ルーミーの内装

ルーミーの内装は開放的で荷室スペースも広い!内装はカスタム向きの黒が標準設定

ルーミーの内装(コックピット・安全装備・荷室スペースやシートアレンジ等)を紹介。トヨタルーミーはDAIHATSUトールのOEM車として人気のモデル。広い室内空間はファミリーカーにもぴったり。内装カラーは黒なので純正品やモデリスタのカスタムパーツを合わせるのもおすすめです。

ルーミーの内装は開放的で荷室スペースも広い!内装はカスタム向きの黒が標準設定

新型ルーミーの内装の特徴まとめ!コンパクトカーらしからぬ広々設計に注目

2016年にトヨタからタンクと同時発売されたルーミー(ROOMY)は、ダイハツ「トール」のOEM車として誕生したコンパクトカーです。『1LD-CAR(ワン・エル・ディー・カー)』というコンセプトのもと開発され、居住性と運転性能を両立した人気モデルとして販売台数を順調に伸ばし続けています。

上質感のあるスタイリッシュなエクステリアが注目されがちですが、ルーミーの内装も万人受けするデザインや充実装備で見逃せません。トヨタの新型ルーミーの内装について、コクピット設計・シートインテリア・ラゲッジルーム・おすすめの内装カスタムパーツなどに注目して解説します。2018年11月のマイナーチェンジと同時に発売された特別仕様車G“Cozy Edition”の内装も紹介していきます。

トヨタ・ルーミーのコックピットは落ち着きがあり使い勝手の良い室内空間が広がる

ルーミーのコックピットアイポイントの高いルーミーは運転が苦手な方でも安心してドライブできる

トヨタ新型ルーミーのコックピットは落ち着きのある黒の内装で、機能美を表現した設計となっています。グレード間での違いはメーターデザインやセンタークラスターパネル・エアコン、ステアリングのデザインなどです。アイポイントを高くとっているため、前方視界は広く確保されています。

ルーミーの高精細ディスプレイ車内の情報などは高精細ディスプレイで表示

4.2インチのTFTカラーマルチインフォメーションディスプレイは、X”S”とX以外の全てのルーミーに標準装備されています。高精細なディスプレイに外気温やアイドリングストップ時間などの多彩な情報をわかりやすく表示します。シートベルト締め忘れ警告灯はディスプレイの横で通知します。

ルーミーのオートエアコンオートエアコン部のピアノブラックガーニッシュが美しい

オートエアコンはX“S”とX以外のルーミー全車に標準搭載されている機能です(X“S”とXにはダイヤル式のオートエアコンが標準装備)。プッシュ式を採用しているため操作性に優れています。カスタムグレードと特別仕様車G“Cozy Edition”にはシルバー加飾付きのピアノブラック塗装が、その他のグレードには加飾なしのピアノブラック塗装が採用されています。

インパネ周りのカスタムでより洗練されたインテリアにチェンジすることが可能

ルーミーのウッド調カスタムパーツウッド調カスタムパーツ

ルーミーのピアノブラック調カスタムパーツピアノブラック調カスタムパーツ

ルーミーのカーボン調カスタムパーツカーボン調カスタムパーツ

インパネ周りのカスタムパーツはウッド調・ピアノブラック調・カーボン調の3タイプがラインナップしています。ウッド調・カーボン調はX”S”とX以外、ピアノブラック調はG-TとGに対応します。
オリジナルアクセサリーとモデリスタセレクション2つのインテリアパネルセットがありますが、同時装着が可能なためインテリアに統一感を持たせることができます。

新型ルーミーのシート内装は黒基調のカスタムしやすいシンプルなデザイン!

ルーミーのファブリックシートルーミーは撥水性ファブリックシートとストライプ柄ファブリックシートを設定

ルーミーのシートはいずれもブラックカラーとなっていますが、カスタムG-T・カスタムG・特別仕様車G“Cozy Edition”と、G-T・G・X”S”・Xでデザインが2通りに分かれています。カスタムシリーズはくっきりとした柄が特徴的な撥水性のファブリックを使用しており、その他のグレードにはストライプ柄のファブリックが採用されています。運転席と助手席にはメーカーパッケージオプションでシートヒーターを装着できます。

シートカバーのラインナップも充実している新型ルーミー!黒に飽きたらベージュカラーもおすすめ

ルーミーのシートカバー純正シートカバーで自分好みの内装にできるのも魅力

革調シートカバーと撥水加工が施されたフルシートカバーはブラックとベージュの2種類から選べます。革調シートカバー(スエード調)の色展開はブラックのみですが、手触りの良さと高級感が魅力のアイテムです。

