パッソの内装

パッソの内装は標準仕様と上級グレードのMODAでデザイン・装備がどう違う?

パッソの内装をコクピット・インパネ周りやシートインテリア、ラゲッジルーム等にふれて紹介。現行型パッソはダイハツブーンのOEMでコンパクトハッチバック。ベースグレードXと上級グレードMODAの2グレードで、モーダはスポーティでかっこいい内装です。新型パッソの気になる内装デザインをチェック!

パッソの内装は標準仕様と上級グレードのMODAでデザイン・装備がどう違う?

パッソの内装はグレード間で何がどう違うのか?シートやコックピットを中心に解説

トヨタ・パッソ(PASSO)は2004年から販売されているハッチバック型コンパクトカーです。ダイハツ・ブーンは双子車種で、3代目である現行型パッソはブーンのOEMとして「街乗りスマートコンパクト」というコンセプトのもと2016年に登場しました。開発から生産まではダイハツが担当しています。

新型パッソには標準仕様となる「X」と上級グレードの「MODA(モーダ)」が設定されています。外観上での差はわかりにくいのですが、それぞれモデルによってシートインテリアや装備に違いがあります。使い勝手の良いサイズ感で乗り回しやすいTOYOTAパッソの内装を、シート・ラゲッジルーム・コックピット等に注目してまとめました。

フロントシートからリアシートまでゆったり設計!パッソの室内空間はコンパクトカーの中でもハイレベルの広さ

パッソの室内の大きさ

運転席や助手席だけでなく、左右後部座席にまで気を配ったトヨタの新型パッソ。従来モデルの室内長は1,830mmだったのに対し、現行型パッソは1,975mmと145mmも拡大しています。そのため足を組んでも膝周りにゆとりがあり、席の移動や乗降性にも貢献しています。設計を工夫することで、見た目はコンパクトサイズながらもゆったりとくつろげる室内空間を確保しているのです。

パッソのシート内装はボディカラーとグレードにより選べるデザインが違う

TOYOTAパッソのシートデザインは「ジャージ生地シート×グレージュ」と「スエード調トリコットシート×ダークグレー」の2パターンがあります。ボディカラーとグレードの組み合わせによって設定されているインテリアが異なるため、内装にこだわりたい方は注意してください。

爽やかなグレージュのシートインテリアはシンプルで機能性もばっちり

パッソのグレージュの内装パッソのジャージ素材を使ったグレージュの内装

新型パッソのベースグレードの内装には、通気性の良いジャージ素材を使ったシートに内装色はグレージュが設定されます。無駄な装飾を省いた清潔感のあるデザインで、老若男女問わず親しみやすいのが特徴です。程よい張りで乗員の身体にしっかりとフィットします。

ダークグレーのシートインテリアはマゼンダカラーで遊び心をプラスしたスポーティなデザイン

パッソのダークグレーの内装パッソのスエード調トリコット素材を使ったダークグレーの内装

ホワイト(W08)のボディカラーを除き、パッソの上級グレードMODA“G package”・MODA“S”・ MODAに適用されるダークグレーのインテリアはスポーティでとてもおしゃれです。オーディオクラスター部のマゼンダカラーの加飾に合わせ、シートの座面や背もたれにもマゼンダのアクセントが入っています。

パッソのコックピット・インパネ周りの設計をチェック!

パッソのグレード別インパネX“G package”(上)のインパネとMODA“G package”(下)のインパネ

上はトヨタ・パッソのX“G package”、下はMODA“G package”のコックピットです。Xシリーズにはアナログ単眼メーターが、MODAグレードにはシルバー加飾に赤のリングラインが施された2眼のオプティトロンメーターが搭載されています。

パッソのステアリング

チルト機構を搭載したステアリングは全車に標準装備されます。ステアリングを上下に動かして自分に合った位置に合わせることができます。MODAグレードを選択した場合、ステアリングは本革巻デザインとなります。

パッソの方向指示スイッチ

ワンタッチターンシグナル機能付きの方向指示スイッチは全グレードに標準装備されています。スイッチから手を離すとすぐに自動で元の位置に戻ります。さらに、途中までスイッチを動かすとターンシグナルが3回点滅する仕様となっており、車線変更する際に役立ちます。

パッソのオートエアコンパッソに搭載されている簡単操作のプッシュ式オートエアコン

プッシュ式オートエアコンは、X“S”とXの2グレード以外の全てのパッソに標準搭載されています(X“S”とXにはダイアル式のマニュアルエアコンを搭載)。花粉を除去するクリーンエアフィルター付きで、パッソ車内の空気を常に清潔に保ちます。

パッソのシートヒーター

背もたれやお尻を温めるドライバー席のシートヒーターは、メーカーオプションでパッソ全車に装着することができます。寒さがこたえる冬場の運転も快適に楽しめます。

コンパクトなパッソのラゲッジルームはアレンジ次第でいろいろ積める!

