがありますが、2WDモデルでは23.8km/L、4WDモデルでは23.2km/Lも走ります。安全装備もムーヴやキャストに搭載されているスマアシ2が装備されているので安心して運転ができます。

全長 3,395mm
全幅 1,475mm
全高 1,835mm
室内長 2,215mm
室内幅 1,345mm
室内高 1,455mm
総排気量 658cc
車両重量 1,020kg(1,060kg)
ホイールベース 2,455mm
最低地上高 140mm
最小回転半径 4.7m
乗車定員 4名
ボディカラー 全14色
燃費 23.8km/L(23.2km/L)
価格 1,674,000円~

※()内は4WDモデルの数値

ワゴンRスティングレー/スズキ

山道を疾走するワゴンRスティングレー

2017年2月にフルモデルチェンジしたワゴンRには、カスタムモデルの「スティングレー」に設定されていて、「HYBRID T」グレードのみの搭載です。15ンチアルミホイールを標準装備し、マイルドハイブリッドエンジンを搭載し、燃費は2WDモデルが28.4km/L、4WDモデルが27.0km/Lあります。NAエンジンとの差は2WDで5km/L、4WDで3.4km/Lの差が生まれています。

ターボエンジンを搭載しているHYBRID Tグレードには、パドルシフトが搭載されているので7速マニュアルモードでスポーティな走行や、カーブ前の減速でエンジンブレーキを使ったりなど、様々な活用法があります。

また、フロントカメラとサイドカメラ、バックカメラを使った全方位モニターが使えるので、上空からの見た目、サイドの確認などをモニター上で行うことができます。他にも人と車を検知するデュアルセンサーブレーキサポートが搭載されているので、安心して運転することができます。

全長 3,395mm
全幅 1,475mm
全高 1,650mm
室内長 2,450mm
室内幅 1,355mm
室内高 1,265mm
総排気量 658cc
車両重量 800kg(850kg)
ホイールベース 2,460mm
最低地上高 150mm
最小回転半径 4.6m
乗車定員 4名
ボディカラー 全6色
燃費 28.4km/L(27.0km/L)
価格 1,658,880円~

※()内は4WDモデルの数値

スペーシアカスタム・カスタムZ/スズキ

ホワイトのスペーシアカスタム

※スペーシアカスタム

スペーシアカスタムZに乗り込む男性

※スペーシアカスタムZ

2013年にパレットの後継モデルとして発売されたスペーシアは、両側スライドドアを搭載している軽自動車のファミリーカーとして人気の1台です。2013年6月にスペーシアカスタムが、2016年12月にはスペーシアカスタムZが特別仕様車として販売されています。ターボエンジンを搭載しているグレードは、カスタムが「XSターボ」、カスタムZが「カスタムZターボ」グレードに設定されています。

燃費はどちらの車種とも2WDが26.8km/L、4WDモデルが25.6km/Lで、NAエンジンとの差は3.8km/L、4WDモデルが3.4km/Lです。どちらともデュアルカメラブレーキサポートが搭載されているグレードがあり、75,600円高になります。

全長 3,395mm
全幅 1,475mm
全高 1,735mm(1,740mm)
室内長 2,215mm
室内幅 1,320mm
室内高 1,375mm
総排気量 658cc
車両重量 900kg(950kg)
ホイールベース 2,425mm
最低地上高 155mm(150mm)
最小回転半径 4.6m
乗車定員 4名
ボディカラー 全4色(全11色)
燃費 26.8km/L(25.6km/L)
価格 1,721,520円~

※()内は4WDモデルの数値
※ボディーカラーの()内はカスタムZの色数

ハスラー/スズキ

石畳を走るハスラー

スズキが販売するクロスオーバーSUVのハスラーは、2014年1月から新型車として販売されました。ターボエンジンが設定されているグレードは「X」と「G」で、トランスミッションはCVTのオートマです。また、特別仕様車の「J STYLE2」にもターボエンジンが設定されています。

