S660のマイナーチェンジ

S660のマイナーチェンジ情報 ボディカラーに新色を追加し内外装の質感を向上

S660の次期マイナーチェンジに関する最新情報。2020年1月10日に誕生したホンダ新型S660はエクステリアカラーに新色を追加設定し、一部モデルのシートデザインを変更。Modulo Xもアルカンターラ採用部位を増やして質感をアップしています。

S660のマイナーチェンジ情報 ボディカラーに新色を追加し内外装の質感を向上

S660のマイナーチェンジ情報 デザイン・スペックはどう変わる?

ホンダS660のマイナーチェンジについてまとめました。S660は日常使いにもぴったりな2シーターの軽スポーツで、2015年より販売されています。 S660の一部改良情報を、エクステリアやインテリア、各種装備、パワートレインなどに触れて紹介していきます。

S660とS660 Modulo Xがマイナーチェンジ 内外装の質感をアップ

2020年1月にマイナーチェンジした新型S660新型S660(アクティブグリーン・パール)のエクステリア

シルバーカラーの新型S660新型S660(アラバスターシルバー・メタリック)のエクステリア

S660のαグレードの内装新型S660 αのインテリア

S660のβグレードの内装新型S660 βのインテリア

2020年1月10日、マイナーチェンジを実施した新型S660が発売されました。価格はαタイプが2,321,000円、βタイプが2,031,700円です。

S660の2020年マイナーチェンジモデル販売価格
グレード トランスミッション WLTC燃費 乗車定員 価格
β 6MT 20.6km/L 2名 2,031,700円~
CVT+パドルシフト 20.0km/L 2,031,700円~
α 6MT 20.6km/L 2,321,000円~
CVT+パドルシフト 20.0km/L 2,321,000円~
ModuloX 6MT 3,042,600円~
CVT+パドルシフト 3,042,600円~

今回の改良では、車体色と同色のフロントピラーや新デザインのホイールを採用し、新色「アクティブグリーン・パール」と「アラバスターシルバー・メタリック」を追加設定。インテリアもシートデザインを変更し、αモデルにシートヒーターを設定するなど、質感の向上に努めています。

新型S660モデューロX新型S660 Modulo X(カーニバルイエロー2)のエクステリア

新型S660モデューロXの内装新型S660 Modulo Xのインテリア

また、スポーティーな内外装が特徴のS660 Modulo Xも改良を実施。価格は3,042,600円、発売日は2020年1月31日です。

ブラックスパッタリング仕上げの新色アルミホイールを採用し、ドアミラーカバーをナイトホークブラック・パールに変更。新色「カーニバルイエローII」を追加設定しています。
インテリアはシートデザインの変更、アルカンターラ採用部位を拡充するなどの改良を行っています。

次期マイナーチェンジを実施して誕生するS660は先進ホンダセンシングを搭載する可能性もある

2020年にマイナーチェンジが予想されるホンダS660次期マイナーチェンジで誕生する新型S660ではホンダセンシングの搭載が期待される

2018年12月21日に誕生したS660の特別仕様車「Trad Leather Edition(トラッドレザーエディション)」は、ユーザーの希望に応える形でシティアクティブブレーキを標準装備しました。また、S660のライバル車であるダイハツのコペンは、次期マイナーチェンジのタイミングで、スマートアシスト3を搭載させるとの噂もあります。

スポーツカーユーザーの中にも安全装備の充実を求める声が強まってきているので、S660は次期マイナーチェンジのタイミングで、路外逸脱抑制機能などがパッケージングされる「ホンダセンシング」を標準装備させる、またはメーカーオプションで追加設定させる可能性が高いと判断します。

次期マイナーチェンジで誕生するS660はNSXの最新モデルを意識したエクステリアを採用してボディカラーやルーフトップの選択肢を増やすと予想する

2020年と予想される次期マイナーチェンジで誕生するS660は、NSXの最新モデルを意識したエクステリアを採用する、または塗装色やロールトップのカラーバリエーションを増やすと予想します。

S660の販売台数はピーク時と比較すれば、落ち込んでいるのが現状です。2018年5月25日に実施したマイナーチェンジでは、走行性能とデザインに磨きをかけたコンプリートカー「Modulo X」をラインナップさせるなどして、巻き返しを図りました。

S660は荷物を積載するスペースがほとんどないため、実用的ではない事が指摘されています。次期マイナーチェンジでは、荷物を積載するスペースを拡張する可能性もあります。

しかし、日本代表するスーパーカーである、NSXの最新モデルを意識させるような先鋭的なエクステリアを採用する、あるいはボディカラーに新色を追加するなどして、非日常ドライブをもっと楽しめる車へとさらに進化させて商品力を強化する可能性の方が高いと判断します。

次期マイナーチェンジで誕生するS660の新型モデルは純正アクセサリーを更に充実させてアレンジの幅を広げる可能性が高い

2018年5月24日に実施された前回のマイナーチェンジでは、S660専用ナビシステム「Gathers スカイサウンド インターナビVXU‐192SSi」、トップキャリアやアドバンスドルームミラーなどの純正アクセサリーを追加設定しました。

2020年と予想される次期マイナーチェンジで誕生するS660の新型モデルは、前回の改良時と同様に純正アクセサリーを追加設定させて、アレンジの自由度を更に広げるものと期待します