パッソのシートアレンジパッソはコンパクトボディでもシートアレンジを活用することで十分な室内空間を持つ

6:4分割可倒リヤシートを採用しているパッソはシートアレンジが多彩で、長さのある荷物もスムーズに収納できます。リアシートを全て倒せば、20インチの自転車も横にして積載可能です。テールゲートが大きく設計されているため、キャリーバッグのようにサイズも重量もある荷物もスムーズに積むことができます。
トノカバー・ラゲッジトレイ・トランクマットなどラゲッジをより便利に使える純正アクセサリーも幅広くラインナップしています。

パッソの安全装備はJNCAPの予防安全性能評価で最高ランクを獲得!

安全装備としてスマートアシスト2を搭載したパッソはセーフティ・サポートカーSベーシック+に該当するクルマです。さらにJNCAPの予防安全性能評価の最高ランクも獲得しています。追突回避支援ブレーキ機能や車線逸脱警報など様々な先進的機能を搭載し、乗員をあらゆる危険から守ります。

新型パッソのカスタムでおすすめのインテリアアイテムを厳選!

パッソのインテリアイルミネーション

2モードタイプのインテリアイルミネーションは、ムーディなブルーの光が柔らかく点灯します。パッソに乗っての夜間のドライブが楽しみになるオプションアクセサリーです。

パッソのシートカバー

革調シートカバーはスポーツモデルに装備されるようなレッドカラーのステッチがポイントです。生地は耐久性に優れるとともに、革さながらの高級感でパッソの内装をクラスアップしてくれます。マゼンダカラーを取り入れたグレージュのインテリアとの相性も抜群です。
撥水性のポリエステル製フルシートカバーはベージュとブラックの2種類から選べます。小さい子供のいる家庭やマリンスポーツ好きの方におすすめです。

パッソのスカッフプレートパッソのロゴが入ったメタルシルバーのスカッフプレート

パッソに乗り込む度、メタル感のあるシルバーの輝きが特別感を与えてくれるスカッフプレート。ステンレス製で、センターに「PASSO」のロゴが刻まれています。

パッソのインテリアパネル

ウッド調・ピアノブラック調・マゼンタから選べるパッソ専用のインテリアパネルは、パッソの内装に統一感を与えます。X“S”とX以外の全てのグレードに装着可能で、内装をクールにもおしゃれにも演出できます。

パッソのフロアマット

フロアマットはXとMODAそれぞれにマッチしたデザインが用意されています。デラックスタイプはグレージュカラー、モーダはダークグレーでそれぞれ抗ウイルス性や消臭など機能性にも優れています。2つの回転ノブにより簡単に取り外しが可能です。

パッソのラバー製フロアマット

縁高タイプの合成ラバー製フロアマットは普段からスノー・レジャーを楽しむ方におすすめのオプションアイテムです。水が溜まってもこぼれにくく、車内を清潔に維持することができます。通常のフロアマットと同様、回転ノブで固定する仕様となっています。

パッソのアシストグリップ高齢者などに嬉しいアシストグリップをオプションで用意

高齢者を乗せる機会が多いパッソオーナーにはアシストグリップの装着をおすすめします。TOYOTAパッソに対応するアシストグリップは、ヘッドレストに取り付けるタイプと車両のアシストグリップに装着するつり革タイプの2タイプがラインナップしています。

パッソの内装は誰もが乗りたくなる使いやすさとデザインを併せ持っている

経済的で維持しやすく、独身者から子育て中の女性、シニア世代までと幅広い層が乗りこなしやすいコンパクトサイズのトヨタ・パッソ。カラフルなボディカラーなど可愛いイメージの強いモデルですが、MODAグレードの場合は赤をアクセントに取り入れたスポーティな内装が非常に魅力的で、カスタムやデコレーションのし甲斐があり、男性にとっても十分にカーライフを楽しめる車種と言えます。
トヨタ・パッソは誰もが運転を楽しめる機能美が大きな魅力です。ライフスタイルや目的に合わせてグレードを選んで、内装のおしゃれも楽しみましょう。