燃費は、2WDモデルが27.8km/L、4WDモデルが26.2km/Lあります。NAエンジンとの差は、2WD・4WDともに4.2km/Lです。Gグレードに標準装備されているホイールは、15インチのスチールホイールですが、最上級のXグレードと、特別仕様車のJ STYLE2には15インチアルミホイールが装備されています。

全長 3,395mm
全幅 1,475mm
全高 1,665mm
室内長 2,160mm
室内幅 1,295mm
室内高 1,250mm
総排気量 658cc
車両重量 820kg(870kg)
ホイールベース 2,425mm
最低地上高 180mm(175mm)
最小回転半径 4.6m
乗車定員 4名
ボディカラー 全11色(全7色)
燃費 27.8km/L(26.2km/L)
価格 1,359,720円~

※()内は4WDモデルの数値
※ボディカラーの()内はJ STYLE2の色数

アルトターボRS・アルトワークス/スズキ

海岸通りを走るアルトターボRS

※アルトターボRS

ブラックカラーのアルトワークス

※アルトワークス

2014年にフルモデルチェンジして8代目となったアルトに、2015年3月ターボモデルの「ターボRS」が、2015年12月には「ワークス」が発売されました。ターボRSは5AGS、ワークスには、MTと5AGSのトランスミッションが採用されています。

2WD 4WD
ターボRS(AT) 25.6km/L 24.6km/L
ワークス(AT) 23.6km/L 22.6km/L
ワークス(MT) 23.0km/L 22.0km/L

燃費は、ターボRSの2WDが25.6km/L、4WDが24.6km/L、ワークス5AGSモデルの2WDが23.6km/L、4WDが22.6km/L、5速マニュアルの2WDが23.0km/L、4WDが22.0km/Lです。

それぞれの5AGS(AT)モデルには、安全装備のレーダーブレーキサポートが搭載されていて、5km/h~30km/hの速度で作動します。

全長 3,395mm
全幅 1,475mm
全高 1,500mm
室内長 2,040mm
室内幅 1,255mm
室内高 1,215mm
総排気量 658cc
車両重量 670kg(720kg)
ホイールベース 2,460mm
最低地上高 155mm
最小回転半径 4.6m
乗車定員 4名
ボディカラー 全3色(全4色)
燃費 25.6km/L(24.6km/L)
価格 1,293,840円~

※()内は4WDモデルの数値
※ボディカラーの()内はワークスの色数

ジムニー/スズキ

雪山を登るジムニー

1970年から製造しているジムニーは、1998年に3代目へフルモデルチェンジして販売が続いています。2グレード展開でベースグレードの「XC」、快適装備が充実した「XG」グレードともにターボエンジンが設定されていて、トランスミッションは5速マニュアルと4速ATが搭載、駆動方式は4WDのみです。

燃費は、5速マニュアルが14.8km/L、4速オートマが13.6km/Lで、1998年のモデルなので燃費は最近の軽自動車の半分となっていますが、2018年頃に予定しているフルモデルチェンジで、どのくらい燃費が伸びるのか期待したいです。

全長 3,395mm
全幅 1,475mm
全高 1,680mm
室内長 1,660mm
室内幅 1,220mm
室内高 1,210mm
総排気量 658cc
車両重量 980kg(990kg)
ホイールベース 2,250mm
最低地上高 200mm
最小回転半径 4.8m
乗車定員 4名
ボディカラー 全3色
燃費 14.8km/L(13.6km/L)
価格 1,514,160円~

※()内は4ATの数値

ターボエンジンの軽自動車は、4人乗車でもグイグイ進む

自然吸気のNAエンジンと比べて燃費が悪く、価格も高くなりデメリットばかりが目立ちますが、ターボエンジンはアクセルをグッと踏むとグイグイ加速していくパワフルなエンジンですので、4人乗車していてもスピードに乗りやすく、ストレスなくドライブを楽しむことができます。

スズキとダイハツだけでも新車で購入できるターボエンジンを搭載した車種は11種類もあるので、好みや使い方に応じて選ぶことができます。ぜひ、自分の趣味にピッタリ一致するターボモデルの軽自動車を見つけてください。