ガス欠になった時の対処法

ガス欠で車のエンジンがかからない時に助かる6つの対処法

ガス欠で車のエンジンがかからない時にどうすればよいのかの対処法。JAFを利用する、加入している任意保険のロードサービスを利用する、近くのスタンドまで押すなどの方法を、一般道と高速道路に分けて紹介。燃料ランプが点滅する・車が加速しにくくなるなどの事前に起こる前兆現象も取り上げます。

ガス欠で車のエンジンがかからない時に助かる6つの対処法

車がガス欠になったらどうする? 自分と車を守れる対処法!

「代車なので、ガソリンを入れるのが勿体ない気がして…」、「給料日(明日)には入れようと思っていたのに…」、「給油ランプが点滅していても、まだまだ大丈夫だと思っていた…」などなど。

車に燃料を補充すべきだったのに、タイミングを見計らってしまって、車の燃料であるガソリンや軽油が切れてしまってガス欠になってしまう理由は様々です。自分には落ち度がない燃料メーターの故障って事も考えられます。

ガス欠になってしまったら、あのタイミングでガソリンを入れておけば良かったと後悔する気持ちが湧き起こってくるかもしれませんが、深呼吸をして冷静になりましょう。

そして、今回紹介する自分や同乗者、車を守るため、事故につなげないために役に立つ、対処法を試してみれば、安心です。

まずは車を安全な場所に止める!

ガス欠で立ち往生した女性

ガス欠をした時の最優先事項は、後続車に迷惑のかからない場所へ車を移動させることです。燃料メーターが少なくなっていて、車が加速しなくなったり、いつもよりもエンジンの調子が悪くなったりしている場合には、ガス欠を疑って、完全に車が動かなくなる前に、近くにある駐車場か、路肩などの安全な場所まで移動させましょう。

車の異常を知らせるランプが点滅したら、たとえ原因がガス欠ではなくとも、2次被害を避けるためにも車を安全な場所に移動させる事が求められます。

車が全く動かなくなったら。ドアを開けて、ハンドル操作もして、車を移動させます。動かす際にはAT車、MT車に限らず、ギアをN(ニュートラル)に入れて開けたドアとAピラー(運転席の近くにある柱)を抑えながら押していくのがコツです。

車の総重量が軽い、軽自動車やコンパクトカーであれば、一人での移動も可能かもしれませんが、もしそういった小さいサイズの車であっても、一人で動かすのに危険を感じたら、周囲の人に勇気を持ってお願いすることも大切です。

特に、上り坂や下り坂を移動させる時には注意が必要ですので、同乗者がいなくとも一人では行わず、協力者の助けを借りて、慎重に目的の場所にまで移動させていきましょう。

車が一般道でガス欠になった時の対処法

給油しなかったことを後悔する女性

家族や友人、職場の同僚に助けを求める

ガス欠が起こった場所に、家族や友人、あるいは職場の同僚といった身近な誰かが助けにこられる状況であれば、緊急事態なのでお願いしましょう。助けてもらった後には、感謝の言葉とともに、食事なんかをご馳走すれば疲れた体も喜びます

至近距離にスタンドがあれば、車を押す

不幸中の幸いで、ガス欠で車が動かなくなってしまった場所のすぐ近くにガソリンスタンドがあれば、ひと踏ん張りです。車をN(ニュートラル)にして、ドアを開けて、事前に屈伸運動などのストレッチを行ってから、車をスタンドまで、移動させていきましょう。

日頃、あまり体を動かしていない方が急に力の入る運動をしてしまうと、靭帯を損傷しまうなど体のどこかを痛めてしまう恐れがあります。車を動かすことで、体に不具合を生じさせないためには、ストレッチが必要です。

もしも、そばを歩いていた通行人が、手を差し伸べてくれたら、「ありがとう」という言葉とともに、喉の渇きを潤してくれるワンドリンクサービスも大切です。

スタンドの店員に電話をかけて、ガソリンを持ってきてもらう

車を移動させるには距離があると判断したら、停車している周辺にあるスタンドに連絡をし、ガソリンをその場まで持ってきてもらう事は可能なのかを問い合わせましょう。

同乗者か自分がスタンドまで向かう

最寄りのスタンドの場所が走っていける距離にあれば、同乗者か自分の体力と走りに自信にある人がスタンドまで向かいましょう。スタンドで事情を説明すると、ガソリン携行缶を貸してくれます。携行缶のガソリンを車に補充した後は、車でお世話になったスタンドまで行って、缶を返却するとともに、お礼としてガソリンを満タンにするなどお店の売上に貢献をしましょう。

ロードサービスにお願いする

車の任意保険を販売している各企業は、最近はロードサービスを充実させています。契約している保険会社の番号をスマホに登録されたりしている方は、電話の窓口に連絡をし、事情を説明してみる事をお勧めします。