ルーミーのシートクロス汚れてもすぐに取り換えらえるシートクロスも人気

小さな子供を乗せるときなど、汚れが気になる場合は脱着が簡単なシートクロスもおすすめです。こちらも黒とベージュのどちらかのカラーを選べます。

TOYOTAルーミーのラゲッジルームは大きい・重い・背の高い荷物も収納できるスペースがある

ルーミーのシートアレンジドライブの休憩や荷物の持ち運びなどシートアレンジであらゆる状況に対応

室内長2,180mm、室内高1,355mmの新型ルーミーはラゲッジルームも広々と使えます。リアシートには6:4分割可倒式を採用することで、多彩なシートアレンジを可能としています。

車内でゆっくりと過ごせるよう、フルフラットモードにもアレンジできます。ロングドライブでの休憩時には足を伸ばして身体を休められます。

トヨタルーミーのリヤシートをダイブイン格納させると、長尺物の収納もラクラク行えます。外出先に自転車を運ぶときなどにも便利です。

ルーミーのテールゲート

ルーミーのテールゲートは横幅1,077mmと大きく開いていて、地上面から開口部の高さは527mmです。低床フロアなので大荷物の積載もスムーズに行うことできます。

ルーミーのデッキボードデッキボードは防汚機能付きで汚れても安心

搭載されている多機能デッキボードをはね上げてリヤヘッドレストに固定すると、植木鉢のような高さのある荷物を楽に収納可能となります。なお、デッキボードには防汚機能がついています。

工具やカーグッズを入れられる床下デッキボックスは全車に標準装備されています。スペアタイヤを選ぶとデッキボックスは小型サイズのものが搭載されます。

至るところに散りばめられたトヨタ新型ルーミーの収納ポイント

ルーミーの収納お買い物袋をひっかけるフックやスマートフォンを置いておくスペースもあり小物の収納には困らない

ルーミーの助手席と運転席の間にはセンターフロアトレイが設置してあります。そのまま荷物置きとして使うのもアリですし、純正アイテムのコンソールボックスを置くのもよいでしょう。

買い物フックは助手席側とデッキサイド左右に搭載されています。手持ちの荷物を引っ掛けるだけでなく、ビニール袋を引っ掛けてごみ入れとしても使えます。

脱着式のセンターダストボックスには、500mlのペットボトルが4本入るほどの容量があります。飲み物以外にも収納に困る様々な小物類が入れられます。

センタークラスターにも、運転席側と助手席側にそれぞれポケットが配置されています。ポケットの大きさはスマートフォンを入れられるほどのサイズです。

新型ルーミーはXグレードを除く全車がスマアシ標準装備!「セーフティサポカーSワイド」に該当する

衝突回避支援ブレーキや誤発進抑制制御機能、車線逸脱警報機能などの機能がセットになった衝突回避支援システム「スマートアシスト3」はXグレード以外、特別仕様車G"Cozy Edition"を含む全てのルーミーに標準装備されています。
スマートアシスト3を標準装備しているルーミーは、セーフティサポートカーSワイド該当車です。高い安全性能を持つ頼もしいコンパクトカーとして、大切な人たちとのドライブを安心して楽しむことができます。

新型ルーミーに装着可能なおすすめオプションアイテムをチェック

ルーミーのロッドホルダー釣りが趣味の方に嬉しいロッドホルダー

モデリスタセレクションのロッドホルダーにはフィッシングロッド5本を仕舞うことができます。釣りが趣味のルーミーオーナーにおすすめのアイテムです。

ルーミーの本革巻きオプションオプションでステアリングとシフトノブを本革巻きに変更可能

ベースグレードにも高級感を与えてくれるブラックの革巻ステアリングと革巻シフトノブ。ステアリングはG-TとGの2グレードに、シフトノブはG-T・G・Xの3グレードに装着できます。

ルーミーのフロアトレイ イルミネーション

専用スイッチつきのフロアトレイイルミネーションはブルーの光が先進的です。その他、足元を明るく照らすインテリアイルミネーションやセンターピラーライト、ドアハンドル・ポケットイルミネーションなどもラインナップしています。

TOYOTAルーミーの内装は居住性の高い空間で乗車する誰もが快適に過ごせる

新型ルーミーの内装は黒で統一されています。そのままシックなインテリアで過ごすのもアリですが、モデリスタセレクションや純正アクセサリーでのカスタムが楽しめるのも大きな魅力です。
フロントからリア、ラゲッジルームも広々としていて高い居住性を持ち、さらにXグレードを除く全車にスマアシ3を備えています。2018年11月のマイナーチェンジで発表された特別仕様車G"Cozy Edition"の上質感たっぷりのインテリアにも注目です。