次期マイナーチェンジで誕生するS660の販売価格の上昇は約10万円で燃費性能は現行維持となると予想する

2020年に実施される予定の次期マイナーチェンジで誕生する新型モデルの価格帯は210万円~290万円であると予想します。

S660の新型モデルは、Hondaセンシングを搭載して、新たな塗装色などを追加設定する見込みです。それらを追加した際の上乗せ額は約10万円と概算できるため、現行モデルの各グレードに10万円を加算して上記の価格帯を求めました。

S660は燃費を意識するタイプの車ではないため、燃費性能については現状維持されると予想します。

S660(現行モデル) グレード別 販売価格
グレード トランスミッション 燃費 価格
α 6MT 21.2km/L 2,185,920円~
CVT 24.2km/L
β 6MT 21.2km/L 1,980,720円~
CVT 24.2km/L
ModuloX 6MT 2,850,120円~
CVT

S660の特別仕様車「トラッドレザーエディション(Trad Leather Edition)」が2018年12月21日に発売を開始

ホンダは2018年12月21日に、S660のαタイプをベースとする特別仕様車「Trad Leather Edition(トラッドレザーエディション)」を新設定して、同日に発売した事をアナウンスしました。

「Trad Leather Edition」は、ライトタンにブラックを配色で組み合わせるトラッドレザーインテリアやブラウンロールトップを特別装備させる事によって、S660に洗練された上質感を加えます。また、同車はユーザーからのリクエストの多い、低速衝突軽減ブレーキや誤発進抑制機能が備わるシティーブレーキアクティブシステムを標準装備させて、安全性を向上させます。

特別仕様車「トラッドレザーエディション」のその他の特徴は、ブラッククリア塗装が施される専用アルミホイールとホイールナットが装備されている事と、Trad Leatherのロゴが入ったアルミ製コンソールプレートが設置されている事です。

α特別仕様車「Trad Leather Edition」の販売価格
エンジン トランスミッション 駆動方式 価格

660ccDOHCターボ

CVT+パドルシフト MR 2,275,560円~
6MT

Trad Leather Editionは特別装備によって内外装の上質感を向上させる

グレード「α」をベースとして開発され、2018年12月21日に発売を開始した「Trad Leather Edition」は、ブラウンロールトップなどの特別装備によって内外装の上質感を加えます。ここでは、それらアイテムの特徴を紹介します。

「Trad Leather Edition」に装備されるシックなブラウンカラーのロールトップ「Trad Leather Edition」は主要パーツであるロールトップにシックなブラウンカラーを採用する

Trad Leather Editionが特別装備するブラウンロールトップは、ブリティッシュグリーン・パールなど設定される3色のボディカラーとの相性も抜群です。

ブラック塗装が施された「Trad Leather Edition」のホイールナット特別仕様車「Trad Leather Edition」は採用するホイールナットにブラック塗装を施す

Trad Leather Editionは、ブラッククリア塗装が施されたアルミホイールによって、足回りをドレスアップして存在感を高める。

クラシカルで格式の高いデザインの「Trad Leather Edition」専用アルミ製コンソールプレートアルミ製コンソールプレートはクラシカルで格式の高いデザインが特徴的

「Trad Leather S660」という文字情報が記載されるアルミ製コンソールプレートは、オーナーに更なる特別感を与えます。

ライトタンとブラックツートンのスポーツレザーシート「Trad Leather S660」は、質感の良さだけではなくて、上質感も追求したライトタンとブラックのツートンカラーを採用したスポーツレザーシートを搭載します。

トラッドレザーインテリアは、スポーツシートだけではなくて、本革巻ステアリングホイールやインパネソフトパッドにも導入されています。

「トラッドレザーエディション」の主な特別装備

  • シティーブレーキアクティブシステム
  • アルミホイール(ブラッククリア塗装)
  • ブラウンロールトップ
  • スポーツレザーシート
  • 本革巻ステアリングホイール
  • インパネソフトパッド
  • アルミ製コンソールプレート

特別仕様車「トラッドレザーエディション」のボディカラーはシックな色合いが印象的な3色展開

2018年12月21日に誕生した特別仕様車「Trad Leather Edition」のボディカラーは、ブリティッシュグリーン・パール、プレミアムスターホワイト・パール、ナイトホークブラック・パールの3色展開となっています。

ホンダS660「Trad Leather Edition」ブリティッシュグリーン・パールブリティッシュグリーン・パール

ホンダS660「Trad Leather Edition」プレミアムスターホワイト・パールプレミアムスターホワイト・パール

ホンダS660「Trad Leather Edition」ナイトホークブラック・パールナイトホークブラック・パール

軽自動車の本格的なスポーツカー「S660」はマイナーチェンジや特別仕様車によって商品力を強化して非日常ドライブをもっと楽しめる車へと進化していく

軽自動車ながらミッドシップレイアウトを採用する事で、本格的なスポーツ走行も可能とするS660は、リーズナブルな価格で非日常ドライブを体感させてくれます。

2018年12月21日に発売をスタートした特別仕様車「Trad Leather Edition」は、ロールトップにブラウンカラーを導入して、トラッドレザーインテリアを採用し、内外装に上質感を与えて商品力を強化しました。

2020年1月と予想される次期マイナーチェンジで誕生する「S660」の新型モデルは、ホンダセンシングを導入して安全性を向上させるなどして、商品力を強化するものと期待します。

積載性や実用性はさほど重視しないからこそ、非日常ドライブを軽自動ながら本格的に堪能できるS660は、今度も特別仕様車を登場させて、マイナーチェンジやフルモデルチェンジを繰り返して、ドライブを楽しめる車として進化していきます。