すると、保険会社の担当者が現場まで駆けつけてくれます。回数は保険会社毎に制限されていますが、無料でサービス(ガソリン代は実費となるケースもある)を受けられます。

#8139でJAFにお願いする

車が故障した時にすぐに思いつく選択肢の一つはJAFです。JAFの会員の方であれば、経験豊富なプロのスタッフによるサービスを無料で受けられます。

JAFの会員ではなくとも、有料となりますが、#8139 と番号を入力すれば、JAFのスタッフが素早く現場まで駆けつけてくれます。

JAFは、「ガス欠」を以下の6つの段階に区分けしています。

  • 昼間の一般道路
  • 夜間の一般道路
  • 昼間の高速道路のパーキングエリア(サービスエリア)内
  • 夜間の高速道路のパーキングエリア内
  • 昼間の高速道路のパーキングエリア外
  • 夜間の高速道路のパーキングエリア外

※会員でない方は、ガス欠をしている場所や時間帯によって、請求される料金は異なってきます。

高速道路でガス欠をしてしまった場合の対処法

車通りの多い高速道路

高速道路を走行中に車の異常を感じたら、非常駐車帯にまずは車を停車させます。夜間時には特に、後続続との追突を避けるため、ハザードランプを点滅させたり、発炎筒を点火させたりするなどの対応も必要となります。

また、高速道路の各所に設置されている非常電話あるいは、#9910で高速道路を管轄している団体や、警察に110番通報をして、2次的被害をくい止めるために、応援要請を依頼する事も大切です。

高速道路での、燃料補充は、加入している保険会社のロードサービスにお願いするか、JAFにお願いする事をお勧めします。次のスタンドまで、燃料を求めに行く行為は非常に危険です。高速道路での、ガス欠などのトラブルは、場慣れしているプロに任せた方が安心です。

ご存じではない方も多いかもしれませんが、道路交通法には高速自動車国道等運転者遵守事項違反という罰則規定があります。もしも、ガス欠等の理由が車の事前点検を怠ったことが原因であると判断されれば、反則切符をきられる可能性もあります。

給油ランプが点滅した時の燃費を抑える運転法

エコな運転を心がける男性

車の燃料が一定量以下になると給油ランプが点滅します。ランプが、点滅してからもある程度の距離は走行可能であるため、燃料の補充を先延ばしされる方もおります。

ランプが点滅するタイミングは車種によって異なりますが、一般的にはミニバンタイプであれば、タンク内の残存量が10L以下、コンパクトカーであれば、7L以下、軽自動車であれば5L以下となる点滅すると言われています。

ランプが点滅してからの走行可能距離は、残っている燃料の量×燃費(km/L)になります。例えば、軽自動車であれば、5Lの燃料が残っていて、燃費が30Km/Lであれば、走行可能距離は150Kmです。

ランプが点滅している時には、特に役に立つ燃費を抑える運転テクニックを紹介します。

  • 発進する時は、ゆっくりとアクセルを踏む
  • 一定の速度で車を運転する
  • 当日の気温にもよるが、車のエアコンをきる

紹介したテクニックは、あくまでも燃料の消費を抑えるテクニックです。高速道路を運転する際、スタンドが周りにはない過疎地などを運転する際には、事前にスタンドで燃料を補充する事をお勧めします。

ガス欠後の注意点

ガソリンを持ち歩くための携行缶

ガソリンの輸送は金属携行缶

ガソリンは揮発性が高いため、取り扱う際には、ポリタンクなどではなく金属製の携行缶を利用することが法律で定められています。独立行政法人消防研究所は、ガソリンを持ち運ぶ際などの注意(注1)を呼び掛けています。

携帯缶を利用する際の手順

  1. 携行缶のノズルをセットする
  2. 給油口を開けて、キャップを取り外す
  3. ノズルを給油口にあて、携行缶の角度をつけてガソリンをゆっくりと補充する
  4. 給油をし終わったら、キャップを閉めて、給油口を塞ぐ

※周りに火気がいない事を確認してから行う
※風通しがよい場所で行う
※軍手ではなく、素手あるいは皮の手袋を使って行う

スターターを回す

ガス欠が起こってしまうと、ガソリンをエンジンに送る燃料ポンプ、エンジン内部の噴射装置であるインジェクター等の燃料の通り道の全てが空になります。そういった燃料の通り道が、順次充たされるまでは、給油を行ってもすぐにエンジンはかかりません。

通り道にもガソリンが十分に回るまでには、スターターを普段よりも多く回す必要があります。

ガス欠にならないためには、給油ランプが点滅したら燃料補給

給油ランプが点滅しても、まだまだ走れると思って、燃料補給を先延ばしてしまう気の緩みが、ガス欠を招いてしまう最大の原因かもしれません。

ガス欠になってしまうと、節約しようと思っていたお金以上の負担がのしかかってしまいます。また、後続車や同乗者、助けて下さった方にも沢山の迷惑をかけてしまいます。

ガス欠にならないためには、給油ランプが点滅し始めたら、まだ大丈夫だとは思わないで、燃料補給はスタンドを見つけたらすぐに行いましょう